管理人管理人

「Apple Watchは生活に欠かせないもの。だから絶対買うべき。」と、言うのは簡単だが、果たして本当にそうなのだろうか?と疑問に思った私は7日間間だけApple Watchなしで生活をしてみた。その結果・・・たくさんの”強烈な禁断症状”に気付くことになった。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


5月22日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年5月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに

当ブログでは新製品を購入するたびに、その製品の長期的な使用感をレビューすることにしている。(かなり好評)

Apple Watch Series 4の購入直後からのレビューは以下の記事を参考にしてみてほしい。購入当初の興奮と、興奮が収まり冷静な目で見れるようになった今のレビューを比較してみるのも面白いと思う。

・私が購入したモデル

Apple Watch Series 4
アルミニウムモデル
スペースグレイ
44mm

最新→Apple Watch製品ページはこちら(Apple公式)

1日目→Apple Watch Series 4:1日目「設定、サクサク感、Siriすべてが最高」

2日目→Apple Watch Series 4:2日目「Siriの反応速度を徹底検証。使い方5選」

3日目→Apple Watch Series 4レビュー3日目「新ホーム画面に配置したアプリ8選」

4日目→Apple Watch Series 4レビュー4日目「僕の生活を変えた5つのこと」

5日目→Apple Watch Series 4レビュー5日目「買うべきではない7つの理由」

6日目→Apple Watch Series 4レビュー6日目「Apple信者が度肝を抜かれた5つのこと」

7日目→Apple Watch Series 4レビュー7日目「あなたに全力でオススメしたい5つの理由」

1ヶ月目→【レビュー】Apple Watch Series 4を690時間使い続けて分かった13の真実

2ヶ月目→【2ヶ月目レビュー】Apple Watch Series 4を買うべき7つの理由「Appleは時計を再定義した」

Apple Watch Series 4のない生活が引き起こした7つの禁断症状

あぁ・・・Apple Watchがなしの生活はやっぱり考えられない。

※私の基本的な使い方はこちら→ 【2019】Apple Watchを完全レビュー!365日使いこなす設定・使い方ガイド

1、Macのスリープ解除が面倒すぎる

ぬぁぁぁぁぁぁ!!!

と叫びそうになった。くじけそうになった。実験をやめそうになった。

これほど、Apple WatchのMacスリープ解除機能が便利だとは知らなかった。

ご存知ない方のために解説を付け加えておくと、Apple Watchをつけている場合、iMacやMacBookのスリープ解除はパスワードを入力することなく可能になっている。まさに未来。

私はパスワード入力をしてMacのスリープ解除をするなんてここ数年なかったので本当にストレスを感じてしまった。スリープ解除機能最高。時計をつけているだけでロック解除されるとか。。これだから、Appleはやめられない。

2、運動する気が失せる

Apple Watchをつけていると、「昨日はこれだけしか運動できませんでした。今日は頑張りましょう。」的な通知が届く。

そして、しっかりと運動した暁にはApple Watchからお褒めの言葉をいただくことができる。この機能のおかげで私の身体の健康は保たれていると言っても過言ではない。

「ヤバ、ここ数日運動してないなぁ。今日は2駅分歩こう。」

と常に思わせてくれるApple Watchに感謝。この健康意識の積み重ねが健康寿命を延ばすのだと感じさせてくれた。

3、Apple Musicを開くのが面倒

私は電車や、歩いている最中には「AirPods」+「Apple Watch」の最強の組み合わせで音楽を楽しんでいる。ポケットからAirPodsを取り出して、それだけで音楽が聴けるこの生活を私は非常に気に入っている。

電車が混んでいたりしても、手元の時計で音楽のボリューをいじったり、曲を選択することもできる。

Apple Watchだからこそできる最高の音楽環境のもとに私は日々を生きていたのだなぁ、とApple Watchを我慢したからこそ分かった。

4、電卓を出すのが面倒

あまり使っていない人は多くないかもしれないが、私が使いまくっているApple WatchのSiriの機能に電卓機能がある。

私がよく使う文言としては、

  • 1+1は?
  • 10000円は何ドル?

という「計算式」「通貨計算」の2つ。手元のApple WatchでSiriを起動させてこれを聞くだけなので、まじで便利。消費税の計算とかにも使える。

Apple Watchがないと、iPhoneを取り出して電卓アプリを起動させるか、通貨計算アプリを起動させる必要があるかことに気付いた。あぁ、面倒・・・

おすすめSiriの動作はこちら→【2019】Apple信者がApple Watchでよく使うSiri操作ベスト9

5、睡眠不足をチェックできない

眠いぃぃぃぃぃ!!!

