管理人管理人

キターーーーーーー!!!よっしゃぁぁぁ!!!プロフェッショナルにApple製品の使い方をインタビューするこのシリーズ、今回は「本業がSE、かつ副業としてWebライターとしても活躍されている方に長時間のインタビューを行ってきた。かつてないほどの長文になったが・・・得るものはかなり多かった。特にiPhone Xの使いこなし方に惚れ惚れする。あぁ、iPhone Xが欲しくなってくる。。[@appleshinja_com]

ブロガー編→プロフェッショナルのApple製品「ブロガー編」

動画クリエーター編→プロフェッショナルのApple製品「動画クリエーター編」

薬剤師・元理系大学生編→プロフェッショナルのApple製品「薬剤師(元理系大学生)編」

高校生編→プロフェッショナルのApple製品「高校生編」

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


12月15日(土)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年12月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに:当シリーズについて

当シリーズは、様々な職業の方に「どうやってApple製品を使いこなしているのか?」という事に焦点を当てて書いていくシリーズ。

とある読者さんからの提案があり、「それは絶対やったほうがいい!!!」と強く共感した事が当シリーズのきっかけだ。

もし、あなたが何かしらのプロフェッショナルなお仕事をされているのであれば、お礼として500円分のアマゾンギフト券をお渡しするので、ぜひご協力頂ければ幸いだ。

募集要項はこちら→ープロフェッショナルの「◯◯」シリーズお手伝い募集要項ー

では、早速いってみよう!!

現在のメインマシン、サブマシン

【SE (本職)】
メインマシン:MacBook Pro
サブマシン:iPhone X

【Webライター (副業)】
メイン機:iPhone X
サブ機:9.7インチiPadPro

なぜ、このApple製品を使っているの?

うぉずうぉず

本職SE、副業Webライターという肩書きだけでインタビューする前からワクワクしています。

まずはメイン機の使い方からお伺いできますでしょうか?

SE 兼 WebライターSE 兼 Webライター

SEとしての場合、iPhone XにインストールしてあるWordでのドキュメントの下書き作成や、One noteは撮影した写真を掲載するなど、手順書や自分用のナレッジを作成する際に利用しています。

ライターとしては、記事にするための情報収集をOne note上で行なっています。必要であればメモ書きなどを入れて、分かりやすく書く内容を箇条書きにしておくなど情報の整理と章立てなどの組み立てに利用しています。

どちらも通勤時間帯にできるので、隙間時間を最大限に利用できる利点があります。

うぉずうぉず

うわぁ。。。聞きたいことが山盛りになりそうです。笑

SEとしてもライターとしても、iPhone Xを使い、WordやOne noteなどのマイクロソフト系のアプリを使われているとのことですが、やはりいつでもどこでも常にiPhone Xで何かを書いたりしているということでしょうか?

かなり効率的にiPhone XとMacBook Proを使い分けている印象を受けましたのですごく気になります。隙間時間にiPhone Xで常に何か仕事をしている様子は想像するだけでかっこいいですね。

ただ、1つだけ意外だったのは、マイクロソフト系のアプリを利用されていることです。

それらのアプリを普段から使われている理由はなんでしょうか?

SE 兼 WebライターSE 兼 Webライター

SEの場合、どうしても提出する形式でWordが多く、初めからWordでドキュメントを起こせばあとからWord化する手間がかからないというメリットがあります。

また会社での貸与PCはWindowsなので、Pagesで作成してしまうと、変換処理が必要だったり、ちょっとした手間がかかります。

そして、最もWordアプリの中で最も重要な機能は、モバイルビューです。文字を画面いっぱいで折り返すようになるので、見やすいのです。だから、ドキュメントを起こす時は必ずモバイルビューモードで編集しています。

ライターとしても、「納品をWord形式でお願いします。」というクライアント様が多いのと、SEの時と同じ理由でモバイルビューでの記事作成が見やすいというメリットがあるのでWordを利用しています。また校正に読み上げ機能を使っているので、誤字脱字や言い回しがおかしいところをチェックしやすくなってます。

これはMacBook Proでも利用できるので移動中に原稿作成、帰って校正という使い方がメインですね。

いつでもiPhone Xでの記事作成についてですが、基本的にはそうしています。ただ長文になる時は、構成を立てている時もあります。また思いついたアイデアをWordにメモしておいて、そのまま原稿にしてしまうこともありますよ。

●いつでもどこでもiPhone Xでの原稿作り
●Wordで納品する機会が多いので、Wordを利用
●モバイルビューが超絶使いやすい
●読み上げで校正作業が捗る

以上です。

うぉずうぉず

凄い…
完璧にアプリとiPhone Xを使いこなしていつでもとこでも仕事ができる環境を整えられているということですね。

私はiPhoneの使いこなしが甘いと感じているので非常に参考になります。

iPhone Xで文字を入力するのはフリック入力が主でしょうか?それともキーボードなどを使われているのでしょうか?

