管理人管理人

私の愛用するiMacのサイレントアップデートがきた。2017年からアップデートされなかったiMacだが、一体何が変わったのだろうか?気になる仕様をピックアップして5つのポイントを比較してみた。すると、意外な事実が・・・[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


9月16日(月)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年9月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

iMac(2019)は何が変わったの?

以下、2017年版のiMacと2019年版のiMacを比較していくが、全て27インチバージョンであることをご了承いただきたい。 (おそらく需要が高いであろう方を比較してみた)

ちなみに前年までのApple製品の仕様は「製品名 技術仕様」とググれば出てくるのでそちらも合わせて参考にしてみて欲しい。

→2019年版iMacの仕様はこちら

→2017年版iMacの仕様はこちら

1、ディスプレイ

・2019年版27インチiMac
Retina 5Kディスプレイ
27インチ(対角)Retina 5Kディスプレイ、
5,120 x 2,880ピクセル解像度、十億色対応
500ニトの輝度
広色域(P3)

・2017年版27インチiMac
Retina 5Kディスプレイ
27インチ(対角)Retina 5Kディスプレイ、
5,120 x 2,880ピクセル解像度、十億色対応
500ニトの輝度
広色域(P3)

ホームページに「明るさ、カラフルさ。ずっと見つめていたくなる。」とあったので、おっ!何が変わったのかな。と、思って仕様をチェックしてみたら、2017年版と全く同じ仕様で驚いた。

マイナーアップデートすらされていない。

2、プロセッサ

・2019年版27インチiMac

  • 3.0GHz 6コア Intel Core i5(Turbo Boost使用時最大4.1GHz)
  • 3.1GHz 6コアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大4.3GHz)オプション:3.6GHz 8コアIntel Core i9(Turbo Boost使用時最大5.0GHz)に変更可能
  • 3.7GHz 6コアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大4.6GHz)オプション:3.6GHz 8コアIntel Core i9(Turbo Boost使用時最大5.0GHz)に変更可能

・2017年版27インチiMac

  • 3.4GHzクアッドコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.8GHz)
  • 3.5GHzクアッドコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大4.1GHz)オプション:4.2GHzクアッドコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大4.5GHz)に変更可能
  • 3.8GHzクアッドコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大4.2GHz)オプション:4.2GHzクアッドコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大4.5GHz)に変更可能

重要な変更点としては、6コア・8コア搭載になったこと。モンスタースペック。

動画編集や3D系の作業をする人には嬉しいアップデートだと思う。

3、メモリ

・2019年版27インチiMac
8GB(4GB x 2)2,666MHz DDR4メモリ

・2017年版27インチiMac
8GB(4GB x 2)2,400MHz DDR4メモリ

2019年版の方がややメモリのクロック数が高性能。

ただし!!

あまりクロック数などに詳しくない方のために補足しておくと、メモリの多少のクロック数アップがもたらす体感差はほぼ0だと思った方がいい。ほとんど違いについてはわからないだろう。

4、グラフィックス

・2019年版27インチiMac
Radeon Pro 570X(4GB GDDR5メモリ搭載)
Radeon Pro 575X(4GB GDDR5メモリ搭載)
Radeon Pro 580X(8GB GDDR5メモリ搭載)※オプション:Radeon Pro Vega 48(8GB HBM2メモリ搭載)に変更可能

・2017年版27インチiMac
Radeon Pro 570(4GB VRAM搭載)
Radeon Pro 575(4GB VRAM搭載)
Radeon Pro 580(8GB VRAM搭載)

やや性能アップした印象。

ただ、高性能を必要とするゲームなどを集中して行わないのであれば、些細な性能は気にする必要はない。

5、見た目

高さからディスプレイサイズまで全く一緒。

噂されていたようなベゼルレスも採用されなかった。

総評「マイナーアップデート」

CPUのコア数が変わったこと以外は全てマイナーアップデートに終わった。と私は思っている。

これなら2018年にアップデートできたような気がするのだが、どうしてもできなかった理由でもあったのだろうか・・・

とはいえ、2017年版を愛用している私からすれば、あまり変わらずにややホッとしている。ベゼルレス32インチiMacとか発売されたら勢いで買ってしまいそうで怖かった。

自分の27インチiMacをこれからも愛して使っていきたい。

→2019年版iMacの仕様はこちら

→【10ヶ月目レビュー】27インチiMac ”8つのメリット” ”唯一のデメリット”