管理人管理人

当記事はiPhone SE(2020)のレビューをブログ読者さんとTwitterのフォロワーさんから集めさせて頂いたもの。正直で誠実なレビューを数多く集めたので、ぜひ参考にしてみてほしい。これが本物のレビュー!![@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


9月20日(日)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年9月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

ホワイト

レビュー1「過去最高デザインのiPhone4sに匹敵します」

メリット

操作性が良い。iPhone7からの機種変ですが、心なしか操作感が良い(速い)気がします。ネット接続やアプリ操作もスムーズで、ストレスフリーで使えています。

また、見た目が何より美しい!

写真に撮る際、こちらの写り込みが心配なほど輝いた表面。白と縁のシルバーのコントラストの素晴らしさ。

iPhone7のジェットブラックは縁も背面と同じブラックでしたが、シルバーで素材感が違うことにより、握った時の滑りにくさもアップしています。

輝く白背面に浮かぶ林檎。余計なものを全て排除した、完璧なデザインです。

カメラではポートレートモードを試しましたが、自然に人物のみにピントが合い、これは色々遊べそうです。

画質も申し分なく、正直スマートフォンにこれ以上の画質を求めるのであれば一眼レフを買った方が良いのではと思えるレベルです。

デメリット

強いて言うならば、背面の林檎が真ん中にいることにより、バンカーリングをつけると林檎が見えない点。

あとはビジュアル的に既存機種と同じにので、新鮮味がない点です。(逆に言えば慣れや親しみは感じます。)

オススメしたいかどうか

スマホに多機能を求めないのであれば、絶対的にオススメです。大きすぎず小さすぎないサイズ感、このご時世に便利な指紋認証、ストレスフリーな使い心地と、スマートフォンとしては申し分ないレベルです。

コスパ最強は間違いありません。

ベゼルの大きやさホームボタンを古いと感じる方もいるかもしれませんが、これこそがAppleらしく、素晴らしいデザインだと感じます。

個人的に過去最高デザインはiPhone4sのホワイトでしたが、今回のiPhoneSE2のホワイトは、それに匹敵すると感じています。
スマートフォンに画面の大きさを求めることが全てではないと、改めて実感しました。

そこはiPadに任せれば良いのです。このデザインは今後でない可能性が高いと考えても、ここで買っておいて損はないかと!

レビュー2「初代iPhone SEからの乗り換え」

初代iPhone SEからの乗り換えです。

メリット

今回購入したのはホワイトの128GBです。11は大きすぎるし高い、でもSEはもう限界…という状況でした。11よりは小さくて安い上に申し分のないスペックです。

私はカメラ性能はあまり重視していませんが、初代よりは確実に良くなっていると感じました。(結局どうあがいても一眼レフには敵わないので…)ポートレートモードなども使えるようになったのでこれから遊んでみたいと思います。

また画面が大きくなったので、とても見やすいです。iPadを持っているので画面の大きさが大事なのは重々承知しているつもりでしたが…やっぱりいいですね。

デメリット

初代SEより一回り大きいので、画面左上のメニューや戻るボタンが片手だとタップできません。

私は女性の割には手が大きいので短辺は問題無く届きますが、さすがに対角は無理でした。特に手が小さい方は注意が必要かと思います。(片手操作前提のお話です)

あと重いです。アプリのデータ引き継ぎでしばらくいじっていましたが、ずっしりきます。ケースなしでこれか…とショックを受けているところです。

個人的には、8ではなく初代SEのガワでホームボタンを廃止、イヤホンジャック有のベゼルレスが欲しかったです。

オススメしたいかどうか

全力でおすすめします!!!

特に初代SEをお使いの方、そろそろバッテリーがヘタっていたり、ホームボタンの調子が悪かったりと不具合が出てきた頃かと思います。言い方は悪いですが所詮携帯電話なので無駄に高いものを買う必要はありません。かといって安い中華スマホにすると機種変更のデータ移行が大変です。楽をしつつ、安く手に入るSEは最適解になるのではないかと思います。

私も新型SEが発売されるまで、高すぎるiPhoneに辟易しておりました。ですが他に所有しているiPad等の機器を考えると、どうにもAndroidにする気にはなれなかったのです。それに一度あの機種変更の楽さに気づいてしまうと、どんなに安くても乗り換えはできませんね。説明書を見ずとも使えるユーザー思いの設計が大好きです。

あと、スペック関係なく美しいです。届くまでは裏面は白いのになぜ前面が黒…とモヤモヤして赤にした方が良かったかな?などと考えておりましたが、そんなものは全て実機を見た瞬間に吹き飛ばされました。

私はこの新型iPhone SEを次のSEに準ずるモデルが発売されるまで、または壊れて使えなくなるまで大事に大事に使っていくつもりです。

レビュー3「ついうっとりと眺めてしまう美しさです」

初代iPhone SE(32GB、ローズゴールド)から二代目SE(64GB、ホワイト)への乗り換えです。

「iPhoneには最低限の機能さえあればOK」「写真は撮れればOK」というライトユーザーのため、初代SEにも大きな不満はなく、iOSサポートが切れるまで使うつもりでしたが、二代目SEが出たら無性に欲しくなり、うぉずさんの記事にも背中を押されて購入に至りました。なお、初代SEも手放すのが忍びなく、自宅専用のラジオ兼iPodとして第二の人生を歩んでいます。

我が家のApple環境です。

・MacBook Air(2012)
・iPad Pro(10.5インチ、2017)
・夫の私物iPhone 7、夫の会社支給iPhone 8

メリット

①Felica(ApplePay)に対応
初代SEの唯一と言っていい不満がFelica非対応な点でした。カード型Suicaだと、現金チャージが必要なことと、残高が把握しにくいことが難点でしたが、ようやくモバイルSuicaを手にすることが出来、キャッシュレス化に弾みがつきそうです。今は外出がままならないので、自宅にてiPhoneをかざす練習をしています。

②処理速度が速い
初代SEのおっとりペースに困りはしなかったものの、二代目SEの速さは感動モノで、速すぎて気持ちが付いていかないほどです。

③iPhone 7/8用のケースが使える
お気に入りのケースが新機種に対応するまでに時間がかかることもありますが、今回は7/8のケースが流用できるらしいと聞いて、見切り発車でギルドデザイン社の7/8用ケース(グレー)を前もって購入。賭けは吉と出て、細部までピッタリ!使い始めから安心&快適です。

④美しい
どのApple製品もそうですが、ついうっとりと眺めてしまう美しさが二代目SEにも健在です。背面はホワイトの名にふさわしい真っ白さで、鏡のようなリンゴマークがひときわ存在感を放っています。 側面のシルバーもガジェット感があってまた良し。

液晶面は私にとって初めての黒ベゼルで、最初は画面の上下が黒いことに違和感がありましたが、白ベゼルよりもホームボタンや上部の穴が気にならず画面に集中できます。指紋も思ったほど目立ちません。

⑤起動画面が目に優しい
初代SEは起動画面が白地に黒リンゴですが、二代目SEは黒地に白リンゴで、起き抜けの目にも優しくなりました。最近の機種は皆そうなのでしょうかね?

