管理人管理人

インスタ女子に人気という女子力の高さを売りにしているアプリ「Analog Paris」をおっさんの私が買ってみた。女子ではないが、アプリオタクなので話題のアプリは使いたくなる。というわけで、使い方や設定を解説していこうと思う。[@appleshinja_com]

アプリのアイコンも女子ウケを意識していることが分かる。写真編集アプリは直感性と多機能性が求められるが果たしてこのアプリはどうだろう・・・早速使っていこう。

Analog Paris

posted with ポチレバ
スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


12月11日(火)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年12月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

設定は必要なし

Analog Parisアプリは細かい設定は全く必要ない。

初期設定が必要ないというのは、あまりアプリに精通していない方でも使いやすいので高評価ポイントと言えるだろう。

使い方を徹底解説

それでは、早速、Analog Parisアプリを使って写真を編集してみよう。

下の画像がAnalog Parisを起動させた基本となる画面だ。

 

  1. カメラを起動してフィルタ越しに写真撮影が可能
  2. すでに撮影した写真を後から編集可能

となっている。

個人的にはすでに撮影した写真を編集する方が便利だし、機会が多いとは思っている。

では、早速編集画面をお見せしよう。まずは前述2の部分をクリックして既に撮影済みの写真から編集したいものを選択。

すると、写真が編集画面として立ち上がる。これは、私がタイで撮影した何気ない公園の風景だ。

Analog Paris内の写真下部にParisとColorという項目があるが、これらはAnalog Parisアプリ内にデフォルトで用意されているフィルタになっている。

Paris10項目、Color30項目と用意されているためAnalog Parisアプリでは40パターンもの編集が可能ということだ。

それでは、一体どれくらい変わるのか、先ほどの写真を加工してみよう。

使い方1、Parisモード

全体的にピンクがかっているのが分かる。つまみのバーを左右に動かせばピンクの濃度を変えることができる。

個人的には02が好き。淡いピンクになって幻想的な雰囲気を醸し出してくれる。

こちらは似てはいるが、木の幹の部分がちょっとおかしい。このように同じピンク色でも微妙な違いがある。

他にも色々と編集が可能なので、写真に合わせて自分好みの編集を行ってみてほしい。

ちなみにつまみの部分を0にすると、デフォルトの色になる。

逆につまみを一番右まで持っていくとかなりのピンク色に。

忘れてはいけないのが、編集を保存すること。以下の赤枠部分にあるチェックマークをタップすることでその写真の編集を一時保存できる。

使い方2、Colorモード

次にカラーモードについて紹介していこう。こちらのモードは30項目あり。ピンクだけではなく、青や緑などを強調するような編集が可能になっている。

青が強すぎてちょっと違和感がある。

これはなんかいい感じ!!こういう写真加工をボタン1つで可能なのは本当にありがたい。

使い方3、オススメ編集機能

実は、Analog Parisアプリには、他にも特筆すべき編集機能がある。

画面一番右下の項目をクリックすると、細かな編集機能が表示される。

私のオススメは赤枠で囲った機能。左が「シャープ機能」で写真をクリアにしてくれる。右が「描画調機能」、手で書いた絵のように親しみやすい写真のようにしてくれる。

上記2つの機能を使うとこのようになる。いかがだろうか?私は、オシャレな雰囲気が増したように感じる。

使い方4、SNSで拡散されまくり!?撮影モードが凄い

Analog Parisはフィルタをかけながら写真を撮影できるモードが備わっている。

このモードを使えば、場面や風景に合わせて最も綺麗でクオリティーの高い写真が撮れるので、普段からSNSで拡散されやすい写真を求めている人には良い機能だろう。

例えば、こんな感じだ。

個人的には、MacBook Proを撮るならこのモードが好き。なんだか神秘的な感じがしてオシャレ。(だと思う)

補足:料理の写真を加工すると最高にウマそう

ちなみに、風景の写真だけではなく、料理の写真に使ってみると、また違ったよさが見える。

比較してみよう。

加工前。

加工後。

うーん、美味しそう。

料理の写真をツイッターやインスタグラムにアップする機会が多い人は、Analog Parisアプリのようなものを1つ持っておくとよいだろう。

Analog Parisのデメリットとは?

ここまで書くと、Analog Parisアプリにはメリットばかりのように感じられるかもしれないが、私は少なくとも3つのデメリットを感じた。

  • 編集機能が少ない
  • アプリが結構な頻度でバグる
  • アプリがたまに落ちる

上記は有料アプリとしてはあってはならないことだと思う。

正直言うと、無料でAnalog Parisアプリより、もっと多機能で安定しているアプリはある。

Analog ParisはAppstoreのラプリランキングで上位に入ることが多いが、私はそこまでクオリティーの高いアプリだとは思っていない。

まぁ、シンプルで使いやすいのでその点は評価できるのだが、お金を出して購入するのであればもっと良いアプリがたくさんあると思う。

ちなみにバグる際は以下のように編集した画像が真っ白になったりする。せっかく頑張って編集したのに、このようになってしまっては泣きそうになる。

アップデートによる改善が待たれるところだろう。

今日のお告げ

私は、写真を加工するのはブログに画像をアップする時くらいだ。だが、普段から写真を加工しSNSに投稿する趣味がある人なら、Analog Parisは買っても良いアプリだと思う。

ボタン1つ、2つでささっと編集d系るのはありがたい。

ただし、Analog Parisのレビューを見ても分かるように、割とアプリが落ちやすい上に、機能は少ない。

逆にいうと厳選した機能だけで使いやすい、とも言えるかもしれないが・・・

私は多機能、そして安定した動作を求めているので、このアプリに関しては3つ星評価中、2つ星評価とした。あなたの参考になれば幸いだ。

Analog Paris

posted with ポチレバ