管理人管理人

はじめての高級チェアであるコンテッサを使い始めて6ヶ月が経過した。1つ言えるのは座り仕事の人には、圧倒的にオススメ。私はもっと早く買っておけばよかったと後悔している。自宅でこれほど集中できる環境を構築できるようになったのは間違いなくコンテッサのおかげ。あぁ、今日もコンテッサに包まれながら仕事。幸せすぎる・・・[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


12月11日(火)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年12月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

コンテッサレビュー【メリット編】

まずは、メリットからお伝えしていこう。はっきり言って最高。

ちなみに私が購入したのは以下のモデル。

購入直後のレビューはこちら→【2018】1ヶ月使用レビュー!初代Contessa14のメリット・デメリット

1、圧倒的な座り心地

誰!?

誰なの!?

誰が後ろから抱きしめてるの!?

と、思わずにはいられない。後ろからそっと包んでくれているような座り心地がコンテッサにはある。

私は背もたれに思いっきりもたれて仕事をするタイプの人間なのでよりいっそうそう感じるのかもしれない。

コンテッサの絶妙なクッション性、背中をホールドしてくれる包容力、それでいて腰や肩に負担をかけない作りというのはさすが日本製といったところだろうか。

クッションもふわっふわで雲に座っているみたいに軽い。トトロのネコバス的な感覚。お尻が包まれる。

もっと早く買っておけばよかった。

前傾姿勢で作業をする肩にはあまり当てはまらないメリットかもしれないが、私のように後傾姿勢で作業をする方にはマジでオススメ。

もう、コンテッサ以外では仕事がしたくなくなる。

2、肘掛の角度変更こそ至高

これは、6ヶ月使い込んだからこそ言えるのだが、肘に角度を変えられるのが非常に便利。

姿勢を変えたい時などに肘の角度も一緒に変更してあげれば、楽な姿勢をキープしながらタイピングを継続させることができる。

コンテッサではなくても、肘の角度を変えられるものはあるだろうが、私はこのタイプの椅子を始めて使ったので驚くほどに快適性を感じている。

3、ヘッドレストに包まれる

ヘッドレストは小さい方と大きい方があるのだが、私は大きい方を購入した。

こちら。

理由としては、私は常に頭をヘッドレストにもたれさせて仕事することが多いので、大きいヘッドレストの方が快適性が増すと考えたからだった。

最初は、「固いかな?」と思ったのだが、そこはさすが高級チェアのコンテッサ。非常によく考えて作られている。

今ではヘッドレストに頭を置いただけで、「あぁ。。これこれ・・・」と包まれる感覚に酔いしれている。

4、夏場でも蒸れづらい

コンテッサを使う前にも私はいくつかのメッシュタイプのオフィスチェアを利用したことがあるのだが、その際は汗で非常に蒸れていた。

だが、今ではあまり蒸れることはなくなった。というか、ほぼ蒸れなくなった。

下はハーフパンツを履いていることが多いのだが、ほぼ蒸れない。通気性は抜群だと言えるだろう。

5、眠りやすい

仮眠がしやすいのもコンテッサの魅力。

私はコンテッサの傾斜を最大にして、足をソファーの上に乗せて眠ることが多々ある。これが最高に気持ちがいい。

30分くらいの昼寝は体にもいいし、集中力を向上させることもわかっているので、私は積極的に取るようにしている。

6、あぐらをかいて座れる

行儀が悪いかもしれないが、私はたまにあぐらをかかいて座ることがある。

コンテッサはその本体自体の重さがそこそこあるため、あぐらをかいて座っても安定感が損なわれることはない。

リラックスしてもたれて座ったり、あぐらをかいたまま座ったり自分の楽な姿勢で座ることができる。

コンテッサの上であぐらをかきながら、ご飯を食べるのが最近のマイブーム。

7、コスパがかなりいい

コンテッサは高い!

と言われるが、私は座り仕事が主な人にはそれほど高くはないように思っている。

現在の価格はこちら。

¥ 172,368

高すぎるっ!!!!!

と、思ってしまいがちだが、10年使ってみる計算で換算してみると、実はそれほど高くはないことに気付く。

1年で17,236円。
1日で47円。

この考えで買い物を行うと非常に安く感じてしまうから不思議だ。実際、1日47円でこれほどの快適性、仕事効率がアップするなら私は「買い」だと思う。

実際、私はブログを書く時間というのが今までよりも短くなっている。1年前は今の文章量の半分くらいだったのに時間は1、5倍〜2倍はかかっていた。つまり、作業効率は単純計算で1、5倍になっている。

寿命が1、5倍になったと考えてもいいくらいだ。

もちろん、これはコンテッサだけが理由ではなく、iPhone XS Maxを使って外出先で下書きを済ませていることなども大きいのだが、それを踏まえてもコンテッサがもたらす自宅での作業効率のアップは大きく起因している。

コンテッサ、最高。

8、首と肩のコリが減った

明らかに体の体調がよくなった。

最近は運動をするようにしているのでその影響もあるとは思うのだが、私は首や肩のコリが原因で体調を崩すことが何度も何度もあった。

それは、無理な仕事量を詰め込みすぎたというのが大きな理由なのだが、一番の理由は、固定した場所で仕事をしなかったことだった。(と、私は思っている)

オフィスの一室をレンタルしたり、カフェで仕事したりするのはかっこよく見えるかもしれないが、最高の仕事環境とは言えない。

そもそも、椅子が自分に合うようなものがあるかも分からないし、PCを置いた時の目線の高さだって自分の好みのものでない場合もある。そうなってくると、それは作業効率を落とすことになってしまう。

