管理人管理人

iMacやMacBookは基本的には、外部のディスプレイに接続してデュアルディスプレイ環境にすることができる。モニターの数が増えればそれだけ作業効率がアップするので、安いモニターでもいいのでやるべきではあるが、接続をしたことがない人には難しい部分もあると思うので、ここに備忘録として残しておきたい。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


12月11日(火)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年12月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに:やるべき3つのこととは?

当記事では、外部機器への接続などをほとんど行ったことがない傾けに書いているため、全てを1つずつ丁寧に解説していきたいと思う。

まず、やるべきことは3つ。

  • 1、必要なものを揃える
  • 2、接続する
  • 3、設定を行う

たった、これだけ。めちゃくちゃ簡単なので安心して欲しい。では、早速、1つずつ解説していこう。

手順1、必要なものを揃える

  1. iMac or MacBook
  2. Thunderbolt端子をHDMI出力に変えるアクセサリ ※HDMI端子がない場合(2016年以降のMacBook Proなど)
  3. ディスプレイ(HDMI入力端子あり)
  4. HDMIケーブル(HDMI端子のないMacBookの場合)

上記の4つが揃っていれば、あなたのiMac、もしくはMacBookを購入してきた大画面のディスプレイに映し出すことができる。

デュアルディスプレイにすればさらに作業効率は増していくので、ぜひ、安いディスプレイでもいいので試してみてほしい。

では、まずはそれぞれの必要な製品について簡単に解説していこう。

1、iMac or MacBook

重要な確認事項はたった1つ。

HDMI出力がついているかどうか、だ。これさえ確認すればOK。ただ、それにより後述する必要なディスプレイや、アクセサリが変わってくるので注意が必要。

2015年までのMacBook ProにはHDMI出力端子が付いていたのだが、2016年からは撤廃されたため、HDMI出力するためのアクセサリが必要となる。

ちなみにHDMI端子は下記画像の中央のもの。

Mac のポートを調べる – Apple サポート

あなたのMacがいったい何台のディスプレイにどれだけの画質で接続できるかは以下の手順で確認可能。

Macの一番左上のメニューバーにあるリンゴマークをクリック

「この Mac について」

「サポート」

「技術仕様」


ウェブ上でページが表示されるので、その中の「ビデオのサポート」という項目をチェックする

私のiMacであれば、4Kで2台のディスプレイを接続可能ということだ。(もう一台ディスプレイ買おうかなぁ。。)

2、Thunderbolt端子をHDMI出力に変えるアクセサリ

前述したようにHDMI端子が備わっているMacBook Proをあなたが所有している場合はこのパートは飛ばしてOKだ。

だが、2016年以降のMacBook Proや近年のiMacにはHDMI出力が備わっておらず、Thunderboltという端子しかない。その場合はHDMI出力する場合には、HDMI出力を行うためのアクセサリが必要。

私が使っているのはこんな感じのもの。(実際、使っているものを探したらすでに販売停止になっていたが、形も価格もこんな感じのやつ)

注意すべきはHDMI出力が可能かどうか?

これだけをしっかり見れば上記のものではなくて良い。

3、ディスプレイ(HDMI入力端子あり)

次にディスプレイを用意しよう。私は以下のものを購入した。

この際もHDMIの入力端子があるか必ず確認しよう。

ディスプレイ選びについては、

  • HD対応
  • 4K対応
  • 5K対応

などがあり、それぞれ画質が違うと思ってもらえれば良い。下に行くほど画質が綺麗。

ちなみに私が購入したのは一番上のHDのディスプレイ。かなり安かったので購入したのだが、実はちょっと後悔している。(理由については後述)

4、HDMIケーブル(HDMI端子のないMacBookの場合)

