管理人管理人

キターーーーーー!!!当ブログ人気シリーズ(予定)のプロフェッショナルのApple製品。今回は、「動画クリエーター編」としてお伝えしていきたいと思う。あの誰もが憧れるiMac Proをこれほどまでに使いこなしている方にインタビューできて。。幸せ・・・iMac Proが欲しくなっちゃうかもしれないので、その点は留意して読み進めてほしい。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
もし、あなたがApple製品に興味があるなら・・・    

以下の情報は今すぐチェックしておこう。(100%後悔しない買い物をするために)


平均15%安いApple認定整備済製品!(当ブログ調べ)

8月22日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする

私が今、オススメしている公式整備済製品はこちら


60,801人が読んでいる超人気記事→Apple製品購入完全ガイド


製品別の選び方→Mac(ノート型)の選び方iMacの選び方iPadの選び方


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ

はじめに:当シリーズについて

当シリーズは、様々な職業の方に「どうやってApple製品を使いこなしているのか?」という事に焦点を当てて書いていくシリーズ。

とある読者さんからの提案があり、「それは絶対やったほうがいい!!!」と強く共感した事が当シリーズのきっかけだ。

もし、あなたが何かしらのプロフェッショナルなお仕事をされているのであれば、お礼として500円分のアマゾンギフト券をお渡しするので、ぜひご協力頂ければ幸いだ。

募集要項はこちら→ープロフェッショナルの「◯◯」シリーズお手伝い募集要項ー

今回は動画クリエーターの方にインタビューする事となった。

では、早速いってみよう!!

現在のメインマシン、サブマシン

メインマシン:iMac Pro(2017)
サブマシン:MacBook Pro(late2016)、12.9インチiPad Pro(2017)

なぜ、このApple製品を使っているの?

うぉずうぉず

では、まずは、その輝かしいiMac Proをどのように使っているかをお聞かせ頂けますでしょうか?

動画クリエーター動画クリエーター

僕はダブルワークのひとつとして、結婚式のムービーやpv、番組系の動画まで幅広く編集させてもらってます。
主にその編集に用いてます。

うぉずうぉず

おー!非常に興味深いです。
iMac Proを購入したのにはやはり動画編集スピードなどを考慮してでしょうか?
MacBook Proではやはり性能不足でしょうか?

動画クリエーター動画クリエーター

そうですね。
ダブルワークをしている立場からして、編集スピードの向上は非常に重要です。

MacBook Pro(16GB)を以前メインマシンとして使っていたのですが、よくカラーサークルが回ってしまって、、、そうなったら編集の「ノリ」が潰えてしまうんですよ。編集に「ノリ」はある意味一番重要です。

とはいえ、全然不可能という訳ではないですよ。動画編集を今から始めたいという方は、まず16GBのMacでもいいと思います。

時間を食われてしまうのは書き出し時間です。これはメモリよりCPUに依存するようです。

例えばMacBook Pro(i7 4コアプロセッサ搭載)で5時間かかる書き出しもiMac Pro( Xeon10コアプロセッサ搭載)であれば、1時間前後で書き出せてしまいます。

うぉずうぉず

確かに時間が限られている中でカラーサークルぐるぐるは集中力も途切れますし作業効率がガクンと低下しそうですね。。

書き出し時間がそんなに変わってくるのは驚異的ですね!!!!!それならiMac Proもありかなと思ってしまいます。

動画の編集ソフトは何を使われているのでしょうか?iMovieを使うことはありますか?

動画クリエーター動画クリエーター

そうなんです!

まさに時間を買うことが出来ますし、緊急的な対応も可能ですので、その辺はクライアント様にも満足頂いているのではと自負しております。

僕はAdobe社のPremiereProとAfterEffectを主に使います。

iMovieは痒いところに手が届かないというか、、、どちらかというと専門知識がそんなに必要なく作れるけど、自由自在には編集出来ない、という印象なので使いません。

使うとしたら、iMovieの実質上位種となるFINAL CUTですね。これはお財布に余裕があるときに購入したいなと思ってます。

うぉずうぉず

確かに緊急の対応にすぐ対応できて、すぐに動画が書き出しできるのはクライアントの信用獲得にも繋がりますね。

そう考えると良い投資、、、ですね。というか仕事道具としては安い部類とすら思えてきます。私は怖くて手を出せませんでしたが。。笑

サブマシンの12.9インチiPad Pro(2017)はどのように使われているのでしょうか?

動画クリエーター動画クリエーター

12.9インチiPad Proは、Photoshopで画像を切り抜く際に良く使います。 Apple Pencilの本領発揮ですね。 細かいところまで直感的に切り抜けるので、重宝してます。

あとナレーション原稿を作成するときも大活躍です。まず素材を見て、キーワードになりうるワードをNoteshelf2で描き殴ります。それを見返しながら、テキスト系アプリで原稿を書くという形です。

ちなみにこの時はGoogleドキュメントを使用しています。自分のデバイス間の連携ならiCloudが最高ですが、ナレーション原稿等の共有はクライアントチェックに回す必要があるからです。

他者との共有は現状Google driveに軍パイが上がりますね。。。 ティムさん頑張って!笑 iMac Proは自分の作業が快適になるだけでなく、関わる方達もその恩恵を受けられるほどのスペックです。

最初は自己満足で終わるかなーと思っていたのですが大間違いでした。何故かiMac Proを使い始めてから、有難いことに動画のクオリティが上がったと言うお声をよく頂きます。

さきほど申し上げた、「ノリ」や「勢い」の類、集中力が途切れる事がほぼないと言う事が繋がっているのかもしれません。27インチ5Kという大画面もそこに貢献しているのかもしれませんね。

うぉずうぉず

ノリや勢いなどの感性の部分が仕事に影響してくるというのは非常に興味深いです。そう考えると最高スペックを買うという判断はのちの何倍にも返ってくる自己投資とも言えますね。

これから「動画クリエーター」を目指す人へオススメしたい製品は?

