管理人管理人

FastEver2をあなたは使っているだろうか?もし、使っていないなら今すぐに使い始める事をオススメする。あなたの作業効率を今後、半永久的にアップさせてくれる最高の相棒となる事を約束する。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


10月24日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年10月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

FastEver2を使うべき理由とは?

FastEver2は人気、そして定番のメモアプリEverNoteに保存するためのアプリとして紹介されているが・・・

私はむしろ逆だと思っている。「FastEver2のためにEverNoteが存在している。」私はそう主張したい。

実際、私はリアルの知人に「FastEver2を利用するためだけにEverNoteを導入してもいいくらい素晴らしいアプリだ。今すぐ手に入れるべき。」と伝える事が多い。

→Fastever2の現在の価格はこちら

なぜなら、FastEver2を使えば、

  • あなたのアイディア
  • あなたの写真
  • あなたのカフェ、レストランの軌跡

を半永久的に残すことができる。

さらに、

  • 一瞬でメモを作成可能
  • 検索が一瞬で完了
  • ほぼ無限にデータを保存可能
  • リマインダーとしても優秀
  • 位置情報をノートに残せる

と様々な機能を備えた、いわば究極のノートアプリと言えるだろう。

詳しい使い方を以下で解説していくので、どうか参考にしてほしい。あなたの人生を変えることになるだろう。

FastEver2の使い方

それでは早速、使い方を見ていこう。私なりの作業効率化ができる使い方をお伝えしていくのでどうか、FastEverの使い方をマスターしてほしい。

FastEver2を起動させると以下の画面が表示される。主に使うのは赤枠で囲った部分なのでそれぞれの使い方を解説していこう。※以下、赤枠内の左から解説していく。

使い方1、写真を挿入

私はこの機能がかなり好きだ。

誰かがホワイトボードに書いたことや、インスピレーションを受けた風景などをすぐに写真に取って、どんどん蓄積させる事ができる。

あまり注目されていないが、これは画期的な機能だ。いちいちメモを取るよりも何十倍も早い。私は毎日FastEver2のカメラ機能でパシャパシャたくさんの写真を撮っているが、後から見直して新しいアイディアが生まれたりする事も多い。

使い方2、カメラロールから写真を挿入

カメラロールから写真を挿入もできるのだが、私はこの機能は使っていない。

FastEver2という名前の通り、早くメモを取りたい時に、早く写真を撮りたい時に、私はFastEver2を起動させる。

ゆえにすでに撮影済みの写真をカメラロールから選んでメモに挿入することはほとんどない。

使い方3、段落分け【Todoリスト作成】

中央のアイコンをクリックすると、段落分けができるようになっている。

見栄えを綺麗にしたり、Todoリストを作成するのに重宝する機能だ。私は、買い物に行く前などによく使っている。

ただ、素早く入力できることがFastEver2の最大の魅力なので、私はいちいち段落分けするよりも殴り書きするように使っている。

使い方4、日時をボタン1つで記録

キターーーーー!!!

個人的にこの機能が大好きだ。日時をボタン1つで一瞬で記録できる。

メモを取った日もそうだが、写真を撮った時など、どのメモを取る時にもこのボタンを押す事を癖づけると良い。

後から見直した時に、いつの情報か分かりやすいし、何よりも自分の成長を見直したり、思い出に浸ったりと、何かと便利だ。

使い方5、位置情報の記録

最後に、一番右のアイコンをクリックすると位置情報を記録できる。

ここで画像を載せると私の住所がモロにバレるので写真はアップできないが、かなり正確な位置が記録される。

さらに、自分のいる場所周囲の主要なスーパーや、レストランの一覧も同じ画面に表示されるため、住所よりもそういった分かりやすい建物やお店の名前で記録したいならそういった形で記録も可能だ。

私は、主にレストランで写真を撮った時に位置情報を必ず記録するようにしている。あとから写真を見返すだけでどこで何を食べたか一発で分かるため、食べ歩き好きの私にとっては欠かせない機能になっている。

FastEverのオススメ設定

基本的にはデフォルトの設定のままで良いのだが、1点だけ最初に設定しておくと便利な設定があるので紹介しておこう。

私の好きな作業効率化に繋がる設定なので、ぜひ取り入れてほしい。すぐにはメリットを感じられないかもしれないが1ヶ月、2ヶ月と経つうちに大きなメリットをじわじわと感じ始めると思う。

というか、設定しておかないと後から確実に後悔する事になる。

ただし、特に難しい操作は必要ない。タグを設定して固定しておくという事だけだ。

なぜ、タグの設定は必須なのか?

今後、膨大な量のメモを、数百枚、数千枚と保存していくにあたり、FastEver2で記録したものはFastEver2で記録したと分かるようにタグ付けしておく事を強くオススメする。

