管理人管理人

私は、作業効率化の鬼だ。いや、変態だ。友人たちからも、作業の効率化を求めすぎて気持ち悪がられている。そんな私が最近気に入っているアプリがある。Be Focusedだ。このアプリはヤバい・・・はっきり言って興奮が抑えられない。というわけで、あなたにもBe Focusedの良さをこの記事を通して知って欲しいと思う。[@appleshinja_com]

Be Focusedは有料版と無料版があるのだが、私の一押しは有料版だ。CSVファイルへ書き出し可能、iPhone、Macが連携可能などありがたい機能があるのに加えて、広告が表示されなくなる。

仕事効率化アプリに広告が表示されてしまい、仕事効率を落とすというのは本末転倒だろう。ゆえに、私は有料版をオススメする。(他のアプリに比べても驚くほど安い)

スポンサーリンク
もし、あなたが新型iPhone(2018)を検討中なら・・・

9月12日のイベント後、総文字数2万文字の記事を執筆。2晩でコメント総数160件超!新型iPhoneのすべてがココに!!


【在庫がどんどん無くなってます!】iPhone Xs, Xs Maxの予約はこちら→Apple公式Docomo公式ソフトバンク公式au


どこで買うべき?→最安値はどこ?新型iPhone(2018)の価格を比較【Docomo, au, SoftBank or SIMフリー】


全機種を完全比較→購入は待て!Apple信者が新型iPhone (XR, Xs, Xs Max)を徹底比較


iPhone 8, 8Plusと比較→どっちが買い?iPhone 8, 8 PlusとiPhone XRを完全比較


あなたにオススメの新型iPhoneはコレ→3452人にアドバイスしたApple信者が教える新型iPhone(2018)の選び方

なぜ、Be Focusedは仕事効率化に繋がるのか?

Be Focusedアプリは、時間管理アプリとして、ロングセラーになっているが、一体なぜ人気なのだろうか?

実は、Be Focusedはただの時間管理タイマーアプリではなく、「ポモドーロ」という理論が採用されている。そのため実用的なタイマーアプリとなっている。

簡単に説明すると、

人間の集中力は15分〜20分くらいでピークに達する

それ以降(25分以降)は集中力のピークが落ちてくる

25分刻みで休憩を入れて意図的に集中力のピークを何度も維持する

というのがポモドーロテクニックだ。

私は、ポモドーロを知る前からApple Watchでタイマーを設定して作業する習慣があったのだが、自然と30分という設定になっていた。

自分の集中力が切れるタイミングが大体30分くらいだったからだ。ゆえに、ポモドーロはあながち間違っていないと思う。

そんな、ポモドーロテクニックを実生活に生かすために生み出されたアプリが今回紹介する「Be Focused」というアプリだ。

Be Focusedの設定方法は?

Be Focusedはあまり細かい設定などは必要ない。デフォルトで十分だ。

ただ、項目が英語ということもあり分かりづらい部分があると思うので1ずつ解説していこう。

まずは、ほぼデフォルトの設定で使ってみることをオススメするが、1点、変更した方が良い設定がある。それが、赤枠で囲った部分だ。

自動的に仕事と休憩を繰り返してタイマー通知するかの設定なのだが、ここはONにしておくことをオススメする。

仕事に集中して、そのあと25分経って休憩の通知が来た後に、またタイマーを入に自分で設定し直して休憩、その後休憩が終わったら、またまた自分でタイマーを入りにして仕事に戻る。というのはあまりに非効率だ。

タイマーが仕事(25分)と休憩(5分)で交互に強制的に切り替わり続ければ仕事に集中もできるだろう。ゆえに、私はオート機能についてはONにしている。

また、補足ではあるが、秒針音というのは人によって好き嫌いが分かれるだろうと思う。私はあまり好きではないのでOFFにしている。仕事中はクラシックなどの作業を効率化させるような音楽がやはり望ましい。

Be Focusedの使い方は?

