管理人管理人

ブログ開設から1年が経過した。Apple信者を着実に増やしている、と信じてやまない当ブログだが、1年経過して色々とわかった事がある・・・[@appleshinja_com]

スポンサーリンク

ーこのページに辿り着いたあなたへ〜

「おまえ、変態すぎるだろwww」

と、私は常に友人に笑われている。私のApple製品への愛が異常すぎるからだ。(たまにiPadの角を触りながらニヤニヤしてたりするらしい)

8年のApple信者ライフの末にたどり着いた、「究極の記事」をあなたにもお届けしたいと思う。ぜひ、参考にしてほしい。

共に、変態Apple信者になろうではないか。

【2018年5月更新!!】→iPhoneおすすめアプリ38選はこちら

iPad→おすすめアプリ55選はこちら

Mac→神が作りし5つの神Macアプリはこちら

今だけ3ヶ月無料→Apple Musicのレビューはこちら

【人気記事】→今さら聞けない7つのKindle活用術!読書効果を100倍にするiPad・Macの設定方法

※新規ウインドウで開くのでとりあえずクリックしておいて後日読むという感じでも良いと思う。

お礼

当ブログへいつも訪れてくれているあなたへ。

本当にいつもありがとうございます。

私はただの変態なんです。ただ、Appleが好きなだけなんです。その変態性を匿名という最大のメリットを活かして、ネット上に公開しているだけです。

そんな、私のブログですが、毎日訪れてくれるあなたのおかげで、どんどんと大きくなりました。1年で100万人以上の方に読んで頂けるような大きなブログとなりました。

本当に本当にありがとうございます。

これからも、Appleへの変態性と愛と変態性を前面に押し出して記事をコツコツ書いていきますので、暇つぶし程度に気楽〜に読んで頂ければ幸いです。

繰り返しになりますが、本当に1年間ありがとうございました!これからもよろしくお願いします。

1年やってみて分かったこと

さて、ここからはブログをやったからこそ分かったことを伝えていこう。

まず、私はブログを始める前は、「日本人はiPhone大好きなのに、iPadとMacの普及率が低すぎる!!!多分、MacやiPadはプロが使うガジェット、だと思っているんだろうなぁ。」と、思っていた。

しかし、その考えのほとんどは間違っていた。

多くの人の考えはこうだった。「iPadやMacってかっこいいなぁ。興味あるなぁ。でも、自分が買っても使いこなせないだろうなぁ。。値段も高いし・・・どう使っていいか分からないし・・・」

という人が圧倒的大多数だと気付いた。

つまり、簡単に言えばほとんどの人は背中を押されるのを待っている。という事。そして、魅力的なApple製品の「後悔しない選び方」「正しい使い方」「素晴らしいアプリの紹介」を行うだけで、私はその背中をそっと押す事が出来ると気付かされた。

そう。

私のブログは極論を言えば、上記3つの欲求を満たす記事で99%が占められている。(残りの1%はたまに私が書きたくなる変態性の溢れる記事)

だからこそ、今後もこの欲求を満たしてもらうために記事を積み重ねて行こうと思う。

買わないブロガーを目指して

私が、ブログを立ち上げる際に絶対にやりたかったというか、決めていたことがある。

「製品を買わないレビューをする。」

という事だ。

私はApple信者なので、自分でApple製品を購入しまくる以前から、Apple系のブログは見まくっていた。

しかし・・・どの記事もオリジナリティのない、同じような記事ばかりだった。

「開封しました!」
「すげー!」
「うわぁ便利!」
「いい感じ!」
「オススメです!」

こんな感じ。私はずーーーーーっと疑問だった。

なぜ、Apple製品の組み合わせ方や、連携機能について伝えるメディアがほとんどないのか?アプリの使い方をこれでもかというくらいに伝えるメディアはないのか?

もはや、Apple好きとしてはストレスとしか言いようがない記事が検索エンジン上には溢れかえっていた。(もちろん素晴らしい方々も少数ながら存在する)

だから、私は私が欲しかったメディアを作ろうと思い立った。それがこの「Apple信者1億人創出計画」が生まれたきっかけだ。

大手メディアはすべての製品を購入してすべての製品をレビューする。仕事のために。ただ、レビューっぽいことをして、記事をあげる。アクセスを集めるために。Apple製品への興味はそれほどない。ユーザーのこともどうでもいい。ただ、ビジネスのためだけに、Apple製品を購入する。

私には、そのようなひどいメディアだらけで検索エンジンが埋め尽くされるのが我慢ならなかった。Appleが大好きだからこそ許せなかった。

別に全ての製品を買ってレビューすることだけがApple製品系のブログではないはずだ。買わずにあーだこーだと言い合うことも重要。

実際、私は友人とあーだーこーだ行っている内容をブログにアップしている。例えば、先日も「スペックが低いiPhoneSEはアップルの失敗作だよね。」と友人に言われて、「違うよ。あれはスペック重視ではなく、片手で高速入力をすることを重要視する人たちのiPhoneだよ。」と回答した。

