管理人管理人

Rakuten UN-LIMITを導入してみた。iPhone XS MaxにSIMカードを挿入して、テザリング専用端末として、iPadやMacと組み合わせて使っていきたいと考えている。まずは、テザリングが可能かどうか試してみた…[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


7月10日(金)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年7月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

まず結論

だらだらとデータを共有しても眠くなるだけなのでまずは結論から。

必要十分な速度でテザリングは可能。

私はiPhone XS MaxへRakuten UN-LIMITのSIMカードを差し込んでテザリングをiPhone、iPad mini、Macで試してみたが全ての機器でテザリングが可能だった。

では、それらのテザリング速度はどれくらいなのか?速度を計測してみたので共有してみたいと思う。

Rakuten UN-LIMITの速度検証

3つのパターンに分けて検証してみた。

※正確性を向上させるために、各種機器で数回検証
※Rakuten UN-LIMITのSIMカードはiPhone XS Maxへ挿入

1、テザリングの速度(iPhone SE第2世代で接続)

2、テザリングの速度(MacBook Pro 2016 Ver.で接続)

3、参考:自宅のWi-Fi速度(JCOM回線)

参考までに自宅の回線速度も共有させていただきたい。

検証まとめ

当記事内でお伝えしているデータをみていただければ分かる通り、Rakuten UN-LIMITの速度は速い。かなりのスピードだ。実際に使っていてもストレスはなくサクサク動く。

ただし、Rakuten UN-LIMITの速度は遅い?→電波1本のエリアあり。UQモバイルと比較してみると…の記事内でもお伝えしている通り、地下に入ると弱い傾向はありそうなのでメインSIMとして使うのは心許ないかもしれない。

地下に入るとこんな感じでアンテナが1本になりまともに使えないことも。

とはいえ、テザリングに関して言えば、地下で使うケースはそれほど多くはないのであまり気にならないとは思う。

疑問:動作保証対象外の機種はあるの?

SIM業者によっては特定の端末はテザリングできないような旨が書かれていることもあるが、Rakuten UN-LIMITにはそのようなことは書かれていない。

テザリングについて(楽天公式)

私のiPhone XS Maxでも使えているため、おそらくではあるが、端末側が対応していればテザリングはできるものだと予想できる。

モバイル回線対応かどうか?の各種端末ページを見ても「テザリング不可」の明記はない。

Rakuten UN-LIMIT対応製品ページ(楽天モバイル公式)

つまり、基本的には使用可能と考えても良さそうだ。(私のチェック漏れかもしれないので要確認)

私は何も考えずに購入してしまったが、もしあなたが不安であれば購入前には楽天側には問い合わせた方が良いだろう。

→先着300万人限定!1年間無料のRakuten UN-LIMIT詳細はこちら

今日のお告げ「ついに始まったテザリング革命」

「外出先でテザリングするとバッテリー消耗も激しいし、モバイルWi-Fi使おうかな。でも、月額料金も結構かかるし、モバイルWi-Fiのバッテリーも気にしないといけないし面倒だなぁ。」

という多くの人の悩みがRakuten UN-LIMITのおかげで全て解決するかもしれない。

もし、このままRakuten UN-LIMITが契約者を増やし、今よりも回線を安定させていけば、テザリングに革命が起きそう。使っていないiPhoneをテザリング専用端末にさせるのが主流になるかもしれない。

実際、私は普段使いのためにポケットにはiPhone SE(第二世代)をいれているが、テザリング専用端末としてiPhone XS MaxにRakuten UN-LIMITのSIMカードをいれている鞄にしまったままにしている。

これで、電車でもカフェでも公園でも川沿いでも”いつでもどこでも仕事ができる環境”を手に入れることができた。

さぁ・・・テザリング革命の時代が来るぞぉぉぉ!!!

→Rakuten UN-LIMITのキャンペーンをチェックする