管理人管理人

定期的に当ブログに訪れる質問。「カレンダーって何がいいですかね?」「毎日のTodoってどうすればやって処理するのが効率いいですか?」という質問。私は作業効率化マニアなので、Todoやカレンダー系のアプリなら純正からWonderlistなどなど、有名なものからマイナーなものまで10以上はダウンロードして使いまくった。その結果、私が今も愛用しているのは・・・この3つのアプリ。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


10月23日(火)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年10月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに:爆速でタスク処理するために必要な3つのアプリ

もし、あなたが爆速でタスクを処理する方法に興味があるなら、覚えておいてほしいことがある。

タスク処理に重要なのは究極のアプリ1つではなく、3種類のアプリを組み合わせることだ。

私は過去に大きな失敗をしたことがある。1つのアプリで自分の予定を登録して、Todoを処理しようとしていたのだ。しかし、それは不可能だし、非効率。

私があなたにオススメしたいアプリは以下の3種類。

  • 予定管理アプリ(カレンダー系)
  • 緊急タスクアプリ(Todo系)
  • ルーティーンワークアプリ

これら3つのアプリを使いこなすべき。これら3種類に関するアプリを使いこなせば、あなたの生活はより楽になるし、効率化される。

「今」何をするべきなのか?

という事がいつも明確なので、より濃い時間をすごすことができる。人生の濃度が上がると言ってもいいだろう。

では、これらのアプリをどのように使いこなせばいいのか?また、私がいったいどのアプリを使っているのか?

以下、1つずつ解説していこう。

爆速タスク処理アプリ3選

私が実際に有料アプリにお金を注ぎ込み続けて出した結論なので、ぜひ、参考にしてほしい。

1,予定管理アプリ(カレンダー系)

私がオススメするのは純正カレンダーアプリだ。

Twitterでアンケートを取ったところ、以下のような結果に。

もちろん、見た目の好き嫌いなどにもよるし、使い方にもよるが、「予定を管理する」という点においては、純正のカレンダーアプリが一番。

私が純正カレンダーアプリをオススメする理由は主に3つ。

  1. アカウントを作成する必要がない
  2. すべてのApple製品で自動的に予定が同期される
  3. Apple Watchで常に予定を確認できる

他のカレンダーアプリだと同期するためにはアカウントの作成やGoogleアカウントとの連携などが必要になるが、Appleの純正カレンダーであれば同じApple IDを使っている全ての機器ですべての予定が自動的に連携される。

これが非常に便利。私は予定を様々な機器から登録したり閲覧したりするので、予定を管理するのには純正アプリが一番だ。

例えば、

  • iMacでメールを見て予定を加える
  • iPadでSNSのメッセージを見て予定を加える
  • 友人と話しながらiPhoneに予定を加える

などなど。これらを行い、かつ同期が素早いという事であれば、Appleの純正カレンダーが一番だった。というか画面もシンプルでわかりやすい。

私がカレンダーアプリに求めるものは、「Apple製品間で同期が早い」「予定の時間前に通知設定が可能」。これらさえあれば、私には十分なだった。だからこそ、純正カレンダーアプリが最高。

以下のように予定の1時間前などに通知を設定することが可能。

ちなみに、日々の予定が詰まっていたり、重要な予定が重なっていたり、タスクの処理に追われている人にはApple Watchでカレンダーアプリを確認するのがオススメ。

今すぐあなたのもとへ全力疾走で向かい、手首にApple Watchを巻き付けて全力で逃げ出したいくらいにオススメ。予定を忘れることは、ほぼ100%なくなる。

こんな感じ。

使い方はこちら。18000文字の長文レビュー→【2018】Apple Watchを完全レビュー!365日使いこなす設定・使い方ガイド

純正カレンダーアプリではなくともよいのだが、とりあえず重要なことは、あなたがすべき日々の予定を管理するアプリを1つ決めておくことだ。

そして、最も重要なのは、PCやスマホで簡単に同期ができるという点。

では、次に、カレンダーアプリ以外で管理するべき「緊急タスク」を管理するべきものアプリについて解説していこう。(後述するが、カレンダーアプリのみですべての予定を管理するのは非常に非効率)

2、緊急タスクアプリ

緊急タスクを処理するのに、私がオススメするのは「純正リマインダー」アプリだ。

あなたは、日々、こんな事をおもっていはいないだろうか?

「あっ!帰ったらアレやらなきゃ」
「あっ!スーパーでアレやらなきゃ」
「あっ!メール返信絶対しなきゃ」

などなど。私はこれらを緊急タスクと呼んでいる。

あなたも、私も、緊急タスクに日々を追われている。これは学生だろうが、社会人だろうが主婦だろうが、関係ないだろう。

だが、あとでやる事だからちゃんと覚えておかないと・・・

と思っても忘れてしまうのが人間だ。

だからこそ、緊急タスクを思いついたら、すぐにアプリに登録していく癖をつけることが重要。アプリに登録さえしておけば、順番にサクサク処理をしていけばよい。

私がオススメする純正リマインダーアプリの具体的な使い方はこちらを参考にしてほしい→これ知ってる?Apple純正リマインダー5つの使い方と小技教えます

私がリマインダーアプリを使う時は、

  • 当日に必ず終わらせるべきタスク(○○さんにメール返信など)
  • 場所を指定して終わらせるべきタスク(駅に着いたらスーパーで牛乳を買うなど)
  • 過剰書きで残しておきたいタスク(帰国後にチェックすべきこと)

