管理人管理人

GoodNotes 5が公開されて5ヶ月ほどが経過した。私なりに使い込んでみたので、GoodNotes4との重要な違いに着目してレビューしていきたいと思う。個人的には「神アップデート」だったと思っている。その理由についてもメリット・デメリットに分けてレビューしていこう。[@appleshinja_com]

私がおすすめするApple Pencil対応ノートアプリの比較記事はこちら→【iPad】最強はどれ?Apple Pencil対応ノートアプリ5つを徹底比較

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月20日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

GoodNotes 5のメリット

以下、GoodNotes4との違いも含めてレビュー。まずはメリットから。

GoodNotes 5

posted with ポチレバ

GoodNotes4単体のレビューについてはこちら→ 【iPad】PDF編集アプリにGoodNotes4を全力でオススメする3つの理由

1、ファイル管理がわかりやすくなった

今までは、少しだけWindowsっぽいなんだか美しくないファイル管理方法だったのだが大幅に変わった。

GoodNotes4。

GoodNotes 5。

これなら直感的にファイル管理をしやすくなった。ファイルの配置が美しいと見つけやすくなるし、なんだか触っていてワクワクするのでこのアップデートは神!

2、全ノートの検索が可能に

驚くことに、GoodNotes 5では全ノートの検索が可能になった。

ホーム画面下部のタブから検索を選択しよう。

すると、検索窓が表示されるのでワードを入力。すると一致する検索ワードを含むPDFファイルなどが表示される。

こんな感じで手書きの文字まで検出できる。

初めてこの機能を知った時、凄すぎて嘔吐しそうになった。全てのファイルを横断して検索できるので、引き出したい情報をいつでも探せることに。

神アップデート。

3、ペンの選択が容易に。

ペンの選択については賛否両論あるようだが、私はGoodNotes 5の方がペンの選択が容易になったと思っている。

初めてノートアプリを使う人にとってはGoodNotes 5の方が絶対に分かりやすい。

画面上部のタブを見て欲しい。丸で囲った部分がペンの選択箇所。

  • 赤→万年筆(ボールペン、筆ペンの選択が可能)
  • 黄→蛍光ペン
  • 緑→デフォルトで設定しておける色
  • 青→ペンの太さ

こんな感じで、”画面上にどのペンを選択しているか常に表示”されているし、”ペンの変更をワンタップで行うことが可能”になっている。めっちゃ操作しやすい。

一方で、GoodNotes 4はこんな感じだった。ペンのアイコンしか表示されていないので、色や太さを変えるにはペンをタップ→色を選ぶという操作になる。

ボールペン。

蛍光ペンも同じ。

GoodNotes 5では常に選択中のペンが表示されているので、サクサク変更が可能。

たった1タップの差だが、書き込みが多くなればなるほど、この1タップの差が大きくなってくる。個人的にはGoodNotes 5の操作性の方が好き。

4、無限縦スクロールができるようになった

キターーーーーーー!!!

ついに!

やっと!

縦の無限スクロールに対応することができるようになった。Kindleが無限スクロールに対応して、それがあまりにも便利だったため、「早く、GoodNotesも対応しないかなぁ。」と思っていたら、GoodNotes 5になってついに対応。

オラオラオラオラオラー!と叫ばずにはいられない。

もはや、GoodNotes 5はこの無限縦スクロールのためにリリースされたと思ってもいいくらいに素晴らしい。

サクサクと自分が読みたい自炊した本を読むことができるのはもはや快感。

5、アイコンが可愛くなった

GoodNotes 5についてのいろんなレビューを見ていると機能面に着目しているのが多いのだが・・・私としてはアイコンが可愛くなったことをかなり評価している。

iPhone・iPadの丸みのあるフレンドリーな美しさには、GoodNotes 5のアイコンの方が親しみがあっていい。

比較するとこんな感じ。

ファイル管理といい、以前のGoodNotes 4はどこかWindows的な部分があったし、親しみやすさが持てるようなデザインではなかった。どちらかというとビジネスパーソン向けに作られている感じはあった。

だが、GoodNotes 5からは全体的に親しみやすいデザインになったことで導入しやすくなったと思う。デザイナーさんたちの努力に感謝。

改悪?GoodNotes 5のデメリット

次に、GoodNotes4から比べて改悪?とも思えるデメリットをお伝えしていこう。

ただ、私はデメリットと感じることはほとんどない。

プリセットの数が減ったことなどの細かい違いは多いが、それはGoodNotes4に慣れすぎたからであって、GoodNotes 5に慣れれば前述したファイル管理の容易さや無限縦スクロール可能などのメリットの方が大きいと私は思っている。

1、iCloud以外バックアップ不可

おいおい、まじか・・・

と私が驚いたのがこちらの仕様変更。

自動バックアップも手動バックアップもGoodNotes 5ではiCloud以外は選択不可になっている。

一方で、GoodNotes4では自動バックアップはDropbox、手動バックアップは任意のクラウドサービス、と選択が可能だった。

私はiCloudの2TB契約者なのであまりデメリットには感じていないが、Dropbox派の人には大きなデメリットになる仕様変更だと思う。

2、カクつきが多いとのレビューが多々あり

これは、App Store内のレビューを見ていて思ったことなのだが、一部のユーザーがカクつきが多いとの報告をしている。

私の場合は動作がカクついたり、動作がもっさりしたことは一度もないのだが、手書きの量やファイルの量・種類などによって何かしらのカクつきが出ている可能性はある。

ただ、アップデートで改善された可能性もあるためその辺りは不明。

4 or 5?どちらを導入すべき?

個人的にはGoodNotes 5をおすすめしたい。

GoodNotes 5

posted with ポチレバ

これからもGoodNotes4がアップデートされ続けるとは限らないし、開発者さんがGoodNotes 5に新しい未来を見ているのであれば利用する側もそちらについていくべきだと思う。気に入らなければ他のノートアプリだってある。

ずっとずっと同じサービスと同じ機能で、変化の早いWebの世界を生き抜くことは難しい。批判を浴びながらも、改善を重ねていくアプリ開発者さんたちを私は尊敬しているのであまりにも批判しすぎるのはちょっと違うかなぁと思ったり。

でも、批判は改善に必要なので、当ブログでもしっかりと声を上げていきたいと思う。とりあえず、自動バックアップについては最も重要なことなので、幅広いクラウドへの対応を求む。

総評レビュー「PDFアプリ管理ならNo,1」

GoodNotes 5になっても私は相変わらず、PDF管理の全てをGoodNotesに任せている。使い慣れているというのもあるが、機能面でも圧倒的に優れている。

それに加えて、ずっと待っていた縦の無限スクロールに対応したのだから、使わない理由がない。

私は自炊した大量の書籍や、クライアントからのPDFは全てGoodNotes 5に保管してあるので、このアプリがないと私の日々の生活は成り立たない。素晴らしいアプリを開発し続けてくれている開発者さんに感謝。

ただ、GoodNotes 5のレビューが荒れているのも事実。もし、あなたが使いづらいと感じている点などをがあるのであれば気軽にコメント欄に書き込んでみて欲しい。共に情報交換していければいいかなぁと思う。

あなたのコメント求む!

【おすすめ記事】

有名・人気のノートアプリ(Apple Pencil対応)の比較記事はこちら→【iPad】最強はどれ?Apple Pencil対応ノートアプリ5つを徹底比較