管理人管理人

当ブログ読者さんたちが共有してくれた素晴らしい情報を当記事ではお伝えさせていただきたい。耳への健康に関することなので、1人でも多くの友人や家族へ伝えていただければ幸いだ。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月24日(火)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

「難聴」を防ぐために

Appleのヘルスケアアプリを開くと以下のようなページが新たに作られている。

中へ進むと、聴力を保護する方法という記述がある。その中に、

耳栓、ノイズキャンセリングヘッドホンや、単に静かな場所に移動することは全て、聴力を維持したり大きな音を聞く時間を減らしたりするために効果的な方法です。

と明記されている。

つまり、耳の健康を守るためにAppleは極力耳を休ませるか、聴力に負担のかからりづらいノイズキャンセリング製品を推奨しているということになる。

Appleのヘルスケアデータに隠された事実

さらに、「概要」→上部にあるiアイコンをタップしてみよう。

すると、以下のような画面が表示される。

上記は推奨される騒音レベルと晒されてもいいその時間。注目すべきは最下部の世界保健機関(WHO)の記載。

つまり、世界的に健康を司っている機関が推奨している基準に沿ってAppleはヘルスケアアプリにノイズを測定する機能を付与したということ。

WHOが目指す未来

次に、一部の読者様から教えていただいた、WHOの資料をみてみよう。

Using carefully fitted, and if possible, noise-cancelling earphones/headphones. Earphones and headphones which are suited to the individual user allow music to be heard clearly at lower levels of volume. In addition noise-cancelling earphones and headphones cut down the background noise, so that users can hear sounds at lower volumes than otherwise needed. For example, frequent users of personal audio devices on trains or airplanes should consider using noise-
cancelling earphones or headphones in these settings.

こちらより引用

要約すると、「ノイズキャンセリングイヤホンは音量を少なくしながら、音楽を聴くことができるので、耳への健康を考えれば適している」という感じ。

さらに以下の記事も併せて読むとより理解が深まる。

WHO | 1.1 billion people at risk of hearing loss

以下の記事はWHOの主張をうまくまとめてくれている。

The World Health Organisation Lists Headphone Noise as ‘Potentially Ha – EarHugz®

・ヨーロッパ人の5人に1人は耳に深刻なダメージを受けるほどの音量で音楽を聞いている
・ボリュームを上げて音楽を聞くことはコンサート会場やライブイベントと同じくらい耳への騒音ダメージがある

というあたりは非常に参考になる。

つまり、WHOとしてはイヤホンやヘッドホンで音楽を聞く人が増えているけれど、「音量に気を付ける」「可能ならノイズキャンセリング製品を使う」ということを推奨しているということだ。

意図的に隠されているAppleとWHOの主張

ここまで書いてきた情報は私個人では知り得なかったものも多々含まれている。読者さんたちに色々と教えていただいて知ったことも多い。本当に感謝。

そして、1人の読者さんに言われて「確かに!!」と強烈に納得した部分がある。

それは、

「AppleとWHOは意図的にノイズキャンセリングの推奨を公には売り出してはいない。」

ということだ。

WHOのページを読めばわかるが、ノイズキャンセリングの記述箇所はそれほど多くはない。むしろ意図的にページの後ろの方にあったりすることが多い。

これは、WHOがノイズキャンセリングを利益を生み出すための広告PRとして活用されることを避けたい意図が隠されている可能性がある。

そして、Apple。

Appleは営利企業なのだから、耳への健康を押し出してもいいのだが、それを公には売り出さずに「騒音の測定ができるようになりましたよー!」程度に留めている。

まるで、WHOの主張に沿った形で記載するかのように、アプリの深いところまで入っていかないと今回お伝えしたようなAppleとWHOの関連性は確認することができない。

ここにAppleの美学を感じたような気がする。営利企業ではあるが、利が全てではない、という姿勢を貫いているのかな?と推測せざるを得ない。

今日のお告げ「ノイズキャンセリングはできるだけ早く導入を」

Appleが大々的に押し出していないにもかかわらず、私のような個人ブロガーがこのように宣伝することはなんだか余計なお世話な気がしないでもないが、耳への健康についてのことなので、当記事にて共有させていただいた。

ただし。AppleもWHOも「AirPods Proを買おう。」とは言っていない。「ノイズキャンセンリング機能付きの製品を買おう。」と言っているだけだ。だから、他社製であっても耳への健康を考えるのであれば、ぜひノイズキャンセリング製品の導入を早めに検討してみてほしい。

「あなたの代わりに働いてくれる人を見つけることはできるが、あなたの代わりに病気になってくれる人を見つけることはできない。」

と、最後に伝えてくれたジョブズ氏の言葉がこの記事を書きながら脳裏をよぎった。ジョブズ氏の早すぎる死がティム氏の「健康への情熱」を燃やし続けているのかなぁ、とも思わずにはいられない。