管理人管理人

読者さんからの情報提供によりRakuten Miniに関して問題が生じていることを知ったので共有させていただきたい。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


7月14日(火)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年7月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

何が起こってるの?

私が調べたところ、以下の記事が客観性があり参考になった。

楽天の仕様変更は“常識外れ”?「Rakuten Mini」騒動の顛末 | Business Insider Japan

Rakuten Mini で特定の周波数が使えない──「Band 1 問題」を斬る(石野純也) – Engadget 日本版

かなり噛み砕いてまとめると、

  • 楽天側がRakuten Miniの対応周波数の変更をユーザーに知らせることなく、一部を削除(Band1)、一部を追加した
  • 国内、国外問わずそれが原因で場合によっては回線の接続に支障が出る可能性がある

ということらしい。

ちなみに技適の問題もあったようだが一応は解決?したような記事も出ている。

「Rakuten Mini」対応周波数変更で同一技適番号を取得、ソフト更新や回収なし – ケータイ Watch

問題の本質は…

個人的には、Rakuten MiniはWi-Fi環境下でしか使っていないため、影響はない。そもそも、Rakuten UN-LIMITは1年間無料だし、Rakuten Miniは1円で配布されているためそれほど怒りは湧いてこない。

ただ、Rakuten Miniをキャンペーン前に有料で手に入れた方は激怒しても仕方ないだろう。

それに、何よりも問題の本質は、

技術的な仕様が問題なのではなく、誠実さが見られなかったことへの失望

だと思う。

3大キャリアは長年、わかりづらいプランでユーザーを混乱させ続けてきた。ほとんどのユーザーが3大キャリアへの不信感を持っている。そこにRakuten UN-LIMITが登場し、楽天を応援する声も多くなってきたところで今回の事件。

非常に残念としか言いようがない…私も期待していただけに悲しい。

Appleのバタフライキーボードのように新しい技術に挑戦して失敗作を作り上げてしまうのは仕方ないが、今回の楽天の騒動は誠実さの欠如が見られたような気がして仕方がない。

今後の展開次第で…

まだ事態が明るみになったばかりなので、何かを判断するには早いとは思うのだが、これを機に楽天を離れる人はいるだろうと思う。

私はRakuten UN-LIMITを気に入っているため、無料の1年間くらいは使うつもり。普段のネット通販もAmazonから楽天市場に徐々に移行させているため、まだ諦めたくないのが本音。

あと、今回の楽天の騒動で他業者に目を向けるとUQモバイルがプランRという10GBまで使えて、使い終わった後も1Mbpsで接続可能なプランがあることも知れたし、まぁ楽天側の今後の対応で判断していきたいと思っている。他社の価格競争が始まったのも楽天が攻勢を仕掛けたからなので、楽天が現れたこと自体は悪いことではなかったという事実もある。

どうか誠実な対応がありますように…めちゃくちゃ期待しているので、今回の件で潰れずに頑張って欲しい。

今のところ評価90点だったのが20点くらいになったので、このままいけば1年後には解約してしまいそうです。