管理人管理人

様々な職業の方にインタビューする当シリーズ「プロフェッショナルのApple製品」。今回は薬剤師さんにインタビュー。24時間365日薬剤師、と語られる素晴らしく勤勉な方。かつ元理系大学生という事もあり、完璧な理由の元にApple製品を組み合わせて使われている事に私は脱帽した。ただただ、尊敬。というか、インタビューしながら興奮したぁぁぁ!!この人すげぇぇぇ!!![@appleshinja_com]

ブロガー編→プロフェッショナルのApple製品「ブロガー編」

動画クリエーター編→プロフェッショナルのApple製品「動画クリエーター編」

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


10月24日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年10月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに:当シリーズについて

当シリーズは、様々な職業の方に「どうやってApple製品を使いこなしているのか?」という事に焦点を当てて書いていくシリーズ。

とある読者さんからの提案があり、「それは絶対やったほうがいい!!!」と強く共感した事が当シリーズのきっかけだ。

もし、あなたが何かしらのプロフェッショナルなお仕事をされているのであれば、お礼として500円分のアマゾンギフト券をお渡しするので、ぜひご協力頂ければ幸いだ。

募集要項はこちら→ープロフェッショナルの「◯◯」シリーズお手伝い募集要項ー

では、早速いってみよう!!

現在のメインマシン、サブマシン

メインマシン:MacBook Pro 15インチ(2014年版)の全部盛りカスタム
サブマシン:MacBook 12インチ(初代)、12.9インチiPad Pro、10.5インチiPad Pro

なぜ、このApple製品を使っているの?

うぉずうぉず

では、まずメイン機のMacBook Proの使い方についてお伺いできますでしょうか?

せいまるさん(薬剤師)せいまるさん(薬剤師)

メイン機は当初は大学病院の研究室で使うために購入しました。研究室の教授含めほぼ全員がMacBook ProやiMacを使っていました。

研究室で使っていた頃はデータの解析や論文の作成に使用していました。サブモニタにつなぐこともあるためグラフィクスが要求されました。

現在ではおもに自宅用にしており、まとまった作業をするためにデスクトップに近い感じで使っています。おもにブログ記事の執筆ですのでスペックは必要なくなりました。

医学系や理系の大学ではMacが採用されていることが多いので理系への進学を考えている学生、場合はMacに早いうちに慣れていてもいいかもしれません。

理系の教授陣はMac大好きな人多いです笑

薬剤師としての普段の業務などで使っているのはサブのMacBookです

うぉずうぉず

そうなんですね。
大学ではWindowsが主流なものだとばかり思っていました。

データの解析や論文の作成にWindowsではなくMacが使われているのは何故なのでしょうか?

また、よく使っていたアプリなどはありますか?

理系に進学する学生さんは一定数いらっしゃるので非常に参考になると思います。

せいまるさん(薬剤師)せいまるさん(薬剤師)

同じくです。大学に入るまではWindowsが主流だと思っていました。

しかし、国立大学の医学系の研究室だったので若干Mac寄りのバイアスがかかっているかもしれません。
一般的な理系であればもう少しWindows率は高いのかもしれませんね。

データの解析の仕方などは先輩から教わることが多く、先輩方がMacを使って教えてくれるのが主な理由だと思います。

解析に使ってるのはエクセルのファイルを解析用にしているだけなのでWindowsでもできると思います。

論文はMacがオススメですね。綺麗なフォントとRetinaディスプレイで作業した方が目の疲れが蓄積しにくいからです。

iMac 5Kを使ってる方もいました。

文章を書く上でiMac 5Kは一見オーバースペックに見えますが大きくて綺麗な画面はとても快適そうです。データや資料をデスクトップいっぱいに広げて文章を作成できるのは大きなメリットだと思います。

よく使っていたアプリは意外と一般的でMS Officeやあとはコミュニケーション系です。

うぉずうぉず

おぉぉぉ!!!
論文を書く方は「けっ!Macなんていらねーよ!」と思っていたのでそれは新鮮な情報です。

Macのオフィスでは、高度な関数などは使わずにライトな使い方のみだったのでしょうか?