なぜなら、後から検索しやすいからだ。検索した時に、一瞬で自分の知りたい情報を見つけることができるようになる。

逆に、この設定をしておかないと情報がEverNote内に煩雑して作業効率を低下する恐れだってある。

私は気に入ったサイトのブックマークもEverNoteに記録するし、自分で英語学習のまとめノートもEverNoteで作成している。

こういった情報とFastEver2の情報は分けておくべきだ。情報がごちゃ混ぜになってしまうと検索するのに時間がかかる。

後からタグを変更しようと思っても1,000枚を超えるメモになってくると、もう修正する気すら起こらない。

それなら、最初の段階で15秒ほど使ってタグ付けの設定をしておこう。

タグ付けの設定手順1、現在のタグを確認

赤枠部分を設定しよう。初期状態では何もタグが設定されていない。赤枠部分をクリックするとタグが設定画面へ移行する。

タグ付けの設定手順2、新規タグ「FastEver2」を登録

上記画面右側にTagとあると思うのでその部分をクリックして新規タグ「FastEver2」を登録しよう。

タグの名称についてはなんでもいいのだが、後からFastEverから登録したメモだということが分かるようにしておく事をオススメする

タグ付けの設定手順3、タグが変更されている事を確認

タグが変更されていることを赤枠部分で確認しよう。

基本的に一度設定されたタグが引き継がれるようになっているため、一度設定するだけで良い。

たったこれだけで、後からノートを見直す時に劇的に検索がしやすくなる。ぜひ、設定しておいて欲しい。

人生を変えるオススメの使い方3選

さて、ここからはFastEver2 の潜在能力を最大限に引き出すためのオススメの使い方を紹介していこうと思う。

私がFastEver2を導入すべきだと主張し続けている理由はここにある。しっかり読み進めて欲しい。

使い方1、6万回の思考をノートへ殴り書き※最重要


(3D Touch機能により爆速で起動が可能)

人間の脳は1日に6万回の思考をするそうだ。しかし、ほとんどの良いアイディアも出ては消えていく。つまり、そのアイディアを自発的に記録して残しておく必要がある。

だからこそ、私はFastEver2を使ってとりあえずアイディアを殴り書きする事をオススメしている。

上記の動いている画像でも分かるように、3D Touch(アプリを指で強く押し込むアクション)を使うことにより新しいノートブックを作成したり、アイディアが思いついたホワイトボードなどを写真で撮ることも一瞬で選択可能になっている。

私はとりあえず、FastEver2を起動させてメモにガンガン殴り書きする癖がついているが、はっきり言って1日の思考疲れやアイディア忘れからほぼ完全に解放された。

細かいことは考えずにとりあえず記録しておけば後から見直すことはすぐに可能だし、アイディアを忘れてイライラすることもなくなった。

FastEver2のない生活は考えられないと言っても良いだろう。だからこそ、私はFastEver2をメインDockに置いている。

あなたも自分のアイディアをひたすら殴り書きする日々を体験してみて欲しい。この快感と言ったら・・・なんとも言えないものがある。

使い方2、語学学習に利用

私は語学学習をしている人には必ずFastEver2を推奨している。

使い方1にも似ているのだが、語学学習をしていると必ずと言っていいほど、日々の生活の中で新しい単語に出会うことがある。

その時にどんどんメモをする方が勉強効率も上がる。

ただ、その際にいちいちメモを取り出してペンを取り出して書くという行為をしていては面倒だ。ましてや実際の会話の中でそのような動作をしていては相手にも失礼だ。

しかし、FastEver2であれば会話中であっても「ちょっとごめんね。」と一言かけてとりあえず新しい単語をぶち込みまくればいい。

私の経験上だが、そういった勤勉な姿勢を見ると「こういう単語も覚えておくといいよ。」と新しい単語を教えてくれるパターンも多い。

どんどん、自分だけの単語をブチ込んでいけばまさに第二の脳が完成するというわけだ。

単語帳にまとめるなら帰ってからでも良い。とりあえずどんどんメモすることが重要だ。

使い方3、レストラン情報を完全に記録

あまり取り上げられていないのだが、この使い方を実践している人はあまりいないのだろうか?

私はかなりオススメの使い方なのだが・・・

もし、あなたが美味しい食事の写真を撮る癖があったり、美味しいレストランの情報を残しておきたいと思う人ならば、ぜひ今すぐに実践をし始めて欲しい。

簡単に言えば以下のようにFastEver2を使え、ということだ。

上記のようにレストラン情報をまとめて記録することができる。

料理の写真、食べた日時、位置情報、GoogleマップURLと完璧な情報を残すことができる。

しかも入力はほぼ一瞬で完了する。

FastEver2で写真を撮影、日時ボタンをタップ、位置情報ボタンをタップして任意の場所を選択。

たったこれだけだ。私の場合はこれに加えて「○○さんと食事」という情報も加えている。そうしておく事で後からEvernoteで検索しやすいからだ。

あなたもこんな経験はないだろうか?

「○○さんと食べに言ったイタリアンのお店、どこだったかなぁ〜。お店の名前が思い出せない・・・」

私はしょっちゅうある。だが、今では困らなくなった。Evernoteで検索すれば一発だ。位置情報まで出るので間違いようがない。

グルメ好きの人には絶対にFastEver2を取り入れて欲しいと願う。

今日のお告げ

最後に、お伝えしたい事がある。

私はApple純正のメモ帳も大好きだ。ただ、検索機能やFastEver2の便利さから普段はEvernoteを愛用している。

では、一体Apple純正のメモ帳はどのような時に使っているのか?

よく使う項目ですぐに表示させたいもの、何度も何度も書き直したり見直すもの、に関してはApple純正のメモ帳に記録している。なぜならEvernoteで検索するのではなく、一瞬で表示させたいからだ。

例えば、

よく使う項目→住所、パスポート情報
何度も見直すもの→日々な見直すことが多い情報(ソースコードの改変など)

などという具合だ。

これらは何度も見直すのでいつもある場所に記録されている方が効率が良い。

メモ帳を開く→見たいメモをクリック
Evernoteを開く→検索→みたいメモをクリック

という手順を比較すれば分かるが、このようにメモ帳を使えば検索するという手順分だけ作業効率化できるわけだ。

ぜひ参考にして欲しい。とは言え、FastEver2の方が圧倒的に起動頻度が高い。

もし、あなたがFastEver2のオススメの使い方などを持っていればコメント欄にてぜひ教えて欲しい。ともにFastEver2ユーザーとして高め合っていければ幸いだ。