管理人管理人

私が愛用しているBluetoothノイズキャンセリング付きヘッドホンWH-1000XM2を5ヶ月間ほぼ毎日使い込んだのでレビューしてみた。はっきり言って神ヘッドホン。大好き。仕事の効率が過去最高のものになった。特にあの場所で使うのが最高すぎる・・・WH-1000XM2を一言で表すなら「中毒性のある最高のヘッドホン」。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月21日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに

私が購入したモデルは、WH-1000XM2(シャンパーゴールド) 。

多くの素晴らしい読者さんからオススメしてもらったモデル。オーディオに詳しい方からめちゃくちゃ素晴らしいコメントがたくさん入っているので以下の記事はコメント欄がアツい!!

Bluetoothヘッドホン購入化計画vol1.「7機種を徹底比較|Sony Bose Beats」

Bluetoothヘッドホン購入化計画vol2.「ウソつき!ノイズキャンセリング機能を徹底比較|Sony Bose Beats」

Bluetoothヘッドホン購入化計画vol3.「電池持ち・タッチ操作等を徹底比較|Sony Bose Beats」

Bluetoothヘッドホン購入化計画vol Final.「超初心者の意外な選び方とは?」|Sony Bose Beats」
購入後1週間のレビュー→【レビュー】耳蒸れ地獄?WH-1000XM2を1週間使ってみた

購入後1ヶ月のレビュー→【WH-1000XM2】最高だけど1ヶ月使って分かった3つのデメリット

※最新のモデルは、WH-1000XM3だが、私は自分のWH-1000XM2をめちゃくちゃ気にっているし、壊れるまで使い続ける予定。

WH-1000XM2のメリット

まずはメリットから。本当に最高。もう、この子とこれからもずっと生きていきたい。

1、いつでもどこでも快眠できる、仕事ができる

長時間の移動が多い人にはマジでオススメ。世界が変わる。

特に、

  • 電車の中
  • 飛行機の中
  • カフェの中

などの騒音が気になる場所で使うと本気で世界が変わる。

ノイズキャンセリング機能をONにすると周囲の雑音がフッと遠くなる。そして、音楽をかければ完全に自分の世界にはいることができる。

自分のタイピング音すら聞こえない。

個人的には飛行機の中の「ゴーーー」という音や、カフェでネガティブな話ばかりしている人の会話などは耳に一切届いてほしくないので、そういったときは間違いなく、WH-1000XM2を使う。

騒音・雑音をカットできるだけではなく、後述するがその結果として作業効率もかなり上がるため本当にWH-1000XM2は重宝している。持っていくのを忘れた時にはちょっとパニックになるくらいに。

あと、飛行機の中での快眠度もあがった。というか熟睡できるようになった。本当に幸せ。。

2、とろけるような音質

音質について素晴らしい!!!

と言うのは簡単だが・・・なにかいい表現がないかなぁと思ってしばらく考えていたのだが、「とろけるような音質」と例えるのがいいように思う。

ノイズキャンセリングをONにして周囲の音をカットしたら、あとは音楽を聴く。その瞬間「ふわぁぁぁぁぁ!!!」ととろけそうになる。

高音はクリアだし澄み渡る。低音はどんどん響く。自然音やクラシックは脳が直接マッサージされているかと錯覚するくらいにストレスが消え去っていく。本当に最高。

音楽を聴くのがさらに楽しくなった。

3、集中力

購入当初から言い続けていたのだが、私が思うWH-1000XM2の最大の魅力はこれ。

「圧倒的な集中力アップ」

もう、これしかないと思う。

周囲の音を完璧に遮断して、自分だけの世界を作り、「完璧な自分の空間」をいつでもどこでも作り上げることができる。これが最高のメリット。

これは試したことがない人にしか分からないと思うのだが、マジですべての人に試してみてほしい。私はもっとWH-1000XM2、というかノイズキャンセリングつきのヘッドホンを買っておけばよかったと思った。

仮に、1日1時間でも集中力が向上して作業が効率化されたのであれば、1年で365時間もの集中力アップにつながる。それだけの時間をWH-1000XM2を使うことにより効率化できるのであれば、私なら最高の自己投資だと考える。

自宅周りで工事があったり、騒音が気になったりするときも使えばそういう音は完全にシャットダウンできるし、いつでもどこでもWH-1000XM2を使って自分の世界を作り上げることができるのは本当に素晴らしい。

自分の集中力のスイッチをON、OFFに切り替えるためのヘッドホンと言ってもいいかもしれない。

4、美しい

私が購入したのはシャンパンゴールドなのだが、美しすぎる。ほんとに好き。

WH-1000XM2をつけて、白シャツを着ているだけで、なんだかできる風な感じがするような気がする。私はそれほどファッションには詳しくはないが、WH-1000XM2が美しいのはわかる。

