管理人管理人

いやいや。やりすぎでしょ。と世界中のAppleファンがツッコミを入れたであろう、iPad Airの特大アップデート。そんなiPad Airと10.2インチiPadを当記事では比較していきたい。いやぁ、、、どちらも素晴らしい機種になったなぁ…[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


9月23日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年9月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

まず結論。おすすめはこっち!

スペックの違いを比較する前に、まずは結論から。

18,000円の価格差を考慮して、iPad Airの拡張性(Magic Keyboard, 第二世代Apple Pencil)に価値を感じるのであれば、iPad Airがおすすめ!特に魅力を感じないのであれば、10.2インチiPadで十分!!

これが私の結論。

価格差の算出方法や、細かい他の機能差については以下お伝えしていくが、基本的には上記の考え方でOK。ただし、いずれの機種も素晴らしいアップデートになったのでどちらを購入しても大きく後悔することはないだろう。

重要なスペック比較表

めちゃくちゃ参考になる部分も多いので、公式ページの比較表も必ず確認しておこう→全iPadの比較表をチェックする(Apple公式)

以下、重要な比較ポイントについては赤文字。

  10.2インチiPad(2020) iPad Air(2020)
ディスプレイ 10.2インチ 10.9インチ
ストレージ容量 32GB , 128GB 64GB , 256GB
価格 ※税別、Wi-Fiモデル 32GB →34,800円, 128GB →44,800円 64GB →62,800円, 256GB →79,800円
大きさ 高さ:250.6 mm, 幅174.1 mm, 厚さ7.5 mm 高さ:247.6 mm, 幅178.5 mm, 厚さ6.1 mm
重量 Wi-Fi→490g, セルラー→495g Wi-Fi→458g, セルラー→460g
Apple Pencil 第一世代のみ対応 第二世代のみ対応
スマートキーボード 対応 Magic Keyboardに対応
フルラミネーション 非対応 対応
反射防止コーティング 非対応 対応
プロモーションテクノロジー 非対応 非対応
True Toneディスプレイ 非対応 対応
チップ A12 Bionicチップ A14 Bionicチップ
メインカメラ 8メガピクセル 12メガピクセル
インカメラ 1.2メガピクセル 7メガピクセル
スピーカー 2スピーカー 2スピーカーオーディオ(横向き)
SIM eSIMに対応 eSIMに対応
Face ID Touch IDのみ対応(ホームボタン) Touch IDのみ対応(電源ボタン)
バッテリー持ち Wi‑Fiでのインターネット利用:最大10時間 Wi‑Fiでのインターネット利用:最大10時間
オススメ度(管理人の独断と偏見) ★★★ ★★

10.2インチiPad(2020)とiPad Air(2020)の10個の違いとは?

この10個の違いさえ抑えておけばどちらを買うべきか迷うことはないと思う。

1、価格(税別表示)

【10.2インチiPad(2020)】
Wi-Fiモデル
32GB 34,800円
128GB 44,800円

Wi-Fi + Cellularモデル
32GB 49,800円
128GB 59,800円

【iPad Air(2020)】
Wi-Fiモデル
64GB 62,800円
256GB 79,800円

Wi-Fi + Cellularモデル
64GB 77,800円
256GB 94,800円

冒頭の結論部分でお伝えした価格差は、

iPad Air Wi-Fiモデル 64GB 62,800円
10.2インチiPad Wi-Fiモデル 128GB 44,800円

の2つの価格差。これらの価格差が18,000円となる。

おそらくではあるが、一般的に最も受け入れられるであろうWi-Fiモデルとストレージ容量を選択しているため、この価格差を考慮した上で、iPad Air側の機能に魅力を感じるかどうかを選択すると良いと思う。

