管理人管理人

自作キーボード沼へ足を踏み入れた私。最高の、唯一無二の、世界一のキーボードが作りたくて作りたくてうずうずしている。こういうマニアックな世界大好き。[@appleshinja_com]

Apple製品を購入検討中のあなたへ

Amazon公式のApple製品ポイント還元率が凄まじい事になっているのをご存知だろうか?

※現在、品切れの製品も多い上に、還元率は頻繁に変わるので早めにチェックしておこう


M1 MacBook AirM1 MacBook ProM1 Mac mini


11インチiPad ProiPad Air無印iPadiPad mini12.9インチiPad Pro


Apple Watch Series 6Apple Watch SE


安く買うコツ

気になる3つの自作キーボードセット

1、HHKB型:7sPro

読者さんたちからもおすすめされることが多いのがこの7sPro。見るとわかる通り、有名で愛用者の多いHHKBのキーボードを半分に割ったような形状になっている。


7sPro – 遊舎工房

私はHHKB大好き人間なのでこのキーボードならすぐ慣れそうだし、めちゃくちゃ気に入りそう。そういう意味でも初めての自作キーボードには良さそう。

このキーボードを使ってみて「この配列いやだなぁ。」「合わないなぁ。」ということは100%ないはず。買っても後悔しなさそうなのでとりあえず買ってもいいかなぁと思っている。

HHKBが分離されるなんて・・・ロマンがありすぎる。

2、OLED搭載型:Lily58 Pro

初めて見た瞬間に「おぉぉ!」と叫びそうになったキーボード。これぞ自作という感じがしてかっこいい。


Lily58 Pro – 遊舎工房

YとHの隣にOLEDモジュールがついているので何かしらの表示がされるっぽい。なんだかメカメカしくて好き。ただし、故障のリスクは高くはなりそう。

キーの種類は必要最低限だし、これなら自然と使うことができそうだ。

3、親指型:ErgoDash

可能性の塊ぃぃぃぃぃ!!!
と、見た瞬間に叫びそうになったのがこのキーボード。すごくない?


ErgoDash – 遊舎工房

いびつな親指のキーがめちゃくちゃ気になる。ここを使いこなせるようになれば新しい世界が楽しめそう。めっちゃ気になる。可能性が・・・ポテンシャルが・・・すさまじそう。

ただ、親指のキーは最終的にはそれほど使わなくなりそうな気がしないでもないのでちょっとだけそこが心配。

ただ、この・・・いびつな・・・いびつな配置に心がときめいている。ホームページの組み立て記事を読みながら、ママレードボーイのOP曲を口ずさんでしまうほどに。

次回予告「購入か??」

めっちゃ迷っている。
Youtube側でも自作キーボードに関しての動画を出してみたところ、再生数はApple関係ないので少ないのだが、熱いコメントがたくさん届き始めている。

いやぁ、これはやるしかないでしょ。
わくわくする。
久々に”何かを作る”ということにワクワクが止まらない。

とりあえず何かを買ってみよう。