これら3つが私が純正リマインダーに登録してしているタスクだ。

過剰書きで残しておきたい事とは、例えば、海外にいる間に「帰国したらあれやらなきゃなぁ。。」と思いついたタスクをどんどん書き込んでいる。

リマインダーアプリはどのアプリを使ってもいいが、カレンダーで「未来タスクを処理」、リマインダーアプリでそれ以外の「緊急タスクを処理」という使い方で日々の生活をより効率化していく事が重要だと感じている。

でも、実は・・・それだけでは十分ではない。

「未来のタスク」「緊急のタスク」に加えて、人は必ずもう1つのタスクを抱えるからだ。

それが、「毎日のタスク」。つまり、ルーティーンワークだ。この毎日のタスクを次のアプリで管理していく。

3、ルーティーンワークアプリ

私がオススメするアプリは「Taskuma」だ。

Taskuma --TaskChute for iPhone

posted with ポチレバ

ルーティーンワークを処理できるアプリ、かつ、私の大好きなApple製品との親和性が高いのは「Taskuma」くらいだろうと思う。

たすくまはこんな感じで日々のルーティーンワークを全て登録することができる。

こちらは私の休日の予定。

Apple WatchやiPhoneに通知がくるので、その通りに動いていけば、自分が「今」やるべきことが見えてくるというわけだ。

その上で、緊急タスクができたらリマインダーアプリに登録すればいいし、カレンダーアプリに予定があるなら、そちらを優先していけば良い。つまり優先度が高い順に処理していけばいいのだ。

タスク処理というと、「未来の予定」「緊急タスク」ばかりに焦点を合わせがちだし、ネット常にもそういったタスク処理術はたくさんあるが・・・

自分で決めた「ルーティーンワーク」を把握しておくという事を私は非常にオススメしたい。

学生さんなら「英語を1時間やる」「2時間はYoutubeをみてダラダラしていい」「そのあとは数学をやる」みたいな感じでもいいし、

社会人なら「読書を1時間」「オンライン英会話を1時間」「明日の書類を用意するのに1時間」

みたいな感じで決めたことを順番にこなすことが重要だ。

アプリに設定しておけば、嫌でも通知がくるのでやらざるを得ない気持ちになるし、自分が何をやっているのか、何をすべきなのか、が毎日明確になる。

そして、そのルーティンワークに従うことにより、自分が当初決めたタスク以外のことやってしまう癖、自分がいかに集中力を維持できないかが分かってくるだろう。

そこで自分を責める必要はない。あなたが集中できない時間などを把握すれば、その時間帯には集中しやすい緩めのタスクを割り当てればいい。

例えば、私の場合は集中できない時にブログのコメントを返信している。これは決して、集中力が必要ないタスクということではなく、私にとってブログのコメント欄でのやり取りは友人とのチャットみたいなもので「娯楽」的要素が強い。

あーダメだ!集中できねぇ!!

という時にブログのコメント欄に逃げてきて、ウハウハしながら1つずつ返信していくわけだ。(集中力0の時に誹謗中傷コメントがあると痛恨の一撃になる)

と、まぁ、Taskumaに関しては使い方が少しややこしい点もあるので、後日記事にしてアップしたいと思う。

重要なことはルーティーンワークを設定できるアプリを1つ使うことだ。

※Taskumaはかなり高額なアプリだ。もし、あなたがルーティンワークを登録できるようなアプリを知っていればぜひ教えてほしい。

まとめ:爆速タスク処理術

私が言いたいのはタスクを3つの種類に分けて3つのアプリを使いこなそう、という事だ。

  • 未来のタスク→カレンダーアプリ
  • 緊急のタスク→Todoアプリ
  • 毎日のタスク→ルーティンワークアプリ

これら3つを使い分けるのが個人的には一番良いと思っている。

各種アプリは好きなものを使えば良いとは思うのだが、アプリを使いこなすことで効率よくアプリを組み合わせていくことができるのは間違いないと思う。

あなただけの最強の組み合わせを、ぜひ見つけてほしい。

補足:さらにタスクを高速処理させる2つのアプリ

補足ではあるのだが、予定を処理する以外にも集中力をあげてタスクを高速処理させるアプリも1つは取り入れておくと良いだろう。

私はBe Focusedを使っている。超オススメ。

補足ではあるが、超集中用のアプリは持っておいたほうが良い。

参考→作業効率化オタクが感動!Be Focusedアプリをレビュー【使い方・設定】

雑記用 Fast Ever

さらに、タスクに加えるまでもない、日々の雑記やどうでもいい内容でもとりあえず残しておきたい情報を残すメモアプリも持っておいたほうが良い。

私はFast Ever2を使っている。こちらも超オススメ。

FastEver 2

480円
(2018.07.01時点)

 iTunes で見る

posted with ポチレバ

参考→【※長文注意】日本一のFast ever2レビュー!使い方・設定まとめ

今日のお告げ

あなただけのタスク処理方法があれば教えてほしい!

私なりのタスク処理方法をアプリでお伝えしてきたが、実はこれらは私が高校時代から行っている癖でもある。

本やネットで調べたことではなく、超ストイックな友人と一緒に「自分で時間割作ったら集中できるよなー。」と話しながら、自分たちでルーティンワークを書き上げたり、緊急タスクをメモしたりしていた。

この習慣が今まで続いて、それらがアプリに取り変わっただけなので、20年くらい前からタスク管理大好き人間だったのかもしれない。

あなたが、あなただけのタスク処理方法を実践しているのであれば、ぜひコメント欄で教えてほしい。