管理人管理人

もう、このアプリがない人生は考えられない。このアプリのためだけにiPadを買ってもいい。それくらい素晴らしいアプリがGoodNotes。そんな神アプリを4年間使い続けたからこそ伝えたい使い方を当記事ではお伝えしていこうと思う。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


9月28日(月)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年9月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

まず結論

今すぐ、このアプリの使い方を覚えるべき。人生が変わる。全てのiPadユーザーが使うべきアプリ。特にPDF管理に使い始めると世界が一変する。

設定や使い方をだらだらと解説するよりもまずは私の結論をお伝えさせていただいたのには理由がある。それは、使い続けないと生活に馴染まない、使い続けないとあなたの人生はより良くならないからだ。

だからこそ、まずは「GoodNotes5は素晴らしいアプリ。だからこれからも使い続けよう。」という意思のもと使い続けて欲しい。

ちなみに、GoodNotesが素晴らしいというのは私だけの意見ではない。長らく、有料アプリでも1位に輝いている。

私がTwitterでアンケートを取ってみても、GoodNotesが圧倒的だった。それだけ素晴らしいアプリということだ。

※3年前のレビュー記事だが今と同じ評価→【iPad】PDF編集アプリにGoodNotes4を全力でオススメする3つの理由

GoodNotes5のおすすめポイント

  • ファイル管理がわかりやすい
  • 書き心地が良い
  • 縦に無限スクロールできる
  • アップデートが頻繁で安心できる
  • PDF管理がしやすい
  • PDF編集がしやすい

基本的な設定

さぁ、少し前置きが長くなってしまったが、以下、GoodNotes5について解説していこう。

1、自動バックアップ

これから大容量を記録していくにおいてバックアップを取っておくことは重要。

画面右上のアイコンより設定項目を開こう。

自動バックアップという項目を選択して任意のクラウドサービスへログイン。

ただし、自動バックアップは以下の3つしか選択できない。

Dropboxは月間2GBまでは無料なのでこれを機会に解説してみるのもいいと思う。

ちなみにGoodNotes5ホーム画面の左上にはバックアップを手動で行うアイコンがある。

余談ではあるが、私はかなり以前にデータがバグってしまって焦ったことがある。その際に自動バックアップを取っていたことで助かった。

今すぐ1分で完了!GoodNotes4の自動バックアップ設定を徹底解説

当ブログを運営していてデータがバグってしまったという報告は一度も聞いたことがないのでかなり稀な症状だとは思うのだが、万が一のために自動バックアップは取っておくことをおすすめする。

2、カテゴリー分け

これから扱うデータが膨大になってくるため、ある程度はカテゴリー分けをしておくことをおすすめする。

ホーム画面でプラスアイコンをタップして「フォルダ」を選択しよう。

ファイルの中にさらに子カテゴリーを作ることもできるので、私の場合は、

ビジネス
→銀行
→取引先
→税理士

のように資料を分けたりしている。

3、スクロールの設定

設定項目内にあるスクロールの方向は意外と重要。

実はこの縦スクロールには対応していないアプリもあるため、そのためだけにGoodNotesを選ぶ人もいるくらいだ。

縦でも横でもいいので、あなたが好む方法で設定をしておこう。

基本的な使い方

次に、基本的な使い方を徹底解説。

0、新規ノートを作成

アプリホーム画面に表示されている「+」アイコンをタップしよう。

次にノートを選択。

ノートの表紙と中身を好みで選択できる。この際に重要なのが、「縦・横のどちらで設定するか」「わかりやすいタイトルをつけること」

特にタイトルについては重要。後からすぐに見分けられるように、

ブログアイディア1
ブログアイディア2
ブログアイディア3

とするのではなく、

1、ブログアイディア
2、ブログアイディア
3、ブログアイディア

のように前半にわかりやすい数字や言葉を持ってくることをおすすめする。

新しいノートを作成すると以下のように表紙が表示される。

1、基本的な書き方

基本的な書き方については、以下の3つさえ抑えておけばOK。(タブが出てこない場合は画面右上の赤丸部分をタップすればApple Pencilが有効なモードになる)