と、あなたは感じることはないだろうか?私はある。たまに眠くて眠くて仕方ない日がある。前日に眠るのが遅くなかったにも関わらず、だ。しかし、Apple Watchを使い始めてからは自分の睡眠をコントールできているなぁと感じることが多くなった。

なぜなら、私は、Apple Watchで睡眠計測をし続け、自分の必要睡眠時間について完璧に把握できているからだ。私の場合、睡眠が6時間半〜7時間半くらいの間の時は昼過ぎなどに眠くなることが多い。睡眠が足りていないのだろう。逆に7時間半以上しっかり寝ている場合は昼間の眠気がくることもあまりない。

だからこそ!毎日の睡眠計測は重要。

Auto Sleepというアプリを使っていれば、毎日「○時間睡眠しました!」という通知が来るので非常に便利。それだけで1日の予定が立てられる。

例えば、

  • 今日は睡眠バッチリで集中力も持つだろうから、仕事が終わったらカフェへ行ってさらに仕事をしよう
  • 今日は睡眠不足だから、昼過ぎくらいに眠気がくるはず。逆らわないで仮眠をするようにしよう

などなど。

それだけで睡眠と集中力をコントロールできる。睡眠は本当に重要なので、Apple Watchを使っている人には可能な限り、Apple Watchをつけたまま寝てほしい。

6、運動する気が起きない

せっかく毎日運動していたのに・・・

Apple Watchをつけていない期間は運動する気が怒らなくなった。Apple Watchに褒められたいし、毎日の目標をクリアするだけで楽しかったからだ。

時計と習慣と健康を強烈に結びつけたのは、ティムさんの最大の功績かもしれない。ガジェットで健康を促進できる時代が来るなんて考えもしなかった。

7、iPhone依存症が発動する

これが、Apple Watchを使っていない期間に最も強烈に感じたこと。

Apple Watchがないと、人は異常なほどにiPhoneを触る。本当に。異常なほどに。まさに、iPhone依存症。

  • 電話きたかな?
  • メール届いているかな?
  • SNSの返信きたかな?
  • SNSの投稿に返信ついたかな?
  • この後の予定ってなんだっけ?

これらは全てApple Watchがあれば、iPhoneで確認する必要がない動作だ。Apple Watchで受け取る通知はほぼ100%見逃さないし、カレンダーやリマインダーの予定もApple Watch上で確認ができる。

それができないだけで何度も何度もiPhoneを取り出し続けるのは本当にストレスだった。Apple Watchを身につけているなら、iPhoneはカバンの中にしまっておいてもいいくらいだ。

1日5分、iPhoneを取り出して通知を確認していたとすると、

  • 1ヶ月で2時間30分
  • 1年で30時間

これだけの時間がかかっている。逆に言えばApple Watchがあるだけで1年で30時間もの時間を変えるということ。

そう考えると、Apple Watchは”時計を買う”ではなく、”時間を買う”と考えてもいいかもしれない。

総評レビュー「これからも、絶対に使い続ける素晴らしいガジェット」

私はこれからもApple Watchを使い続けるだろう。その便利さと健康への貢献度は計り知れないものがある。

私はApple Watch Series 4が発売されて以来、「Apple WatchはApple Watch Series 4から、やっと実用性に耐えうる操作性とサクサク感を実現してくれた。」と、当ブログで伝えてきた。

ただ、一方で、「おすすめはできない。Apple WatchよりもiPadやMacの購入をまずは優先させるべき。」とも伝えてきた。その考えは今も変わっていない。変わっていないが・・・

1つだけ伝えておきたいことがある。

私が言いたいのは、「Apple Watchの評価が低いのではなく、購入の優先度が低いだけ。」ということだ。

iPhoneのように、iPadのように、Macのように完成されたガジェットではないけれど、一度使うと生活に馴染み、より日々を楽しいものにしてくれるガジェットがApple Watchだと思う。

なくても困らないけど、ないとストレスが溜まる。日々の生活が効率化されていないと感じる。そんなガジェットがApple Watchだとこの1週間、Apple Watchなしで生活してみてしみじみと感じることができた。

これからも、手元の時計でAppleの未来を感じ続けたいと思う。

※Apple Watchの完璧な使い方については以下の記事を要参考。この1記事で使い方はバッチリだ。

【随時更新中】Apple Watchを完全レビュー!365日使いこなす設定・使い方ガイド

※読者さんたちからのレビュー投稿記事もぜひ読んでみてほしい。

Apple Watch Series 4のレビューを6名分集めて分かった48のこと