管理人管理人

キターーーー!!!北ーーーーー!!!!!North!!!!!!!滅多にApple製品を買わないリンゴおじさんの胸熱レビュー。良い子は読んじゃダメな表現が満載。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


5月29日(金)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年5月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

開封の儀

※注 あまりの興奮で写真がややボケております

5月21日。

彼女はヤマト運輸のお兄さんに大切そうに抱き抱えられながら運ばれてきた。

ふふふふふふふ。

ふふふん。

ふふふん。

ふふふふふふふふん。

Huahhhhhhhhhhhhhhhhhh!!!

きた。

きたー!

キターーー!!

北ーーーーー!!!

North!!!!!!!

あぁ、、、神々しい。。North様。。。

さぁ。

さぁ、さぁ、さぁ。

さぁ、Apple好きなら誰しもが興奮するあの時間がやってまいりました。

そう。

ぺりぺりタイム。

3!!!

2!!!!

1!!!!!

ぺりぺりぺりぺりぺりぺりぃぃぃ!!!!!

LiLiLiLiLiLiLiー!!!


開Fuu。

あぁ・・・幸せ。。

iPhone SEのお洋服とお布団。(付属品)

くっ。。。

緊張してきた。

この瞬間は何歳になっても。

おじさんになっても。

ワクワクする。

意識せずとも正座してしまう。

神聖な儀式のようだと、細胞が感じている。

いざ、

取り出す・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

あわわわわ。

やばい。
ふぅ、ふぅ、ふぅ。

今から、ついに、、、開ける。開ける。開けるぞぉ!!!

と、思った瞬間。

Apple Watchがブルブルっと震える。

「誰だ、こんな時間に?仕事のメールかな?」

も〜。
今からいいところなのに。

と思いつつApple Watchをチラッとチェックする。

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

スタンドの時間です!
立ち上がって、1分間ほど動きましょう。

うぉずうぉず

えっ、今?

今じゃないでしょ。

今、立ち上がってどうすんねん!!!

君の親機を開封する瞬間でしょ!

空気読みなさいよ。

もうっ。

と、Apple Watchにおちょくられつつ、スタンディングは一応する。

さて、いよいよ取り出す。。

片手に乗るぅぅぅ!!!

さぁ、、、

いよいよ。。。

iPhone SEの背中を見る時が・・・

きた。

キタ。

北ーーーーーーー!!!!!

あかん。
脳内にエンドルフィンが大量に分泌されているのが分かる。

可愛すぎる・・・
思ってたより高級感がタプタプ。この価格でこの美しさ・・・すごいわ。。(美しい写真は後ほど大量にご紹介)

電源ON。

Helloooooooooooooooooロロロロロロ!!!

こんにちは!!!

ボンジュール。

これって、いつも思うんだけど、日本で買うからHelloの次は「こんにちは」と表示されるのだろうか?とApple信者らしい疑問を自分に投げかけながら次の設定画面へ。

みんな大好きiPadを使った超簡単な初期設定。

iPadに表示されるこの模様をiPhoneで読み取るだけで設定がほぼ全て完了する。

と、開封はここまで。

撮影してみて、写真がボケまくっていることに気付いた。めっちゃ興奮してたからな・・・仕方ない・・・と自分を甘やかせたところで。

次は1日使ってみて分かったことをレビューしていこう。

使ってみてわかった19のこと

届いてテンションがMAXのまま使ってみてわかったことは主に19のことだった。

  • 小さい
  • 軽い
  • 心地良い
  • 片手操作可能
  • 写真はボチボチ好き
  • インカメラ優秀
  • Touch IDが至高
  • ワイヤレス充電可能
  • iPad miniのお供に最も適している
  • PDF、電子書籍は読む気が起きない
  • 両手高速文字入力は絶望的
  • カメラアプリの起動方法がやや残念
  • バッテリー持ちが心配
  • ホワイトカラー最高
  • 美しい
  • かわいい
  • 綺麗だね
  • 好き
  • 大好き

これらのうち、特にお伝えしたいことについて以下、重点的にレビューしていこう。

1、小さい、軽い、心地よい

このサイズ感。久しぶり。

片手にすっぽりとおさまる。

これぞiPhoneといわんばかりのサイズ感。やっぱり、、、なんだろう、、こう、、落ち着く。心地良い。

片手ですっすっすっと操作できるのも快感。

ポケットの中にも余裕があるし、なんだか・・・空まで飛んで行けそうな気さえしてくる。

2、カメラ性能

カメラ性能についてだが、かなり優秀だと思う。シングルカメラでこれなら十分。

iPhone XS Maxと比べて圧倒的に劣るほどではないと思う。

iPhone XS Maxで撮影した写真。

iPhone SE(第二世代)で撮影した写真。

そんなに変わらない。シングルカメラではあるが、基本的なカメラ性能はそれほど変わらないように思う。

夜景や風景を撮って細部を見比べた時にその違いが分かるレベルだろう。

3、インカメラが優秀

インカメラについてはiPhone XS Maxと変わらない性能。

自撮りすることはないけど、人と一緒に写真を撮影することは度々あるので、インカメラがiPhone XS Maxと変わらない性能というのはありがたい。

4、Touch IDが至高

あかん・・・これがやっぱり正解な気がする。

と思わざるを得ない。

Touch IDが至高すぎる。

特に、今はどこへ行くのにもマスクをつけて出かけているため、Touch IDの良さが光る。

読者さんたちの中に、「Touch IDのためにサブiPhoneとしてiPhone SEを買いました!」という方が結構いることに驚いていたが、久々にTouch IDを使ってみてあまりの快適度に驚いた。

