管理人管理人

始めにお伝えしておこう。私はKindle愛用者だ。Kindleで毎月10冊は本を読んでいる私が、KindleとiBooksの良い点、悪い点をあぶり出すために7つの違いについて当記事では比較していこう。[@appleshinja_com]

Kindle

無料
(2018.02.08時点)

iTunes で見る

posted with ポチレバ
スポンサーリンク

ーこのページに辿り着いたあなたへ〜

「おまえ、変態すぎるだろwww」

と、私は常に友人に笑われている。私のApple製品への愛が異常すぎるからだ。(たまにiPadの角を触りながらニヤニヤしてたりするらしい)

8年のApple信者ライフの末にたどり着いた、「究極の記事」をあなたにもお届けしたいと思う。ぜひ、参考にしてほしい。

共に、変態Apple信者になろうではないか。

【2018年4月更新!!】→iPhoneおすすめアプリ38選はこちら

iPad→おすすめアプリ55選はこちら

Mac→神が作りし5つの神Macアプリはこちら

【収益公開中】保有Apple株の現在の収支はこちら

【期間限定】→無料で「神Apple本」が3冊読めるKindleの情報はこちら

※新規ウインドウで開くのでとりあえずクリックしておいて後日読むという感じでも良いと思う。

KindleとiBooksの7つの違いとは?

ここから7つの違いをお伝えしていく。

今回、記事を書くにあたり、「なぜ、私や私の友人たちがみなKindleを使っているのか」という事が次第に明確になってきた。

あなたはiBooksに失望するかもしれないが、その点も踏まえて読み進めていってほしい。

比較1、書籍の数

KindleもiBooksも正確な書籍の総数は公表していないのだが、はっきり言おう。

iBooksの書籍数の少なさは絶望的だ。

私がわりとマイナーな書籍を探しているとかそういうこと関係なく、iBooksは明らかに書籍数が少ない。有名な漫画や小説であればKindleもiBooksも販売はしているのだが、ちょっと専門的なジャンルになると、iBooksには書籍がほぼ存在しない。

例えば、「英語の解説書」「旅行関連の本」「カメラの使い方」など色々な趣味や実用書を探してもKindleではこれでもかというくらいに出てくるのだが、iBooksではほぼ出てこない。

はっきり言って読みたい本がないというのは決定的な弱点だろう。ゆえに、有名な漫画や小説以外にも実用書など様々なジャンルの本を読み漁る人にはあまりiBooksはオススメできない。

比較2、レビューの数

レビューの数はKindleの圧倒的勝利。

例えば、ビジネス書で超有名で私も愛読している「イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)」という本があるのだが、iBooksは以下の通りレビューが0だ。

一方でKindleの方は100件を大幅に超えるレビューが集まっている。

レビューを全て鵜呑みにすることはないのだが、やはり購入前にどんな本かを知れるのは重要なことだし、私はレビューの数というのも重要視するべきだと思う。

比較3、価格差

Kindleではたまにセールを行うことがある。iBooksでもセールは行われるがKindleほどではないように思う。

個々の書籍についても、KindleとiBooksで価格が違うことは多々あるがややKindleの方が安いと思う。

先程紹介したイノベーションのジレンマを参考にしてみると両者、電子書籍版の購入価格は2000円だが、Kindleで購入した場合には56円分(2%)のポイントがつく。

毎年かなりの書籍を購入する人にはポイント制度は嬉しいだろう。

10万円分の電子書籍を購入する人なら単純計算で2,000円もの差がつくわけだ。

と、ここまで一般的に言われているKindleのメリットを伝えてきたが、実は、ただ安く買いたいだけなら、圧倒的にiBooksの方がお得だ。

なぜなら、iBooksは量販店やauなどのキャリア、様々な場所で割引価格で売られていることが多いからだ。

5%や10%の割引は当たり前のようにあるし、たまに20%を超える割引率の時もある。単純計算で20%割引されている時にiTunesカードを購入しておけば、書籍を20%オフで購入できるという計算になる。

ありえない割引率で電子書籍を購入できるわけだ。Kindleにはない圧倒的なメリットだろう。

ちなみに、iTunesカードの割引速報などは以下のTwitterなどが参考になる。

※iTunesカードに期限はない。無期限で利用可能。ただし、iTunesカードをiPhoneに登録した時点から2年でそのポイントは失効してしまう。ゆえに、とりあえずiTunesカードを買っておいて、欲しい本が発売された時にiPhoneにiTunesカードを登録するというのが賢いやり方だろう。

比較4、アプリの操作感

操作感については個々の意見もあるだろうが、私はiBooksの方が滑らかでスムーズでよい出来だと思っている。

一方でKindleアプリはたまに動作が重かったりするし、ページをめくる際の動作もあまりスムーズではない。

ここに本をめくっている動画を載せたかったのが、著作権の問題などもありそうなので、一度iBooksとKindleで適当にサンプルバージョンの書籍をダウンロードしてあなた自身で試してみてほしい。全く操作感が違うことに驚くだろう。

比較5、Kindle Unlimitedの存在

私は、Kindle Unlimitedの愛用者だ。

よいサービスだから登録したというわけではなく、毎月たくさんの本を買う中で、Kindle Unlimited対象の本が結構あったので、登録してみたという感じだ。

書籍が1冊1,000円くらいだとすると、Kindle Unlimitedの価格は980円なので、1冊でもKindle Unlimited対象の本を読むような人は利用した方がよいという計算になる。

