管理人管理人

先日、Rakuten UN-LIMITを導入した私。iPhone XS Maxへ挿入してテザリング端末として活躍中。当記事ではRakuten UN-LIMITとは?という初歩的なことから、実際に使ってみてわかったことをレビューしていきたいと思う。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


7月14日(火)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年7月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに:Rakuten UN-LIMITとは?

簡単に説明すると、

月額2,980円で使い放題のサービス。しかも、先着300万人は1年間無料の大盤振る舞い。解約はいつでも可能。違約金や2年縛りも一切なし。実質無料と言ってもいい状態。楽天回線エリアに住んでいる人は申し込まない方が損!!!

上記にRakuten UN-LIMITの魅力が全て詰まっていると思う。

私は読者さんからおすすめされてRakuten UN-LIMITを申し込んだのだが「心の底から申し込んでよかった。」と思っている。

当記事を読み終える頃には、あなたも「あっ、とりあえず申し込んでみよ。」と思うようになるはずだ。

では、一緒にRakuten UN-LIMITの世界をみていこう。

※6月13日追記:Rakuten Miniに関して問題が発生中。こちらの記事も要参考→【まとめ】Rakuten Mini問題について

Rakuten UN-LIMITで知っておくべき7つのこと

この7つをとりあえず抑えておけばRakuten UN-LIMITについてはほぼ完璧に把握したと言ってもいいだろう。

1、対応エリア

まず、Rakuten UN-LIMITを使う際に最も重要なのが対応エリアをチェックしておくことだ。

なぜなら、Rakuten UN-LIMITは楽天回線エリア内かどうかでその価値が以下のように変わってくるからだ。

【楽天回線エリア】
高速で完全使い放題
【パートナー回線エリア】
データ容量5GB/月で超過後は最大1Mbpsで使い放題

つまり、Rakuten UN-LIMITの名前が示す通りの「使い放題」ができるのは楽天回線エリアのみということだ。

あなたが住んでいるエリアが楽天回線エリアかどうかは必ずチェックしておこう。詳しくは公式サイトで確認が可能だ。

通信・エリア | 楽天モバイル

この記事を書いている現在は人口密集エリアの関東と関西に集中している。

北海道を見てみると札幌の一部地域のみ対応しているようだ。

ちなみに、先日、別記事にて読者さんから情報提供があったのだが、非常に参考になった。

私の住む札幌はまだ楽天の無料エリアが少ないので
メインとして使うには微妙なところです…
このままだと無料期間の一年で解約すると思います。

通信網が来春ごろまでにきちんと整備されていろんな面で安定すればメイン回線にできるくらい魅力的なんですけどねー(-。-;

また、私が大阪で使ってみたところ、地下のエリアでは全く通信ができなかったりするので通信関連に関してはまだまだ発展途上といったところだろうか。

2、月額料金

月額料金は2,980円。
先着300万名は1年間無料。

という大盤振る舞いの価格。

→先着300万人限定!1年間無料のRakuten UN-LIMIT詳細はこちら

ちなみに通話料金は20円/30秒となっている。その通話料金も、Rakuten Linkというアプリを使ってRakuten Link同士の通話であれば無料になっている。

料金体系は本当に明確だし、安い。素晴らしいサービスだと言えるだろう。(3大キャリアはわかりづらい上に料金が高い)

3、解約料金

公式ホームページによると、

・解約はいつでも可能
・解約手数料は0円

となっている。

解約 | お客様サポート | 楽天モバイル

つまり契約しても、解約はいつでも自由ということ。優良サービスすぎる。

4、電波の安定性

この点については少し残念なのだが、地下に入ると弱いようだ。

こんな感じで電波が1本しか立たない。

Rakuten UN-LIMITの速度は遅い?→電波1本のエリアあり。UQモバイルと比較してみると…の記事内にて書いている通り、普段の速度は高速・安定しているのだが、少し地下に行くと弱い。

この辺り、楽天が今後、どれだけ改善していくかだろう。

5、端末によって使える機能が違う

以下のページで必ず端末ごとに使える機能はチェックしておこう。

Rakuten UN-LIMIT対応製品ページ(楽天モバイル公式)