Macでオフィスを使う予定の方によく質問されるのですが、その度に私は「Macでオフィスを主には使わない方がいい。」と回答しています。高度な使い方はできないと思っているからです。

その辺り、研究室などではあまり気にされなかったのでしょうか?

せいまるさん(薬剤師)せいまるさん(薬剤師)

論文こそMacの綺麗なフォントとRetinaディスプレイがおススメですね!

Macのエクセルでは関数わりと複雑ですが普通のエクセルでも大丈夫だと思いました。

iPadなどではNumbersを使ってる場合もありましたね。

UIはNumbersの方が好みですがExcelの方が一般的に使われているので受動的に選んだ感じですね。

ファイルを共有して作業するのでExcelが自然と使われてしまう感じです。

うぉずうぉず

うわぁ。。と思わず唸ってしまう理由です。

やはり長時間ずっと文字を打ち込むのであれば、Macの画面は疲労軽減の点で大きなメリットがあるということですね。

Excelについても納得しました。

ちなみに、論文ですと文字を大量に打ち込むと思うのですが、使用されているキーボードはMacBook Pro本体のものでしょうか?

それとも外部ディスプレイに繋いで別のキーボードを使っていたりするのでしょうか?

個人的にキーボードが大好きなのでその辺りも気になります。私が気になっているだけなのですが・・・汗

すいません。

せいまるさん(薬剤師)せいまるさん(薬剤師)

そうですね。
この快適さは手放せません。

文字を大量に打つ上でキーボードはとても重要ですね。

キーボードはMacBook Pro本体のものを使用しています。

本来であればキーストロークのあるデスクトップ用を使いたいところではありますがいくつかの理由があり、MacBook本体のものを使用しています。

理由①
キーストロークが大きい外付けキーボードはとてもタイプしやすいのですが私はMacBookを毎日カバンに入れて持ち運んでいます。

外付けキーボードはどうしても荷物の量が増えてしまいます。あらゆる環境で作業するので、タイピング環境は出来るだけ近づけておきたいです。そういった理由でMacBook標準のキーボードを使用しています。

そのため、外部ディスプレイに接続しても本体のものを使っています。

理由②
Appleはこれから先、デバイスの薄さをさらに追求して行くと思います。近年のバタフライキーボードなどがいい例だと思います。

iMacなどに付属のMagic Keyboardですらも薄型に進化しています(据え置きの想定だと思うので薄型する必要性は?です)

これから先、凹凸のないキーストロークが短いキーボードがMac主流になると考えられます。そのため現在はMacBook 12インチのバタフライキーボードに、指の感覚を少しづつ慣れさせていっています。

また、キーボードはUSキーボードを選択しています。これにもいくつかの理由があります。

まず、USキーボードはホームポジションがJISと比較してより真ん中に近いです。そのため、自然に指を配置するだけで、親指はスペースキーに、右小指はリターンキーの上に来ます。

右側の記号の並びが理論的で覚えやすく、タッチタイピングしやすいという点もあります。

うぉずうぉず

おっしゃる通りです。

さすが理系・・・完璧なReason Whyです。

私は薄型のキーボードにどうしても慣れれないのですが、「慣れたほうがいいよ。」というお告げにも聞こえました。笑

サブ機の12インチMacBookやiPad Proはどのように使われているのでしょうか?

