管理人管理人

当記事は最新の情報を更新し続けることをお約束する。新しいiMacのモデルが追加すればその分を追加していくので安心して読み進めてほしい。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


12月15日(土)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年12月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

当記事で比較する4つのiMac

まず、当記事では以下の4つのiMacのモデルについて比較していこう。

  • 27インチiMac(5Kディスプレイ) ←私が所有しているモデル
  • 27インチiMac Pro (5Kディスプレイ)
  • 21.5インチiMac
  • 21.5インチiMac (4Kディスプレイ)

こちらのページはかなり参考になるので要チェック→Mac比較ページはこちら(Apple公式)

では、早速上記4つのモデルについて比較していこう。高い買い物になるのだからこそ、しっかりと比較検討が必要になる。当記事の中では絶対に買ってはいけないiMacについても触れているのでしっかり熟読してほしい。

27インチiMac(5Kディスプレイ)

キターーーーーー!!!北ァァァァァァ!!!Northhhhhhhhh!!!

と、入手した当日に私が叫びまくった最高の機種。はっきり言って神。最初から結論を言ってしまい申し訳ないが、迷ったらコレを買えばなんの問題もない。

・価格
¥198,000円(税別)〜

メリット

  • 5Kディスプレイの価格を考えればコスパ抜群
  • とりあえず見た目が美しすぎる
  • 大画面で作業効率を最大化できる
  • 自宅で集中できる環境を構築できる
  • スペック的にほぼ最高峰(動画編集などをしないのであれば)

デメリット

・デカイ。設置スペースが必要

27インチiMac Pro (5Kディスプレイ)

Appleが久々に発売したクレイジーな価格、クレイジーなスペックの製品。Apple史上最高のスペックを積んでいる。

これがあれば、怖いもんなし。特に、動画編集を主にする人には強い味方。

・価格
¥558,800 (税別)〜
→iMac Proのカスタマズ込みの価格はこちら(Apple公式)

メリット

  • 圧倒的なスペック。Apple製品の中でNo,1
  • スペースグレイの美しさがとんでもない
  • かっこいい
  • 高級感が半端じゃない
  • とにかく美しい。現行機種の中で宇宙一の外観

デメリット

・価格が圧倒的に高い

21.5インチiMac

最安値のiMac。この価格でiMacが所有できるというのは、魅力的に見える。

ただし、このiMacのディスプレイは5Kでもなく4Kでもない。検討するなら必ず店頭でディスプレイの見え方はチェックしよう。 

・価格
¥120,800 (税別)〜

メリット

・安い

デメリット

  • 4Kでも5Kでもないディスプレイ
  • スペック的に心もとない
  • メリットが安さしか見当たらない

21.5インチiMac (4Kディスプレイ)

コンパクトな21.5インチのディスプレイに4Kという性能。十分。

コンパクトなiMacが欲しい人には人気の製品。自宅の設置場所が限られるなら購入検討の価値ありか。

・価格
¥142,800 (税別)

メリット

  • 4KディスプレイiMacをそこそこの価格で手に入れられる
  • 設置場所に困らない

デメリット

  • 特になし。強いて言えばディスプレイサイズが27インチに比べると小さい

絶対に買ってはいけないiMacとは?

オススメのiMacをお伝えするために、まず、買ってはいけないiMacについてお伝えしておこう。(あなたには絶対にiMacを買ってから後悔してほしくない)

私が購入をオススメしないのは、「21.5インチディスプレイのiMac」だ。特に4Kディスプレイ非搭載のiMacは絶対に買うべきではない。

27インチディスプレイは大きいため、机のスペース上設置できないという理由なのであれば21.5インチの4Kディスプレイバージョンは購入検討する価値はあるが、4K非搭載のMacはなんのために存在するのか分からない。

それなら、MacBook Proなどを購入して、格安の24インチディスプレイなどに接続する方がよっぽどコストパフォーマンスがいい。

4Kや5Kのディスプレイは、顔面をiMacに極限まで近づけてもドットが分からない。その美しい画面を見れば、いかにディプレイのクオリティが高いかは分かるはず。

さらに、そのディスプレイのクオリティにより、「iMacの5K (もしくは4K)ディスプレイを使い始めてから目が疲れにくくなった。」と言う人も多い。実際、私もそうだ。

27インチディスプレイは圧倒的に見やすい。そして、作業効率を圧倒的に上げてくれる。実際、私は初めて27インチディスプレイを購入したがすでにこの大型ディスプレイに恋している。はっきり言って好きだ。大好きだ。

こんな感じで2画面にしてもそれぞれのウインドウが大画面のため「ながら仕事」がサクサク進む。最高すぎる・・・

長期的にずっと使い続けるiMacだからこそ、良いものを選ぼう。

ちなみに、机のスペースについてだが、どうにか確保することをおすすめする。私の以前の部屋は机とベッドを置けばもう他には何も置けないという5畳くらいの部屋だったが、それでもトリプルディスプレイという環境を構築していた。

作業効率をアップさせるために頑張れば、部屋のスペースはなんとかなる・・・と思う。(私がPCに猛烈に恋しているゆえかもしれないが)

私がおすすめする2つのiMacとは?