私の感覚では18,000円の価格差というのはかなり妥当だと思う。絶妙なライン。

2、容量

【10.2インチiPad(2020)】
32GB
128GB

【iPad Air(2020)】
64GB
256GB

個人的には10.2インチiPadの32GBには納得がいっていない。なぜなら、32GBでは容量があまりにも少なすぎるから。

せめて64GBは必要だと思う。

32GBがいかに少ない容量かという話はこちらを参考→【警告】もし、あなたがiPad 32GBモデルを購入すれば後悔するだろう

3、Magic Keyboard対応

【10.2インチiPad(2020)】
非対応(スマートキーボードには対応)

【iPad Air(2020)】
対応

個人的にはちょっぴり怒っている。つい1ヶ月前に私はMagic Keyboard欲しさに11インチiPad Proを買ったばかりだからだ。これならiPad Airでよかったやん。と思ってしまわずにはいられない。

Magic Keyboardがほしいです。Vol1.「始まりの刻」の記事内でもお伝えしているようにめちゃくちゃ迷って購入しただけにちょっぴり悲しい。

4、ディスプレイサイズ

【10.2インチiPad(2020)】
10.2インチ

【iPad Air(2020)】
10.9インチ

iPad Airは0.4インチ大きくなった。これは非ノッチ型では史上最大サイズのiPadサイズ。

5、反射防止コーティング

【10.2インチiPad(2020)】
非対応

【iPad Air(2020)】
対応

反射防止コーティングが対応しているとやや反射が抑えられる。私はそれほど違いを感じないが、店頭で確認してみて違いを感じられるようであればiPad Airを購入した方が良いだろう。

6、フルラミネーションディスプレイ

【10.2インチiPad(2020)】
非対応

【iPad Air(2020)】
対応

iPad本体のガラス面と液晶の隙間をなくす技術。

光の反射が低減される上に、ややApple Pencilの書き心地が向上する。

7、チップ性能

【10.2インチiPad(2020)】
A12

【iPad Air(2020)】
A14

とんでもないことになった。

iPad Airはプロモデルより新しいチップを搭載しているし、10.2インチiPadはほぼプロモデルと性能のチップを搭載。

化物スペックすぎる。

海外メディアがベンチマークスコアを公開してくれると思うのでその内容が楽しみ。

8、Touch ID

【10.2インチiPad(2020)】
ホームボタン

【iPad Air(2020)】
トップボタン(電源ボタン)

まさかのサプライズ。
iPad Airでは本体からホームボタンが取り除かされてトップボタンにTouch ID技術が埋め込まれた。

これにより画面サイズを最大化したままでTouch IDを採用することができるようになった。すごすぎる。これだけでも欲しくなる。

9、色

【10.2インチiPad(2020)】
シルバー
スペースグレイ
ゴールド

【iPad Air(2020)】
シルバー
スペースグレイ
ゴールド
グリーン
スカイブルー

iPad Airには史上初めてのポップなカラー「グリーン」「スカイブルー」が登場。Apple Watchのポップなバンドや、iPadのポップなカバー、iPhone 11との組み合わせによりめちゃくちゃ可愛い色合わせができるようになった。

こういうデザインの遊び心はAppleならではなのでイベントを見ていて本当に楽しかった。

10、USB-C充電

【10.2インチiPad(2020)】
ライトニング

【iPad Air(2020)】
USB-C充電

Macを所有している人にっておはUSB-C充電の方が使いやすいのでUSB-C充電対応のiPad Airの方がケーブルを統一できるので便利だと思う。

補足:両機共に対応していない機能

・プロモーションテクノロジー

プロモーションテクノロジーに対応しているApple Pencilの書き心地と、スクロールのスムーズさが向上する。

この辺りは、店頭にあるプロモーションテクノロジー対応のプロモデルとiPad Airで実際に確認してみると良いだろう。書き心地が向上するとは言ってもその感覚には個人差がある。

ただし、当ブログに届くコメントを見ていると「絵を書く人はプロモーションテクノロジー対応のiPad Proを買った方が良い!」という意見が目立つ。

もし、あなたが絵を書く予定があるのであればiPad Airや10.2インチiPad絵はなくiPad Proを検討した方がいいかもしれない。

10.2インチiPad(2020)を買うべき人

  • 初めてiPadを買う人
  • 初期コストを抑えたい人
  • Magic Keyboardを使う予定がない人
  • 第二世代Apple Pencilではなく、第一世代Apple Pencilで十分な人
  • iPad Air(2020)のディスプレイ性能にあまり惹かれない人
  • AirPodsやApple Pencilを所有していない人