デメリット

①大きさと重さ
初代SEに慣れた身には、二代目SEは大きくて重いと感じます。私は女性にしても手が小さい方なので、片手でしっかりと持てるのは二代目SEサイズが限界です。二代目SEが大ヒットして、端末大型化の流れに歯止めがかかるといいなぁ…。

②外観の目新しさがない
初代SEの前にiPhone 7を使っていたこと、また夫がiPhone 7と8を使っていることもあり、外観の目新しさはありません。裏を返せば、昔の相棒が(頭が良くなって)戻ってきたような安心感があり、初日から違和感なく使えています。

おすすめしたいか

同じ機種をシンプルに長く使いたいという方には全力でおすすめしたいです!ただし、初代SEを大きな不満なくお使いの方(特にコンパクトさが気に入っていらっしゃる方)は、iOSサポートが切れるまで使うという選択肢もアリだと思います。

うぉずさん、楽しい企画をありがとうございます。これをきっかけに二代目SE仲間が増えたら嬉しいです!

ブラック

レビュー1「iPhone 5sからの買い替えです」

iPhone5s 32GBモデルからのiPhoneSE2 64GB ブラックへの買い替えです。以前のスマホが2013年にリリースされたスマホという訳であらゆる機能が大幅にバージョンアップされているので正直メリットしか上げることがないのですが、レビューをさせて頂きます。

普段は自宅でも外出先でもiPhone5sよりもセルラーモデルのiPadPro11インチを開くことがほとんどでそもそも1日にスマホを取り出すことが珍しいのですが、バッテリーの持ち具合・動作のもっさり感・ios13にアップデート不可と買い替え要因がたくさんあった中で、今回満を持してiPhoneSE2がリリースがアナウンスされたという訳で購入に至りました。

ちなみに、simカードはiijmioのドコモ回線を契約しています。というのも1契約で複数枚のsimを持つことが可能なのでセルラーモデルのiPadとiPhoneとで通信容量を共有できるのが魅力的です。

本当は回線速度と安定性からUQやYモバも使ってみたいと思っていたのですが、こちらは1契約1simもしくは2枚目のsimに高額なオプション料金が毎月掛かるとかで見送ってしまいました(iijmioは2枚目のsim発行手数料さえ払ってしまえば、それ以外の料金は掛からなかったと思います)。

メリット

・サクサク動きます
iPhone11Proと同じCPUになったおかげでブラウジングもすこぶる快適になりました。iPhone5sは電話と音楽再生くらいにしか用途がありませんでしたが、iPadを開けない場合にはiPhoneでブラウジングをすることもありましたので動作がサクサク進められるのはありがたいです。iPhone5sは動作がもっさりという段階を超えてアプリを立ち上げてもすぐ落ちてしまうなんてこともあったで、アプリが安定して起動してくれるだけで感動ものです笑

・お手頃価格
値段もここ数年の高価格スマホよりも大幅に抑えられている上に、だからと言って性能が大幅に低下している訳でもないのでコスパ面もかなり高いです。

・TouchID復活!
ホームボタンの復活は正直な所どうでもいいのですが、TouchIDの復活は嬉しいです。ポケットから手元に持ってくるまでにTouchIDの認証を済ませてホーム画面を開くことができますし、今後しばらくはマスク着用の生活が続くことを考えるとFaceIDよりもTouchIDの方が使い勝手が良いのではと思います。

・最新のiosに対応
iPhone5sがios13に未対応だったのでずっと買い替えを検討していたのですが、8以前はios更新データを受け取れる期間が最新機種よりも短くなってしまいますし、だからといって電話と音楽再生くらいしか使わないのに10万近くもする最新機種を購入する気にはなれないというジレンマを抱えていたのでSE2の登場は本当にありがたかったです。最近はiPad関連のメジャーアップデートばかりでiPhoneの機能強化は控えめになってきたように思いますが、最新のiosに保てるだけでもセキュリティ面で安心です。

デメリット

・以前使っていた5sより画面がでかくなった
画面サイズが4インチ(iPhone5s)→4.7インチ(iPhoneSE2)になってしまったのがコンパクトさを求める人にとってはデメリットに感じてしまうかもしれません。画面が大きくなったことでブラウジングをする際には勿論便利に感じるのですが、今後も電話と音楽再生が用途のほぼ全てなことを考えると自分にはマイナス要素となってしまいます。

・カメラ性能
シングルカメラな上にナイトモード非搭載とカメラ性能が控えめになりました。自分はキレイな写真を撮影できなくとも、何を撮影したか思い出せればいいやくらいにしか思っていないのであまりデメリットには感じていません。それでもやっぱりナイトモード機能くらいは欲しかったですね。

おすすめしたいかどうか?

iPhone8以前のホームボタン搭載のユーザーには性能面・コスパ面の両方からして圧倒的におすすめです!逆にiPhoneX,Xsユーザーには若干CPUの性能が上がるのに反して失われてしまう機能が多すぎるので買い替えはおすすめはできないかなと思います。

レビュー2「大学1年、初スマホ&初iPhone」

SE(Special Edition)を初めてのスマートフォンとして発売日初日にお迎えできたことをとても嬉しく思います。スマホ初心者観点+発売日初日速攻で書いたので至らぬところもあると思いますが少しでも参考になれば幸いです。

色:ブラック
容量:128GB
価格(税込):54780円(2020/04/17現在)
キャリア:SIMフリー(イオンモバイル)

メリット

①とてもお手頃な価格
64GBで5万円弱の価格はとても良心的だと思います。11は高くて手が出しづらかったので価格を見た時は絶対に買うと決心できました。

②コンパクトで片手操作も楽ちん♪
片手操作ができて軽いので腕が全然疲れません。
友人の11を持った時はずっしりきて長時間は片手で持ちたくないなーと思っていましたがこちらは全然長時間片手操作ができます。いままでiPadを使ってきた手でiPhoneを持ってみるとほぼ感覚がありませんでした笑

③ホームボタン(TouchID)
最近は外出する時ほぼマスクをつけますがTouchIDだと指でロック解除できるので便利です。ApplePayも指を添えるだけで一瞬で終わってしまいます。ただキャンセルしようとして指を添えてしまうとジ・エンドです。

④一番のお目当てApplePay。
クレジットも紐づければコンビニではiPhone一つでスマートにお買い物ができます。小銭をジャラジャラやってる人の隣でiPhoneで決済するときの快感はクセになります。私はイオンカードを入れてiDで決済しています。

⑤iPhone8のケースが使える
ケースがそのまま使えるので現在でもたくさんのバリエーションがあります。私は画面保護を兼ねてShizukaWillの手帳型ケースにしました。ちゃんとぴったりはまってくれています。

⑥iPadとMacとの相性が抜群!
iPadを持ってるとiPhoneでは電話や決済、iPadでは読書やゴロ寝でネットサーフィンなどと使い分けられるのでiPadがあると便利です。
カバンに入ってるiPhoneに着信が来てもMacやiPadで通話できるのも魅力の1つです。写真の転送は勿論AirDropしか使ってません。

⑦デザイン
昔からホームボタンのあるiPadやiPodtouchを使ってたので慣れたホームボタンがあると安心します。
ノッチデザイン+ホームボタンなしは落ち着きません。

