管理人管理人

様々な文章を引用して、レポートを書いたり、ブログ記事を書いたりする場合、コピーアンドペーストを繰り返すことになる。その際、Macでは主に3つのコピペ方法があるのだが、当記事では私が思うそれぞれのメリットとデメリットを解説していきたいと思う。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


12月11日(火)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年12月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

プレーンテキストをペーストする3つの方法

私がおすすめする3つの方法を解説。オススメは3つ目の方法だが、個人差があると思うので可能であれば3つの方法をそれぞれ試してみてほしい。

1、ショートカットキー

まず、一番簡単で有名なショートカットキーで対応させる方法から。

command + shift + option + v

簡単ではあるのだが、私は使っていない。なぜなら、忘れるし、そもそも4つもキーを押すのは面倒だからだ。

2、無料アプリ「Get Plain Text」

Get Plain Textは有名なプレーンテキストをペーストするためのアプリ。

こちらからダウンロード可能だ。

Get Plain Text

無料
(2018.11.29時点)

 iTunes で見る

posted with ポチレバ

起動させるとメニューバーに「T」のアイコンが表示されるので、その中から「自動消去」という項目を選択してチェックマークをつけておこう。

すると、今後プレーンテキストでコピーペーストされるようになる。

「ログイン時に起動する」という項目もチェックマークを入れておくと、電源をONにするたびに、常時利用できるので便利だ。

3、無料アプリ「Clipy 」

私が一番オススメする方法がこれ。

Clipyは私が神アプリとして認定し、常にMacユーザーにオススメしている最高のアプリ。アプリの仕様は簡単に言えば、クリップボードに設定した数のコピーテキストを溜めておき、いつでもペーストできるもの。

そのテキストをClipy上からペーストするときにはプレーンテキストでペーストされる。以下のように呼び出したクリップボードから選択してクリックするだけでプレーンテキストでペーストが可能。

Clipyのダウンロードはこちら→Clipy – Clipboard extension app for macOS

神様が作ったアプリ「Clipy」がヤバすぎる!使い方と設定レビュー

※Clipyには文字装飾の設定を保存せずに、常にプレーンテキストでペーストする設定があるのだが、私の環境では機能していない。とは言っても、神アプリには違いないので、コピペ・クリップボードアプリとして、私はClypiを重宝している。

今日のお告げ「1つだけでいいので極めるべし!」

正直、どの方法でもぶっちゃけいいと思う。

ただ、プレーンテキストでペーストするケースはたまにあるので、どの方法でもいいので1つだけ決めておいて、その都度使えるようにしておこう。

私はClipyが大好きなのでClipyで統一している。あなたがオススメのプレーンテキストをペーストする方法を知っているならぜひ教えてほしい。