管理人管理人

今回は、純正マインダーについてのレビュー。Appleは純正リマインダーが最高!という事をお伝えすべく、情熱のまま記事を書いていこう。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク

ーこのページに辿り着いたあなたへ〜

「おまえ、変態すぎるだろwww」

と、私は常に友人に笑われている。私のApple製品への愛が異常すぎるからだ。(たまにiPadの角を触りながらニヤニヤしてたりするらしい)

8年のApple信者ライフの末にたどり着いた、「究極の記事」をあなたにもお届けしたいと思う。ぜひ、参考にしてほしい。

共に、変態Apple信者になろうではないか。

【2018年7月更新!!】→iPhoneおすすめアプリ38選はこちら

iPad→おすすめアプリ55選はこちら

Mac→神が作りし5つの神Macアプリはこちら

今だけ3ヶ月無料→Apple Musicのレビューはこちら

【人気記事】→今さら聞けない7つのKindle活用術!読書効果を100倍にするiPad・Macの設定方法

※新規ウインドウで開くのでとりあえずクリックしておいて後日読むという感じでも良いと思う。

私が登録している5つのリマインダーカテゴリー

私は基本的には日々の雑記なメモはFastever2を使っている。

だが、絶対に忘れてはいけないものを過剰書きにしたい時はApple純正のリマインダーアプリを使っている。それが以下の5つのカテゴリーだ。個人的には、5つくらいにカテゴリーを分けて使うのが最も効率的だと思っているので、ぜひ参考にしてみてほしい。

1、買い物

私は、よく買い物する際に忘れ物をよくしてしまうので、買い物に行く前に必ずリマインダーに書き込む。

食べ物や飲み物もそうだが、耳かきや、革靴を磨くためのクリームなど、様々なものを過剰書きにしてある。

流石に、リマインダーに書いていれば忘れない。

2、出国前

これは海外に行く前に、必ず持っていかないといけないものを予め列挙してあるもの。

コンタクトレンズや、充電器機器など、忘れると致命的なものが書いてあるので、出国前にはこれだけ見ればとりあえず安心だ。

3、帰国後

海外に行っていると「帰ったらあれやらないと。。」と思うことが多々ある。そんな時のために、帰国後チェックリスト作ってある。

実は、このリストが一番量が多くなる傾向にある。

いつも10個前後は海外にいる間にここにメモしているので、帰国後は割と忙しい。

4、○○さんへ聞く事

これは、打ち合わせや面談などがある際に、役立つリマインダー。

とりあえず、登録しておけば、あとはMacからでもiPadからでも、チェックできるので、私としては非常に助かっている。

打ち合わせが終わってから、「あぁ、あれ聞くの忘れてた。」となるのを防ぐためにも必ず必要な項目だ。

5、その他

それ以外の項目についてはここに書いている。あまり使うことはない。ここに書くくらいなら、Fastever2に書き残す。

オススメの小技:位置情報を使いこなすべし

私が、唯一、オススメしたい小技というか設定がこれ。意外と知らない人も多いかもしれないと思うのでお伝えしておこう。

リマインダーを登録する際に右側のアイコンをタップすると・・・

指定日時、指定場所での通知を選択できる。この「指定場所」というのが非常に便利。

最寄りの駅などを指定できる。

しかも、半径を大きくしたり小さくしたりもできる。

私は、この機能を「駅付近のコンビニでハガキを出さなきゃ。」「帰りの○○駅のスーパーで牛乳買わなきゃ。」という時に使っている。

これが非常に便利!!!!!!

ぜひ、使ってみてほしい。特に物忘れが多い人にはオススメだ。

他アプリとの比較

実は、私はリマインダーアプリに関しては結構試してきた。超有名なワンダーリストもそのうちの1つ。

ただ、全くといっていいほどしっくりこなかった。チームでのタスク管理アプリとしては優秀かもしれないが、Todoアプリとしては、Apple純正リマインダーのシンプルさがもっとも良い。

使いやすし、操作性も抜群なので私は、Apple純正のリマインダーを愛用している。

今日のお告げ

とりあえずリマインダーに書き込もう。

思いついたりしたら、とりあえずメモ書きしたりすると、それを覚えておかなくてはいけない、という命令から解放されて非常に脳に良いらしい。実際、私はリマインダーやFastever2を使うようになって確かに物忘れも減ったし、何よりも覚えておかなきゃいけないというストレスから解放された。

私がリマインダーアプリをiPhoneの最もよく使うであろう場所に配置させているのは、リマインダーアプリがない生活は私には考えられないからだ。もし、あなたがApple純正リマインダーを使っていないなら、ぜひ、これを機会に使いこなしてみてほしい。