Face IDも素晴らしいけど今のこの状況を考えるとTouch IDの方が正解な気がする。

5、ワイヤレス充電できる

iPhone SE(第二世代)を無事開封したところまでは良かったけど、その次にふとした不安が。

あ、ヤベ・・・ワイヤレス充電できたっけ?

そう、その仕様を確認するのを忘れていた。

結果・・・

ワイヤレス充電には対応していた。iPhone XS Maxと同じ充電台で充電が可能。

ワイヤレス充電に慣れ切っている私としてはありがたい。

※上記の充電台は、世界中で品薄状態のNOMAD Base Stationをレビューにてレビューしている製品。ただし、梱包は最悪。送り状すらまとも書けない企業の製品なので当ブログでは一切おすすめしていない。

6、iPad miniのお供に最も適している

私は、普段のガジェットライフの生活ほぼ全てをiPad miniにお任せしている。

  • ブラウジング
  • 電子書籍閲覧
  • 写真閲覧
  • 動画閲覧
  • PDF閲覧

などなど。

自宅でも外出先でもiPad miniをハードに使っている。そのため、iPhoneの出番はほぼない。iPhone XS Maxの大画面ですらそうだった。

iPad miniがあればiPhoneは必要ない。

と豪語する方も当ブログ読者さんにはいる。私もそれに同意。iPad miniで行う方が快適なのにわざわざiPhoneを取り出す必要はない。

iPad miniをハードに使っているユーザーの方にはiPhone SE(第二世代)が最適かもしれない。

7、PDF、電子書籍は読む気が起きない

これはデメリットの1つ。

私はこれまでの1年半もの間、iPhone XS Maxを使い続けてきたゆえに、iPhone SE(第二世代)の画面を極端に小さく感じてしまう。

普段のブラウジングやSNSアプリの使用であれば、デメリットをそれほど感じないが、PDFや電子書籍はiPhone XS Maxのように見る気はしない。慣れればiPhone SE(第二世代)でも見れるかもしれないが・・・

前述したようにiPad miniでほぼ全ての作業を行っている私からするとiPhone SE(第二世代)でPDFや電子書籍閲覧を行うメリットはないと思う。

8、両手高速文字入力は絶望的

私がiPhone XS Maxを購入した大きな理由の1つとして、「両手高速タイピングによる文字入力」があった。

Twitterで知り合いになったWebライターさんの仕事術に影響されたというのもある。以下の記事でインタビューもさせていただいた。

プロフェッショナルのApple製品「SE、兼Webライター編」

それ以降、私はiPhone XS Maxを使っていろんな場所でタイピングをしてきた。ブログの記事もたくさん書いてきた。

そういった使い方はiPhone SE(第二世代)では出来なさそうだ。

ただし、先日インタビューさせていただいたプロのジャーナリストの方はフリック入力を様々な情報を記録されているようなので、私もフリック入力を極めてみたいと思う。

プロフェッショナルのApple製品「在米ジャーナリスト」編

9、カメラアプリの起動方法がやや残念

iPhoneのカメラアプリには、アプリアイコンを起動する以外にも起動させる方法がある。

iPhone XS Maxの場合は、

  • ロック画面でカメラアイコンを1秒ほど長押し
  • ロック画面で左へスワイプ

という2種類の起動方法をよく使っていた。特に前者は確実に”最速”でカメラアプリを起動させることができるのでよく使っていた。後者はスワイプミスで起動しないことがあり、たまにシャッターチャンスを逃してしまうからだ。

しかし、以下の画像をみていただくと分かるとおりiPhone SE(第二世代)には1番目の方法でカメラを起動させるためのカメラアイコンがない。

個人的にはカメラアプリの起動方法にはかなりこだわっていたので、この仕様はやや残念。(設定があるのかもしれないが…)

10、美しい、かわいい、綺麗だね、好き、大好き

もうっっっ!!!

もうっ!!!!!!

もぅぅぅーーーーーー!!!!!!

本っ当にかわいい!!!
愛くるしすぎる。

このぼでぃ。
たまらん。

これって最安値モデルだよね?