よく使う色については右側で3つ設定しておくことができる。とは言っても、私は赤と黒くらいしか使わない。

ペンの種類は以下の中から選ぶことができる。

個人的には万年筆が大好き。

2、使用頻度は少ないが便利な使い方

次に、使用頻度は少ないが便利な使い方をいくつか解説していこう。

記号を書く際の補助ツール。

書いた一部分を移動させるツール。

3、写真アプリからの画像挿入

画像挿入のUIは非常に優れている。小さいサムネイルが表示されるのでそれをドラックアンドドロップするだけで画像を挿入可能。

4、iCloudのファイルアプリから挿入

iCloudのファイルアプリから画像を挿入することも可能。

以下の1、2の順番で進めればiCloudのファイルアプリが起動する。

任意の画像を選択すれば挿入可能。

5、ページ単体を真っ白へ戻す

ページ単体を初期の真っ白な状態へ戻す方法は2つある。

1つ目は画面右上の項目より。

2つ目は消しゴムアイコンから。

どちらでも動作は同じ。ページが真っ白に戻る。

6、選択したページを削除する

ページ自体を削除するには、最左上のアイコンをタップ。

削除したいページを選択してゴミ箱をタップしよう。

するとページが削除されている。

7、共有アイコンから他アプリへ保存したり、AirDropで送信する

Apple製品お馴染みの共有アイコンから、ページ単体を他のアプリへ保存したり、AirDropで共有可能。

以下のアイコンをタップ。

このページを書き出すを選択。

その後、保存する方式を選択しよう。

あとは共有先を選択すればOK。私はApple純正のメモ帳に保存したり、iMacやMacBook ProへAirDropへ送信することが多い。

8、新しいページを作成する

新しいページを作成する場合は上へスワイプすれば新しいページが表示される。

サクサクとページを追加していけるのが快感。

補足:個人的におすすめの設定

好き嫌いは分かれるかもしれないが、私がおすすめしたい設定を1つご紹介。

以下の順番で設定項目を表示させよう。

ステータスバーという項目をオフへ。

すると、iPadに標準で表示されている日時やバッテリーの表示が消える。

GoodNotes5を使っている間は必要ない項目だと思うので削除しておくと良い。個人的にはより作業や読書に集中できるのでおすすめ。

応用的な使い方

GoodNotes5にはプレゼンテーションモードが搭載されている。共有アイコンから以下のようにどのようにプレゼンテーションモードを使うかを設定可能。

有線接続や、AirPlayで共有すると利用可能。らしい。

らしい、というのは私が一度も使ったことがない機能だからだ。一度、試してみたら記事内に追加させていただきたいと思う。

おすすめの使い方

次に、私が4年間、GoodNotes5を使い続けて定着したGoodNotes5の使い方を共有させていただきたいと思う。

1、ビジネス用

まず、おすすめなのはビジネス用。PDFファイルのやりとりが多い場合には特におすすめ。私はPDFが送られてきたら、まずはGoodNotes5へ保管するようにしている。

そして、

  • 署名
  • 修正
  • 変更依頼

などが必要な場合はGoodNotes上でササっと編集してメールで返信する。

これだけで仕事効率が間違いなく上がる。ぜひ、まだ試したことがない方には試していただきたいと思う。

※注 稀にではあるが、Apple Pencilで書いた文字がWindows機のPDF閲覧アプリで見れない場合があるらしい。ただ、送信し直すと見れるようになることもあるので、一時的な互換性の問題が考えられる。私は4年間で2度だけこのようなエラーが生じたことがある。

2、英語学習用

英語学習者にとっても本当に本当に本当にGoodNotes5はおすすめ。

英語学習用のテキストを自炊したりして大量にPDF化しておけば、世界中どこに言っても日本製のテキストで勉強ができる。

私も英語学習に熱心だった当時はたくさんの教科書を入れて学んでいた。

こんな感じ。

GoodNotes5を開きながら英語学習をして、電子辞書で単語の意味を調べたり、Safariで英語の表現をググったりする。

こんな超効率的な英語学習がiPadとGoodNotes5があれば可能になる。

※ただし、音声をノート上に保存したい場合にはNoteshelfの方を使った方が良い→ 【2020’改】手書きノートアプリNo,1「Noteshelf」の使い方・設定完全版

3、ノートを取る用

ノートを取る用のアプリとしてもGoodNotes5は非常に優秀。

当ブログに報告で入ってくるパターンで一番多いのは「大学の授業でノートを取るのに使っています。」という声。

確かにノートを取るためにはGoodNotesは非常に優秀だと思う。

こんな感じでノートが取れる。

ただし、こうやって羅線付きのノートを取るのであれば最低でも9.7インチサイズのiPadが望ましい。iPad miniでは厳しいのでその点は補足させていただきたい。

GoodNotes5の唯一の悪いところ

なぜ。
なぜ?
なぜ!?

と長らく疑問に思っている、というか不満に思っているのが画面上部に”今、開いているノートの全タブ”が表示されるところ。

これを設定で消したりすることができないので、大量のPDFファイルを開きまくる私からすると邪魔でしかない。

今、この瞬間に必要なノートだけを開いておきたいのでタブは私に取っては間違いなく必要ない。画面最上部の日常表示などを消す設定はあるのにタブ非表示にする設定がないのは不思議でたまらない。

このタブの並びを消すにはいちいちバツボタンを押して消していく必要がある。面倒すぎる。

※どなかたこのタブ表示をオフにする方法を知っている方がいれば教えてくださいm( )m

総評レビュー「究極のノート・PDF管理アプリ」

最後に愚痴っぽいことを言ってしまったが、「ノート・PDF管理アプリ」としては最強のアプリだと思う。他のアプリに比べてファイル管理もしやすく非常にわかりやすい。

4年間使い続けて、PDFファイルはおそらく150〜200くらいにはなった。容量も5GBくらいは使っている。

これからもたくさんのPDFを管理・編集し、自分の作りたいノートをいつでもどこでも作成しまくる日々を楽しんでいきたいと思う。

もし、あなたがあなただけのGoodNotes5の使い方をされているのであれば、ぜひコメント欄にて共有していただければ幸いだ。

【おすすめ関連記事】

【2020’改】手書きノートアプリNo,1「Noteshelf」の使い方・設定完全版

【iPad】最強はどれ?Apple Pencil対応ノートアプリ5つを徹底比較