管理人管理人

大型iPhoneであるiPhone XS Maxを1年半ほど使ったのちに、故障が原因でiPhone SE2を購入した私。そんな私が思う4ヶ月目の使用感を当記事ではお伝えさせていただきたい。レビューはほぼ毎月行なっているが、4ヶ月目は思うことがたくさんあったなぁ…[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


9月27日(日)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年9月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに:箇条書きレビュー

まず、最初に4ヶ月使ってみて思ったことを殴り書きのようではあるが、自分の頭の中を箇条書きにて記したいと思う。

  • サイズ感が最高
  • 小型iPhone最高
  • 背面が美しすぎる
  • 特に白がヤバい
  • カメラも綺麗
  • Touch IDが便利
  • ポケットに入れていてもゴツくない
  • 安い
  • おすすめしやすい
  • スペック不足を感じることはない
  • 大型iPhoneとの違いはほぼない
  • 光学2倍ズームは欲しい
  • ナイトモードは欲しい
  • 超広角モードは欲しい

というのが私が今、バーっと頭に思い浮かんだこと。熟考して考えるよりも、自分が今思っていることを箇条書きに記すことに意味があると思って一気に書き上げてみた。

見直してみると総じて不満はないことが分かる。ただし、カメラ機能に関しては、「光学2倍」「ナイトモード」「超広角モード」は欲しいなぁと思うのが正直なところ。

この辺りのカメラ機能に惹かれる方はiPhone 11を買うのが良いだろう。

iPhone 11のレビューを8名分集めてわかった75のこと

ただ、私は4ヶ月間、iPhoneSE2を使ってきて「あぁ、これはiPhoneとしてあるべき姿だなぁ。」としみじみと思うことが多い。本当に不満がない。というかiPhoneでできることは何も変わらないのだから”適切なサイズ””適切な価格”で販売してくれるだけでいいと思う。

【時系列レビュー】

購入直後→狂気に満ちたiPhone SE2レビュー「19個のメリット、デメリット」

3日目→本当に買い?iPhone SE(第二世代)を買うべき人。買うべきでない人。

2週間後→やや不満?iPhone SE2を2週間使ってみてわかった7つのこと

3ヶ月後→iPhone SE2 3ヶ月目レビュー「片手シフトゆえの4つの劇的な変化」

高級iPhoneの終焉

あくまでも私の個人的な意見ではあるのだが、iPhone SE2が発売されたことにより、ほとんど全ての人にとっては高級iPhoneの終焉とでも言うべき時代になりつつあると思い始めた。

その際たる理由は「iPhoneの価格低下」「iPadの価格低下」の2つが合わさったからこそ。

そのためには大型iPhone1台と小型iPhone (iPhone SE2)とiPadを組み合わせた金額を比較してみよう。

【iPhone 11 Pro】
106,800円(税別)

【iPhone SE2】
64GB
44,800円(税別)
【iPad mini 5】
64GB Wi-Fiモデル
45,800円(税別)
【10.2インチiPad】
128GB Wi-Fiモデル
44,800円(税別)

iPhone SE2 + iPad mini 5 = 90,600円
iPhone SE2 + 10.2インチiPad = 89,600円

上記を見ていただくと分かるとおり、”iPhoneとiPadを合わせて購入してもiPhone 11 Proよりも安い”という価格の矛盾?と言えるような状況が今、まさに目の前にある。

数年前のiPhoneであれば安いものでも7万円とかしていたし、iPadもエントリーモデルのものはApple Pencilに非対応だったりで価格やスペックを比較するのは難しい状況だったのだが、今となっては「iPhoneとiPadを組み合わせて買った方が絶対にお得。」という状況になっている。