高級感があり、ファッショナブルな感じがする。さらに、私の大好きなSONY。あぁ、、、WH-1000XM2への愛が止まらない。

美しすぎる・・・

側面も。

上部も。

ロゴも。

ケースも。

全てが美しい。

Apple製品と並べても遜色のない美しさに本当に感動。毎日毎日、一緒にいたくなる中毒性がある。

5、充電持ちが素晴らしい

私は1日に1時間は最低でも使うし長い時は4、5時間くらいは使っているのだが、充電は7日〜10日に一回でいい。

たまに気が向いた時にしか充電していないが、それだけでいい。充電が切れてしまって困ったことは一度もない。

6、タッチ操作が神

購入前は操作になれないかもしれないという恐怖はあったのだが、そんなことはなかった。とにかくこのタッチ操作が神。

私はWH-1000XM2のタッチ操作を覚えてからは物理ボタンなんて必要ないのでは?と思ってしまうようになった。

私がよく使う操作はこちら、

  • ボリュームの上げ下げ
  • 音楽のストップ、再生

これらタップするだけで行うことができる。

ちなみにこれらはYoutubeでも同じように機能する。あぁ、タップするだけでこんなに操作ができるなんて幸せすぎる・・・

WH-1000XM2のデメリット

次に愛すべきWH-1000XM2のデメリットを。長く使ってきてわかったデメリットは2つ。逆に言えばこの2つ以外はデメリットの見当たらない完璧な製品だと思う。

1、灼熱

夏は蒸れ蒸れ地獄。

寒くなってきても暖かい部屋だと汗ばむ。

これはヘッドホンの形状上、仕方ないことではあると思うのだが、やはり避けては通れないデメリットだと思う。

WH-1000XM2は長時間使っていると蒸れる。それが不快に思えてしまうこともある。特に夏場は使うと汗がかなり滲んでいた。

この対策としては以下のようなヘッドホンカバーを使うという手段がある。読者さんに教えていた大たので購入したがまだ使っていない。

ちゃんとレビューしたいので少し使い込んでからまた当ブログで記事にしていきたいと思う。

2、持っていくのにややかさばる

重すぎる!というわけではないのだが、WH-1000XM2は重さが「275g」ある。まぁ、重くはないが・・・私は重量よりもカバンのスペースを使うことを嫌ってたまに持ち歩かないことがある。

AirPodsがポケットに入ることを考えると持ち歩きにはやや不便。当たり前といえば当たり前ではあるが。。

ただ、軽いし、付属のケースもかっこいいし、いつでもどこでも集中できる空間を作ることができるようになるWH-1000XM2を私は気に入っているので、どこにでも持ち歩くようにしている。

AirPodsとの使い分け

Apple製品を紹介するメディアらしく、このパートではAirPodsとの使い分け方をここではお伝えしたいと思う。

私の場合、WH-1000XM2とAirPodsとの使い分けは明確だ。

  • WH-1000XM2→集中したい時、周りがうるさい時
  • AirPods→移動中、電車の中、ジム

これらのように使い分けている。

WH-1000XM2のノイズキャンセリング機能は素晴らしい。素晴らしすぎて周囲の音が全く聞こえないので、周囲への配慮ができなくなるため移動中は使わないようにしている。

電車の中でも少しの移動時間だったり、立たないといけない時にはAirPodsを使っている。私はいつもAirPodsをポケットに入れているので、サッとポケットから取り出して耳に放り込むだけで音楽に浸ることができるので重宝している。

一方でAirPodsは外部の音が入り込みまくってくる。

そのため、腰を据えて集中したい「カフェ」「電車の中(座っている時)」「自宅」などではWH-1000XM2を使っている。

正直、WH-1000XM2とAirPodsはどちらも必要だし、今どちらかがなくなると非常に困る。最近はオーディオブックを聴くことが趣味になりつつあるので、イヤホン・ヘッドホンは本当に重要。

(ビジネス系でいいオーディオブックがあればぜひ教えて欲しい)

総評レビュー「一生使いたい最高のヘッドホン」

超・超・超大満足!!!

私は初めてノイズキャンセリング機能付きのヘッドホンを購入したのだがマジで大満足。ここ数年で言えば、「HHKB」と合わせて「WH-1000XM2」はApple製品以外の買い物ならトップクラスに満足度は高い。

もちろん、WH-1000XM2は安くはないし、価格もちょっとためらうほどに高い。だが、もし、あなたが「集中して仕事をしたい。」「騒音が気になる。」「音楽に浸りたい。」という願望が少しでもあるなら買って後悔はないだろう。

私はもっと早く買っておけばよかったと後悔している。

集中したい時。

猛烈に仕事がしたい時。

私は絶対にWH-1000XM2を利用する。

今、この記事をカチャカチャと打ち込んでいる今も、WH-1000XM2を使って音楽を楽しんでいる。

朝から2時間くらい集中して一気にブログの記事を仕上げる。これが幸せで幸せで仕方がない。

今日も、WH-1000XM2とApple製品たちとの1日が始まる。

幸せすぎる。

これからもよろしくWH-1000XM2。