では、ここからは私が推奨する2つのiMacについて解説していこう。買うべきモデルと、その理由、そして「どういう人が買うべきなのか?」ということに念頭を置いているので読み終えた頃にはあなたに必要なiMacがどのiMacか分かるはずだ。

27インチiMac(5Kディスプレイ)を購入すべき人

  • とりあえずiMacが欲しい
  • 大画面に魅力を感じている
  • iMacの美しさにただただ惚れた
  • 自宅に集中できる環境が欲しい
  • 1ヶ月に数回くらいしか動画編集をしない

断言できる。

もし、あなたがiMacの購入を悩んでいるなら、黙ってこの27インチiMac(5Kディスプレイ)を購入するべきだ。

絶対に後悔はしない。オーバースペックでもないし、5KディスプレイとMacを同時に手に入れられるコストパフォーマンスの面でも素晴らしい。

そして、何よりも、MacBook Proばかり使ってきたApple信者の私が「もっと早く買っておけばよかった・・・」と後悔するほどに素晴らしい。はっきり言って、現存するMacの中で費用対効果はNo,1だと思う。作業効率という面に置いて。

理由は2つ。

理由1、ディスプレイが大きくて綺麗

長時間の仕事が疲れづらい。本当に冗談抜きで目の疲れが軽減された。大画面で文字を読めるので、以前よりもリラックスしていろんな記事を読めるようになったし、その結果、入ってくる情報量の質と量が増えた。

さらに、画面を分割してもそれぞれのウィンドウは大画面のため、何かを調べながら仕事をすることにおいて、圧倒的な作業効率を実現する。

長時間、ストレスなくずっとiMacを楽しんでいられるのは本当に幸せだ。

理由2、とにかく美しい

自宅に帰ってこの子がいるというのは非常に嬉しい。というかワクワクする。

iMacに会いたいがために、家に帰りたくなる。(実際、最近引きこもりがちだ)

当ブログでは何度も言っているのだが、自分が美しいと感じる製品を使うことは、ガジェットを買う上で最も重要なことだ。正直、スペックなんてどうでもいい。

製品が美しい

ずっと触っていたくなる

毎日新しい発見がある

どんどん自分のスキルが上がる

作業効率が日々上がっていく

以前よりも何倍も何十倍も仕事や学業が進む

人生が確実に変わる

という図式が成り立つ。間違いなく。絶対に。確実に。

もし、あなたが、Apple Storeで見たiMacに惚れたのであればその直感を信じて良い。間違いなくその直感は熟考を超えてあなたの人生を変えてくれる。

27インチiMac Proを購入すべき人

  • 最高スペックの製品が欲しい
  • スペースグレイのiMacが好きすぎる
  • 動画編集を毎日行う

私ははっきり言って、スペースグレイオタクなのでその色だけのためにiMac Proを購入しようかと考えた時期もあった。

しかし・・・私にはオーバースペック過ぎる。そして、何よりもiMacとiMac Proの差額(約30万円)で、高級オフィスチェアや、良質な睡眠を確保してくれるベッド、そして美しいオフィスデスク、コーヒーマシンなどを購入した方がよっぽど日々の生活が変わると思った。

だからこそ、私はiMacと高級チェアなどという組み合わせを優先した。はっきり言ってこの選択は大正解だったと思っている。(高級チェアは10万円以上するものを買ってしまった。後日レビュー予定)

さて、iMac Proを購入する人の一番の目的はやはり、スペックだろう。

3.2GHz 8コアIntel Xeonプロセッサと聞いただけで脳汁が出る人は購入を検討する価値がある。逆に「???何がすごいの?」という人は購入検討しなくても良いだろう。

iMac Proの超高性能は動画を編集したり、書き出すときに非常に効果を発揮する。

かなり乱暴に言ってしまえば、動画書き出し時間が、MacBook Proでは1分かかるものが、iMac Proでは10秒で終わってしまう。とイメージすれば良い。

動画書き出し時間に関しては以下の記事と動画が参考になるだろう。(ギズモードジャパンさんいつも素晴らしい記事をありがとう)

iMac Pro レビュー:このスペック、速すぎて素人には感じることができない | ギズモード・ジャパン

こういった海外の情報も参考になるだろう。3分58秒あたりから動画書き出し時間を計測している。

※上記を一部翻訳すると、「iMac Proの方がiMac5Kモデルよりもやや書き出し時間が遅かった。これには驚いたが、編集画面のサクサク感はiMac Proの方が圧倒的に上。操作しててカクカクしたりすることはなかったよ。」とのこと。(意訳あり)

本当にiMacは必要だろうか?

