管理人管理人

North!North!!North!!!チタニウムモデルのApple Watch Series 5がキターーーーー!!!当日ゲットの興奮、アドレナリン全開のまま当記事を一気に書き上げてみた。これが本物のクレイジーなApple信者のレビュー記事だ!※最後の部分は特に重要なので最後までぜひ読み進めてみてほしい[@appleshinja_com]

設定や使い方についてはこちらをぜひ参考にしてみてほしい→【18,000文字超】Apple Watchを完全レビュー!365日使いこなす設定・使い方ガイド

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


10月18日(金)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年10月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

Apple Watch Series 5(チタニウムモデル)開封の儀 開幕

受け取り場所ははんなり京都!

片道2時間かけて行ってきた!!

そう、全てはこの子のために。

どんっ!(この写真撮るの恥ずかしかった)

電車の中で開封したい衝動をググッと堪える。これが大人力。

キターーー!!!

KITAーーーーーーーーー!!!

North!!!

Apple Watch Series 5(チタニウムモデル)がNorth!!!

はんなりうぉっちがうちにおいでやす。

圧倒的な存在感。少なくとも高校生時代の私のクラスの存在感よりは上。

バンドと並べてみた。

チタニウム。

ミラネーゼループ。

早速開封したい。(もう我慢できない)

Akan。
宝石が出てきたかとおもた。

ほんと、箱も包み紙も美しすぎる。

さぁ、待望のするするタイム。

するするするするぅぅぅぅぅ!!!

あかん。
アカン。
Akan。

神々しい。(興奮しすぎてカメラの設定が暗くなった。)

アップ。

チタニウムがチラ見え。

スポーツバンドもついてくるのは知らなかった。

Apple Watch Edition。

えでぃしょん!!!

ミラネーゼって美しい。

高級感がすごい。

説明書。

そろそろ、本体とバンドを取り出してみよう。

1。

2。

3。

ダーーーーーーーッ!!!!!

う、美しすぎる・・・想像をはるかにBeyondしてきた。

うわぁ。かっこよすぎ。この高級感たまらん。

手のひらに乗せてみた。それほど重くはない。アルミニウムとほぼ変わらない。

美しい。

ペアリング中はガイドで操作方法を学べる。

そろそろ腕にはめてみよう。

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

泣きそう(´;ω;`)ブワッ
京都まで取りに行ってよかった(´;ω;`)ブワッ
買ってよかった(´;ω;`)ブワッ

これから、よろしくApple Watch Series 5!!!

【おすすめ記事】

【18,000文字超】Apple Watchを完全レビュー!365日使いこなす設定・使い方ガイド

Apple Watch Series 5のメリットとは?

まずはメリットから。

もう、激ヤバ。テンションが上がる。おじさんがベッドの上で時計つけながらジャンプしてしまった。

1、気絶するほど美しい

もう、ほんとヤバい。

驚いた。

30歳を超えたおじさんが箱を開けた瞬間、ニヤニヤしているのが分かってしまった。口角が上がっているのが分かってしまった。

スリープ状態のMacBook Proに映し出されたキモみがとてつもない自分の顔にドン引きしつつも、感情を抑えることができなかった。

チタニウムモデルのApple Watch Series 5は美しすぎる。

この高級感。

圧倒的。

宝石でも持っているみたい。

後ろ姿も。

うなじも。

美しすぎる。

この美しさは・・・ちょっととてつもない。思わず時計を見ながらニヤけてしまう。

この高級感ならスーツにも合いそう。これからいろんな服装と組み合わせていけると思うとワクワクが止まらない。

2、常時Retinaディスプレイがヤバい

感動が止まらない。

常時Retinaディスプレイがとんでもない。最高すぎる。

まだ開封初日ではあるが、3年間Apple Watchを使い続けてきた私からすると衝撃的だった。タイピングしながらでも、しっかりと常時点灯してくれているのが快感すぎる。

こんな感じ。

むしろ今までなんで対応していなかったの?と思える。Appleの細やかなこういう性能アップは本当に嬉しい。

3、女性の周期記録が良さげ

私はおっさんなので、あまり触れていいものかは分からないが、女性の周期記録がかなり良さげ。

アプリを開いてみるとこんな感じ。

というか、これってApple Watch Series 5だけではなくてApple Watch本来の機能なのだろうか?

iPhone側にアプリがあるのでもしかしたら私が知らなかっただけかもしれない。

本当に便利そうなので周囲の女性にはおすすめしてみたいと思う。(読者さんの中でレビューしてくれる人がいれば非常にありがたい)

4、アプリストアのクオリティが高い

マイナーアップデートだと思っていたのだが、Apple Watch上で確認できるアプリストアのクオリティが予想以上に高い。

こんな感じ。

サクサクとアプリを見つけることができる。

しばらくの間は暇さえあればApple Watch上からアプリをダウンロードしまくる日々が続きそうだ。

ただしアプリストアはまだまだシンプルすