管理人管理人

初めての27インチiMacを使い始めてから1ヶ月が経過した。その結果、分かったことがある。メリットもそうだが、デメリットについては予想もしなかったようことが分かった。まさかこうなるとは・・・[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
もし、あなたが新型iPhone(2018)を検討中なら・・・

9月12日のイベント後、総文字数2万文字の記事を執筆。2晩でコメント総数160件超!新型iPhoneのすべてがココに!!


【在庫がどんどん無くなってます!】iPhone Xs, Xs Maxの予約はこちら→Apple公式Docomo公式ソフトバンク公式au


どこで買うべき?→最安値はどこ?新型iPhone(2018)の価格を比較【Docomo, au, SoftBank or SIMフリー】


全機種を完全比較→購入は待て!Apple信者が新型iPhone (XR, Xs, Xs Max)を徹底比較


iPhone 8, 8Plusと比較→どっちが買い?iPhone 8, 8 PlusとiPhone XRを完全比較


あなたにオススメの新型iPhoneはコレ→3452人にアドバイスしたApple信者が教える新型iPhone(2018)の選び方

27インチiMac【6つのメリット】

まずはメリットをお伝えしていこう。今、この瞬間に気づいたのではなく、1ヶ月ずっとメリットをメモしながら書き溜めたものだ。一言でいうと「あぁ、27インチiMac最高。27インチiMacの布団カバーが欲しい。」

メリット1、作業効率の最大化

27インチiMacを使えば、作業効率化が最大化される。いや、「究極化される」と言ってもいいかもしれない。

27インチiMacの画面は果てしなく大きい。2画面にしてもあまりあるほどに大きい。13インチMacBook Pro2つ分くらいの大きさはある。

こちらは、27インチiMacと13インチMacBook Proを比較したもの。

13インチMacBook Proを使っていた時には分からなかったが、というか気付かなかったがディスプレイが大きいというのは大正義だ。

27インチのディスプレイは、文字入力、コーディング、ファイル管理など、全ての作業効率を最大にしてくれる。

特に、私が使っていて、大きなメリットを感じるのは以下の時だ。

  • ブラウザを見ながらメール返信
  • ブラウザを見ながらコーディング
  • ブラウザを見ながらブログ更新

つまり、「ブラウザを見ながら」作業をする時に27インチのディスプレイサイズの恩恵を受けやすい。

私は右側はブラウザ(ChromeやSafari)、左側は文字入力(エディタアプリ、メールアプリ)と使い分けて使っているのだが、もはやこれは快感。極上の時間だ。ずっとずっと仕事をしていられる。

体感ではあるのだが、1日の時間が30分〜1時間は効率化されたと思う。

それだけ、ブラウザを見たり、メールアプリを見たり、エディタを開いたりと、各アプリの行き来が多かったということだろう。大画面で常に画面を2画面に表示させていればアプリの切り替えは必要ない。

もし、あなたが色んなアプリを同時に使うなら、27インチiMacは非常にオススメ。

メリット2、Apple製品との連携が最強すぎる

これは分かっていたことなのだが、やはりApple製品との連携機能が最強すぎる。

私が、よく使うApple純正の最も効果を発揮する機能は以下の通り。

  • AirDrop
  • Apple Music
  • リマインダーアプリ
  • カレンダーアプリ
  • 写真アプリ
  • Pages
  • Keynote
  • iCloud

あぁ、書いていて思ったが幸せすぎる・・・これだけの機能、アプリを世界最高峰のレベルで作っているにも関わらず全てを無償提供する。これがApple製品の魅力だろう。

例えば、あなたはこんなことができる。

iMacでメール処理しながら、カレンダーアプリにどんどん予定を書き込み、その予定をApple Watchで常にチェック。

iPhoneで撮影した写真、動画をiMacで受け取り、編集。

ブラウザをもう1画面増やしたいときにAirDropでMacBook Proを指定して開く。

自宅の27インチiMacで編集していたKeynoteを、外出先でiPadで編集する。

iPadで編集した写真をすぐにiMacへAirDrop経由で送信する。

MacBook Proで整理したファイルをiCloudにアップロードしておき、iMacで閲覧、編集。

Apple Musicで同期されているお気に入りのプレイリストを全機器から全く同じ環境で聴く。

う゛わぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!もう、Appleはやめられないぃぃぃぃぃぃ!!!!!