ここであなたにそもそもの話をしたい。

iMacは本当に必要だろうか?iMac以外にも検討するべきものがあるということないだろうか?

iMacは美しい。圧倒的に。欲しくなる気持ちも分かる。だが、ただ暴走気味にiMacを購入しても後から後悔する可能性がある。

まず、深呼吸して欲しい。そして、ここからは少し落ち着いて読み進めて欲しい。あなたが、本当にiMacを検討するべきかどうかの判断基準をお伝えしていこう。

現在、ラップトップ所有しているなら検討すべし

もし、あなたがMacBook Proでも、Windows機でも良いのだが、ラップトップをすでに所有しているなら、iMacを検討すべき価値はある。

逆に所有していないなら、iMacよりもラップトップの購入を検討するべきだ。例えば MacBook Proなどを検討するのは良いだろう。

あなたが、ずっとずっと自宅でだけパソコンを使うのであれば、iMacが一番良いだろう。だが、そんな人はほとんどいないはずだ。

たまには外出先で気分を変えて仕事をしたかったり、旅行に行ったり、友達の自宅へ遊びに行ったり、自宅以外でパソコンを触る機会というのはたくさんある。そんなとき、iMacは持ち歩くことができない。

ラップトップがあれば、普段の作業はiMacをメインに行い、たまにある外出先での作業はそのラップトップに任せればいい。

あなたがラップトップを持っているかは重要なのでその点を考慮することをまずは忘れないで欲しい。

自宅の方が集中できるなら検討すべし

集中力に関する書籍は膨大な量が出版されているが、結論からいうと、「集中力の上げ方は人によるので自分で集中できる方法を検証することが重要。」ということになる。

その中で、私が特に重要だと思っているのは「場所」だ。

自宅で集中できる人と、自宅では集中できないので外出先で仕事をしたいという人ははっきりと分かれる。

私が友人と7年くらい前にした会話の中で、

友人友人

「うぉずさんって自宅でも仕事してるじゃないですか?よく集中できますね?」

管理人管理人

「そうですか?自宅の方が落ち着くし自分の世界に入れるので集中できませんか?」

友人友人

「いやー、できないんですよ私。だから、自宅の地下にめちゃくちゃ狭いアパートの部屋借りて仕事部屋にしています。仕事終わったら家に帰りますけど。」

という会話があった。

つまり、あなたが自宅でiMacを使うことで最も集中力が上がるならiMacを検討する価値はあるが、逆に外出先の方が集中しやすかったり、カフェを転々として集中力をキープする方が性に合っているのであれば、MacBook Proなどのラップトップを検討するべきだということだ。

そういえば、お笑い芸人兼作家の又吉さんも作品を書くための部屋を借りているというのを何かのテレビで見た気がする。

MacBook Proよりも価値を感じるなら検討すべし

私は、Apple製品を初めて購入する人には、MacBook Proを推奨している。

なぜなら、以下の3つの理由からだ。

  1. 万能
  2. 持ち運び可能
  3. スペック不足を感じることはほぼない

とにかくなんでもいけるし、購入しても失敗することがないであろう機種がMacBook Proだ。逆にいえば、どうしても据え置きにする必要があるiMacは万能性ではMacBook Proには劣るということだ。

万能性ならMacBook Pro、作業効率最大化ならiMac、といったところだろうか。詳しい、iMacとMacBook Proの比較記事は以下を参考にしてほしい。というか必ず読んでおいて欲しい。

【比較】どちらがオススメ?iMacとMacBook Proの違いを初心者向けに徹底レビュー | Apple信者1億人創出計画

本当にあなたにiMacは必要なものだろうか?もう一度、しっかり考えてみてほしい。

今日のお告げ

最後に1つ。究極のアドバイスをあなたへ。

もし、あなたが製品選びに悩みに悩んで、「もう、誰か代わりに決めてくれ!」と思ったことがあるほど困っているなら、1つ、究極のアドバイスをお伝えしよう。それは・・・

一番美しいと思った製品を購入すれば、後悔はない。

ということだ。それだけでいい。

すでにお伝えしている通り、あなたが製品を美しいと思えるかどうかが全てだ。何よりも重要だ。私やあなたの知人の意見なんてどうでもいい。気にしなくていい。

製品が美しい

ずっと触っていたくなる

毎日新しい発見がある

どんどん自分のスキルが上がる

作業効率が日々上がっていく

以前よりも何倍も何十倍も仕事や学業が進む

人生が確実に変わる

この図式を絶対に忘れないで欲しい。だからこそ、世界中の人々がApple製品に魅了され続けている。

あなたが美しいと思った製品を買えば、その美しいと思った直感は熟考を越えられるし、例えスペックが最上級モデルではなくとも自分が大好きな製品であれば、スペックなんて越えていける。

この記事があなたのiMac選びの参考になれば幸いだ。

最新の情報はこちらをチェック→Mac比較ページはこちら(Apple公式)