SE 兼 WebライターSE 兼 Webライター

キーボードはソフトウェアで、QWERTYキーボードですね。フリックはiPhone 5sまででした。

仕事場だとロジクール製のキーボードを利用して長文を打つこともありますが、専用のモバイルキーボードが欲しいと思っているところですね。

うぉずうぉず

私も長文用のキーボードとiPhoneを組み合わせられないか
と思っているところなので非常に分かります。

サブ機のiPad Proについてはどのように使われているのでしょうか?

SE 兼 WebライターSE 兼 Webライター

iPad Proは、SEでもライターでも調べたサイトを参照して、手順書や記事を作成する際に、スプリットビューを利用しています。

またCISCOのパッケトトレーサーというアプリを使って、実際に近いネットワーク環境を作成して、検証したりしていますね。

スマートキーボードを利用しているので、iPad Proは常にキーボード付きです。MacBook Proは持ち歩かない方なので、iPad Proは持ち歩いています。帰りにマックで開いたりできるので重宝してますね。

うぉずうぉず

iPhone Xで常に文書に起こして、さらに、iPad Proで外出先では文章を書き、自宅のMacBook Proで整理するといった使い分けなのでしょうか?

この辺りの使い分け方について質問が多いので聞かせて頂けると幸いです。

そして、私はiPad ProもMacBook Proも持ち歩いているので非常に荷物がかさばっているという悩みにも直面しています・・・汗

SE 兼 WebライターSE 兼 Webライター

そうですね。その場所に応じて、適切なデバイスを利用している感じですね。ただ、うぉずさんの言う通り、iPhone Xで記事を起こしたり、自宅でWordで文章を起こしたものをiPhone XやiPad Proで編集して、修正して、時にアップルペンシルで赤書きを入れたりといった使い方ですね。

MacBook Proを持ち歩くことも考えてはみたのですが、今の用途を考えるとiPadだけで十分という結論に至りました。

どちらかというと、外の時はiPad Proで事足りるようにしているのかもしれませんね。本来なら画像をダウンロードして、Wordpressで投稿してなんて作業をする時は、明らかにiPadよりMacBook Proの方がやりやすいですし、PCサイズのブラウザが利用できない点は不便を感じることがありますね。

あ、あとiPadはランサーズでのやりとりにも使ったりしています。どうしてもiPhoneだと画面が小さすぎて、ストレスを感じることがあるので。

うぉずうぉず

各機器の特性を活かして、各機器にあったアプリを使いながら場所に応じて使い分けているという事ですね。非常に効率的に感じます。

私はiPhoneをSNS返信などにしかほぼ使っていないのでそういった使い方は参考にさせて頂きたいと思います。

これから「SE、もしくはWebライター」を目指す人へオススメしたい製品は?

うぉずうぉず

では、次の質問です。

これからSE、そして、Webライターを目指す方にオススメのApple製品はなんでしょうか?それぞれの職業別に教えて頂けると非常に参考になる方が多いと思います。

ワガママをすいません・・・

SE 兼 WebライターSE 兼 Webライター

いえいえ、お手伝いできれば問題ないですよ。そうですね。SEであればLinuxも触る必要があるし、OSの違いなどもあるのでMacBook Proがオススメです。

ライターとしては、いつでもどこでも、取材をしたり思いついた発想をそのまますぐに残せたり、ボイスレコーダーを利用して記録を残すこともできるのでiPhoneとiPad Proの両方使いがオススメですね。

うぉずうぉず

なるほど・・・

これは、、深いですね。ボイスレコーダーとして使ったり、iPhone Xを起点とした作業が多いので聞いていて非常にワクワクします。

今すぐ、iPhone Xを買ってしまいそうなくらいに・・・汗

SE志望の方が、当ブログの読者には結構多いのですが、その場合、MacBook Proを購入するなら「気をつけるべきスペック」「オススメのスペック」などはありますでしょうか?

