管理人管理人

今回はTodoアプリ「Blink」レビュー記事に続いて、Todo系のアプリで私が最近気に入っているHabitifyをご紹介。このアプリは特定の方にはタスク処理としてかなり有効なので、ぜひタスクが日々溜まっている方には試してほしいアプリだ。特にルーティーンワークが溜まりがちな人には「とあるテクニック」を使うことで非常に素晴らしいアプリへと昇華するのでぜひ試してみてほしい。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


1月21日(月)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年1月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

Habitifyとは?

Habitifyは、ただ1点を除いてはよくあるタスク、Todo管理系のアプリ。タスクを始めるか、完了するかだけのシンプルなアプリとも言える。(ただ1点の特筆すべきメリットについては後述)

アプリを起動させるとこんな感じでタスク管理画面が表示される。

統計を見ることも可能。達成率とか表示されるとどれだけ頑張っているかわかるので非常に便利。

設定も特に必要はない。

Habitifyの簡単な使い方

一応ではあるが、使い方を簡単に解説しておこう。ただ、簡単過ぎ私が説明する意味に疑問を持ってしまうレベル。

アプリ起動画面で右上のプラスアイコンをタップしよう。

するとタスクを設定する画面が表示される。

  • 青で囲った部分→タスク名を登録
  • 赤で囲った部分→繰り返すペースを設定(曜日ごと、毎週など)

上記の2つさえ押さえておけばOKだと思う。

ちなみに私はルーティーンタスク用に使っているため、繰り返し設定は毎日にしている。

私がHabitifyを使うたった3つの理由

では、ここからは数多くのTodoアプリを使ってきた私が「なぜ、Habitifyにハマっているのか?」をお伝えしていこう。

理由1、iOSデバイスとApple Watchで完全に共有されるから

HabitifyはiPhone、iPad、Apple Watch全てでタスクが共有される。どの機器からもタスクを完了させることができるので便利。

iPadから終了したタスクも、iPhoneに反映されるため、iPhoneで仕事したり、iPadで仕事したりと行ったり来たりする人には嬉しい。

理由2、ウィジェット上でタスクを完了できるから

これが私がHabitifyを愛用し始めた最も大きな理由。

Habitifyはウィジェット上で動作する。表示が綺麗な上にウィジェット上でタスクの完了を完遂できる。

表示はこんな感じ。

チェックマークをタップするとタスクがウィジェット上から消える。ただ、これだけ。これだけなのだが・・・

他のタスク系のアプリは、

  • ウィジェットに表示ができない
  • ウィジェットに表示できても、ウィジェット上でタスク完了できずにアプリ画面まで飛ばされるのでストレスがたまる

という弱点がある。

これら2つの弱点を完璧にカバーしてくれるアプリが私がリサーチした中ではHabitifyしかなかった。ゆえに私はHabitifyを愛用し始めた。

ウィジェットの使い方については後日記事にしていきたいと思う。極めればかなり作業効率化に繋がる。

理由3、完璧に集中力をコントロールしたいから

集中力を高めるためのアプリだったり、設定はたくさんあるのだが、それがバラついていては意味がない。シンプルに、ミニマリズムに、たった1つのアプリで全てが完遂できればいいのだが、現状はそれも難しい。

そのあたり、私はずっと迷っていたのだが・・・

最近、やっと辿り着いた結論がある。それが「ウィジェットに集中力系のアプリを完璧に配置する」ということ。

これにより私は集中したい時にはiPhoneのウィジェットを見るだけで良いようになった。iPadやMacからアプリを起動させる必要もない。ただ、iPhoneのホーム画面から左にスワイプすれば自分が集中するために必要な全てが集まっている。

この辺りの「ウィジェット哲学」については数日以内に記事にしたいと思う。

有料版と無料版の違いとは?

主な違いは2つ。

  • ダークモードの有無
  • タスクを3つまでが無料、4つ以上は有料

私はタスク系のアプリを買うときにこの価格で作業が効率化されたらどれほど自分の作業が快適になり、ひいては自分の収入アップにつながるだろうか?と考える。

だから、あまり投資することには抵抗がない。何よりも楽しい。趣味みたいなものだからこそ、これからもいろんなアプリを買って楽しんでいきたいと思う。

ちなみにHabitifyはMac版もあるのだが、その場合は別途1200円かかる。例え、iPadやiPhoneで有料化していたとしてもMac版は別でお金がかかるので注意が必要だ。私は必要性を感じないので買っていない。

補足:Apple Watchへの対応が遅い・・・

私はタスク系はApple Watchでどうにか全て完遂できないのかなぁ。。と試行錯誤していたのだが・・・

Apple Watch Series 4から搭載された新ホーム画面への対応が遅すぎる。どの会社もそうなのだが、遅い。仕方ないことなのだろうなぁとは思いつつも、ちょっと残念。

純正アプリなら対応できるのだが、純正アプリだけだと自分の思う最高の環境が構築できないので今回紹介したHabitifyのようなアプリとiPhoneを組み合わせることにした。

早くApple Watch上で全てのアプリを組み合わせられるようになってほしいものだ。

総評レビュー:ルーティーンワークが多い人にはオススメ!

Habitifyはルーティーンワークが多い人にはオススメ!

私はルーティーンワークをたくさん持っている。というか大好きだ。自分を成長させるような、「英語の本を読む」「単語を覚える」「英語の経済ニュースを読む」などもルーティーンとして取り入れているため、毎日やるべきことがかなり多い。

それらを「やらなきゃやらなきゃやらなきゃ。自分で決めたこともできないなんてクズ人間だ。」と私は自分を追い込むタイプの人間なのでタスク管理は非常に重要。

Habitifyがあれば、ウィジェットからサクサクと1つずつタスクを完了させていくことができる。全てが完了したらリラックスしてアニメでも観ていればいい。

もし、あなたが毎日やるべきことをたくさん抱えているのであれば、Habitifyを無料版からでいいので使ってみてほしい。ウィジェットに並べて毎日のタスク完了後に1タップしていくだけで快感を感じるはずだ。

タスクを処理し続けた先には、自分のスキルアップが必ずあると私は信じている。