せいまるさん(薬剤師)せいまるさん(薬剤師)

ストロークあるほうがタイプしやすいのが本音ですが…これからを考えると薄型に慣れて行くことも必要なのかもしれないですね。

サブ機の12インチMacBookですが、本質的にはこちらがメイン機になっているようにも思えます。というのも、私は12インチMacBookを常に持ち運んでいます。

やはり、いつでもどこでもすぐに取り出して作業できるというフットワークの軽さは12インチMacBookの特徴であると思います。

薬剤師という職業柄、毎日が勉強のような日々です。勉強会に参加したり、毎日の業務で疑問に思ったことや、患者さんから聞かれた内容など、多くの情報を自分のものにしていかなければなりません。

情報を「自分のもの」にするのにはアウトプットが必須であると考えています。家に帰ってからですと、どうしても記憶が新鮮ではなくなってしまいます。

その時に得た情報を、できるだけ記憶の新しいうちにアウトプットできる環境が12インチMacBookなのです。

MacBookを置ける台さえあれば、いつでもすぐに文章を作ることができます。

iPad Proはインプット用に使用しています。MacBookよりもさらに軽いのでガイドラインや資料をA4サイズに近い環境で見ることができます。

リラックスした状態でもいいのがiPad Proのいいところですね。もちろん動画を見たり音楽を聴いたり、息抜きや楽しみにも使っています。

うぉずうぉず

サブ機が本質的にはメイン機、というのは非常に惹かれます。

私も最近12インチMacBookの軽さは正義だと思うようになってきました。

アウトプット→Mac
インプット→iPad

というのは私も常日頃感じていることなので非常に共感できます。

せいまるさん(薬剤師)せいまるさん(薬剤師)

本当の意味でのメイン機は12インチMacBookということですね。

MacBookとiPadの使い分けはアウトとインのメリハリにもなります。

アップル好きの共感ポイントですね!

これから「薬剤師、もしくは理系大学」を目指す人へオススメしたい製品は?

うぉずうぉず

さて、次の質問なのですが、薬剤師を目指していたり、理系の大学を目指している方にオススメのApple製品はどれでしょうか?必要なスペックなどはありますでしょうか?

せいまるさん(薬剤師)せいまるさん(薬剤師)

薬剤師としての仕事はそこまでグラフィクスなどのスペックを要求しないので12インチMacBookで十分であります。

フットワークの軽さでは12インチMacBookが1番おススメですね。自宅での使用が多い場合はMacBook Pro のタッチバーなしモデルがいいかと思います。(12インチMacBookと値段が同じですので)

これから大学へ進学する学生さんには12インチMacBookかiPad Pro 10.5がおススメです。理系特に医学系の研究などを考えているのであればMacBook Proの15インチなどを使用している方が多い印象です。

理系文系問わず学生として使うのであれば、学生は授業や試験などでのインプットが多いと思うので、iPad Pro がいいと思います。

重量的にも毎日カバンに入れてても苦にならない重さですしね。キーボードとペンシルがあればさらに良いと思います。

うぉずうぉず

理系を目指す方、もしくは大学生になったばかりの方からもよくコメントを頂くのでこのアドバイスは非常に参考になると思います。

これは非常に答えづらい質問だとは思うのですが、独断と偏見でiPad ProかMacBookどちらか1つだったらズバリどちらをオススメされますか?

私はブログではiPadを強く押しているのですが・・・

せいまるさん(薬剤師)せいまるさん(薬剤師)

MacBookかiPadどちらかだけ…究極の2択ですね。

本当にどちらかしか選べないのであれば、私はズバリiPadをオススメします。フットワークの軽さはMacBookよりもiPadが優れています。

今ではiPadはMac並みの性能を備えています。

また、iOSなのでiPhoneを普段から使っていれば、直感的に使いこなすことができると思います。iPadであれば、MacBookを買うのと同じ投資額でキーボードやPencilなどのアクセサリを買い揃えることができます。

うぉずうぉず

おぉぉ!!!

私と同じ結論ですね。

答えづらい質問を申し訳ございません。ブログでめっちゃ聞かれるので質問したくなってしまいました・・・汗

せいまるさん(薬剤師)せいまるさん(薬剤師)

そうですね!同意見です。

Appleの本当のよさは製品だけではなく、iCloudなどのエコシステムにあると思っています。

デバイスを複数使い分けることでiCloudを最大限に活用できます。最新で高価なデバイスも、もちろん素晴らしいと思います。

しかし、限られた資金の中では旧型で安価なモデルを組み合わせて使うのもおススメです。

AppleのiCloudは細かいところまで親切に設計されていて安心感があります。

最近ではAirPodsの自動接続に驚きました。iPhoneの設定を済ませただけでiPad、Mac全てのデバイスで一瞬で使えるようになります。こういう細かな気遣いが他社製品にはない良さであるとおもいます。

