管理人管理人

iMacを使い始めてもう10ヶ月が経過した。新たに気づいたことと、これまでも気づいていたが使い続けて確信に変わったことなどを当記事ではお伝えしていきたいと思う。一言で言うと”iMacは究極のMac”。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


3月23日(土)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年3月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに

私は27インチiMacを購入した当日から定期的にレビューを繰り返し書き続けている。どうか、あなたの気になるタイトルのものだけでも、以下の記事の中から読んでみて欲しい。

私の興奮と情熱と変態的なレビューを楽しんでいただければ幸いだ。

開封レビュー→【2018】狂気に満ちたApple信者のiMacレビュー|5K 27インチ SSD256GB

1ヶ月目→【使用1ヶ月レビュー】27インチiMac(2017年版)の強烈な2つのデメリットとは?

2ヶ月目→【後悔100%】27インチiMacを2ヶ月使って分かった9つのこと

3ヶ月目→27インチiMac3ヶ月目レビュー「ある生活。ない生活。」

4ヶ月目→27インチiMac 4ヶ月使用レビュー「MacBook Proをほぼ触らなくなった。」

5ヶ月目→【レビュー】27インチiMac歴5ヶ月の僕が伝えたい15の真実

6ヶ月目→27インチiMac6ヶ月目レビュー「iPadとの連携が便利すぎて気絶しそう。」

最新情報→→iMacの最新の情報をチェックする(Apple公式)

iMacの選び方→おすすめiMacはどれ?絶対に買ってはいけないiMacとは?

27インチiMacのメリット

まずはメリットの解説から。一言で言えば、「Apple製品の中で最強の作業効率化デバイス」。

1、2画面分割は究極の作業効率化

購入初期から私が言い続けていたことなのだが、とにかくiMacによる2画面に分割しての操作が素晴らしすぎる。

左側にブラウザ、右側にテキストエディタ、のような組み合わせで使うと調べ物をしながら作業ができるため非常に効率的。作業効率性でいえば間違いなく、27インチのiMacがApple製品の中で一番いいと思う。

例えば、私がよく行なっている2画面の組み合わせとしては、

・パターン1
Safari + テキストエディタ(Ulysse、pages)

・パターン2
会計ソフト + Safari、PDF書類

・パターン3
PDF + テキストエディタ(Ulysse、pages)

・パターン4
メールアプリ(Spark) + テキストエディタ(Ulysse、pages)

・パターン5
Numbers + メールアプリ

などなどの組み合わせで日々の仕事を行なっている。

本当に作業がサクサク進む。圧倒的に大きい画面に、Retinaディスプレイ、さらにMacの美しすぎるフォントを表示させているだけでどれだけでも仕事ができるような気がしてくるから不思議だ。

ちなみに、1画面のどーんっ!とアプリ1つだけを表示させておくのもシンプルで美しい。今、この文章はUlyssesだけを起動させて書いている。あぁ、幸せ。。

2、目が圧倒的に疲れない

もし、

タイムスリップできたら・・・

過去の自分へメールを送ることができるなら・・・

昔の自分にアドバイスできるとしたら・・・

今すぐRetinaのiMacを買え!!!

と言いたくなる。本当に。

購入当初から、「あれ〜目が疲れづらいなぁ。」とは思っていたが、確信した。iMacは目が疲れづらい。圧倒的に。

画面が大きいというのもあるとは思うのだが、Retinaの圧倒的な美しさと、その美しいフォントゆえか、ほぼ疲れを感じない。

本当にこれはもっと若い頃の自分に言ってあげたい。27インチiMacを持っていれば、体調不良であんなに苦しむこともなかったかもしれない。目の疲れだけが原因だとは思えないけど、PCをずっと触っていて自律神経をおかしくする病気に苦しむ人が私の周りには多い。そのため、そういった方々には

27インチiMacなら多少はマシになるかもしれませんよ?

と最近はオススメしている。

画面が大きくて美しいので疲れずにずっとずっと作業ができる。27インチiMacは長い目で見て健康に貢献してくれる。

3、体が圧倒的に疲れない

目が疲れないのは、前述した通りなのだが、その影響か、首や肩のコリも少なくなったように感じる。

おそらく目を凝らして見続けると首や肩にも負担がかかるのだろう。

私は体が弱いので、PCの環境や椅子の環境で体の調子が左右されるため、27インチiMacを購入してからの疲れ知らずのこの状態は”今まで求めていたもの”だった。

なぜ、もっと早く購入しなかったのか・・・

4、早く家に帰りたくなる

うわぁ。早く家に帰ってiMac触りてぇ。

365日のうち364日くらいはそう思うようになってしまった。外出先で13インチMacBook Proや12.9インチiPad Proで仕事をするのも快適だが、27インチiMacには到底及ばない。

さらには、男女問わず、外出先で会話している時にも、(早く帰りたい。)と、思うようになった。

どんなに美しい造形物を見ても、(Retinaの方が綺麗だし)と、思えるようになった。

玄関に着いたら、靴を脱いでまずやるべきことはiMacのスリープ解除になった。

外出先で仕事をしたくなくなったので、その分カフェ代が浮いたため、もしかしたら長期的に見ればカフェで仕事をするよりもiMacを購入した方が費用的にもコスパはいいのかもしれない。