さぁ、ここからは基本的な使い方について解説していこう。とは言ってもBe Focusedは直感的に使える簡単なアプリなので安心してほしい。

まず、タスクの設定。私の場合だとまずは「ブログ更新」という欄を作ってみた。

ブログ更新のタイマーをスタートした後は、このようにタイマーがスタートする。25分間、集中してやるぞー!!!と気合いが入る。

ちなみに、ブログ更新が終了したら、右にスワイプしてdoneとしておくと良い。Todoリスト的に使えて、1つずつタスクをこなしていくことができる。

時間を究極的に効率よく使い、さらにタスクを高速で処理していけば日々の作業が効率化されることは言うまでもない。

まぁ、こうやって自分を追い込みすぎているところが、友人たちから「作業効率化変態」なる称号を得ている所以ではあるのだが・・・私はアプリをうまく使って日々の生活を充実させることに快感を覚える癖を持っているのでそこは仕方ないといったところだろうか。

ちなみに、こなしたタスクはグラフでデータとして確認可能。週ごとに確認できたりして面白い。

管理人はこう使っています

私は、朝起きてからヘビーにBe Focusedアプリを使うようになっているが、主な使い方としては、5つのタイマーを設定している。

  1. 起床後にすること(ストレッチ・瞑想)
  2. ブログ更新
  3. 英単語暗記
  4. ビジネス本を速読
  5. メール返信

これらをタスク的にこなしていく。それぞれのタスクを25分刻みで行っていく。しかも、人間の集中力を意図的にピークに何度ももっていくわけだから、作業が効率化され、高速化されて、日々の生活が充実することは言うまでもない。

やっぱり作業効率化アプリは気持ちぃぃぃぃぃ!!!

ちなみに、もし、あなたがApple Watchを持っているなら感動する機能がこの「Be Focused」には備わっている。

iPhoneと連動してタイマーが作動。

もちろん、ブルブルっと震えて通知してくれる。

Apple Watchからタスクを追加することも可能。

ただし、タスクの追加方法は音声。

さらに、私が感動したApple Watchの機能は、Apple WatchでBe Focusedを起動させていると、iPhoneでは通知機能が働かない。

Apple Watchで手首に振動が伝わり、その上、iPhoneのアラームが鳴ったらやかましくて一気に集中力が落ちる。

しかし、Be Focusedはその辺りも考えられており、Apple Watchで使っている最中はiPhone側ではアラーム音が鳴らないようになっている。これは大きなメリットだと思う。

よく考えられて作られているアプリであり、開発者様に感謝の気持ちしかない。

デメリットは?

このアプリは、この部分を変更できたらよかったのにな〜、という場合が、私は結構あるのだが、Be Focusedアプリに関しては文句のつけようがない

時間管理アプリゆえ、多機能は求めていないということもあるのだが、安価だし、作業を効率化させるために洗練された素晴らしい機能だけを備えていると言えるだろう。

総合評価・他アプリとの比較

Be Focusedアプリは三ツ星評価中、三ツ星評価とした。

はっきり言って文句なしの出来だ。作業効率化させるために、タイマーアプリを探しているなら、一度は試してみるべきアプリだと思う。

少なくとも、私は愛用し続けるつもりだ。

他のタイマーアプリも、いろいろ試したのだが、逆に機能が多すぎたり、画面が見づらかったりで使うのを自然と止めるようになった。Apple Watchとの連動も私としては重要なポイントだ。

私がApple純正アプリを使い続けていたのも、他の有料アプリと使っても結局はタイマーアプリとしての純粋でシンプルな機能は純正アプリで十分だと思ったからだ。

しかし、Be Focusedアプリは人間の集中力を意図的に高めてくれるという素晴らしい発想の元、作られている。しばらくは、離れられそうにない。

日々の生活を変えるかもしれない、このアプリ。間違いなくオススメだ。