管理人管理人

最近話題の2つの問題。EUのUSB-Cオラオラ問題とジェリースクロールゆらゆら問題について。ちなみに私はブログ読者さんたちの報告でこの2つを知った。[@appleshinja_com]

Apple製品を購入検討中のあなたへ

Amazon公式のApple製品ポイント還元率が凄まじい事になっているのをご存知だろうか?

※現在、品切れの製品も多い上に、還元率は頻繁に変わるので早めにチェックしておこう


M1 MacBook AirM1 MacBook ProM1 Mac mini


11インチiPad ProiPad Air無印iPadiPad mini12.9インチiPad Pro


Apple Watch Series 6Apple Watch SE


安く買うコツ

EU USB-Cオラオラ問題

詳細は、EU proposes mandatory USB-C on all devices, including iPhones – The Vergeに書かれているが、要約すると、

  • 2009年にApple、Samsung、Huawei、Nokiaの4社が充電ケーブルを統一していく方向の自主協定に署名した
  • その後、30種類以上あった規格が現在は主に3種類(USB-C、ライトニング、Micro USB)になった
  • EU「3種類でも多すぎる!あかん!ライトニングだめぇ!ゼッタイ!」←今、ここ

という感じ。

それに対してApple側は、

「そんなに強制しちゃ、イノベーションの妨げになるでしょ。結果として世界中の人にとってよくないでしょ。」

と反論している。

この”EU USB-C強制オラオラ計画”については2年の猶予があるらしいのだが、それに対してAppleがどのように対応していくのかが注目されている。

まぁ、ぶっちゃけ国同士の歪み合いや、色々な思惑が動いていることは間違いないとは思うのだがこのニュースを初めて読んだときに思ったのは、

「えっ、じゃあもう一生涯USB-Cで統一するの?もっと革新的な規格が出てもEUは認めないの?もしくは、EUに対して許可をもらわなくちゃいけないの?」

ということだった。

かなり謎。
いや、私が調べきれていないだけかもしれないがこんなのがまかり通るんだったら、力のあるEUなどが規格を全部牛耳っていくでしょう。

と思う一方でアメリカも他国の会社を叩き潰しまくっているので、こんなことは日常茶飯事だと冷めた目でも見ている。

まぁ、ただこれに対して一部のリーカーやメディア、Youtuberが、

「ということは次期iPhoneでUSB-C対応クルーーーーー!!!」

と騒いでいるのはちょっと安易だと思う。

実際、Youtubeでこんな動画を出してみたところ、

コメント欄の反応して一番多かったのは、「iPhone 14でUSB-C対応はまだ早いでしょ。むしろMagSafeなどの充電へ移行していくと思う。」ということだった。

私もそう思う。
もちろん、USB-Cに大人しく対応させる可能性はあるとは思うのだが、個人的にはEUの決定におとなしく従うAppleではなく、革新でみんなの期待に応えてくれるAppleであって欲しいと思う。

まぁ、無難に考えれば、「2年はライトニング継続で、その後に答えが・・・」という感じかな。Appleの革新に期待。

ジェリースクロールゆらゆら問題について

iPad mini 6についてジェリースクロールという問題が発生しているらしい。

「うわぁ!めっちゃ揺れてる!」

と思ってはみたものの、私のiPad mini 6ではこのような現象は確認できず。ライブ配信中にこの問題について教えていただいたのでライブ配信中にジェリースクロールが発生するか試してみたが発生せず。

ただ、海外メディアが大きく取り上げていることもあり、この問題は間違いなく発生していると思う。

分解して解説してくれている動画もあるのでこちらを見てみるのもありかも。

さて、それに関するAppleの回答がこちら。(Newest iPad mini has a subtle scrolling problem [Updated] | Ars TechnicaにてAppleに問い合わせた際に返ってきた回答がシェアされている)

In response to our inquiry, Apple has told us that the “jelly scroll” issue on the 6th-generation iPad mini is normal behavior for LCD screens. Because these screens do refresh line by line, there is a tiny delay between when the lines at the top of the screen and lines at the bottom are refreshed. This can cause uneven scrolling issues like the ones observed on the iPad.
意訳:第6世代iPad miniで発生している”ジェリースクロール”は、Apple曰く「液晶ディスプレイの正常な動作である」とのことです。液晶画面は1行ごとに更新されていくため、画面上部の行と下部の行が更新される際に若干の遅延が発生します。そのため、今回のiPadのようなスクロールムラが発生することがあるとのこと

要約すると「液晶ディスプレイの通常の仕様だから。以上!」ということ。うーむ、これは気になる人は気になると思うのだが・・・

それに対して、海外のコメント欄を見ていると意見は真っ二つに割れている。

気にしない派。

  • 気付かんかったわ
  • 気付かないなら無理して問題を探す必要ないでしょ
  • 小さな問題だよ

気にする派。

  • いや、これAppleあかんでしょ
  • 改善させるべき
  • これは大きな問題だよ

という感じ。

ここまでの流れを踏まえると今の時点で我々ができるのは、「嫌なら返品する。」という以外にないように思う。

iPad miniがどうしても欲しいのであれば、iPad mini 5を買うという手もある。

と言いたいところなのだが、とあるTwitterのフォロワーさんから「iPad mini 5でもジェリースクロールしてましたよ。今更取り上げられていることにびっくりです。」みたいな情報が入ってきたのでもしかしたら多くの人が気付いていなかっただけでジェリスクロールは発生していたのかもしれない。

対応策が「返品」以外にないのはなんだか納得できないところはあるのだが、とりあえず今後のAppleの動きに注視していきたい。

ちなみに私は本当に全くジェリスクロールの現象を感じないのでiPad mini 6をこのまま使い続けるつもり。

今日のお告げ「2021年の後半も楽しみがいっぱい」

さて、今回はちょっとした時事問題を2つ取り上げてみたのだが、楽しい話題を最後に。

これはリークとかではないのだが、Appleが直近でアップデートするであろう製品を考えるとワクワクが止まらない。

  • 上位版Mac
  • iPad Air 5
  • AirPods 3

この3つはいつか更新されるであろう製品たちなので今年の後半に発表される可能性は十分にある。まだまだワクワクは止まらない。

ちなみに私は密かにAirPods Maxのもう少しサイズ大きいバージョンが出ないかなぁと思っている。空間オーディオのために欲しいけど、頭のハチが大きすぎてヨドバシカメラの店員さんにもApple Storeの店員さんにも購入を止められた。悲しすぎる。

このままAirPods Maxのサイズが変更されなければ、「AirPods Maxのために頭蓋骨削ってみた。」というタイトルで動画を出すことになりそうだ。

そうならないためにも、Appleさんにはどうか頭デカおじさんのことも考えて欲しいと説に願う。