管理人管理人

当記事ではオンライン授業で必要なスペックについて”読者さんから寄せられた情報”を紹介させていただきたい。私は教育関係者ではないのだが、役立つ情報もたくさんあると思うので・・・[@appleshinja_com]

※当記事は他記事のコメント欄からの引用ですが、責任は投稿者にあります

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月27日(金)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

読者さんからの情報提供

オンライン授業になってからというもの、やることが格段に増えています(動画の描き出しやアップロード)。
Macbook Pro 16インチの32GBがいいかな、と思ったのですが、Windowsを入れるとなると化け物スペック64GBが欲しくなります。Mac+ParallesでOSが2つ動けば、Teamsの複数アカウントも参照が実に簡単です。でもお値段が。。。

カメラとグラフィックの問題さえなければMac miniがいいのですが。。。Lanが直にさせますし。オンライン授業は通信の安定性が肝心なので、有線の方がいいのです。今、Web用カメラは品切りで手に入りませんね。マイクはJabra510を使っていますが、最後の1台をビックカメラからかっさらいました。Macbookなら、マイクは買わなくても大丈夫だったかもしれません。

複数アカウントの場合、Temasは使いにくいのです。Aという学校とBという学校がある場合、B校で使おうとすると、A校からいったんサインアウトしないといけません。そうすると、A校からの通知が見えなくなります。

FranzというWinアプリを使うと、複数アカウントを同時に扱えます(Gmailもしかり)。今はこれで両方見られるようにしていますが、このソフト、かなりメモリを食いますので、スタートアップからは、はずしました。

Apple版Teamsがあれば、きっと使いやすいでしょうね。Apple、作ってくれないかな。

4月以降、一つ一つ覚えてきました。前期の授業が終わる頃はまとまった原稿が書けそうです。ここのところ、先生に対する先生役みたいな感じで走り回っています。

今まではi5で十分と思ってましたが、オンライン授業のスペックはかなりのものを要求されます。安定して使うには、i7、4コア以上の必要がありそうです。スペックについてはzoomのヘルプに「バーチャル背景を使うにはi7、4コア以上」とありました。

ただ、このスペックを満たしていなくても問題ないPCもありました。Macbook Airで入ってきた人がいましたが、だいじょうぶでした。たぶん、グラフィックの処理がいいのでしょうね。私のThinkpad P40 Yogaもi7の2コアですが、グラボを積んでいるので問題ありません(でも、もう少しパワー欲しい。ThinkpadならX1 Extremeの4K液晶、Macなら16インチが候補)。

ホストのマシンが非力だとフリーズしまくって、まともな授業ができなくなります(メモリ4Gでそうなった人、いました)。

オンライン授業の情報はFacebookの例のグループからかなり得ていますが、試行錯誤で気がついたもの、学内サポートや各チームでのやりとりで教えてもらったものもたくさんあります。

インカメラの性能、そうですよね。今後、このあたりを強化したマシンを出してくるでしょうね。
AU光5GBを申し込みました。来月の16日には工事に入れそうです。でも、停電になったら、スマホで授業する羽目になりそう。。。そうなるとセルラー版iPadがあるとかなり楽かもしれませんね。停電になりませんように。

回線の品質が第一ですが、ホストのマシンもかなり大事です。Zoomの場合、受け手のPCは非力でも送り手はスペックが高い必要があります。学校のzoom体験会のホストの人が非力マシンでフリーズしまくっていた、と後から聞きました。私の場合、少なくともフリーズはしません。

ASCIIの記事で「少なくともノートなら15.6インチ以上でCore i7でないときつい」といったものがありました。パイプが詰まっていても強力な勢いで流せば流れるのでは、という感じです。4月中はまだあまり回線が混んでなかったようですが、5月以降はひしめき合っています。

マイクひとつとっても、素人にはなかなかわかりません。

オンライン授業がなくなってからのことを考えると、あまり余計なものを買い込むわけにもいきません。スピーカーフォンのJabra 510にしたのは、スマホの受話器として使えるからです。マイク単体ならば他のほうが優秀だと思います。もちろんカメラだって高性能の方がいいのでしょうが、そちらは私たちにとっては副次的なものです。でもマイクは大切です。ちなみにJabra 510、在庫が復活しているようですね。

軽自動車で快適に過ごしていたのに、オンライン授業以降「道路はすべて高速道路にします」と言われているような感じです。慌てて買い換えた人を何人か知っています。

語学の教員なんか、テキストと音声だけ扱っていれば済むので10年前の機械でも通用します。私は写真を教材に入れるので、ある程度のスペックはもとから必要としてましたが、それでも2011年製のThinkpad X220(メモリ8GB、SSDは525GBに換装)で全く問題ありませんでした。フリーズしまくった人のマシンよりよほど優秀です。

コメント欄からの引用ここまで

いつも情報提供ありがとうございます

当記事で紹介したコメントのように当ブログには有益な情報がありがたいことにたくさん寄せられる。

いつも本当にありがとうございます。

私の主観は入ってしまいますが、多くの方に読んでいただきたいコメントについては今後も紹介させていただきたいと思います。

これからも気軽にコメントいただければ嬉しいです。