1ヶ月二冊以上、Kindle Unlimited対象の本を読むなら、絶対にKindle Unlimitedに加入した方がお得だ。私の周りでも、電子書籍を頻繁には購入しないが、Kindle Unlimitedには加入しているという人は多い。

何か情報収集する時にはKindle Unlimitedで本を探して何冊か読み漁るという使い方だってできる。

もちろん、その書籍はKindleアプリで読むことができる。

Kindle Unlimitedを使いながら、iBooksで書籍を単品購入するという使い方もできるとは思うのだが、私は1つのアプリで統合したいので、Kindleアプリの方を愛用している。

アプリをどれもこれも使いまくるというのはあまりシンプルではないし、iPadやiPhoneのホーム画面もごちゃごちゃするので私は好きではない。

iBooksはその書籍数の少なさゆえに、読み放題サービスを提供することは難しそうだ・・・

比較6、アプリ内で購入できるか否か

この点については、iBooksの圧倒的勝利。というかAppleの勝利。

実はiBooksではそのアプリ内で電子書籍を購入することができるのだが、Kindleアプリの場合は必ずAmazonのホームページへブラウザで行き、Amazonのサイト上で書籍を購入する必要がある。

その一手間がやや面倒だ。というか作業効率化オタクの私としてはストレスでしかない。

だが、AppleがiOSのアプリ内で電子書籍を購入することができるのはiBooksだけと制御している以上、これは仕方ないのない話。

比較7、ハイライト機能

これが、私がKindleアプリを愛している最も大きな理由だろう。

Kindleのハイライト機能は本当に素晴らしい。素晴らしすぎて、読書がさらに好きになる。生活の一部になる。人生を変える大きな役割を果たす。

もし、あなたがKindleのハイライト機能をまだ使っていないなら以下のページは必ずブックマークしておくべきだ。

→Kindleハイライト確認ページ

一応、iBooksにもハイライト機能はあるのだが、こんな感じで書籍ごとにハイライトをチェックするというようなもの。

こちらはKindle。左サイドバーに自分が購入した書籍が表示されるのでそこをタップすれば、その書籍ごとのハイライトをどんどん確認することが可能だ。

一体、どれほどの人がハイライト機能を利用しているのかは分からないが、私は読書好きなら必須の機能だと思っている。

具体的な私のハイライト機能の使い方は、

書籍を読む

気になったり、感銘を受けた部分をハイライト

Noteshelf2にApple Pencilで書き写す

ということを日々繰り返している。

こうすることによって、書籍で読んだ部分を何度も読み直して自分の中に浸透させる事ができるからだ。一度読んだだけでは「よーし俺も頑張るぞ!」と一時的に思うだけで、結局は内容を忘れてしまう。

この辺りの「本を読むための本」については以下の2冊が本当にオススメ。人生が変わる。

と、話が少し脱線したが、Kindleのハイライト機能こそ、読書好きには必須のものだと思っている。ゆえに、私はiBooksよりもKindleアプリを愛用しているというわけだ。

今日のお告げ

とりあえず、Kindleで読書を!!!

と、私はiPad所有者の人にはアドバイスしている。読書はやはりいいものだ。これだけWebが広まった今でも書籍の持つ情報量や、読みやすさ、クオリティなどはWebよりも圧倒的に上だと私も思っている。(逆に言えばWeb上の情報の低さは酷すぎる)

iBooksでもよいのだが、iBooksの良さは若干の操作性の良さと、たまにあるiTunesカードの割引で安く買える事だろうか。それらを優先するのであれば、iBooksでもよいだろう。

とにかく。あなたもどうかKindle、もしくはiBooksであなたの読書ライフをより楽しいものにしてほしい。その一助にこの記事が少しでも役に立てば、私の何よりの喜びとなるだろう。

あっ、ちなみにオススメの書籍などあればぜひ教えてほしい。私は活字中毒なので本はもっと読みたいと思っている。あなたのベスト本をぜひ!コメント欄などに書き込んで頂ければ幸いだ。

Kindleアプリのおすすめの使い方はこちら
→【2018】最新Kindleアプリを100倍使いこなす3つの小技とは?|iPad、iPhone

ーあなたはApple公式サイトの製品比較ページを見たことはあるだろうか?ー

もし、あなたがApple製品を購入検討中なら、後悔しない買い物をするためにも、必ずチェックしておこう。

「えっ!こんな違いがあったの?」と驚く、あなたが知らない重要な性能差が見つかることもある。(ProMotionテクノロジー、感圧タッチトラックパッド等)

以下のリンクをクリックする事で製品比較ページをチェック可能なので、この機会にしっかり目を通しておいて欲しい。(私も何度もチェックしている)

公式→Mac比較ページ

公式→iPad比較ページ

公式→iPhone比較ページ

Apple公式サイト(TOPページ)

あなたの1フォロー、あなたの1いいねが
1記事更新の励みになりますm(_ _)m

↓ ↓ ↓

Apple製品を検討中のあなたへ

2017年に発売された全ての最新製品をレビューしました。購入後に後悔しないためにも、以下の記事を読んでおく事を全力でオススメします。

【最新】Apple製品購入完全ガイド!絶対に後悔しない買い方まとめ