管理人管理人

私が神アプリとして愛用し続けているAuto Sleepについにアラーム機能が搭載された。当記事では実際に使ってみた新機能をレビューしてみたいと思う。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月24日(火)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

新機能の使い方

Apple WatchでAuto Sleepを起動させよう。

すると画面の上部にすぐにスマートアラームという機能が表示されているはずだ。

アラーム設定は主に「時刻」「時間枠」「振動方法」「起こすタイミング」の4つ。

アラームで時刻設定。

最大28分までだが、○時〜○時のように設定してその間に後述する浅い睡眠時に起こしてくれる。

振動方法。お好みで。私は「ナッジする」に設定している。

浅い睡眠の時に起こしてもらうように設定しよう。

使ってみてわかったこと

SleepCycleとほぼ同じ機能な気がする。

似た機能ではあるのだが、1つにまとめられるのであれば、今後はAutoSleepの方が良い。私の場合はApple Watchのホーム画面にAutoSleepを搭載されているのでそっちの方が便利。

睡眠にはかなり個人差があるし、私の感覚だけなのかもしれないが、AutoSleepのアラート機能は超優秀だと思う。

今日のお告げ「純正機能が搭載されても…」

Apple Watch Series 6では純正の睡眠トラッキング機能が搭載されることが予想されている。ただ、そのクオリティがAutoSleepを超えるものになるかは不明。

アラーム機能も搭載されたAutoSleepが、しばらくはNo,1の睡眠トラッキングアプリとして使われそうだ。

人生が変わる!睡眠管理アプリ「Auto Sleep 」を完全レビュー