管理人管理人

少し強めの記事タイトルで申し訳ない。だが、あなたには絶対に後悔するような買い物をして欲しくないため、このような強い言葉になってしまっている点をご了承頂ければ幸いだ。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク

ーこのページに辿り着いたあなたへ〜

「おまえ、変態すぎるだろwww」

と、私は常に友人に笑われている。私のApple製品への愛が異常すぎるからだ。(たまにiPadの角を触りながらニヤニヤしてたりするらしい)

8年のApple信者ライフの末にたどり着いた、「究極の記事」をあなたにもお届けしたいと思う。ぜひ、参考にしてほしい。

共に、変態Apple信者になろうではないか。

【2018年5月更新!!】→iPhoneおすすめアプリ38選はこちら

iPad→おすすめアプリ55選はこちら

Mac→神が作りし5つの神Macアプリはこちら

今だけ3ヶ月無料→Apple Musicのレビューはこちら

【人気記事】→今さら聞けない7つのKindle活用術!読書効果を100倍にするiPad・Macの設定方法

※新規ウインドウで開くのでとりあえずクリックしておいて後日読むという感じでも良いと思う。

本当にポートレートモードは素晴らしいのか?

ポートレートモードが素晴らしいかどうか問われたら私はこう答えるだろう。

素晴らしい。スマホであのクオリティの写真を撮影できるようになったことは驚き。ただ、ポートレートモードだけを目的に買い換えるのはやめた方が良い。

ポートレートモードは素晴らしいが、撮影が難しい。(どのように難しいかは後述)

スマホカメラとしては素晴らしいが、コンデジやミラーレス一眼などと比べると圧倒的に質は落ちる。カメラとスマホを比べること自体、ナンセンスなのだが・・・

あまりにもネット上で「ポートレートモード機能やべぇ!」みたいに煽りまくっている記事が多い。多すぎる。その上、綺麗な写真を載せられたら誰でも欲しくなる。だが、実際はそうではない。

どうか、あなたはポートレートモード機能だけを目当てに買い換えるのはやめて欲しい。なぜなら・・・

撮影が激ムズで失望するかも。

ポートレートモード機能を使えば以下のような背景がボケた綺麗な写真が撮影できる。

以下、「iPhone8 Plus RED」で撮影。

だが、1つ知っておいて欲しいのは、これだけのボケを実現するためにはある程度、カメラと被写体を離す必要があるということだ。これはカメラの仕様上仕方ない事ではあるが、その距離が問題だ。

私が友人と計測したところ、その距離は45cm 〜50cmは必要だった。つまり、近くのものはポートレートモード機能をうまく働かせて撮影ができない。

実際には撮影ができるが、背景がボケていない普通の写真しか撮影ができないのだ。

iPhone側も被写体が近い場合は、「近すぎます。離れてください。」というような旨を表示させるようになっている。

さらに、当たり前ではあるが、被写体にピントを合わせるまで2、3秒くらいはかかる。そのため、赤ちゃんや犬などの一瞬しかない可愛い瞬間というのはポートレートモード機能で上手く撮影することは難しいと思った方が良いだろう。

私は大切な家族の写真は最高の状態で残しておきたいので、いつもコンデジを持ち歩いている。

ちなみに私が愛用しているコンデジは大好きなソニーのこの製品。

本当に大切な写真をずっとずっと綺麗なまま残しておきたいなら、コンデジを持っていた方が良い。背景も当然ボケるし、綺麗だし、何よりも、あなたの大切な人に喜ばれる。

買い換えるべき人はどういう人?

ポートレートモード機能だけを目当てに買い換えるのはやめた方が良い、とここまで伝えてきたが、カメラ機能を目当てに買い替えた方が良い人も存在する。

それは、

現在所有しているiPhoneのカメラアプリの起動が遅すぎる

場合に限り、カメラ機能を目当てにiPhoneを買い替えた方が良い。

ポートレートモード機能有る無しに関わらず、スマホの最大のメリットはそこそこ高画質の写真を一瞬でどこでも気軽に撮影できる、という点だ。

起動が遅いというのはスマホカメラの良さを殺してしまっているとも言えるだろう。

実際、私はiPhone8Plus REDを母にプレゼントしたが、母が一番買い替えたかった理由は、「カメラの起動が遅すぎる。たまに全く起動しない。」ということがあったからだ。

一瞬の撮影チャンスを逃さないためにも、iPhoneのカメラ起動が遅くなってきた場合は、買い替えを検討するのは良い判断だと私は思う。

今日のお告げ

カメラの機能ではなく、起動スピードを目安にiPhoneを買い換えよう!!

最近のスマホは進化した。どのスマホメーカーも、新製品発表の際、カメラ機能の素晴らしさを猛烈にアピールしまくるので、もはやカメラの発表会かと思ってしまうほどだ。

だが、コンデジやミラーレス一眼などのカメラには性能面では到底及ばない。もし、あなたがこだわりの写真を撮影したいなら、iPhoneではなく、コンデジの購入も検討することをオススメする。

写真は一生残るものなのだから、どうか、カメラ選びはiPhoneにせよ、コンデジにせよ、一眼レフにせよ、十分に検討したものを購入してほしい。私は大切な写真はiCloudに保存しているし、一番お気に入りの写真はプリントして持ち歩いている。