私は今回のアップデートで10.2インチiPadがとてつもなく優秀なiPadにさらになったと思っている。

チップ性能が大幅に向上したことによる安心感、にも関わらず価格は据置。とくればおすすめしないわけにはいかない。

ただ、冒頭の結論部分でもお伝えしたように、「Magic Keyboard非対応」「第二世代Apple Pencil非対応」という拡張性の乏しさはあるので、その辺りが気になる方はiPad Air(2020)を検討した方が良い。

またiPad Air(2020)と10.2インチiPad(2020)の価格差は18,000円とお伝えしたが、その金額差があれば、AirPodsやApple Watchの資金の足しになる。それなら最初からApple製品を組み合わせて購入することを検討した方が良い。

AirPodsやApple Watchは人生をより良くしてくれる。私としては、iPad Airを買うよりも10.2インチiPadとAirPodsを組み合わせて購入した方が生活に与えるインパクトは大きいと思っている。

【おすすめ関連記事】

【レビュー】AirPods Proを1ヶ月毎日使ってわかった8つのこと

外出四天王の使い分け方:iPhone, iPad mini, Apple Watch, AirPods Pro

新型iPad Air(2020)を買うべき人

  • 無難なモデルが欲しい人
  • 第二世代Apple Pencilが欲しい人
  • Magic Keyboardを使ってみたい人
  • 店頭で10.2インチiPadと見比べてみてディスプレイ性能が優秀だと感じた人

新型iPad Air(2020)の最大の魅力は冒頭の結論部分でもお伝えしたように、「拡張性の高さ」が大きい。また、ディスプレイ性能に対して魅力を感じる人はiPad Air(2020)を買った方が良い。

私は店頭で見た限り、それほどiPadとiPad Airのディスプレイの違いは感じないのだが、読者さんの中には「フルラミネーションディスプレイは欠かせない。」という方もいる。

この辺りは個人の感じ方の違いによるのでぜひ店頭で見比べてみて欲しい。

独断と偏見によるiPadの売れ筋予想

私の周りでは10.2インチiPadの方が人気になると思う。

理由は簡単。
安いから。Magic Keyboardを買わないから。書けるという機能が同じなら第一世代Apple Pencilで十分だから。

これが一般的な意見だと思う。
近しい知人がiPadを欲しがっていたので今回のiPad Airのアップデートについて教えてあげたけど、「ふーん。でも、出来ることは同じなんでしょ?」という感じだった。

まさにおっしゃる通り。

出来ることが同じならより安価なモデルを買ってAirPodsなど他の製品へ自己投資していった方がより人生は良くなる。というわけで、個人的には10.2インチiPadの方が売れると思っている。

今日のお告げ「怒ってる!!!」

今回のアップデートを受けて私はちょっと、、、いや、かなり怒っている。

11インチiPad Proを買ったばっかりやのに!
これやったらiPad Air(2020)を買いたかった!!

こう思っている人も多いはずだ。もはやiPad Proを買う人というのは「絵を描く人」くらいしか思いつかない。

個人的には、

  • 10.2インチiPad→初めてのiPad用
  • iPad Air→プロモデル用
  • iPad Pro→絵を描く人用

という感じで考えると良いと思っている。iPad Airはもはやエントリー機でも中間機でもなくプロモデル。そして、プロモデルはただの所有欲満たし機に成り下がったと思う。

というわけで、これからiPadを買うことを考えている方は10.2インチiPadを中心として考えて、当記事でお伝えした比較ポイントの中でiPad Airに惹かれる部分があればiPad Airを検討するのがおすすめ。

あなたなら親しい知人にiPad Airか10.2インチiPadのどちらをおすすめするだろうか?ぜひ、コメント欄に書き込んでいただければ幸いだ。