管理人管理人

読者さんに教えていただいたアプリがかなり良さげだったのでご紹介。数ヶ月使ってみたけど、ないと落ち着かない。というか、ないとストレス。ということは良アプリということで間違いないはず。[@appleshinja_com]

Apple製品を購入検討中のあなたへ

Amazon公式のApple製品ポイント還元率がヤバい事になっているのをご存知だろうか?

※現在、品切れの製品も多い上に、還元率は頻繁に変わるので早めにチェックしておこう


M1 MacBook AirM1 MacBook ProM1 Mac mini


11インチiPad ProiPad Air無印iPadiPad mini12.9インチiPad Pro


Apple Watch Series 6Apple Watch SE


安く買うコツ

Bartendarとは?

Bartendarとは、一言で言ってしまえば、

Macのメニューバーをカスタマイズできるアプリ。

論より証拠。
こちらをみていただければわかりやすいと思う。

Bartender導入前。

Bartender導入後。

めちゃくちゃスッキリ。

Bartenderを導入すれば、メニューアイコンを自由に隠すことができるし、その順番を入れ替えることもできる。

これ、たったこれだけだけど見えるアプリが少なくなると脳がスッキリして作業効率爆上がり。とまでは言えないかもしれないが、見た目がスッキリして見やすくなるのは間違いない。汚い部屋を片付けた後の感覚に似ている。しかもその綺麗なお部屋がこれからもずっと続くと思えば導入する価値はあるはずだ。

また、上記のようにメニューバーをカスタマイズできることのメリットは画面の小さな13インチサイズのMacbookシリーズでより便利になる。

なぜなら、画面が小さいがゆえにメニューにたくさんアイコンが並んでいると左側に並んでいるメニューアイコンが各種アプリの操作アイコンと重複して表示されない場合が多々あるからだ。

例えば、本来であれば、これだけ表示されるはずが・・・

メニューアイコンが隠されちゃってこれだけしか表示されない。

1つ1つのアイコンの表示・非表示を切り替えるのも面倒だし、そもそも常に表示させておくべきアプリってほとんどない。というわけでそんなあなたにおすすめなのが今回紹介するBartenderというアプリだ。

注:M1対応と、複数Macに利用可能かについて

質問がコメント欄にたくさんきそうなので先にお答えしておきたい。

最新のBartenderはM1に対応しており、複数のMacに対応している。以下、公式サイトより引用。

Bartender 4 is Bartenders’ biggest update yet; with support for macOS Big Sur and Apple M1, it also boasts a load of new features and updates to its core abilities making it the best version yet.
意訳:Bartender 4は、めちゃめちゃ大きぃアップデートやでぇ。macOS Big SurとApple M1にも対応してるし、めっちゃ新機能も増えたし、ええ感じ!
引用:Bartender 4 – Bartender 4 Officially Released


意訳:すべてのMacで使えるでぇ!
引用:Bartender 4 – Support

私はインテル製チップ搭載の27インチiMacとM1 Mac mini、MacBook Airで使用しているが問題ない。

まずは無料版から。

Bartenderは有料版だと約1,900円前後なのだが、無料版でも4週間は使うことができる。そのため、まずは無料版からダウンロードしてみることをおすすめする。

Bartender 4公式サイト

生活に馴染むようであれば後述する有料版の購入方法を参考にして導入してみるといいだろう。

設定方法・使い方

表示設定

Bartenderをダウンロードするとメニューバーに以下のような”3つの点”のアイコンが並んでいる。こちらを右クリック(2本指クリック)すると、

Preferencesという項目があるのでそちらをクリックしよう。

すると、設定画面が表示される。

個人的には赤文字で注釈をつけている部分だけを設定すればいいと思っている。以下、1つずつ解説していこう。

・Launch Bartender at login
→Macを再起動した時などにBartenderを自動的に起動させるかどうか。必ずチェックマークを入れておこう。

・Moving the mouse info the menu bar will…
→メニューバーにカーソルを持って行ったときに何秒間カーソルを置いておくとメニューバーを表示させるかの設定。好みでいいとは思うのだが、私はせっかくスッキリしたメニューバーなのに、カーソルを持っていくとすぐにメニューバーが表示されるのが嫌で最長時間の”1秒”に設定している。

・Bartender menu bar icon
→メニューバーに表示されるアイコンを選ぶことができる。私はせっかくなのでバーテンダーっぽいアイコンを選択している。アイコンをクリックすると隠れていたメニューバーが表示される。

ちなみにその下のVisibleの項目のチェックマークを外すとメニューバー上のBartenderアイコンが表示されなくなる。マウスカーソルを1秒間置いておけばメニューバーが表示されるので問題ないと言えば問題ないのだが、個人的には表示させておいた方が便利だと感じている。

メニューバーカスタマイズ設定

Macの標準機能では、⌘キーを押しながらドラッグ&ドロップすればメニューバーのアイコンを移動させることができるのだが、Bartenderでは順番の入れ替え以外にも「どのアプリを常時表示させるのか?」ということも設定できる。

設定画面の左側にある「Menu Bar Layout」を選択しよう。すると以下のようなメニューバーカスタマイズの設定が表示される。

各種のアイコンを上記の画像のようにドラッグ&ドロップで常時表示させるか隠して表示させるか、また、順番の入れ替えが可能。

直感的に設定できるのであまり迷うことはないはずだ。

私は「音量調整」「Wi-Fi」「Bluetooth」以外は全て隠してある。それ以外の項目についてはたまにクリックするだけだったので隠された状態でも問題なく使用できている。むしろスッキリしたので快感。

以上が、設定方法だ。
使い方に関しては特にない。強いていうならば、「メニューバーがスッキリした快感に浸ってください。」とでも言うのだろうか。一度使うとやめられない止まらない魅力がBartenderにはある。

有料版へのアップデート方法

無料期間は4週間なのでその期間を超えると有料版へアップデートする必要がある。

公式サイトからBuy Nowの項目を選択。(注:価格は為替の関係で変動します)

決済方法を選択。クレジットカードでも支払いは可能だが、私はPayPalで決済することを選択した。

決済が完了すると以下の画面が表示される。License NameとLicense Keyはアプリ内で登録するのに必要なので控えておこう。ちなみに同様の内容が記されたメールも届いているはずだ。

Bartenderのアプリ設定画面を開こう。左側のタブにLicenseという項目があるはずなのでそちらを選択。

登録が完了すればOKだ。

総評レビュー「Mac(ノート型)利用者は積極的に導入を」

メニューバーの整理整頓については、iMacや、Mac(ノート型)から大型ディスプレイに繋いでいる場合はそれほど重要ではなかったりもする。最初にお伝えしたように画面の小さいMac(ノート型)ではメニューバーのアイコンが表示されない場合がある。

各種アプリにはメニューバーに表示させないような設定もあるのだが、いちいちそれぞれのアプリを表示/非表示を設定するのは面倒だ。それならメニューバーの管理を全てBartenderに任せた方が便利。

絶対に導入すべし!
とまでは言わないが、メニューバーをスッキリさせたい欲求が少しでもあったり、メニューバーが散らかっていて困っている方は導入してみると良いだろう。

Bartender 4 – Take control of your Menu bar