私が使っているSIMフリーのiPhoneだと以下のようになっている。

基本的にはAndroidの多くの機種が優遇されており、iPhoneには何かしらの機能の制限がかかっている。

この点に関して楽天に問い合わせてみたところ、

担当者担当者

保証対象外。
今は動いてもOSアップデート後の保証はできない。

の1点張り。

2名の方に問い合わせても同じ反応だった。何を聞いてもマニュアル通りの回答のみが返ってくる状態。何か起きても自己責任ということだろう。

ただし、個人的には自動切り替えができるかどうかくらいしか違いがないので普段使いでは問題を感じていない。

6、テザリング

私のiPhone XS MaxにRakuten UN-LIMITのSIMを挿入したところ、MacBook Proにてテザリングは可能だった。

速度も安定していて高速。必要十分。

詳しい情報についてはRakuten UN-LIMITはiPhone挿入でテザリング可能?速度計測もしてみたの記事を参考にしてみて欲しい。

現在のところ、楽天側はテザリング端末を制限していないようだ。(正確にはテザリング不可端末を公開していないということ)

7、驚異のキャンペーン

この記事を書いている2020/06/04現在のキャンペーンは以下の通り。

  • 先着300万名は1年間無料
  • ポイント還元
  • 楽天miniを1円で還元

ポイント還元については、以下のページにて詳細があるので要チェック。

→ポイントキャンペーンをチェックする

オンライン契約→3000ポイント
事務手数料還元分→3300ポイント

となっている。

ただし、ポイント還元には条件があるのでその点はチェックしておこう。

楽天miniについてはなくなり次第終了と宣伝している上に、現在、在庫がかなり少なくなっているようなので、気になっている方は早めに申し込んだ方が良いかもしれない。

→楽天mini1円キャンペーンページ

レビュー「使ってみてわかった3つのこと」

次に、Rakuten UN-LIMITを使ってみた感想を正直にレビューしていきたいと思う。

一言で言えば、「現時点ではサブのSIMカードとしてテザリング端末として使うのであればアリ。」

1、サブSIMとして最高

前述したようにRakuten UN-LIMITの楽天回線はまだまだ発展途上のため、普段使いにするには回線が安定していない。

地下に行くと全然使えない。全く電波が入らないことも多い。

私が「大阪では地下では電波が入らないかも。」とTwitterで記事を共有したところ、フォロワーさんから「関東でも同じです。」というリプライを頂いたので基本的には地下に降りると電波を拾いづらいと思った方が良いだろう。

そのため、メインSIMとして使うにはかなり心許ない。後述するテザリング端末として使うのが良いと思う。

2、テザリング端末として使うべき

個人的にはこれがRakuten UN-LIMITの最高の使い方。

iPhoneに挿入してテザリング専用SIMとして使う。MacやiPadで外出先で仕事をしたり動画鑑賞を楽しむ。

これが・・・もう・・・本当に最高すぎる。

Rakuten UN-LIMITのおかげで、カフェでも、公園でも、川沿いでも仕事ができる環境が完成した。

とある読者さんから、

「もう、無制限プラン以外は使いたくなくなります。」

というコメントが届いたのだがおっしゃる通り。自宅でWi-Fiの接続が不安定な時にも使えるし、外出先ではいつでもどこでも楽天回線が通じる場所であれば安定して使うことができる。

このまま楽天がRakuten UN-LIMITのサービスを続けていけば、無制限プランが当たり前の時代がくるかもしれない。

3、不満なら1年後に解約すればいい

解約手数料は無料。いつでも解約できる。

さらに、先着300万名は1年間無料で使用できる。

とくれば申し込まない理由はないと思う。私はもっと早く申し込んでおけばよかったと思った。

総評レビュー「申し込まない方が損」

読者さんたちと色々と話し合っていると、

「まだまだ発展途上のSIMサービスだが、サブSIMとしてはあり。特にテザリングが非常に便利。回線は地下に入ると不安定だったりするが、そこに不満があれば1年後に解約すればいい。」

という意見が多い。

私も完全に同意。

そう、結局は1年間は無料なのだから余っているテザリング対応のスマホがあるのであれば契約してテザリング端末として使ってみればいい。気に入らなければ解約すればいい。損はしない。

むしろ色々と試せるのでワクワクする。ただし、前述したように楽天回線エリアのみRakuten UN-LIMITの無制限プランは活かされるので対応エリアについては要チェック。

当ブログでもRakuten UN-LIMITについては引き続き回線の使用感については共有していきたいと思う。

→Rakuten UN-LIMIT公式ページはこちら

※楽天miniの配布がかなり遅れ始めているので申し込みは殺到状態だと予想される。申し込むのであれば早めの方が良い。せっかく1年間無料で使えるのだし…

※6月13日追記:Rakuten Miniに関して問題が発生中。こちらの記事も要参考→【まとめ】Rakuten Mini問題について