管理人管理人

読者さんに教えていただいた集中力を管理するアプリ「Focus」。2ヶ月ほど利用したのでレビューをしてみたいと思う。有料ではあるが、それだけにクオリティの高いアプリだった。ただし個人的には使用を止めるつもり。(理由は記事内で)[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


9月21日(月)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年9月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

Focusとは?

Focusとは25分の作業時間と5分の小休憩を繰り返して集中力を維持するポモドーロテクニックを使うことができるアプリ。

さらに詳しく言えば、現存するポモドーロ系のアプリの中でApple Watchのホーム画面に表示させてすぐに起動させることができるのは、Focusのみだと思われる。

つまり、Apple Watchから集中力を高めるためにポモドーロテクニックを使いたいのであればFocusを使う必要があるとうことだ。

では、次項からは設定と使い方について解説していこう。

設定

基本的には初期設定のまま使えばOK。私は何も変更していない。

ただし、タスクだけは登録しておく方が良い。後から解析をタスク毎に確認することができる。

使い方

Apple Watchで使う際はホーム画面に配置するのがおすすめ。右側のライトのように見えるアイコンがFocus。

起動させると25分のタイマーを開始させることができる。

25分が終わると休憩は5分。(Apple Watchが振動して通知が来る)

こんな感じで通知が来る。

長押しすると「リセット」「スキップ」「+5分」の表示がされる。

右側へスワイプすると1日に行ったセッション数が表示される。

使い方はこれだけ。あとは集中した人きにFocusを起動させるだけ。簡単、かつ素早く自分が集中したいときに「超集中モード」に入ることができるようになる。

補足1:料金は高いか安いか?

Focusは買い切り版ではなくサブスクリプションモデルのみとなっている。その価格は、

1ヶ月:550円
1年間:4,200円

となっているのだが・・・正直言うと高すぎると思う。アプリの開発にお金がかかるのはわかっているのであまりケチは付けたくないのだが、相対的に見て高すぎる。

ポモドーロを使って集中したいだけなら買い切り版のアプリは他にもあるため、Focusにこだわる必要はないと思う。

補足2:Be Focused Proと何が違うの?

似たようなアプリにBe Focusedというアプリがある。

作業効率化オタクが感動!Be Focusedアプリをレビュー【使い方・設定】

このアプリは買い切り版なのでFocusより圧倒的にお得感がある。個人的にはただ、集中するために使うのであれば、Focusとほぼ同じ機能だと感じているためBe Focusedの方がいいと思う。

Be Focused Proはタスクの登録も解析もできる。

無料版も用意されているためそちらを試してみてから判断すると良いだろう。

Be Focused - Focus Timer

posted with ポチレバ

Apple Watchのホーム画面(インフォグラフ)には表示できない仕様なのだが、iPhoneから起動さえさせれば、Apple Watchに「仕事開始」「休憩」の通知はくるのでBe Focusedで十分じゃないかな?と思ってしまう。

唯一のBe Focusedのデメリットは・・・英語のみなことだと思う。どうしても日本語の方が良い場合はFocusの方がいいかもしれない。

総評レビュー「Apple Watchからどうしても起動させたい人以外は必要なし」

素晴らしいアプリではあるのだが、料金が高すぎる。買い切り版で同じ仕様のアプリはたくさんあるのでそちらで代用した方がコスパは良い。

継続開発のためい月額制にしているのは分かるのだが、それほど価値がある機能が提供されているとは私には思えなかった。

せっかく自腹でサブスクリプション代金を支払ったので1年は使う予定だが、その後は解約する予定。

大好きなアプリだけど・・・サブスクリプションは絞っていかないと毎月の支払額がとんでもないことになるため、Focus使用停止後は以前までと同じようにBe Focused Proを愛用していこうと思う。