管理人管理人

11インチiPad Proを衝動買いして1ヶ月の月日が経過した。その中で私が気付いたこと、そして「iPadの進化はほぼ完全に止まったんだなぁ。」と思ってしまった理由について当記事内ではレビューと合わせてお伝えしていきたい。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


9月26日(土)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年9月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

1ヶ月使い続けてわかった5つのこと【メリット編】

まずはメリットから。

1、やはりiPadはこのサイズ以外あり得ない

ジョブズ氏が考案した9.7インチサイズのiPadのベゼルをさらに狭くしたものが11インチiPad。

正直、このサイズ感こそがやはり至高だと思う。

個人的には、11インチiPad Proは、3年ほど前に使い込んでいた9.7インチiPad Pro以来の9.7インチボディなのだが、

「うぉぉぉ!!!持ちやすい。見やすい。置きやすい。」

と、絶妙なサイズ感に感動している。

12.9インチiPad Proは持ち運んだり体勢に寄っては大きすぎるし、
iPad miniは自宅で使うにはやや小さい。

と、なれば11インチiPad Proのサイズは本当にちょうど良い。

長らくの間、9.7インチサイズだけで売られていたのも納得。このサイズこそがiPad。万能性が一番高いと思う。

2、Face IDが快適すぎる

【レビュー】11インチiPad Pro(2020)を2週間使ってわかった16のことの記事でもお伝えしたのだが、Face IDが本当に快適すぎる。

最初の間は指でカメラを隠してしまってFace IDが機能しないこともあったが、慣れれば指を1、2秒話すだけなので問題なくなった。

暗闇でもサクサクっとロック解除されるので夜のiPadライフがより楽しいものになった。

3、第二世代Apple Pencilが快適すぎる

常にiPadに”強力な磁力”でくっついているため、11インチiPad Proを使う=Apple Pencilをいつでも使える、という環境が手に入った。

私のように何かあったらNoteshelfに書き殴るような癖がある人にはたまらないと思う。

思いついたらすぐにメモ!

ができるのは思った以上に快感だった。

4、9.7インチと比較してみて…

9.7インチサイズと比較してみるために、私の過去の記憶を探ってみたのだが・・・なんだかこう、、、かなりディスプレイサイズが大きくなったように感じる。

9.7インチiPad Proの時にはもっとSplit Viewや文字入力が小さいと感じていたのだが・・・

たった1.3インチの違いだが、11インチのディスプレイというのはさらに快適になったように感じる。

5、Magic Keyboardが快適すぎる

  • 文字入力の快適性
  • トラックパッドによる作業効率性

この2つだけでiPadがまた違う次元のものになった。めちゃくちゃ便利。高額ではあるが買ってよかったと思っている。

Magic Keyboardのレビュー自体は以下の記事を参考にしてほしい。

Magic Keyboard (iPad用)を3週間使って分かった13のこと

デメリット?

デメリットとは言えないかもしれないが、2つだけちょっと微妙だと思う点がある。

1、外に持ち運ぶ時にはiPad miniが最適

私は常に13インチMacBook Proを持ち運ぶ。その際に最高の相棒として使ってきたiPad miniだが、残念ながら11インチiPad ProはそのiPad miniの代わりになれそうにない。

私が11インチiPad Proを持ち運ぶ時には11インチiPad Proだけで、13インチMacBook Proは持ち運ばない。かさばるし、重いし、どちらも外に持ち運ぶにはちょっとオーバースペックな気がする。

むしろ、11インチiPad ProとiPad miniを持ち運ぶことがあるくらい。

iPad miniには「いつでもどこでも取り出しやすい」「カバンの前ポケットに入る」「Touch IDなのでマスクをしていても安定してロック解除ができる」というメリットがある。

一方で、11インチiPad Proは大きすぎることはないのだが、機動力という点で言えばiPad miniには劣ると思う。

2、雑誌や本を読む時には12.9インチiPad Proが最適

自宅でも11インチiPad Proを使い込んでいる私だが、好きな雑誌や本を読みたい時には12.9インチiPad Proを持ち出す。その理由は単純。

12.9インチiPad Proの方が見開きで見やすいから。

これは12.9インチiPad Proを長らく使ってきたからこそ言えるのだが、雑誌や漫画などをたくさん読む人は12.9インチiPad Proを旧型でもいいので手に入れることをおすすめする。

最高の大画面で大好きな活字・絵・写真を楽しむことができる。

個人的には最近は進撃の巨人を1から読み返したりしている。最高すぎる…

総評レビュー「iPadの進化はほぼ完全に止まった。」

11インチiPad Proは旧型のiPadと比べるとそれほど大きな進化があったわけではない。 周りの人におすすめしたいかと聞かれると微妙。むしろ、記事タイトルにもあるように。

「iPadの進化はほぼ完全に止まった。」

と思えるところも多々ある。

ただし。
1ヶ月間使い続けてきて私の中に「めちゃくちゃ便利だな。何が違うんだろう???」とずっと胸の中にモヤモヤした疑問のようなものがあった。

そして、記事をまとめるために色々と思考して、とある答えにたどり着いた。

iPad本体の進化は止まったかもしれない。
しかし、「iPadOS」「第二世代Apple Pencil」「Magic Keyboard」と周辺機器、ソフトウェアの影響でiPadが別次元のものになっている。

実際、iPad Airだろうが、無印iPadだろうが、11インチiPad Proだろうが、やれることはほぼ同じ。ただし、周辺機器とそれに最適化されたiPadOSのおかげで快適度がバランス良く向上しているため、気付かぬうちに私は11インチiPad Proの虜になっていた。

とは言え周辺機器も合わせて買うと1ヶ月分の給料が吹き飛んでしまうためやはり万人におすすめできるものではない。

お金に余裕がある人(or Apple信者)が、快適度を最大化させたいためのiPadと言うことができそうだ。(作業効率性ではなく快適度というのがポイント)