最後にケーブルを購入しよう。

多くの場合、ディスプレイに付属しているので別途購入する必要はないはずだ。

手順2、接続する

では、いよいよ、ディスプレイとMacを接続していこう。とは言っても接続は非常に簡単なので安心してほしい。

接続としては、

Mac→アクセサリ→ディスプレイ

という流れになる。

私のiMacを例に画像で解説していこう。

まずはこんな感じで後ろのThunderbolt端子とアクセサリを接続する。

次に、このアクセサリとHDディスプレイを接続しよう。

最後に、購入してきた外部ディスプレイにHDMI端子を差し込めば接続は完了だ。

すると、設定も何もしなくても基本的にはMacの画面がそのディスプレイにも映し出されるはずだ。

手順3、設定する

次に設定方法について。

それほど難しい設定は必要ないので安心してほしい。Mac側で行うべき設定は主に1つだけだ。

Macのどの方向(上下左右)にディスプレイを配置しているかを設定するだけで良い。これにより、カーソル移動がスムーズになる。

Macの環境設定を開き、ディスプレイという項目を選択しよう。

「配置」タブを選択。あとは、自分のディスプレイ配置通りに設定しよう。(ドラックアンドドロップで可能)

上記の場合は私の環境では、右側に外部ディスプレイを接続しているので右側に外部ディスプレイを設置するように設定している。

これにより、私が27インチiMacの右端にカーソルを持っていくと右側の外部ディスプレイにカーソルが移動することになる。2台の大画面でiMacを利用できるのは快感だ。

画質はどうなの?

まずは、愚痴にも似た叫びになってしまうが・・・

めちゃくちゃ悪い!!!お前はWindowsかっ!!!!!

と、叫びたくなるくらいに悪い。

私が購入したディスプレイは安物なので仕方ないのだが、明らかに画質は良くない。

うまく撮影できないが、以下のように違いがある。

27インチiMac。

DELLのディスプレイ。

DELLのディスプレイは映り込みも半端ではないため、壁へ向けて撮影しないと私の部屋が完全にモロバレするレベルだった。

私が購入したのディスプレイのせいかな?とも思った。だが、私が思うもっとも大きな原因はRetinaに慣れすぎたことにあると思っている。

Retinaの綺麗な文字と色合いに慣れすぎて、今のディスプレイではとにかく違和感を感じる。

あと、ナイトモードの色味が絶妙に気持ち悪い。ナイトモードを使っている人は注意が必要だと言えるだろう。

というか、私が買ったこのディスプレイは不良品なのだろうか?タイピングをしているだけで台がグラグラ揺れまくる。ちょっと触っただけでも揺れまくる。

こんな感じ。

iMacは重量があるのでディスプレイがグラグラすることはなかったのだが・・・これはキーボードの下にショック吸収の何かを敷くとかしないとダメっぽい。

と、まぁ、そんな私の愚痴はさておき。

もし、あなたがディスプレイを購入する予定であれば、4Kか5Kディスプレイを買うことをオススメする。でもそうなってくると、21インチiMacを買った方がいいような気がしてくるのは私がApple信者だからだろうか・・・

1つ言えるのは、今回の外部ディスプレイの接続により、「iMacやMacBookのRetinaディスプレイは最上級のクオリティを持ち、完璧なまでに計算されたもの」ということに気付いたということだ。

総評:外部ディスプレイ接続はおすすめ?

メイン機のRetinaと別に何かを表示させておきたい場合には外部ディスプレイはあり!!

これが私の結論だ。

私は27インチiMacでSafariで片側にUlyssesなどの文字入力エディタアプリ、そして片側にはSafariという感じで作業しているのだが、Finder、画像編集、Numbersなどの閲覧ということも加わってくると、開くウィンドウは膨大になる。

常に表示させておきたいのは、UlyssesとSafariなのでそれ以外は別のモニターに表示させておきたい。そう考えて2台体制にした。結果、作業効率は間違いなく上がったので非常に満足している。

私の場合はWindows時代は3台のディスプレイに近くにはノートパソコンを準備していたので、4台体制の使い方までは割と染み付いていたりする。

今は、iMacで2台のディスプレイ、MacBook Proで1台、12.9インチiPad Proを1台、という感じで使っている。あぁ、、、どんどんとオタクの部屋になっていく。。幸せ・・・

次に買い足すならディスプレイじゃなくて、もう一台iMacかなぁ。。と考えてしまうのが怖い・・・

あなたは外部ディスプレイにMacを接続しているだろうか?ネットではあまり情報があがってこないので、ぜひコメント欄で体験などを書いていただければ幸いだ。