うぉずうぉず

では、次の質問です。これから「動画クリエーター」を目指す人へオススメしたい製品はどれでしょうか?

もちろん、iMac Proだとは思うのですが、資金的な関係もあるかとは思いますので、重要視するべきスペックや、何か注意した方がいい点などあれば、ぜひ教えて頂ければ幸いです。

動画クリエーター動画クリエーター

なんかiMac Proの自慢みたいになってしまいましたね。。すみません。それほどにパワフルで動画編集で真価を発揮するヤツなのです。

僕が編集を始めた頃はiMac21.5インチ8メモリを使っていましたが、スペック不足で作れる映像が非常に限られていました。

ですのでiMac16GBをお勧めします。

動画と一言で言っても、音声調整も必要ですし、1つの画面に表示される情報は割と膨大です。ラップトップでもいいのですが、小さな画面で長い尺の映像を編集すると、相当疲れます。

短い尺の映像編集しかする予定がない!というなら、ラップトップモデルでもいいかもしれませんが。ストレージは最低512GBは必要かと。動画素材は大きなサイズなので、更に外付けHDDは必須です。

お気付きでしょうが、初期費用は結構かかります。動画ファイルはサイズが大きいので、仕方ない面がどうしても、、、。なので、Appleの24回払い金利ゼロキャンペーンは絶対に活用すべきです。

数をこなし、技術を磨き続けると動画をお金に変えられる日が必ず来ます。この時代、動画の需要は非常に高いので、バリバリお仕事して上位機種を狙いましょう!

参考になると思うので、僕の作業画面をお送りします。

うぉずうぉず

いえいえ、自慢なんてとんでもない!
むしろiMac Proに興味があってもためらっている方々の参考になったと思います。

やはり、最低でもiMacのスペックは必要なのですね。メモリについては同感です。最低でも16GBないと動画編集は厳しいですよね・・・

画面サイズを考慮すると21.5インチくらいは最低でも欲しいというところでしょうか?画面いっぱい使われているのが作業画面からも伺えますね。

最後に。

うぉずうぉず

では、最後にApple製品を使って動画クリエーターを目指したい方々へ一言お願いします!とは、言ってもほとんどもう言って頂いた感じはありますが・・・汗

動画クリエーター動画クリエーター

そうですね。

画面サイズはかなり重要です。 仮に13インチで一日中編集しろと言われたら、僕は泣きます。笑

ラップトップなら絶対15インチ。そもそも外で編集するとなったら、電力消費も著しいので1時間も編集できないと思います。「電源のあるカフェ難民」になってしまうというのも、デスクトップをオススメするリアルな事情です。

長くなってしまいましたね。笑

僕から言いたいのは、

「自己投資を惜しむな!」

「全てのことに興味を持とう!」

「悩みや情報収集に関しては『Apple信者1億人創出計画』というブログを見よう!」

の3点です!

1点目は前述した通りなので置いといて、2点目は動画編集というのは多くの要素が詰まっています。全てのことに興味を持って、

「何故このデザインが採用されたのか?」
「何故この場でこの音楽がかかっているのか?」
「何故この文言やキャッチフレーズが使われているのか?」

などと、普段から考える事は大切だと思ってます。世の中には厳しいチェックをくぐり抜けた優秀なコンテンツが沢山出回っています。全ての事は参考になりうるのです。

アプリや製品関係での悩みや情報収集はこのブログを。実際僕も大変お世話になっていますし、特にiPadProApple Pencilを使った効率化は、確実にこのブログ無しでは思い付かなかったでしょう。

本当に素晴らしいブログだと思います。

うぉずうぉず

確かに全てのことに興味を持つというのは非常に重要ですよね。素晴らしいアドバイスありがとうございます。これから動画クリエーターを目指す方々の参考になると思います。

私も色々と刺激されました。

ただ、3つ目は・・・私のブログは独断と偏見がかなり入っていますからね。汗そう言って頂けると嬉しいです。感謝です。

それでは、インタビューを終えさせて頂きたいと思います。本日はありがとうございました!!

動画クリエーター動画クリエーター

ありがとうございました!

追記「動画を作って頂きました」

嬉しすぎて。というよりは笑いすぎて涙が出た動画がこちら。はっきり言って最高。笑

こちらの動画を作って頂いたクリエーターさんの個人アカウントは以下。仕事の以来もDMで募集しているようなので、困ったら相談してみるのも良いだろう。(本当に素晴らしい方なので、私も今後何かお仕事を頼む予定、というより一緒に仕事ができればいいなぁと思っている)

【Twitter】
@akihiko1924
【Instagram】
aki_1989

後日談

このプロフェッショナルのApple製品シリーズの第一回目は「ブロガー編」として私が私にインタビューするものだった。

つまり、この「動画クリエーター編」が私にとってインタビューしたものを記事にする初めてのものとなった。

はっきり言って最高。

インタビュー中、ずっとドキドキしていた。

動画クリエーターになりたいと思った。

iMac Proが欲しいと思った。

もう、買っちゃえばいいと思った。

やはり色んな方の色んなApple製品の使い方を聞くのは楽しい。これからも私なりに色んな方にインタビューしていきたいと思う。

インタビューに応じて頂いた動画クリエーターさん、ありがとうございました!!!

→iMac Proの価格とスペックはこちら

→【参考】おすすめiMacはどれ?絶対に買ってはいけないiMacとは?

→【参考】248名へアドバイスしたApple信者が教えるMacの完璧な選び方|MacBook Pro、Air、無印12インチ