5、写真を見ているだけで楽しくなる

私は、ソニーのRX-100M3を愛用しているのだが、このカメラで撮影した写真を27インチiMacに表示させているだけで、ワクワクする。楽しくなる。幸せになる。

こんな感じ。

あぁ、最高・・・桜の刹那の美しさとiMacの恒久的な美しさが私の心を癒してくれる。

6、音楽が楽しい

音楽を聴くのにも27インチiMacは非常に快適な環境をもたらしてくれる。

スピーカーの性能がいいので外部スピーカーは必要ない。27インチiMacがあるだけで音楽も楽しくなった。

最近は、和楽器が大好きなので、和楽器系のYoutube動画を垂れ流しにしている。静かな部屋に綺麗な笛の音が響くだけで、幸せになる。

7、HHKBとの組み合わせが最高すぎる

私の人生史上最高のPCとキーボードの組み合わせが「27インチiMac」と「HHKB」だと私は確信している。とにかく最高。

こんな感じ。

27インチiMacの美しさを損なわないHHKBの美しい外観。さらにミニマルなデザイン、必要のないキーは1つもない美しいキー配置。最高すぎる。

どれだけしんどくても27インチiMacとHHKBがあるだけで頑張れる。

信じられないくらいのタスクにも27インチiMacの美しさとHHKBのキーボード音があれば乗り越えていける。実際、私は何度も何度もこの2つに助けられた。

今もHHKBを通して、27インチiMacに私の文章を表現している。幸せ・・・。

8、圧倒的「美・美・美」

美!

美!!

美!!!

と、マンション内の全室のインターホンに向かって叫びたくなるくらいにiMacは美しい。

こんな感じ。起きたらこの子が机にいる。好き。大好き。

とりあえず、机の前に座ってコーヒーを飲みながらメールチェックやブログのコメント欄をチェックする。それだけで幸せ。

本当に27インチiMac以外は机の上に必要ない。この子がいるだけでいつまでも仕事ができる。そう思わせてくれる。

購入して10ヶ月が経過した今でも「美しいなぁ。」と惚れ惚れする。触っていて楽しい。もっともっと使っていたくなる。

やっぱりiMacは最高。

27インチiMacのデメリット

なし!

なし!!

なし!!!

本当にデメリットはない。無理やり探そうとしても見つからない。それくらい完璧に完成されている製品。

持ち運べないというデメリットがあるにはあるが、それは購入する前からわかっていることなのでデメリットには該当しないだろう。とにかくデメリットはない。

むしろ、「もっと早く買っておけばよかった」そう思っている自分がいる。

iMacとMac(ノート型)のどちらを先に買うべき?

「iMacとMac(ノート型)ならどちらがオススメですか?」

という質問を当ブログではよく頂くのだが・・・個人的な回答としては、

まずは、Mac(ノート型)からの購入をオススメしたい。自宅に据え置きで27インチiMacだけを設置して使い続ける仕事をしている人ならiMacの購入もありかもしれないが、そういう人は少ないだろう。

基本的には、仕事の後や、学業の後に、自宅に帰ってからiMacを触ることになるのでその時間は多くても3〜5時間くらいだろうか。その時間に見合った作業効率性を実現できるのであれば購入してもいいとは思う。が、やはり最初のうちはノート型Macの方が立ち回りもしやすい。

そもそも、自宅にこもりすぎると集中力が低下するので、外に出て気分を変えたいときだってある。そんなとき、ノート型Macであれば外出先のお気に入りの場所でまた作業を継続できる。

私は27インチiMacが大好きではあるのだが、”集中力の維持”の観点から当ブログでMacBook AirやMacBook Proの購入をまずはオススメすることが多い。詳しいスペックなどの比較は以下にまとめてあるので興味があれば目を通してみてほしい。

【比較】どちらがオススメ?iMacとMacBook Proの違いを初心者向けに徹底レビュー

総評レビュー「もっと早く買うべきだった最高の名機」

よし、寝る前にあとちょっとだけiMacと頑張ろう。
よし、今日も帰ったらiMacを触ろう。
よし、朝から集中してiMacで仕事を終わらせるぞ。

そう思わせてくれる不思議な魅力がiMacにはある。何度もお伝えしてきたが、27インチiMacが机の上にあるだけで人は頑張れる。その”圧倒的美”のおかげでなんのためらいもなく机の前に座り作業を開始することができる。

机の上にiMacがあるだけで、眠くても辛くてもしんどくても、「よし!あと10分だけ頑張ってみよう。」そう思える。

最高に美しいiMac上に、自分の大好きなHHKBのキーボード音を響かせながら、自分の表現したいことを表現する。さらに、アイディアややりたいことを思いついたら側にある12.9インチiPad ProにApple Pencilで高速メモ書き。

あぁ、幸せすぎる・・・とろけそう。アイスクリームに生まれてたらもう死んでた。

もし、あなたがほんの少しでもiMacに興味があり、資金的にiMacを購入しても問題がないのであれば購入を全力でオススメする。私はもっと早く買っておけばよかったと後悔している。

これからも机の上にある最高に美しい27インチiMacとの日々を楽しんでいきたいと思う。

現在の価格とスペック→→iMacの最新情報をチェックする(Apple公式)

【iMac関連のオススメ2記事】

随時更新中→【2019】おすすめiMacはどれ?絶対に買ってはいけないiMacとは?

iMac使いのプロ→ プロフェッショナルのApple製品「フリーランス翻訳家」編