正直、上位モデルと遜色ないと思う。

美しすぎ。黒と白のコントラスト。

この輝き。たまらん。

角も最高に美しい。

カメラの出っ張りも少ない。

やっぱり白の美しさに惚れた自分は間違いではなかった・・・

私が今まで購入したApple製品はブラック系、シルバー系ばかりで白のようなかわいいポップなApple製品って買うのが初めてだったりする。

ムフフ。

こんな感じで背面配置が今後の基本になりそう。

やっぱり美しい製品と共にあるのは楽しいし幸せ。

狂気の宴スタート

とりあえず。

いつも通り。

コーラとポテチ。

※注 私は普段は節制しているが、Apple製品を購入した日とAppleのイベントを見終わった日だけは不健康な食事をしてもいいマイルールが存在する

と、思ったら自粛期間で買い物にあまり出ていなかった + iPhone XS Maxが急に故障してパニックだったので、コーラもポテチも用意してなかった。

どうしよ・・・

と、冷蔵庫を漁るとこんなものが。

家族が買ってきていたりんご。

iPhone SE2のレビューにふさわしい。

ムフフ。
今日だけは勝手に食べてやろう。

というわけで、りんごを食べながらiPhone SE2の撮影会がスタート。

とりあえずiPhone SE(第二世代)をにぎにぎする。

うむ。
やっぱり片手は良き。

iPhone SEとiPhone XS Maxを2つ並べると親子みたいで可愛いなぁ。

薄さはiPhone XS Maxとほぼ変わらないんだなぁ。

にぎにぎ。
NiGiNiGi。

あぁぁ。
美しすぎて涙が出る。

カメラの出っ張りはこれくらいが良き。

圧倒的な存在感。小さいのに実はiPhone 11 Proと同じCPU。

これからこの子たちと歩んでいく。見た目が美しすぎる。白で揃えるのよき。

Apple Watchとの組み合わせヤバい。もう、、、嬉しいわぁ。

チタニウムモデルに負けない高級感。すごい。

りんごも美味。

iPad miniと並べてみた。

スペースグレイのかっこよさとホワイトのかわいさ。どちらも良き。

角の丸みが美しい。いと。

もはや神々しさすら感じさせる、MacBook ProとiPhone。

これ、本気で後光が差しているように見える。

この色のコントラストが好き。

大きさはトラックパッドと同じくらい。

ふぅ。。。MacBook ProとiPhoneの組み合わせ。。最高。

Apple Pencilとの組み合わせも素晴らしい。

ぬふふ。AirPods Proとの組み合わせ。白×白の組み合わせが最高すぎる。。

この2つの使用頻度は今後は高くなりそう。

ふぅ。
そろそろ宴もおしまい。やっぱり購入初日にApple製品を眺めるのは幸せすぎる。
楽しい。

この瞬間のために生きているとすら思える。

ちなみに、りんごは全て食したがビジュアル的にあまり美しくなかったので写真はアップせず。

でも、Appleのロゴと見比べながらりんごをかじるのはかなり多幸感があったので、興味がある方はぜひ。

アナザーストーリー:りんごおじさんの咆哮

iPhone SE(第二世代)が届く当日。

「何時ごろ届くかなー?」とそわそわしていた私。

Apple公式のCMを見た家族から以下のように話しかけられた。

このCM。

家族家族

みんなあんな感じで開けるの?儀式みたいやんwww

うぉずうぉず

そらそうやろ。ワクワクするねんもん。

家族家族

はよ開けたらええやん。そんなことせんと。正座するん?w

うぉずうぉず

あかんのか。(ボソッ)

家族家族

え゛っ?

うぉずうぉず

ちっ。

家族家族

ちょwどうしたんwww

うぉずうぉず

・・・あと何年生きられる?

家族家族

え゛っ?

うぉずうぉず

iPhoneを5年に1回買い換えるとしたらあと死ぬまでに10回あるかないかなんや!おっさんにはその1回を楽しむ権利もないんか!10分の1の瞬間を楽しむことすら許されへんのか!!!

家族家族

・・・ごめんやんw

うぉずうぉず

・・・Apple製品が届いた日だけは優しくしてあげてね。

総評レビュー「iPad miniとMacが中心の生活だからこそ」

私は普段の生活の中でiPhoneを取り出す機会は電話をする時、SNSアプリを使う時くらいしかない。それらの時以外はiPad miniを使っている。アウトプットしたい場合はMacBook Pro。

つまり、私の場合はiPhoneの利用頻度はそれほど高くはない。だからこそ、iPhone SE(第二世代)の携帯性・Touch IDのメリットが活きてくる。

何よりも。
白が可愛すぎる。
こんなかわいいiPhone見たことない。
いや、正確にはiPhone 4のホワイトカラー以来の衝撃。
好きすぎる…

ちなみにiPhone 4のホワイトカラーは当時、ジョブズ氏が猛反対したにも関わらず、デザイン担当だったアイブ氏が大好きな白をラインナップに加えたかったという強い意志の元開発された”初代多色展開モデル”とでも言うべき製品だった。

そう考えるとあれから約10年。
小さなボディのiPhoneにホワイトカラーが復活したのは感慨深い気がする。
今日から始まるiPhone SEとの日々が楽しみ。

これから、よろしくiPhone SE!!

※購入直後はデメリットが見えづらいので、これから見えてくるデメリットについては引き続き継続してレビューしていくつもり

※読者さんたちのレビューはかなり面白いのでおすすめ→iPhone SE(2020)のレビューを13名分集めてわかった98のこと