また、別の日には、「MacBook Proのタッチバーって失敗じゃね?」と言われて、「確かにコスパは悪いかもしれないが、今後の進化に期待。」と回答した。

さらに、家族からこのような質問をされたこともあった。「iPadって仕事に使わないし、本も読まないから必要ないよね?買っても使わなくなりそう。」→私の回答「確かにその可能性は0ではないけど、画面が大きいiPhoneだと思えばいい。ただそれだけだけど、人生が一変する。ブラウジングも、動画鑑賞も、ネットショッピングも全てをiPadで行いたくなる。そうなれば、iPhoneの方が逆に使わなくなるよ。」と回答した。

※結局、私の家族は今ではiPhoneはほとんど使わずにiPadで日常生活におけるウェブ上のことを行うようになった。

上記の会話を読んで頂くと、勘の良いあなたならお気づきかもしれないが、私が大切な友人や、家族に伝えている言葉は、そのまま当ブログの記事になっている。

後述するが、私は大切な人たちに伝えている言葉をそのまま当ブログに書いているだけだ。その商品を買っていなくても、レビューはできる。必要じゃないかどうかはおおよそ判断できる。少なくとも近しい人たちが後悔しないようにアドバイスすることはできる。

間違っても、「iPhoneXはAppleの未来。最高。カメラも綺麗だしオススメ。」とは言わない。「iPhoneXはApple信者、新しいもの好きの人向け。そうじゃないなら、iPhone8とiPadという組み合わせの方が100倍良い。iPhoneXなんて必要ない。」と伝える。

ゆえに、たまに当ブログでは特定の製品を「購入する必要はない。」「あれは失敗作。」「お金の無駄。」と強い言葉を吐くことが結構な頻度である。それは、別に製品を一方的に批判しているわけではないし、もちろん購入予定の人をバカにしているわけではない。

ただ、あなたには後悔のない買い物をして欲しい。という意図がある。

当ブログは、仕事のためのメディアではなく、ただのApple信者のブログであり、一人でも多くの人にApple製品の魅力を伝えることだからだ。

誹謗中傷について

誹謗中傷はネットで情報を公開するにあたり、ある程度は仕方ないし、許容するべきだとは思っている。もちろん、誹謗中傷は許されるものではない。

だが、批判はOK。というか、人類は批判し合うからこそ、進歩してきたと私は信じているので、むしろ批判はし合うべきだと思う。学者さんの論文とか批判合戦でお互いを高め合っているような側面はあると思うし、批判は非常に重要なことだと思う。

ただし!そこに一言でも「バカですか?」という言葉が入っているだけで、それは誹謗中傷になる。そういったコメントを私は一切承認しない。他の方が見ていて、気分が悪くなるからだ。

誹謗中傷さえなければ、基本的に、私と反対の意見をコメント欄に書き込まれても私は何とも思わない。

むしろ、嬉しいとすら思う。

私の意見だけではなく、反対の意見や、別の切り口のコメントもある方が、ユーザーのためになると思っているからだ。

コメント欄を開放することはメリットの方が圧倒的に大きい。私が、心に残っているコメントと言えば、

  • iPad Pro12.9インチでポケモンgoをする人
  • 全てのApple製品ををゴールドで揃えている人
  • わざわざ日本から私がオススメしたHHKBを購入した香港人の人

などのコメントだ。

あと、どう考えても私よりApple製品に詳しかったり、「なんでこんなの知ってるの?」と驚くほどにアプリを知っている人もいる。本当にいつも勉強になる。

私は当ブログを始めてから、コメント欄に、わざわざ貴重な時間を割いてコメントを残して下さる方々のおかげで、よりApple製品について詳しくなったし、アプリについては冗談抜きで、100倍以上は効率化できるようになったと思う。

コメント欄には誹謗中傷が届いたり、スパムコメントが残されまくるというデメリットはあるが、やはりメリットの方が大きいと私は信じている。

そもそも、読者さんは私だけの意見を聞くよりも、多くの人の意見を聞いた方が、よりApple製品についての多角的な視点を持てるようになるはずだ。というわけで、ぜひぜひ、当ブログにはガンガンとコメントを書き込んで欲しい。

今後の展望

大切な人に言わないことは当ブログでは書かない。

それをモットーに今後も頑張っていきたいと思う。もちろん、私はApple信者なので、普通の人よりはApple製品を買いまくるだろう。

だからと言って、全ての製品をべた褒めするようなことはしたくはない。大切な人にいつも伝えている言葉を今後も当ブログでは綴っていこう。そして、2年目、3年目、4年目、5年目と長く続けていけたらなぁと強く思う。

ここまで読んでくれてありがとう。では、最後に、以下の言葉で締めたい思う。

あなたへ

本当にいつもありがとう。2年目もよろしくお願いします!

Appleへ

本当に素晴らしい製品をいつもありがとう。

とりあえず、iPhoneSE2はよ。