デメリット

①イヤホンジャックがない
防水のこと考えると仕方がないと思いますが有線イヤホンを使っている身としては残念です。

②バッテリーは8と同じ
長時間使う人はモバイルバッテリーを用意するか他の機種を選ぶべきだと思います。

③カメラの性能はフロント、背面共に11より下
カメラ重視の方はおすすめしません。普通に使ってる時はあまり不便に感じませんが夜の撮影には不向きです。

④8のガラス保護フィルムが使えない可能性がある
微妙に画面の形状が変わってるらしいので私は買いませんでした。

おすすめしたいかどうか

【このiPhoneをお勧めする人】

 ・iPhoneを初めて買う
 ・兎に角安い端末を買いたい
 ・指紋認証派
 ・マスクをよくする
 ・長時間片手操作する
 ・iPadやMacを持ってる
 ・カメラはこだわらない
 ・ノッチが嫌い

レビューと関係ないけど学生の皆さんに読んでほしい

私は高校入学時親に携帯を買ってほしいと言いましたが買ってもらえませんでした。

おかげで高校生活はとても過酷で特に出掛けてる時に親と一切連絡する手段がないのがとても不安でした。国立大学の合格が携帯を買ってもらえる条件だったので必死に勉強しました。

その結果無事合格し晴れてiPhoneSEをお迎えすることができました。買ってくれた親には感謝しきれません。

学生の皆さんは親に携帯を買ってもらえることが当たり前だと思わないで、買ってくれた親への感謝の気持ちを忘れないでほしいです。

レビュー3「iPhone 6sからの買い替えです」

ついにこの時がやってきました! 昨日は眠れなくてひたすらiPadでハリーポッターを読んでいました。朝イチでヤマトさんが届けてくださった時、思わず握手しそうになりましたがソーシャルディスタンスのため我慢しました……。こんな情勢じゃなけりゃハグでもしてました。

……余談は置いといて、早速iPhone SE(第二世代)のレビューをお送りします!

自分のApple環境は、

・Mac mini (2019)
・MacBook Pro 13インチ (2016 タッチバー有り)
・Apple Watch series 4
・iPad mini 4
・AirPods (初代)
・iPhone6s 64GB スペースグレイ → SE(第二世代) 128GB ブラック

です。

買い替えた一つの要因は、長らく使ってきた6sが、ここ半年ほどバッテリーが消耗してモバイルバッテリーを繋げていないと起動しないというトラブルに見舞われていたからです。画面や背面に傷やヘコみがあり、バッテリー交換もままならない状況でした。
資金もあまりなかったので、安価なSEをずっと待っていました。

6sからの乗り換えになりますのでその点ご留意ほどよろしくお願いします。
また、Apple製品同士の互換性の良さなどは割愛して、ただ乗り換えて変わった点のみをお伝えします。

メリット

・チップ性能
ブラウジング・アプリの切り替えが早い。チップの差を実感しました。6sではもっさりしていたものの、SEはさすがiPhone11と同等のA13チップを備えているだけあって爆速です。

動画では同じWi-Fiを使っていますが、左の6sがワンテンポ遅れているのが分かります。

メールやTwitter、LINEの読み込みが早く、6sではアイコンをタップして、「1,2,3!」で表示されるのが、SEでは「1!」で表示されます。日常行う全てのアプリの起動がこの早さになると、一体どれだけの時間が削れるのでしょうか。

日頃からアイディアをメモアプリに書き込む自分にとって、この時間の差はかなり大きく感じます。起動するまでに何を書きたかったか忘れることがよくあったので……。

・ポートレートモード
言わずもがなのカメラ機能。美麗です。Quick take機能も非常に便利。ただ、使いどきが来るのは外出時になりそうな気がします……。

・美しい
美しいんです。6sにはあった背面の余分な印字がなくなり、リンゴマークは筐体の中央に鎮座。ガラス背面によく映えます。美しすぎる。美しすぎるせいで作業ができない。これはデメリットか……いやメリットか……。

デメリット

今のところ見当たりません。が、バッテリーが不安です……。一日中使い続けてたらもたない気が……。

強いて追加するとすれば、ホームボタンが触角フィードバックになったことでしょうか。そこは「違和感」というレベルで、慣れていけば気にならないのでは。

オススメしたいかどうか

ホームボタンから離れられずに買い換えてこなかったiPhone8までのユーザー、アップル製品未使用者には断然オススメします。新作なわけですし、先も長いですから。

ただ、メリットでカメラ機能を上げましたが、これは6sと比べたらの話です。

Apple Storeでひたすら新型iPhoneのカメラを触りまくっていた自分からすると、メイン・フロント双方とも、「そこそこ」の質です。6sのカメラが悪いものではなかったんだと身に染みました。料理の写真を撮ることが多かったんですが、綺麗に撮れていた記憶がありますもの。

確かにポートレートモードは素晴らしいメリットですが、それのみを求めようとするなら同じ価格のコンデジ買った方が良い気がします。iPhoneの画面でなら綺麗に見えますが、大きなモニターで見れば当然粗が見えてきます。

iPhoneX以降のベゼルレスタイプを使っていた人にとっては、デチューンに感じるかもしれません。そういった方々は、2020年後半に発売されるiPhone12(仮称)を待っていた方がいいのでは。

レビュー4「iPhone 11 Proからの買い替え」

以前にもコメントしましたが、27インチのiMacを激推しする記事でこのブログに出会って以来読者になりました。私はうぉずさんとなんだか共通点が多いように感じております。

1.以前はAppleが(というかApple製品を使っている人が)嫌いだったこと→周りがiPhone使用者だらけだったのでなんとなく忌避していました。
2.SONY好きなこと→軽く家の中を見渡してもBRAVIA2台、PS4・3・VITA・VR、Cybershot、Xperia Tablet、VAIOなどSONY製品が溢れています。
3.mont-bell好きなこと→登山が好きなのですが、持ち物の中で1番多いのがmont-bell製品です。

非常に親近感が湧きます。今後も注目しております。更新大変だと思いますが、頑張ってください。

【はじめに】

私は昨年の10月に購入したiPhone11proを愛用しておりました。まだ半年ほどしか使用していませんでしたが、新型のSEが発表されたときに我慢することができず発売日に購入してしまいました。

そもそも、私が11proを購入したのは、11シリーズの中で最もコンパクトだったからです。性能的には11でも十分だと感じていましたが、店頭で触ってみると大きすぎて私の手では片手で操作することが叶いませんでした。

なので、ギリギリ許容範囲に思えた11proを購入するに至りました。実際使ってみると少し大きく感じたものの、ディスプレイ・カメラ・質感(高級感)どれをとっても素晴らしく、気に入っておりました。

ただ、元々Android使用時代からXperia sx(3.7インチ)、Xperia Z1 compact(4.6インチ)、Xperia Z3 compact(4.6インチ)、iPhoneに変えてからもSE(4インチ)、7(4.7インチ)とコンパクト機を代々使用してきた私にとっては11proは大き過ぎる上重すぎました。

また、11proのカメラ性能は凄かったですが、考えてみると私が綺麗な写真を撮りたい!と思う対象は趣味である登山中の風景とかわいい愛犬くらいで、かなり限られていることに気がつきました。

