管理人管理人

iPadってどれくらい普及しているのかなぁ?みんなどんな用途で使っているのかなぁ?と思って調べてみたところ、日本とアメリカではそんなに違いがないという面白い結果がわかった。[@appleshinja_com]

注:当記事はかなりiPadに偏ったデータの見方・解釈をしているが、基本的には”タブレット全般”のデータを引用

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


9月27日(日)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年9月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

アメリカ人は半数以上がタブレットを所有している

興味深いデータがこちら。269,000人のアメリカ人に調査を行ったもの。半数以上が所有していることがわかる。

CivicScience | Tablet Ownership is Declining, Millennials May Be to Blame

「でも、アメリカの格差はとてつもないし、一部の人だけに聞いただけじゃないの?」と常にデータを疑う私を納得させるかのように、年収についてのデータもあり。

これらを見ると、貧富の差はあれど広く普及しているのがわかる。

ちなみに利用用途はこんな感じ。ウェブブラジングがほとんどの模様。

ただし、利用用途は年齢層によってばらつきがあることが分かる。

日本人のiPad所有率は35.7%?

次に、日本人のデータ。

35.7%が所有しているというデータ。

しかし、世代別でかなり差がある。一番多い所有率が高い30代をみてみると、47%

通信利用動向調査 令和元年通信利用動向調査 世帯全体編 令和元年世帯全体編 統計表セット(全22表+アンケート) 2019年 | ファイル | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口

一方でどのような利用用途が多いのだろうか?

この点に関しては2017年のデータを「PCの所有率は98.2%、タブレット端末の所有率は56.8%」価格.com調査|@DIME アットダイムがうまくまとめてくれていたので共有したい。

やはり利用用途はブラウジングが主になるらしい。

ただし、iPadの普及率はグングン伸びている。ここ最近はやや停滞気味だが、それでもiPadの魅力に気付き始めた人たちが多いのだろう。

総務省|平成30年版 情報通信白書|情報通信機器の保有状況

データからわかる2つのこと

  • 普及率はおおよそ50%くらい
  • 使用用途はブラウジングが主

この2つのことがデータから分かる。利用用途もほぼ同じだったのか興味深かった。

個人的には米国人はもっとiPadを所有しているかと思っていた。日本と同じように巨大iPhoneで満足している人が多いのだろうか。

そもそも、iPad所有率はタブレット所有者の中の半分くらいというデータ(信憑性はあまり高くないが)もあるのでSamsungや中華タブレットを所有している人も多そう。そういえば私の英語の先生もズタボロのSamsungタブレットを使っていた。

データだけでは分からないこと

これらのデータを見て、日本に関していえば1つ疑問がある。

それは、

所有率の高さと、外出先でiPadを使っている人たちを見る目撃率の乖離がとてつもない

私はどこへ行っても人のガジェットをチェックする癖があるのだが、iPadを見かけることはほとんどない。(注:画面は見てません。ガジェット本体をチェックしております)

これは推論ではあるのだが、iPadを自宅用にしている人が多いのではないかと思う。外出先ではiPhone、自宅ではiPadという使い方を楽しんでいる人が多いのであれば、それはそれで使い方としてはありだと思う。ただ、外出先でもiPhoneよりiPadは快適なのにな〜と思う部分もある。

また、データの中ではiPadかAndroidタブレットかの記述はなかったのだが、iPhoneの普及率を考えるとiPadの占有率は米国よりも高そうな気がする。

今後の予測

あくまでも個人的な予測ではあるが、利用用途に変化が起こると思う。

一気にではなく、少しずつ。

その2つとは、主に、「仕事」「勉強」。この2つの用途で変化が起こっていきそう。

新型コロナの影響も考えられるが、そもそも、AppleがiPadを「クリエイター系のお仕事」「勉強」用途として売り出し始めている。さらに、2020年にはMacをARM対応させることにより「Mac」「iPad」「iPhone」の3つの機器がさらに連携することが容易に予想できる。

と考えれば今後のiPadの普及率はより進んでいきそうだ。

今日のお告げ「重たい教科書から生徒たちを解放してあげたかった」

「重たい教科書から生徒たちを解放してあげたかった。」

というのはジョブズ氏が晩年に言っていた言葉らしい。”らしい”というのは、伝記の中で著者がジョブズ氏がそう言っていた、という記述があったからだ。

ジョブズ氏が亡くなる間際にやりたいと言っていた事として、

  • Siriの性能向上
  • iPadを教育分野に普及させる
  • Apple TVの機能向上

の3つが伝記の中で書かれている。

このうち、Siriに関してはAmazonとGoogleにシェアを取られてしまっている。Apple TVは独自路線を走っている。一方でiPadに関してはまだまだ完全に普及したとは言えないが…

もし、教育分野に関してAppleがイノベーションを起こせば、いつの日か「iPad普及率が90%を突破!」という日が来るかもしれない。そんな日が来るのが楽しみだ。