その快適とは言えない環境で仕事をし続けることにより、首や肩がコリ、体に不調が出始めて、その結果、集中力が落ちるとうい最悪な環境に陥ってしまった。

やはり自分の最高の作業環境が実現できる個室のオフィスや、自宅があるほうが私はいい。体にもいいし、作業効率もそちらの方が高い状態をキープできる。

9、長時間の集中力が増す

どう考えてもこれが最大のメリット。

長時間座って、集中力をキープできるようになったため、私の作業効率は過去最高のものとなった。朝起きて、コーヒーを飲んで、一気に仕事を片付けるのは気持ちがいい。

椅子を傾けて深く持たれたまま仕事をしてもいいし、ちょっとだけ前傾姿勢で仕事をしてもいい。

高価な椅子だったけど、そのおかげで1日の仕事が早く片付くようになったし、集中力が維持できるようになったおかげで非常に心地よい毎日を過ごすことができるようになった。

あなたは「うわぁ、今日は集中力がヤバい。めっちゃ作業が捗る。」と思ったことはないだろうか?

コンテッサはその感覚を毎日のように呼び起こしてくれる。1日1時間でも超集中モードに入れるのであれば、私はコンテッサは買いだと思っている。

快適に、集中力を長時間維持でき、いつまでも座っていたくなる、そんな椅子が1つあるだけで日々が楽しくなるし、自宅での時間の過ごし方も一気に変わる。

買って良かったなぁ。。としみじみと思う。

ちなみに、私はApple製品が大好きだし、Apple製品が私の日々の作業効率を高めてくれているが、それらと同じくらい重要な3つの神製品が日々の作業効率をはるか高みにまで向上させてくれている。

その3つが、

  • 快適な作業環境→コンテッサ
  • 音楽を楽しむ→WH-1000XM2
  • 超高速タイピング→HHKB

これらを使うと、完璧な仕事環境の完成。今、自分史上最高の環境で仕事ができていると断言できる。

あぁ、幸せ・・・

※コンテッサ以外のレビューについては以下を参照

まだ、使ってないの?HHKBを6ヶ月使用レビュー!「世界一のBluetoothキーボード」

【レビュー】ノイキャン素人がWH-1000XM2を5ヶ月使ってみた

コンテッサレビュー【デメリット編】

次にデメリットを。これは私だけに当てはまることかもしれないので、その点は了承のうえ読み進めてほしい。

1、早く帰りたくなる

もう、いいから。早く帰って、あの椅子でリラックスさせてよ。

そう思ってしまうのが、コンテッサの大きなデメリット。外出先で打ち合わせをしたり、仕事仲間とちょっとしたアイディアの話になったりした時、その打ち合わせが30分以上になると「あー帰ってあの椅子で仕事してー。」と、思ってしまう。

もはや、友人と食事をしている時ですら思ってしまう。

まぁ、そのあたりは私の人間性が終わっているのと、完全な引きこもり体質なため、あまり他の方には参考にならないかもしれないが・・・

コンテッサでないと、自分本来の100%の集中力を発揮できない、と思ってしまうのはありえると思う。

先日、iPad Proの話になった時に、「iPad Proのスクロールの快適度、Apple Pencilの描画性能に慣れると無印iPadには戻れない。」という意見を聞いたのだが、それに似ているかもしれない。

あまりにもいい椅子に慣れてしまうと他の椅子と比較して、他の椅子を不快に感じてしまう。

2、引きこもりが増す

これも前述した理由とほぼ同じ。

最高の椅子があるのだから、最高の環境で仕事がしたいと思うのは当然。

私は読書やアニメ鑑賞などもコンテッサ上で行なってしまいたいと思っているので、もはや家から一歩も出たくないくらいだ。

3、埃が付着しやすい

メッシュタイプならではのデメリットだと思うのだが、埃が非常に付着しやすい。上記の写真がまさしくそう。(汚い写真で申し訳ない)

掃除もしづらいので何かいい掃除方法があれば教えて欲しいくらい。

それほど汚く見えるわけではないのだが、私は割と潔癖症なところがあるので気になる。

4、他の高級チェアとの比較ができない

これが、私が6ヶ月間コンテッサを使ってきた私が思う最大のデメリットだ。

コンテッサは長時間の仕事にも適しているし、疲れもたまりづらくなったし、私にとっては最高の相棒になった。

だが・・・

果たしてコンテッサが自分にとって最高の高級チェアなのかどうか?それを比較する方法がない。その価格と、その大きさを考えると簡単に比較できるものではない。

もちろん、購入前にはアーロンチェアなどと座り比べたが、それはあくまでも短期的なものでしかない。椅子は長時間使い続けないとその疲労具合や、自分に合っているかどうかは分からないのだから、比べようがない。

もしかしたら、私には5万円ほど安いエルゴヒューマンの方が良かったかもしれないし、もしかしたら、3、4万円の椅子でも満足できていたかもしれない。

だから、友人にも「コンテッサまじオススメ!今すぐ買うべき!」とは言いづらい。

「まぁ・・・お金に余裕があるならオススメだよ。」くらいにしか言えない。もちろん、これはあなたにも言えることだ。

6ヶ月目総評レビュー:高級チェアがもたらす本当のメリットとは?

長時間の集中力の維持。これに尽きると思う。

私は長時間椅子に座っていることが多い人には高級チェアをオススメするようになった。体の負担も減ることながら、仕事を長時間集中して行うことが可能になるからだ。

その生産性アップを考えれば仕事でもとは十分に取れるのではと思う。

椅子に座っていて不快に思うこともないし、包まれるような感覚に陥りながら深く腰掛けて、リラックスした状態でタイピングするというのは思ったよりも気持ちがいいものだ。

今も、コンテッサに座りながらこの文章を打ち込んでいる。あぁ、幸せ・・・

座り仕事が多いなあなたには、ぜひ、試座してみてほしい。