いくら11proのカメラ性能が素晴らしいと言っても高級コンデジや一眼レフには敵いません。私はSONYのRX100M5Aというコンデジを購入し、本当に撮りたいものはそちらで撮影することとし、スマホは懐かしのコンパクト機に戻ることを決断すしました。長くなってしまいましたが、レビューの中身に入りたいと思います。

メリット

・コンパクトさ
新型SEの最大のメリットです。最近のスマホはとにかくデカすぎる!近年の技術の進歩にバッテリーの進化が追いついておらず、大きく重くしないとまともに使用時間を確保できなのないのは理解していますが、やはり所詮は携帯電話。片手で気軽に操作したいです。

・性能
私が使用する範囲では11proと比べても動きのスムーズさに関しては違いが感じられませんでした。多くの人にとっては十分どころかオーバースペックと言っていいほどの性能を持っています。

それはつまり長く快適に使うことができるということです。少なくとも3年くらいは快適に使用できるのではないかと思います。新型SEが対応していない5Gについてはまともに普及するまでどれくらいかかるかわかりません。私はかなりの田舎に住んでいるので尚更です。5Gを生かすアプリ類の登場もまだ時間がかかるのではないかと思います。

・Touch ID
今のご時世、外では多く人がマスクをしておりますが、そのような状況においては顔認証より指紋認証の方が快適なのは明白です。また、私の経験上Face IDは横向きに寝た状態で使おうとするとうまく反応してくれず、少しだけ顔を起こさないとロック解除できないことが多かったです。ちょっとしたことですが、積み重なると結構なストレスですので、画面をいちいち注視しなくていいTouch IDへの回帰は朗報と言えます。

・とっつきやすいデザイン
7や8とほぼ変わらないデザインです。違いは背面のロゴマークが真ん中に移って、iPhoneの文字が消えたことくらいでしょうか。11proと比較すると背面が擦りガラスが普通のガラスになってしまったのは残念でしたが、側面のテカテカがなくなり、指紋がつきにくくなったのはよかったと思います。

・安価であること
この性能のスマホを税込5万円弱で買えるのは衝撃的です。11proは税込11万円以上します。SE2台買ってもお釣りが来ますので、その分他のことにお金を回すことができます。私の場合はそれがカメラでした。

デメリット

・バッテリーの弱さ
最も懸念しているのはバッテリーの持ちです。8と同じバッテリーを積んでいますので公式サイトでも8と同等であると謳っています。普通に使う分には1日は持つのではないかと思いますが、私は自宅以外ではiPad miniをiPhoneからのテザリングで通信しています。

テザリングは相当バッテリーを食いますのでiPadを長く使うとおそらく1日もたずにバッテリー切れが起こると想定しています。その点は11proは重さと引き換えですが素晴らしく、有機ELディスプレイとダークモードの恩恵もありiPadをガンガン使っても余裕で1日完走します。

・カメラ
今のハイエンドスマホの複眼レンズカメラからは見劣りするかもしれません。11proではできていた人以外の動物や物のポートレートモード撮影もできなくなりました。ただ対応するカメラアプリを駆使すればなんとかなりますし、複眼レンズといえども超広角や望遠で撮影することがなければ無用の長物です。SEの広角レンズカメラでも割り切って使う分には問題ないと思います。

・ディスプレイ
11proの有機ELディスプレイと比べるとスペックはかなり劣ります。またサイズもダウンしますので、iPhoneで動画を見る方や電子書籍を閲覧する方にとっては大きな要素だと思います。しかしながら、発色については正直じっくり見て比べなければわからないと思います。私は動画や電子書籍はiPadで鑑賞しますので大きいマイナス要素にはなりませんでした。

オススメしたいかどうか

多くの方に超オススメします。コンパクト機をお求めの方はもちろん、スマホに大金をかけたくないという方やカメラやディスプレイに関しては妥協ができる方は買わないともったいないと言えるほどです。

ただ、バッテリーははっきり言って弱いので、モバイルバッテリーは必携になりますし、カメラも必要に応じて別で持ち歩くことになりますので、カバンを持ち歩くのが苦だという方は選択肢に入れない方が無難だと思います。

レビュー5「iPhone Xからの買い替え」

手持ちの製品は、

・通話用携帯電話
・会社用iPhone SE(4inch)
・iPhoneX → iPhone SE(4.7inch)
・iPad(第6世代)

です。これに加え、現行MacBook  airも来月届く予定です。

iPhoneXから買い換えた理由ですが、故障です。修理も高くつくし、ジャンクとして引き取ってくれるアテもあったので、新調することにしました。

iPhone11にしなかったのは、サイズと価格です。カメラ性能も大画面も重要視しないので、SEを選択しました。優秀なエントリー機だと思います。主な使い道は日常の連絡手段、ミュージックプレイヤー、地図、ちょっとしたブラウジング、スケジュール管理、備忘録などです。

メリット

・サイズ、重さ
全てにおいて「ちょうどいい」って感じです。そして、これこそSEの全てだと思います。
iPhoneXからの乗り換えなので取り回しの良さが気に入りました。ケースも購入しましたが、メリットをスポイルしてしまう気がするので、ガラスフィルムだけ貼り半裸で運用します。今書きながら決めました!

・ディスプレイ
画面サイズは初めから気にしていませんでした。そもそもサブ機のSE(4inch)に何の不満もなかったので。画面を注視する時って上下端はそこまで重要ではないので、違和感なく使用できます。
ただ、Xの画面の大きさと使いやすさも再認識しました。どっち素晴らしいのですが…価格と天秤にかけて11ではなくSEを選択しました。

・カメラ
普段から一眼を持ち歩いているため、カメラ性能はあまり求めていません。使用用途は記録とメモなのでそこそこ写れば良いです。…と思ったら想像以上によく映るじゃん!大満足!Xに引き続き、サブのカメラとして大活躍を期待します。

・価格
冷製に考えるとこの金額は決して安くはないのですが、最近の高級路線からするとお手頃価格。

・ホームボタン
マスクの日々で使うtouch IDは恐ろしいほどシームレス!ものすごく快適になりました。
…ともう一つ。布団の中でスマホいじってる時も便利ですね。

デメリット

・所有する喜び
最新機種を持っていると言う満足感は期待できません。パッと見はいつものアレですから。未来感、最新ガジェット感は一切ありません。その代わり、なんかホッとする実家のような安心感を与えてくれる、癒し系スマホです。

・カメラ
メリットで挙げといてなんですが…カメラ性能はもっと落として良いので、背面の出っ張りを無くして欲しかった。
今やこの程度のカメラ性能は必須なのは重々承知ですが、800万画素くらいで良いし手振れ補正もなくて良いので、フラットな背面にして欲しい!iPad(第6世代)の美しい背中を見るたびにニヤけてしまいます。

・ディスプレイ
ソフトキーボードのサイズがやや小さくなったので、押し間違えが頻発しております。これを機にボイス入力を活用していこうか思案中。

・スペースグレイの設定がない。
今まではデメリットと言うほどでもない、ちょっと気になる程度のことでしたが、これは私にとって大問題!最後までこの一点で購入を悩みました。今まで(そしてこれからも)apple製品はスペースグレイで揃えているので、違和感に耐え切れるかと不安でいっぱいでした。

初めは色は揃えたいのになーって程度の不満が、しまいにゃ使っているところを人に見られたくない、外で使うのが恥ずかしい、一族の恥と感じ、iPhone8のスペースグレイも選択肢に入ってきました。黒を買って満足できるか、他のapple製品にいじめられないか…

「なんでお前appleIDで紐付けされていないか教えてやるよ。お前は妾の子なのさ。卑しい奴め。」

その後、大切なのは生まれじゃない、愛せるかどうかだと気づき、無事に購入、appleIDで繋がりました。黒もキレイ!