どうしても高級iPhoneが欲しいという人や高級iPhoneに何かしらの価値を見出している人にしか高級iPhoneはおすすめできない。

子供がいる方には高級iPhoneがおすすめかも

ただし。
私は子供がいる方には良い写真を残すためにもiPhone 11以上のカメラスペックのiPhoneを買うことをおすすめする。

超広角や望遠モードは限られた場合にしか役立たないと思うが、ナイトモードはかなり役立つ。

暗い場所でも綺麗に撮影できるナイトモードはめちゃくちゃ魅力的。

例えば、「お祭り」「遊園地のナイトパレード」「暗い車内」などでナイトモードは効果を発揮する。

一生残しておきたい写真だからこそ、高級iPhoneのカメラ機能は役立つと思う。子供がいる方は荷物も多くなるので別でカメラを持ち運ぶこともしづらいだろうし…

私は甥っ子、姪っ子と出かける時にはOM-D E-M5 Mark IIで綺麗な写真を撮ってあげているが、そういったカメラマン的な人が近くにいない場合はiPhone1台で出来るだけ良い写真を残せるようにした方が良いと思う。

子供の写真は大切。

おすすめの組み合わせはコレ

かなり独断と偏見に満ちた組み合わせではあるのだが、私がこれからAppleライフを始めたい方におすすめしたいのは、

  • iPhone SE2
  • 10.2インチiPad
  • Apple Watch Series 3
  • MacBook Air (メモリ16GB)
  • AirPods Pro

という組み合わせ。

やりたいことが絵を描くということであれば、12.9インチiPad Proにしてもいいし、動画編集を主にしたいのであればMacBook Proがおすすめではあるが、基本的には上記の組み合わせをベースに検討するのが良いと思う。

つまり、上記をベースにして、自分のやりたいこと、贅沢したい部分をグレードアップさせればいい。

私なら、将来的に動画編集をしたいのでMacBook Proのメモリ32GBを入手すると思うが、これは”やりたいこと”が決まっている人に限る。あまりにも最初からオーバースペックを買ってもその恩恵を受けられるかわからないし、資金が限られているのであれば、1つに全てをぶち込むのではなく組み合わせ購入を初めから検討した方が良い。

Apple製品を組み合わせることのメリットに関しては以下を要参照。

作業効率MAX!Apple製品の連携機能14つを完全解説|AirDrop、純正アプリなど

Apple製品”三種の神器”論「直感は熟考を超える」

iPhone不要論

当ブログでも度々、持ち上がるテーマに「iPhoneは不要なのでは?でも、Apple Watchを連携させることができるのはiPhoneだけだし・・・」という内容がある。

私もそれには同意。

普段の生活でiPhoneを触るのって外出先で連絡をしたい時とパパッと写真を撮影したい時くらい。

だからこそ、iPhone不要論が出てくるのも分かる。

しかし・・・手元にある2台のAndroid機(OPPOと楽天mini)をいじってみると分かるのだが、明らかに使いづらい。いや、Android単体としてはいいのかもしれないが、iPadやMacとの連携を考えた時にかなり使いづらい。

iPhone側で「メモ帳」「メッセージアプリ」「写真」「カレンダー」などの純正アプリを使うときや、「AirDrop」「ユニバーサルクリップボード」などの連携機能を使う時に痛感する。

「やっぱりiPhoneじゃないとダメだ。」

iPhoneの進化が止まったとしても、やっぱりiPadやMacが存在する限り、iPhoneからは離れられないなぁ、としみじみ思う。

総評レビュー「iPad愛用者には超おすすめ」

少し話が行ったりきたりになってしまったが、iPadを使う予定、もしくは、今使っている方にはiPhone SE2はかなりおすすめ。

普段のブラウジングや動画視聴、写真閲覧、ネットショッピングなどはiPadで行った方が快適なのだから、iPhone SE2は外出先での活躍に専念して貰えば良い。

逆に、「iPadはいらん。iPhoneだけで完結させたい。」という方はiPhone 11 Pro MaxやiPhone XS Maxのような大型機で全てを完結させるのが良いだろう。

当記事の趣旨は高級iPhoneを持つ人を否定するわけではなく、限られた資金を割り振るのであればiPhone 11 Proではなく、iPhone SE2とiPadを組み合わせて買った方がより便利な生活が手に入るのでは?という”個人的な提案”である点はご了承いただきたい。

理想を言えば、iPhone 11 ProやiPad Proを毎年買い替え続けることだろうけど、私も含めた我々一般庶民の財布はそんなに豊かではないので・・・ある程度現実的な組み合わせを色々と模索するべきだと思う。