【参考】これ知ってる?Apple純正リマインダー5つの使い方と小技教えます

メリット3、目が疲れない

幸せ・・・泣きそうになった。

27インチiMacを使い始めてから圧倒的に目が疲れなくなった。嘘ではない。誇張もしていない。1ヶ月経過して冷静に熟考してもとにかく目が疲れなかった。

それを証拠に、「めぐリズムのホットマスク」を使う頻度が減った。

以前は何かと目頭を抑えていたし、目が疲れているなぁと感じることも多かった。ゆえに、休憩するというよりは目を瞑って休みたい、そう感じることが多かった。

しかし、最近はほぼ感じない。以前よりもハードに仕事をするようになったし、iMacを使う時間がきたので、誇張抜きで1日に3、4時間はディスプレイを見ている時間が増えたと思う。

iMacに夢中ということもあるのだが、とにかくずーっと画面を見ている。でも、目が疲れない。ゆえにさらにのめり込む、という好循環だ。

ブログ読者さんたちから「iMacは目が疲れないですよー!!!」と何度も何度も言われてきたことを今、私は実感している。

あぁ、ずっとディスプレイを見ていられる幸せ・・・

メリット4、肩こり・首こりが軽減された

これも前述のメリットに似ているが、肩こり・首こりがかなり軽減された。いや、本当に。

信じられない・・・

というのが正直な感想。やたらと肩を回したり、首元を親指でグイグイ抑えていた習慣がほぼなくなった。体が喜んでいるのが分かる。

私の場合は肩こり、首こりが目の疲れからきていた可能性も高いため、27インチiMacのおかげというのはありそうだ。

※ただし、私は27インチiMacと同時に高級チェアも購入したのでその影響も大きいと思う。高級チェアについては後日レビュー予定。はっきり言って最高。

メリット5、動画編集が早い

えっ?もう終わったの?

と、思ってしまうくらいにとにかく動画の書き出し時間が早い。

時間的には約1.3〜1.5倍は効率化されている。

詳しくは以下の記事で書いているので、動画を書き出す時間が気になるなら、ぜひ参考にしてみてほしい。

【比較検証】iMac27インチとMacBook Pro13インチで書き出し時間を計測してみた

メリット6、美しい

あぁ、、、あぁ・・・あ゛ぁぁぁ。。。

美しい・・・

私の大好きなMacBook ProとHHKBキーボードとの組み合わせ。最高の環境がここに・・・

背面も美しい。。はぁぁ・・・

ただいまぁぁぁぁぁ!!!!!!と、毎日自宅に着いたら真っ先にiMacへ直行。

いやぁ、iMacは本当に美しい。変な家具を買うよりもそこそこのテーブルにiMacを設置していた方がよっぽど美しいと思う。

27インチiMac【2つのデメリット】

ここからは、強烈な2つのデメリットをお伝えしていこう。

デメリット1、他のディスプレイで仕事をするとストレスになる

27インチiMacのディスプレイは大きい、そして5Kディスプレイの圧倒的な美しさがある。

これに慣れてしまうともう・・・他のディスプレイで仕事をする気にはなれない。

13インチのMacBook Proのディスプレイサイズはもう長く使っているので慣れているはずなのに小さく感じてしまう。画面の行き来をするのも面倒になってしまった。

大画面でいろんな情報を表示させながら仕事をする快感に慣れてしまうと、もう他の環境で仕事はしたくないと思ってしまう。

ちなみに、先日友人のオフィスへ行き、WindowsのノートPCを24インチディスプレイに繋げているのをちょっとだけ見させてもらったのだが、マジで吐きそうになった。

「フォントが潰れてるし、そもそもなんだこの色味は?100年前のパソコンか?」

と、思ってしまった。

最高にいいものを使うということにもデメリットがあるんだなぁと思う今日この頃・・・

デメリット2、友人を失う

これ、ブログ用に書いているのではなくて本気で危ないと思っているデメリット。

知り合いといたり、友人と外出先にいる間、ずっと脳裏をよぎるのはこんな言葉。

「あぁ、早く帰ってiMac触りてぇ。。」

実際、友人からの誘いを断ることも多くなったし、それがたとえ綺麗な女性であったとしても、「今日はiMacで新しいアプリ試したいんだよなぁ。」と思ったら最後、私は絶対に誰からの誘いも拒絶する。

iMacの綺麗なボディ、美しい画面、作業効率を最大化させてくれるあの魅力。早く自宅で色々と試したい!!!もっと新しいことを知りたい!!!!!!そう思わせてくれるのは良いことなのだが・・・

最近、引きこもりがち。

休みの日はコーヒーの美味しいお店や、大好きなラーメン巡りをしたりしていたのだが、最近では、「iMac自宅にあるし、出前でいいや。」と思うことも多くなった。

あぁ、どんどん引きこもってしまう・・・あぁ、どんどん友人を失ってしまう・・・あぁ、でも、今が1番幸せ・・・・

27インチiMacを購入するべき人とは?