オススメしたいかどうか

スマホ初心者、iPhone初心者など、Apple製品の入り口として

・小型、軽量のiPhoneが欲しい人
・ベゼルレスiPhoneの大型化、高価格化に疲れた人
・touchIDの欲しい人

以上の人には無条件でお勧めできます。特に、高価格iPhoneは注目が集まりやすいですが、SEであれば同価格かそれ以下で色々な商品を組み合わせられます。ガジェットでも、アプリでも、サービスでも何でも選べます。SEはただの安いiPhoneではなく、選択肢を与えてくれると感じました。

というわけで、11pro maxを買ったつもりになってiPad  miniかWatch& Air pods proを買おうか思案中です。

レッド

レビュー1「ドラえもんのような存在です」

去年辺りから新型iPhoneSE発表を毎日心待ちにし、予約開始と同時に注文するくらいに楽しみにしていました。ついに到着したのでレビューさせていただきます!なお、私の所持しているアップル製品構成は

・iPhone11→今回のiPhoneSEに乗り換え
・iPad pro12.9(2nd)
・iPad mini5
・Apple watch series5

を使用しています。それらとの連携についても書かせていただきます。

メリット

①サイズが小さい!
iPhone11から乗り換えてみても実感するくらいに小さくコンパクト。Pro MaxやPlusシリーズからの乗り換えならより感じられる差だと思います。

このコンパクトさから来る軽さ、そしてポケットの中での圧迫感の少なさ。物理的なコンパクトさ、軽さはどうやったって小型モデルが有利になるので、それだけでも大きなアドバンテージになります。

小型機種を求めてやまない人たちがいるのも納得のメリットだと思います。

②熟成されたホームボタンの利便性!
昨今のウイルス騒動により、マスク着用必須となっている現在、FaceIDは何とも無力で、日常的に一番行う動作「ロック解除」の手間が格段に増えてしまってます。

そんな中でも、ホームボタンとTouchIDは一切問題なく機能するし、机にベタ置きでも問題なくロック解除ができる。ホームボタンのためにiPad proもあえて第二世代を使っている私にとって、このiPhoneSE2はまさに唯一無二の存在です。

FaceIDの方が未来的ではありますが、実用性で言えばやっぱりTouchID。文句なしの熟成された技術ですね!

③圧倒的な値段の安さ!
これに関しては多くのブログ等で言われていますが、他のiPhoneを大きく凌ぐ値段の安さ。

私はPRODUCT REDの128GBを購入しましたが、それでも49800円!下取り機種があればもっと安くなります。他の現行iPhoneシリーズは100000円超えなんて珍しくありませんからね。

ガジェットオタクな人やステータスを求めている人からすれば廉価な下級モデルと取られそうですが、中高生が初めてスマホを買ってもらうとき、この安さは大きな武器になると思うんです。

iPhoneSEを選べば保護者の方は出費が少なくて嬉しいし、子どもは高性能なiPhoneが手に入って嬉しい、さらにPRODUCT REDを選べば寄付にもなって世界が喜ぶといい事づくめだと思います。

また、個人的に嬉しい点で、

「安いのでApple careなどに加入して修理したりせず、壊れたり汚れたりしたら新たに買い直す」

という方法が取りやすいという点があります。
いつだってピカピカなiPhoneを持っていたいし煩雑な手続きも待つ時間も無くなるので、大いに嬉しい所です。

④背面ガラスの深みのある赤!
iPhone7までの背面アルミも良い質感でしたが、ガラス背面の深みある艶やかな赤はやっぱり惚れ惚れしますね!

たとえ透明であっても保護ケースは付けたくないと感じさせる美しさ。漆塗りの器のような佇まい。小さい機種だからこそ存在感が強調される不思議な存在です…。

⑤Apple Watchの最高のお供!
購入したその日から生活の質を劇的に向上させるApple watch。しかしseries3でもない限り、Apple watchもまぁまぁ高いんですよね。でも、iPhoneSE2+Apple watch series3なら驚異の64600円から手に入ります。

正直、高価なスマホ買ってもやる事といえば電話、LINE、カメラ、ツイッター程度の人が世の中ほとんどだと思います。

私はiPad Proで絵を描いたり映画を見たり、iPad miniで仕事先で書類作成やブラウジングをするので、iPhoneに求められる機能がApple Watchとの連携とカメラのみ。

そんな私には本当に、真の意味でiPhoneSE2が最適解なんだよねぇ…としみじみ感じております。

デメリット

①新型機としての新鮮味ゼロ!
iPhone8との外見上の違いといえば、一部のカラーで白ベゼルになるか黒ベゼルになるかと背面に「iPhone」のロゴが入るかのみ。

タピオカカメラのような見た目のインパクトはないので、正直、「最新機種に変えたぞ!」という満足感はありません。
初出の技術は搭載してませんからね。でも私としてはその割り切りっぷりが逆に長所に感じています…。

②ポートレートはXRと同じ人物特化!
シングルレンズでポートレートモード搭載!と発表された時点で「おや…」と思ったのですが、やっぱりXRと同じ機械学習型のポートレートです。

人物にしか反応しないので、ペットやお花、料理の背景をぼかすことはできません。ここはカメラアプリでいくらでも対処できますが、純正カメラアプリしか使わない人はこの点注意です。私は犬などを背景ぼかしで撮りたい時はカメラアプリ「Halide」で対応していきます。

③こだわりがない人向け?
ここまで書いていて、iPhoneSE2は「特にスマホにこだわりがなくて、写真撮れて安けりゃ何でもいい人」向けという機種に感じてきました。

私はあれこれ考えて、他機種と連携を取ること前提でSE2を選んでいるのですが、「最新機種が欲しい!!!」という人にはもしかしたら合致しないかも…という不安が付き纏いますね。デメリットになるか不明ですが一応書いておきます。

オススメしたいかどうか?

