管理人管理人

Magic Keyboardが気になる。あのキーボードとトラックパッドには大きな可能性が詰まっているんじゃないか?試さないといけないのではないだろうか?そんな衝動に駆られたりんごおじさんの物語スタート。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


9月20日(日)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年9月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

始まりの刻

すべては以下のツイートから始まった。それまでにもずっと衝動には駆られていたが、もう我慢できなくなってTwitterに投稿してみた。

リプライを多くいただいたのだが、特に気になった(煽られた)のは以下のフォロワーさんたちのコメント。

フォロワーさんフォロワーさん

これは「買った方がいい」に尽きますよ。11インチでもそこまで狭さは気にならないレベルです。「iPadというタブレット端末ができた!」以降、初めてのAppleの革命と呼んでいいレベルに完成してます。このためにiPadの進化はあったんだな、とやっとAppleに追いつけるガジェットですよ!

フォロワーさんフォロワーさん

画面が浮いていての角度調節はよりいろんな場面で見れるようになりました。キーボードはKeyboard folioよりかは打ちやすいです。トラックパッドはMacに比べて小さいのでMacのようなと想像しているとイメージとずれが生じますが慣れれば文句なしです。ただ不良なのか僕のはたまに動かなくなります笑

フォロワーさんフォロワーさん

トラックパッドやキーボードが気持ちよく動作するので、それだけで気持ちよくなってきます嬉し泣き

少し話はズレますが…cellerモデルとの相性がいいです◎

numbersやpagesなど、iCloud経由でどこでもアップロードできるcellerでは相性抜群です!

Wi-Fi環境なしの職場でも書類作成→保存がしやすいです!

フォロワーさんフォロワーさん

最高ですよ。MBP16も素晴らしいと思いましたが、それよりも、さらに、いい。
MBA2020で打ってみてわかったのですが、MBAのはキーとキーの間が広く、バネも強くて、打ちにくい感じがしました。ipadのものは、抵抗が少なく、思考とタイピングが一体化します。トラックパッドもとてもいいです。

以前からコメント欄でMagic Keyboardの素晴らしさを伝えてくれる方もいた。

私はiPad Proのmagic keyboardです。
トラックパッドが非常に使いやすいです。押し込まなくて、軽くタップする感じで反応してくれるので、手への負担も軽減されています。
【2020上半期】Apple信者が購入してよかったモノBEST7より

また、以下のようにブログを書かれている方々から記事のURLまで送っていただいた。

そう、こんなことを言われたらApple魂に火がつかない訳がない。

そもそも、読者さんに教えていただいた製品にハズレはないのだから、買わない理由はない。

ただ・・・

問題が1つ

私が所有しているiPadは全てMagic Keyboardに対応していない。対応しているiPadは、2018年以降のiPad Proのみ。

つまり、Magic Keyboardを使うためにはiPad Proを買う必要がある。ただ、、、私は2017年版の12.9インチiPad ProとiPad mini 5の組み合わせを十分に満足して使っている。

そのため、正直iPad Pro本体は必要ないと思っている自分がいるのは事実だった。

僕とキーボード

私はキーボードにはかなりこだわるタイプ。特に、長時間楽にタイピングし続けられるかどうかを重要視している。

そのため、あまりバタフライキーボードは好きではない。長時間打てば打つほど疲れてしまう。

バタフライキーボードで100万文字打ち込んだ僕の辛口レビュー

キーの跳ね返りが少ないのでタイピングスピードが落ちる上に指への負担が大きいことが原因だと思われる。

そのため、普段はHHKBという高級キーボードを愛用している。

【1年使用レビュー】HHKB(BT)を全力でオススメしたい7つの理由

ただ、2019年度に発表されたMacBook ProのMagic Keyboardは以前からのタイピング感のあるものに改善された。

そして、iPad Pro対応のMagic Keyboardも深さのあるタイピング感のあるものに変更された。以前のスマートキーボードとは違い、長時間撃ち続けられる仕様変更に多くの人が感動している。

実際、私も店頭で叩いた時に「あ、これ打ちやすい…欲し…くないもん。」とあまりの欲しさにメンヘラおじさん化してしまうほどだった。

絶望

ただ・・・

Apple Storeの公式サイトで調べてみると、Magic Keyboardの在庫はあるが、iPad Pro本体の在庫がない。3〜4週間待ちは当たり前の状態。

在庫を調べてみても各店舗とも在庫がない。たまに東京の店舗にはストックがあるようだが、すぐに売り切れ。

まぁ、手に入らないんじゃな仕方ないか・・・と思いつつ、私はとある場所へ出向くことを思いつく。

次回予告「第2聖地」

Magic Keyboardを使いたいと思った私。

だけど、在庫がない。

ネットにも店頭にも在庫がない。

待てば良いだけだけど待てない性格。

整備済製品を待とうかな、と思ったけども・・・

1つ”とある場所”を思い出す。

「そうだ、あの聖地へ行こう。」

次回予告:第2聖地

続き→Magic Keyboardがほしいです。Vol2.「第2聖地」