ここからは、私が思う27インチiMacを購入するべき人を想定して紹介していきたいと思う。

もし、あなたがどれかに当てはまるのであれば、27インチiMacを検討する価値は十分にあると言えるだろう。

1、デザインが好きな人

とにかくデザインが美しいと思っているなら購入する価値は十分になる。

私のように「早く帰りたい。」そう思えるほどに気に入った美しい製品が自宅にあると、触る時間も増えるし、その結果、作業はどんどん効率化されて、得られる情報も増えて、結果として自分のスキルは爆発的に伸びる。

スキルの向上は人生を大きく変えてくれるのだから、美しいかどうかというのは十分に考慮するべきだろう。

自分の人生を変える要素の起点が「製品の美しさ」という感性に委ねる部分が大きいというのは非常に興味深いが、人間は感情で行動を決める生き物なのだから、当然かなぁとも思う。

ぜひ、あなたが製品を美しいと思った気持ちを大切にしてほしい。

2、作業効率を極めたい人

作業効率を極めたいなら27インチiMacの購入は非常にオススメだ。

前述したように2画面での作業というのは圧倒的な作業効率をもたらしてくれる。

ブログもいつもこんな感じで書いている。最高すぎる・・・

情報を見ながらテキストを入力したり、コーディングしたり、英文を参考にしながら英語のメールを書いたり、そういうことに魅力を感じるなら27インチiMacは間違いなく買いだ。

私は、もっと早く買っておけばよかったと後悔している。冗談抜きで、もっと早く買っておけば、今のスキルが1年前にはついていたかも・・・と後悔している。

もし、あなたがずっとパソコンを触っていて、スキルを磨いたり、ガンガン仕事をすることをが多いなら絶対27インチiMacはオススメ。

3、1日に3時間以上自宅で作業する人

私は27インチiMacを購入するなら1日に3時間以上は自宅でiMacを触りたい人、という基準を設けたい。というか、3時間以上触るなら購入したほうが良い。

1つ例を出そう。

私の友人に音楽関係の人が数人いるのだが、みんな自宅でiMacを使っていた。ただ、彼らはオフィスやスタジオにいる時間の方が長い。

それなら、MacBook Proを外出先でも使い、自宅でも使う方がコスト抑えられるし良いはずだ。ゆえに私は彼にこう尋ねてみた。

「なんで、iMacを使っているの?」

と。

すると、友人の答えはこうだった。

「こっちの方が画面でかいし絶対使いやすい。動画の書き出しとかも早いし。外出先で細かい作業のメール返信とか文書作成は行って、自宅では重い作業とかデカい画面でやったほうが良い作業を優先して行なっている。」

ということだった。

なるほど・・・確かに。。帰宅後に触る時間の方が外出先でラップトップを触っている時間より短くてもそういった使い方であれば効率化できるなぁ、と感心したのを今でも覚えている。

流石に、自宅で1時間とかしか毎日触らないにもかかわらずiMacを購入するのは勿体無い気がするので3時間くらいを目安に考えると良いだろう。

それに加えて休みの日に1日中iMacを触るようになれば、あなたも立派なiMac引きこもり軍団の仲間入りだ。(メンバー募集中)

今日のお告げ

あなたが一番良いと思う環境を模索し続けるべき!!!

私は27インチiMacを購入して最高の環境を手に入れたと確信しているが、日々、

「もっと良いアプリがあるのでは?」
「サブディスプレイとしてMacBook Proをもっと活用できないか?」
「ノイズキャンセリングヘッドフォンを買えばもっと集中力が上がるのでは?」

と、模索し続けている。これが終わりのない旅ではあるが楽しかったりもする。

あなたも、ぜひ、この終わりのない旅を楽しんでほしい。それを続ければ人生がより楽しく、ワクワクするものになると私は信じている。

とりあえず、27インチiMacは最高だ。Appleありがとう。

開封時のレビューはこちら(ちょっと異常なテンション)→【2018】狂気に満ちたApple信者のiMacレビュー|5K 27インチ SSD256GB

MacBook Proとの比較も非常に重要→【比較】どちらがオススメ?iMacとMacBook Proの違いを初心者向けに徹底レビュー