今回のiPhoneSE2は、iPhone11のような「誰に対しても文句なしにオススメできる万能機」という印象ではありません。ですが、「シンプルさの中に光る機能美。無印良品やニトリのような飾らなさ」といった感じです。

刺さる人にはとことん刺さるし、私にとっては待ちに待った、究極的に理想のiPhoneです。公式のキャッチコピー「手にしたくなるものを、手にしやすく。」は、まさにピッタリな言葉だと思います。

iPadやApple watchなど、他のApple製品と一緒に使ってみたいという気持ちが少しでもあるなら、iPhoneSE2はその願いの敷居をグッと下げてくれる貴重な存在です。

小さなボディに高性能な頭脳。お手頃な価格と必要十分な装備に可愛い顔という、誰もが振り向くスーパーモデル的な華やかさではなく、身近にテキパキと支えてくれる可愛いお手伝いさんのような愛嬌あるモデルだと思います。最高級機種に比べて劣る部分も、文字通りご愛嬌です。

そういった意味では、色こそ違えど、iPhoneSE2はドラえもんのような存在ですね!貴重なホームボタン機、ずっと使っていこうと思います。

レビュー2「iPhone 7からの買い替え」

こんばんは!いつもブログ拝見しております。私は大学生女子です。この度3年と1ヶ月連れ添ったiPhone7(ローズゴールド)からiPhone SE(レッド)に買い替えましたのでレビューを送らせていただきます。

メリット

・片手で操作できる
1年前、バッテリーがヘタってきたのでXRへの買い替えを考えていたのですが、最近のiPhoneは大型化していて片手では操作が難しそうだったのと、価格が学生には結構痛くて買い替えに踏み出せずにいました。結局買い替えはせず、Apple Storeに持ち込んでバッテリー交換してもらいました。今までiPhone7を使っていたので大きさが変わらず手に馴染むサイズなのがよかったです。

・コスパが良い
とにかくこれ!!最先端のA13チップが入っていてこの価格とくれば買うしかありませんでした。ここ最近iPhone7が重めのゲームアプリを開こうとするとクラッシュしてホーム画面に戻るという挙動をしだし、もう限界かな…と思っていたところだったのですごく発表タイミングが良かったです!私は写真をそれほど撮らずカメラ性能にはあまりこだわりがないので、これでiPhone11との価格差を考えたら即決でした。

・Touch ID
私はiPad Pro(2018モデル12.9インチ)も持っているのですが、iPadを外に持ち出すことはそんなにないのでFace IDでも特に不便は感じません。
でも今の時期、外に出る時はマスクをしている人がほとんどです。肌身離さず持ち歩くiPhoneがFace IDだといちいちマスクを外さなければならずストレスになります。その面でTouch IDのiPhoneはかなり需要があると思います。

・音が良い(気がする)
これはあくまで私の体感ですが、iPhoneのスピーカーで音楽を流してみたところ音が良いように感じました。今まで使っていた7が結構スピーカー部分に細かいホコリが付いてしまっているので、その違いかな?という気もしますが…。

デメリット

私は気になりませんが、写真をたくさん撮る人やカメラ性能にこだわる人には物足りないかもしれません。上の部分がiPhoneX以降みたいに液晶部分が広いベゼルレスなら最高だったな…とちょっと残念ポイントでした。

あとはiPhone7からの買い替えなので見た目があまり変わらず新鮮味に欠ける…くらいでしょうか。

オススメしたいかどうか

とてもオススメです!!!!!!!!!!!
特に、お金にそれほど余裕がないけどiPhoneを使ってみたい&そろそろiPhoneを買い替えたいと思っている学生の方にはゴリ押ししたいです。

レビュー3「iPhone 6sからの買い替え」

iPhone6sからの乗り換えです。噂されていたころからリーク情報を毎日のように追いかけて、ついに購入できました!色は白と赤で最高に悩んで買ったことのない赤にしました。予約開始時に血眼になってApple Storeアプリとにらめっこ(笑)。

メリット

①なんといっても安い価格
コスパナンバーワンiPhoneと言われていた11から30000円も安くなって、それなのに同じA13Bionicチップ搭載というのは本当に破格の一言!カメラや画面の大きさなどの差別化要素はあるものの、個人的に必要な要素はすべてそろってます。

②Touch ID搭載
自分がX系統のiPhoneを買わなかった理由がこれです。コロナウイルス流行前からマスク愛好家だったのでTouch IDは必需品でした。知り合いの端末で試したこともありましたが、やっぱり使い勝手はこっちのほうがいい!マスク着用時はもちろん、寝起きや机の上でも大丈夫な優等生です。

③ApplePay対応
実は一番の決め手はここです。キャッシュレス生活に慣れてきた自分にとっては、財布からクレジットカードを出すのも面倒くさく感じてきていました。でもこれを使えばスマホだけで買い物ができちゃう、まるで夢のような機能です。先述のTouch IDとの相性も抜群!PASMOや一部のスーパー非対応なのが残念ですが、これからに期待。

④美しい背面デザイン
6sはアルミボディでこちらにも特に不満はなかったのですが、自分の購入した(PRODUCT)REDは目を見張る美しさがありました。自分は手帳型ケース愛好家なのですが、長年の方針をこれだけで転換しようかと思ったほどです。余計なものは何一つ書かれていない飾らない姿はさすがAppleのiPhoneという感じです。光を反射させて眺めているだけで小一時間はつぶせそうなくらいです(笑)。

⑤コンパクトイズベスト
これはiPad mini(2019)ヘビーユーザーの自分だけかもしれませんが、iPhoneには大きさを求めていません。MaxサイズでもiPad miniの閲覧性には勝てませんから。それよりも片手で操作できるこのサイズと、いじっていても疲れない重さがベストだなと思いました。巷では4インチの先代SEサイズじゃないと使いづらいという人がいますが、自分は手が大きめなのか特に片手操作に不便は感じませんでした。

他にも処理速度の向上やステレオスピーカー対応、カメラ機能の向上などありますがとりあえず購入初日に体感できたのはこのあたりです。

デメリット

①イヤホンジャックがない
6sから乗り換えて真っ先に引っかかるのはやはりここです。ここは一部の人には譲れないポイントなのではないでしょうか。Air Podsなどが普及しているとはいえイヤホンを充電するという行為に抵抗を覚える人やなくすのが怖いという人もいるでしょう。

②バッテリー持ち
軽いというメリットは、バッテリー搭載容量が少ないというデメリットにつながります。スペック上は8と同じため過信は禁物でしょう。A13Bionicチップによる省電力化に期待!

③カメラ
30000円の差額が最も響いてくるのがこの部分。デュアルレンズで超広角やナイトモードを搭載した11には適いません。ですが8にはなかったポートレートモードに対応しているなどそれなりの進化はしており、ライトユーザーの普段使いには問題ないと思ってます。

④新鮮味のなさ
ある意味ここが一番大きいです。SEのコンセプト上仕方なくはあるのですが、正直8から何が変わったと聞かれたら、答えにくいです。人によっては新しいiPhoneを買ったという実感がわかないかもしれません。

ちなみに先行レビューで話題になったガラスフィルムの端が浮くという問題ですが、自分が事前に購入していたものはベゼル部分がPET素材だったためか特に問題ありませんでした。参考までに。

おすすめしたいかどうか?

このiPhone SEは非常にコスパが高いですが、万人にお勧めできるものではないと思います。

人によってはTouch IDやカメラ性能は「我慢」の対象になるでしょう。これから何年も使用する、いわば相棒のiPhoneにそれは不要です。財布との相談は重要ですが、自分の気持ちに正直になって満足できるものを選びましょう!7以前のiPhoneを使っている人は操作感もほとんど一緒なのでおすすめです!

最後に
このiPhoneSEは自分にはベストバイでしたが、ほかの方々のなかにはそうでない人もいるでしょう。重要なのは「どれが一番いいのか」、ではなく「どれが一番自分に合っているのか」です。その点SEはiPhoneの選択肢をさらにいいものにしてくれた素晴らしい端末です。堅苦しくなってしまった部分もありますが、iPhoneSE最高です!!