カスタマイズについても当ブログでは非常に頻繁に質問が届きます。

SE 兼 WebライターSE 兼 Webライター

スペック的には、オフィスやターミナル系、スクリプト系の処理が出来れば良いので、最高スペックである必要はないと思います。

ただメモリとSSDだけは、存分に積んでおいたほうが良さそうです。自分はWindowsからMacへの移し替えのときだったので、そこまで高いスペックのものは買わず、13インチのTouch Barなしモデルです。

メモリも8GBありますから、当時はそれで十分だったのですが、最近は仮想環境を構築して別のOSを可動させたりして検証していますので、もっとメモリとCPUをちゃんとかスタマイズしておけば良かったと後悔していますね。

うぉずうぉず

Windows機からの移し替えは非常に需要が高いので実体験談を話して頂けるのは助かります!!!

スペックを選ぶのって難しいですよね・・・

自分が今、必要なスペックが将来的に必要なスペックかどうかも分からないですし。。将来的にハイスペックが必要になる場合もあれば、必要にならない場合もあります。

ゆえに、私は1ランク上のスペックをブログでは推奨しているのですが、たまに「そんなにスペックいらんし。」とお叱りを受けることがあります。笑

とはいえ、実体験からのカスタマイズの話をして頂けるのは非常に助かります。多くの人にとってありがたい情報になると思います。ありがとうございます!

最後に。

うぉずうぉず

それでは最後に、これから「SE」もしくは「Webライター」を目指す方へ一言お願い致します!!

SE 兼 WebライターSE 兼 Webライター

SEとしても、Webライターとしても、自分の仕事を円滑に作業をするためのには、その相棒となるとiPhoneやMacを妥協することなく選んでいきましょう。

そして、その相棒と一緒にゴールを目指して、頑張ってください。今すぐはうまくいかなくても、絶対良い結果が待っています。SEとしてもWebライターとしてもです。だから自分を信じて突き進みましょう。

以上です!ありがとうございました。

うぉずうぉず

この記事はSEやライターを目指す方々への素晴らしい指針となると思います。

何よりも私が強烈にiPhone Xを欲しくなりました。笑

こちらこそ素晴らしいインタビューをさせて頂きありがとうございました!!

お仕事の詳細はこちら

今回、インタビューさせて頂いた「Webライター(タオタオさん)」はクラウドワークスでも活躍されている。

以下のURLから依頼も可能なので、ライターさんを探している方はぜひチェックしてみてほしい。

笠間 雄一郎 | ライター | クラウドソーシング【ランサーズ】

というか、ぶっちゃけて言うと、本職SEの方がガジェット系の記事を書いてくれるなんてありえない。

薄い知識とその辺の浅い情報をまとめただけの記事ではなく、「ホンモノの情報」をユーザーに届けたいという健全な理念があるのであれば、タオタオさんのような専門性の高いWebライターさんにお願いするのは、あなたにも、ユーザーにも、良い相乗効果をもたらすことは当然だ。

濃い記事が欲しいなら一度相談だけでもしてみるといいだろう。

後日談

今回相談させて頂いたSEさんとは、Twitter上でiPhoneについてよく相談させて頂いたり、OSのバグを報告しあったり楽しく会話させて頂いている。

誇張抜きで私は彼を「日本有数のiPhone使い」だと思っている。私の周囲には私と同じようにiPhoneを連絡手段用のツールとみなしている人が多い。ゆえに最新のiPhoneを使っている人は少ない。購入してもSNSを使ったりブラウジングするくらいだからだ。

だが、今回インタビューさせて頂いたSEさんは常に最新のiPhoneを購入しテスト、検証し続けている。

その結果、たどり着いた最も効率的なiPhoneの使い方を今回は公開して頂いたわけだ。本来であれば10万円、20万円支払って、数百時間という時間を費やさないと分からないであろうことを・・・あぁ、、ありがたい。

私も早速、今、取り入れられることは取り入れていきたいと思う。今回、分かったのは使うアプリを厳選すればiPhoneは仕事の最高の相棒にもなり得るということ。いやぁ、だからAppleはやめられない。

インタビューさせて頂き本当にありがとうございました!!