管理人管理人

Apple Watchで決済をすることが多くなるにつれて、「時計で決済できるっていいね。」と知人から言われることが多くなった。当記事では、Apple Watchで決済を行う際に必要な知識・設定・使い方をお伝えしていきたいと思う。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


9月20日(日)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年9月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

まず結論

基礎的な知識や設定・使い方については後述していくとして、まずは最も便利で簡単でおすすめの決済方法からお伝えさせていただきたい。

Apple Watchのおすすめ決済方法は「Suica」を用いた決済。これが一番便利でApple Watchで支払う楽しみも得られる方法。

理由としては、Suicaで支払うときのみ、Apple Watchの操作なしにApple Watchを決済機に近づけるだけで決済が可能だから。他の決済方法はApple Watchでダブルクリックしてから決済方法を表示させる必要があるのでやや面倒。

せっかくApple Watchで支払いをするのだからより便利な方法で行いたいと思う人は多いはずだ。また、私はApple Watchで支払いを長らく行なっているが、結局は一番便利なSuica決済を行うことになったので、割とこの方法が多くの人に向いているのでは?と思っている。

と、まずは結論をお伝えしたところで、Apple Watchで決済する方法をお伝えしていこう。

3つの決済方法について知っておこう

以下、お伝えする3つの決済方法を知っておけば基本的な知識に関しては問題ないと言える。

Suica

私がおすすめする決済方法のSuica。

元々は交通機関を通るために作られたものだが、コンビニや各種レストランなどで決済手段としても用いられる。

特定のクレジットカードを使わない限りは手動でチャージする必要はあるが、Apple Watchの本体を操作せずとも支払いが行えるのは本当に便利。

支払いの際には「Suicaで。」と言えば通じる。

QuickPay

クレジットカードがQuickPayに対応している場合はQuickPayとして登録する。

支払いの際には「QuickPayで。」と言えば通じる。

ID

クレジットカードがIDに対応している場合はIDとして登録する。

支払いの際には「IDで。」と言えば通じる。

番外編1「メルペイ」

少し特殊ではあるのだが、メルカリが提供するキャッシュレス決済方法の「メルペイ」はID決済として利用が可能。

支払いの際には「IDで。」と言えば通じる。「メルペイで」と言っても決済ができないので注意しよう。ID登録されているメルペイを使うので「IDで。」と言うように。(私は一度レジ前でモタモタして店員さんに迷惑をかけてしまった)

番外編2「PayPay」

PayPayは厳密に言えばApple WatchのWalletに登録する使い方ではないのだが、コンプリケーション(Apple Watchのホーム画面)に表示させて利用することが可能。

支払いの際には「PayPayで。」と言えば通じる。

設定方法

次に設定方法をご紹介。

Suica、QUICPay、IDの場合

iPhone上でApple Watchのアプリを起動させて以下の「WalletとApple Pay」の項目を選択。

次に、「カードを追加」を選択。

あとは画面に従っていくだけで登録が可能。カード情報を登録するだけですぐに使えるようになる。(クレジットカードによってはカード会社の認証を待つ必要がある場合もある)

メルペイの場合

メルペイの場合はちょっと特殊で、メルカリのアプリから行う必要がある。

メルカリのアプリを開いて画面下部の「メルペイ」という部分を選択しよう。

次に、「ID決済」を選択しよう。

あとは画面通りに進めて行けば良い。

途中で「iPhoneで使いますか?Apple Watchで使いますか?」という表示が出るのでApple Watchで使う方を選択すればApple Watch上にIDとして登録される。

使い方

次に使い方を解説。

Suicaの場合

決済機にApple Watchをかざすだけ。

これで決済は完了。コツとしては、「ピピッ」と音が鳴ってからも1秒くらいはかざし続けた方が良い。機械が読み取るまでやや時間がかかる。

QUICPay、ID、メルペイの場合

Apple Watchでサイドボタンをダブルクリック

希望の決済方法を左右スワイプで選択

決済機にApple Watchをかざす

まず、ダブルクリックをする。

その後、左右へスワイプして決済手段を選ぶ。

Suica以外の支払いでは上記の操作が必須。

これが面倒なので、私はApple Watchで決済する際にSuicaを優先的に使っている。

慣れれば面倒ではないのだが、Suicaのようにサッとかざすだけで使えるのは本当に便利だし快感。もはや財布を取り出す必要も、iPhoneを取り出す必要も、Apple Watchで操作する必要もない。

時計をかざすだけで決済ができるという”利便性”が気に入っているので私はSuica決済を愛用し続けている。

※追記
読者さんの中にはメインの決済方法(QUICPay、ID)を1つに固定して支払いを容易にしている方もいるようだ。以下の文章はコメント欄より引用したもの

IDやQUICPayの場合、ダブルクリックした後スワイプして支払いするのが手間と書かれてますが、
iPhoneのWatchアプリ→walletとApple Pay→支払い設定のメインカードをそのクレジットカードにすれば、アップルウォッチのサイドボタンダブルクリック一発でそのIDやQUICPayに対応したクレジットカードが表示されてスワイプすることなく支払うことができますよ。

ぼくはエクスプレスカードにSuica、メインの支払いを楽天カードのQUICPayにしてるので、Suicaの時は何もせずただかざし、QUICPayの時はダブルクリックだけで支払ってます!
(ほんとこのスワイプが億劫だったので、この方法を見つけた時はうれしかったです笑)

今日のお告げ「絶対に活用すべき」

最近はキャッシュレス決済促進のため、キャッシュレス決済の機械を置く店舗が増えてきた。

この前、とある喫茶店でPayPayの営業の方が来ていたが、「入金は次の日なので早いです。」と営業トークを繰り広げていた。クレジットカード決済は入金が遅いのがデメリットなのでそういった意味でもキャッシュレス決済はどんどん広まって欲しい。

また、せっかくApple Watchを所有しているのに、「なんだかよく分からないから。」という理由でApple Watchを使った決済を行なっていない人も数多くいるようだ。

もったいない!!!
こんなに便利なのに!!

最近はキャッシュレス決済が普及したこともあり、「IDで。」「Suicaで。」と言っても店員さんたちは即座に対応してくれるので安心して欲しい。

どうか、せっかく時計で支払いを行えるという未来感にワクワクして欲しい。それが当記事を書き始めた私の根本的な理由でもある。

それに、Apple Watchで決済すると、「時計で支払いができるんや〜。便利やなぁ〜。」とフレンドリーな店員さんに話しかけられることも多いのでそういった楽しみもあると私は思う。(大阪だけかもしれないが)