レビュー4「iPhone XRからの買い替え」

・iPhone XRからの買い替え

今回購入したのはiPhone SE 64GB Product(RED)で、アップルストアで購入し、UQモバイルのぴったりプランMにて運用しています。

主な用途はウェブブラウジング、オンラインバンキング、出先でナビ、スケジュール、通話、たまにニコ動やYoutubeの視聴をするくらいです。

レビューとは全く関係ないので先んじて余談的に触れておくとXRでキャリア表示がUQ mobi leになっていましたが、これまで何度かiPhoneを買い替えた際に新端末だとauに戻ってしまっていたので、今回もそうなるのかと思っていたのですが、意外にもUQ
mobile表示のままで、プロファイルのインストールも不要でした。

メリット

1.Touch IDの搭載
元々花粉症持ち故に春先はマスクが必須になってしまうことで、Face IDが使えないことは承知の上でした。

しかし、今回のコロナ禍の影響で少なくとも春先だけの問題ではなくなってしまい、マスクしながらFace IDを使うのであれば、鼻までずらすか、諦めてパスコードなどを使うかするしかないため、これがずっと続くのであれば流石に不便すぎる…と言うのがXRからの買い替えの主な動機になりました。

買い替えた結果、この辺の問題はしっかりと解消されてストレスレスで使えるようになりました。

2.コンパクトサイズ
時期の問題も相まってFace IDの問題が一番大きかったですが、XRを使っていて、漠然と感じていたのは「デカいなあ…」と言うこと。いくら全画面とは言え、6.1インチの画面を搭載しているのですからそりゃ大きくもなりますが、それに加えて200グラム近いサイズも常用するにはちょっと違和感が付きまとうものがありました。

まあ、そうは言っても1年以上使っていれば慣れもしますし、自分は手が大きいので片手操作も何とか出来るくらいではありましたが、それでもかなり無理矢理感は否めないものでしたが、こちらではそういった違和感がなく操作が出来ます。

ただ、実際に重ねて置いてみたらそんなに大きく端末自体のサイズは違わないような…気も?(重ねて置いてみた写真を参照して下さい)

3.低価格、高コスパ
上に書いたような不満があっても、流石に今のiPhoneのような値段で発売されていたら、流石に我慢して使い続けていたでしょう。そう簡単にホイホイ買い替えられるような値段ではありませんから。

そんな中で出てきたiPhone SEは自分が購入した64GBモデルであれば、5万円を切る価格です。

勿論、iPhoneの中ではエントリーモデルとなりますが、Androidのスマホであればこの価格ならばミドルハイ等と呼ばれるような、純粋なミドルレンジとして扱われないような上の方の価格帯になってきてしまうのでしょうが、SEの場合はスペック面で現行のメインストリームに当たるiPhone 11のSoCを採用し、メモリも3GB(メディアに掲載しているレビュー情報ですが)搭載している、ハイスペック端末同等というのが大きいです。

そのため、画面が小さいので操作性の面での問題はあるでしょうが、ゲームなども重い処理を要するものも問題無く取り扱えるのではないでしょうか。

SEのためだけに新しいデザインをせず、既に旧型となった端末のそれを言葉が悪くなりますが流用し、ユーザーの体験に致命的な影響を及ぼさないような部分は削り、主要な部分はハイスペック同等の性能に…と上手く取捨選択をし、それによってコストダウンを図っているため、低価格と良い意味で価格に見合わない性能を誇る高コストパフォーマンスな端末に仕上がっていると思います。

4.感圧式ホームボタン
個人的には基本的に手袋をしないこともあって、これは本当に有難いです。

iPhoneを手にする前、色々調べているとまあ出て来る出てくる「ホームボタンが壊れやすい」だの「脆すぎる」だのと言った物理ホームボタンに対する不満の山。

当然、物理式のホームボタンに対して非常に悪い印象を持ってしまっていました。ただ、SEでは8を雛形にしているからか、ホームボタンが感圧式になっているので、ホームボタンが埃やらなんやらの原因で物理的に壊れた…と言うことは起こりにくくなっているのではないかと思います。

正直言うと、iPadも感圧式にして欲しいんですけどね…。少数派なんだろうなあ…とは思っているのですが。

デメリット

1.Face IDの非搭載
上でTouch IDの搭載をメリットに挙げておいてお前は何を言ってるんだ?とかどこぞの格闘家さんのようなことを言われそうですが、勿論Face IDが欠陥だらけかと言えばそんな訳ではありません。

一時期DSDVの機能目当てでiPhone 8からZenfone 5に乗り換えたことがあり、そちらでは指紋認証と顔認証の両方が使えたのですが、顔認証は真っ暗な部屋などでは全く使い物になりませんでしたが、iPhoneのFace IDは真っ暗な部屋などでも何の支障もなく平然と認証完了させてしまったのには驚いたものです。

また、マスクに対して致命的に弱いのは事実ですが、マスクさえしていなければむしろTouch IDよりも簡単に認証が出来るもので、使おうとした所で画面ちょっと見るだけでもうロック解除されているというのは本当に便利です(逆にそれがFace
IDに対してセキュリティ面などで否定的な人の不安を煽るのかもしれませんね)。

逆に言えば、指紋で認証しているわけですから、冬場の寒い時期に手袋が欠かせないような方からしたら、「冬場は(手袋が欠かせないから)Touch IDが使いづらいよ…」と言うことも十分にあり得ることでしょう。

また、スマホを操作する上で自然にやる「画面を見る」というアクションで普通に解除されているのに比べると、Touch
IDは実際に使うまでにワンアクション増える…と言う見方も出来るかもしれません。

本機に関しては仕方ないと納得出来る部分ですが、いい加減メインストリームに当たる端末のは両方を積んで欲しい所ですね。Androidだと3万円とかで売られてるようなレベルの端末でも普通に出来ている事な訳ですから。

まあ、そのレベルの端末の場合、仕組みとしてはホントに無理矢理両方出来るようにしていますみたいな感じで洗練されている感じは…しませんけども、出来ないよりはマシでしょう。

2.XR比の画面サイズ故の問題
サイズが小さくなって、画面解像度も下がっているわけですから当然と言えば当然ですが、これまで見ていたサイトなんかもやはり1画面で出せる情報量は低下していますし、タップするにも一部でリンクが密集しているようなブログ(例えば、コメント一覧やらページトップに戻るやら、本文を読むやらが密集していたり)等では、XRと比べて相当文字間が詰まってしまうので慎重なタッチが必要になっています。

それでも、iPhoneでそこまで誤タップに悩まされた覚えはないので、単純にデカいサイズに慣れてしまっていたが故で、直に慣れられるとは思っていますが。

ホーム画面もアイコンがXR比でかなり詰まって配置されているので、狭っ苦しく感じて仕方ありません。…慣れって怖いですね。

3.電池
これは覚悟していましたが、やっぱりXRに比べると電池の減りは早いですね。とは言え、常時弄り倒しているとかでもないのに1日も持たないとか、モバイルバッテリーを持ち歩かないと心配で心配で仕方ないとかそこまで酷いわけではなく、あくまでXRに比べると早いね、位なものです。

