管理人管理人

Siriへの愛が止まらない・・・Apple Watch Series 4を使い始めて2日目のレビュー。色々と試しているのだが、とにかくSiriの使い勝手が良くなっている。Siriの機能が向上しているというわけではないのだが、Apple Watch Series 4単体の能力が非常に上がっている。なぜなら・・・[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


10月23日(火)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年10月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに:Apple Watch Series 4レビューシリーズについて

当連続レビューシリーズは7日間連続でApple Watch Series 4をレビューしていくもの。

様々なアプリを使いながらApple Watch Series 4の可能性を探っていく様子を、デメリットも含めて全て正直に書いていきたいと思っている。

ぜひ、7日間全てのレビューに目を通して頂ければ幸いだ。

1日目→Apple Watch Series 4:1日目「設定、サクサク感、Siriすべてが最高」

3日目→Apple Watch Series 4:3日目「新ホーム画面に配置したアプリ8選」

Apple Watch Series 4のSiri機能をレビュー

2日目のレビュー。何を書こうか迷ったが、とにかくSiriが素晴らしすぎるので今回はSiriについてレビュー。

あぁ、未来がもうすぐそこに・・・

1、Siriを手元に持っていくだけで反応する

これ。マジで神機能。

watchOS 5からは、Apple Watch Series 4とApple Watch Series 3は手元にApple Watchを持っていくだけで、Siriが反応する。

もう、マジで未来の世界。。

ヘイSiri!!

と言わなくても時計に囁くだけで、自動的にすべての動作を行ってくれる時代が、もう目の前まで来ていると思うと非常に喜ばしい。

2、Siriを使う場面

Siriですべてができるとか?と言われればそうではない。まだまだ、やれることは限られているのだが、私はいくつかの場面ですでに非常に便利だと感じ始めている。

私が行うSiriに対する動作は、

  • 「○○へ電話をかけて」→任意の人へ電話をかける
  • 「○○へメッセージを送って」→任意の人へメッセージを送る
  • 明日の予定は?→カレンダーに登録してある予定をチェック
  • 今日の天気は?→傘を持っていくべきかどうかまで返答してくれる
  • タイマー○分→料理、もしくは筋トレで大活躍

これらをiPhoneを使うことなく手元のApple Watchだけで、しかも、Apple Watchに囁くだけで行うことができる。

あぁ、未来の足元が聞こえる・・・

3、反応速度が爆速に

Siriによる操作は、私が使っていてApple Watch Series 2でも可能だった。(口元へ持っていくだけでSiriが起動する動作についてはApple Watch Series 4とApple Watch Series 3のみ対応)

ただ、私がApple Watch Series 4を使い始めて感動したのは「Siriの反応速度」だ。

いよいよ、実用性に耐えられるスピードでSiriが反応し始めたと強く感じる。実際に比較してみるとよく分かる。

Apple Watch Series 2

Apple Watch Series 4

いかがだろうか?Apple Watch Series 4ではヘイSiriのあとの「タイマー10秒」→その後にカウントダウン開始、という流れがスムーズだ。

だが、Apple Watch Series 2ではややタイムラグがある。動作がやや遅い。それゆえに、私はジムなどで結局はiPhoneでタイマーを設定するということを続けていた。

しかし、Apple Watch Series 4なら実用性に耐える。しかも、ヘイSiriと言う必要もない。

Apple Watch Series 4を起点に電話をかけたり、メッセージを送れるようになれば、いよいよiPhoneを起動させる機会が減ってくるかもしれない。

2日目の総評:Siriを試したい人にはオススメ

今、使うべき!ではなく今、試してみるべき!

というのがApple Watchだ。いくらSiriが進化したとはいえ、Apple Watch Series 4ですら、やれることはまだまだ限られている。

ガジェット好きが試してみるべきガジェット、もしくは、使いこなすだけの意欲がある人が使いこなすガジェット。と言うべきだろう。

でも、私は以前から当ブログでお伝えしている通り、今、性能差を一番実感できるガジェットがApple Watchだと思っている。毎年飛躍的に性能がアップしているため毎年買い換えてもいいくらいだ。

Apple Watch Series 4になって、ディスプレイ画面の拡大と共に操作性もかなり向上した。ぜひ、あなたの手首にも未来のガジェットを。

明日はディスプレイサイズの大きさと、私が一新したホーム画面についてレビュー予定。楽しすぎて寝不足でいじりまくってしまった・・・

続き(3日目)のレビューはこちら→Apple Watch Series 4:3日目「新ホーム画面に配置したアプリ8選」

要チェック→→Apple Watchの全モデル比較ページはこちら(Apple公式)

合計18,000文字超の完全版→【2018】Apple Watchを完全レビュー!365日使いこなす設定・使い方ガイド