最後に。

うぉずうぉず

では、最後に質問です。

このインタビューを読んでくれている方がへ最後に一言お願いします!Appleへの愛を語って頂いてもOKです。笑

せいまるさん(薬剤師)せいまるさん(薬剤師)

インタビューを読んでくださってる方へ。

記事をご覧いただきありがとうございます。皆様のAppleライフの参考になれば幸いでございます。

私は薬剤師という職業柄、仕事と私生活の区切りがあまりありません。免許をいただいた時点で24時間365日薬剤師です。

患者さんはもちろんのこと、家族や友人など、さまざまな方に頼りにされることが多いです。

医者にかかるほどではないけれども、どんな薬を買って来たらいいか教えてほしい。健康に心配があるので相談に乗ってほしい。など、色々な相談があります。

仕事で得た知識がそのまま私生活に繋がってっているイメージですね。私は一般的なライフワークバランスの考え方ではなくライフワークシナジーという考え方を持っています。

Appleデバイスは生活と仕事、どんな環境でも違和感なく溶け込んでくれます。そのため、全てのAppleデバイスが本当に良き相棒です。最近では、仕事で得た知識をもっと多くの方のために提供したいと思い、ブログも開始しました。

まだまだブログは発展途中です。お薬や健康で困っている全ての方の頼りになれるよう、これからもどんどん成長させて行きます。

せいまるのブログにも覗きに来ていただけると幸いです。改善点やアドバイスなどございましたらよろしくお願いいたします。

最後に、このような楽しい企画を提案していただいたうぉず様、本当にありがとうございます。Apple愛が溢れすぎてしまいましたね!(笑)

せいまるのブログはこちらでございます▽
skincare.seimaru.net

よろしくお願いいたします!

うぉずうぉず

熱いApple愛をありがとうございました。

正直、インタビューであることを忘れて食い入るように読んでしまいました。やはり、私はApple製品と、Apple製品が好きな方が大好きです。

今回は本当にありがとうございました!

せいまるさんのブログはこちら

せいまるさんから一言。

せいまるさん(薬剤師)せいまるさん(薬剤師)

ブログでございますが、これからは薬学テーマ以外にも拡大していく予定です。

将来的にはApple製品の活用法などについても紹介していきたいと考えています。

どうぞせいまるのブログも是非ご覧ください。

個人的には、いろんな職業の人がいろんな主観や客観的事実をネット上で述べるべきだと思っているので、せいまるさんのように薬剤師さんがメディアを持っているというのは非常に興味深い。というか、そのクオリティの高さにただただ脱帽。

私も私にしか書けない文章をこれからも書こうと思う。

後日談

薬剤師さん、しかもおそらく高学歴の元理系大学生さんという事もあり、今まで使ったことのないような画期的な使い方が・・・と思ってワクワクインタビューし始めた。

結果として、分かったのは、

「長文(論文)を書く上でRetina、フォントの綺麗さは目の疲れを軽減するのでMacは非常に適している」
「常にアウトプットする気持ちを持っているなら12インチMacBookはオススメ」
「iCloudなどのエコシステムは素晴らしい」
「キーボードは薄型に慣れていったほうが良いかも」
「USキーボードがオススメ」

という事。

個人的には常にいつでも24時間学ぶ姿勢がある方に見受けられた。私はこういう方が本当に好き。常に12インチMacBookを持ち歩いて学ぶ。アウトプットする。

カッコ良すぎ・・・

Apple製品を美しく使う人は、心も美しいのだなぁ、と改めて思わされたインタビューだった。

せいまるさん、今回は本当にありがとうございました!!

ブロガー編→プロフェッショナルのApple製品「ブロガー編」

動画クリエーター編→プロフェッショナルのApple製品「動画クリエーター編」</