オススメしたいかどうか

少なくとも最新機種、最新機能を追い求めるようなガジェットジャンキーの方には絶対オススメ出来ません、コンセプトからして全くの対象外でしょう。

それ以外でカメラに多機能を求める人(と言ってもSEもXRに近いレベルの機能はあるようですが)も、ポートレートモードが人物限定などの制約もあるので、その場合も11や11Pro等を検討するべきでしょう。

モバイルゲーマーの方…もあまりオススメ出来ないかな…。流石に最近のスマホの大画面化とは全くの逆を行っている端末なので、画面サイズ故の操作性とかの問題もありそうです。

4インチ狂信者の方は…もうRakuten Miniとかに行ったほうが良いかも知れません。Apple自体がサブスクリプションを猛プッシュしている状況で、ゲームや動画などの配信という意味でも4インチの端末をあえて製造する意味は無いでしょう。

それらのコンテンツを4インチの画面で…では、流石に小さすぎます。SEのコンセプト的に既にディスコンになって久しい4インチモデルのためにまたラインを割くのはどう考えてもコストに跳ね返ってしまうのでありえないですし。

8までのiPhoneに慣れているので出来ればiPhoneを使い続けたいけど、「最近の端末はFace IDになっちゃってるし、デカいし、そもそも値段が高すぎるからなあ…」という方にはある意味ぴったりなのではないでしょうか。

ただ、XRからの自分の場合はFace IDとTouch IDの違い故の操作性の違いで少々難儀しているものの、スペック的にはあまり影響はありませんが、X・XSからだと特にデュアルカメラがシングルカメラになる、ポートレートモードが人物限定になるなどのカメラ、有機ELを搭載したディスプレイを筆頭にスペックダウンしてしまうのでは無いかと思われる部分があるので、慎重に検討した方が良いでしょう。

総じて、iPhoneを使いたいけども、通話やメール、ウェブブラウジングや簡単なナビとLINE位出来れば十分でゲームなどあれこれするつもりはないと言う人には良いと思います。

その意味でスペックは追い求めてないけど、安価なiPhoneを出して欲しいという人に手の出しやすいSEが出たことは本当に大きな意味があると思います。

レビュー5「特にiPhone8以前の機種を使っている人におすすめです」

この度、iPhone SE(2020)を購入しましたので、レビューを投稿させていただきます。
コロナウイルス対策の基金に売り上げの全額寄付ができるproduct REDのため、赤色を購入しました。

なお、下記のとおり、ゴリゴリのApple信者です笑

【before】
iPhone SE
色:スペースグレー
容量:32GB
キャリア:SIMフリー(UQモバイル スマホプランM)

【after】
iPhone SE(2020)
色:レッド
容量:128GB
キャリア:SIMフリー(UQモバイル スマホプランM)
(グローバルモデルをシンガポールから取り寄せ)

【その他Apple製品】
・MacBook Pro(2016)タッチバーなし
・iPad Air(2019)
・iPad Pro12.9インチ(2017)→妻の実家で義両親が使用中
・Apple Watch(第3世代)
・Air Pods(第1世代)

・iPhone 8(仕事で支給されている端末)

メリット

・コスパの良さ
とにかく、これに尽きます。
CPU性能が高く、アプリも全く問題なくサクサク動きますし、容量が64GBから128GBにしても5,000円UPで済むのはもはや破格です。

また、日本にいるとあまり気づきませんが、前回のSE発売から世界的に物価上昇が進んでいる中、前回と同じ399ドルで発売しているのは実質値下げをしていることと同じで、驚きです。

この値段で新品の性能が良いiPhoneが手に入るタイミングは、あと2〜3年はないと感じます。

あるとすれば、次のiPhoneSE?(5G対応だったりして)

周りにも「Apple Watchが欲しいけど、iPhoneがないと使えないんですね…」とガッカリしていた人がいる中で、手ごろな値段で手に入るiPhoneとしては、これ一択ではないでしょうか。

なお、僕はずっとカメラのパシャパシャ音が気に入らず、今回はシンガポールからグローバルモデルを買いました。
(飲食店で料理とか撮るときにうるさいのがイヤで…)
それでも、諸経費入れて65,000円ほどで、日本で買うより1万円程度の上乗せで買えています。

・Touch ID
僕はFace ID対応の製品を持っていないため、比較したことはありませんが、他の方が指摘されている通り、昨今のマスク生活だとTouch IDの方が優位性があると感じます。

・カメラ、画質、バッテリーもちが良い(旧SEに比べて)
あたりまえですが、旧SEに比べてカメラとディスプレイの画質は格段にいいです。

最初に電源入れた瞬間、「おお、キレイ…」と見惚れていたところ、妻に白い目で見られていました笑 また、バッテリーもちについても、容量が大きくなったので余裕があるように感じます。

・POPなカラーデザイン
以前、友人にiPhone8のレッドを見せてもらったことがありますが、それに比べて色の明度と彩度が高く、POPなカラーリングになっている印象です。

同じ赤でも、シャアザクの赤というよりは、サザビーの赤に近いという感じでしょうか(?)
このPOPなカラーのおかげで、30代後半の男性が持っていてもおしゃれな感じに見える…はずです笑

デメリット

・Touch IDの使い勝手
通常は全く問題ないのですが、お風呂場で使っていたり、手を洗った直後など、指に水分があると認識してくれないことがあります。これは指紋認証の仕組み上、仕方がないです。

・大きい(旧SEに比べて)
これはもう分かっていたことなので仕方ありません。
iPhone3Gの頃から、僕が愛してやまなかった4インチのiPhoneはその歴史に幕を下ろしました。
代わりにディスプレイが見やすくなったと割り切ることにしています。

・特に目新しさはない
仕事でiPhone8を支給されている関係で、8とSEを両方使っているのですが、当然ながらほぼ同じ端末です。

新機種ならではの目新しさは特にないので、最新の機能を使いたい方は12を待つ方が良いと思います。ただし、日本での5Gの本格普及は2021〜2022年と言われているので、5G使いたい方はiPhone14くらいでも十分かも…

(僕も都心ど真ん中に住んでいますが、自宅は2021年以降に対応予定です泣)

オススメしたいかどうか

以下の条件に当てはまる人なら、オススメです。

・iPhoneを買い換えたい人(特にiPhone8以前の機種を使っている人)
・カメラ性能の向上にあまり興味がない人
・都心部に住んでおらず5Gの恩恵を受けづらい人
・iPadやMacを持っていて、iPhoneをブラウジングや電話メインで利用する人
・学生などスマホにお金をかけたくない人
・せっかくiPhoneを買うならコロナウイルスに関する寄付をしたい人(赤色限定)

最後に:ただ楽しみたいだけ by管理

私はたくさんのレビューを集めたい。

それは、読者さんのためになる。というのも理由の1つではあるが・・・

何よりも私が皆さんのレビューを見たい。いろんな人の意見が聞きたい。ただ、それだけ。

もし、あなたがiPhone SE(2020)を持っているのであれば、ぜひ、レビューを投稿してみてほしい。いや、お願いします。本当に楽しみにしています。どうかよろしくお願い申し上げますm( )m

みんなのレビューを見ながらみんなでワイワイするの楽しそうだなぁ〜!とワクワクしている。

一緒にAppleを楽しもう!!!

レビューの投稿はこちら。

メール。
[email protected]

Twitter。(DMがベターです)
https://twitter.com/appleshinja_com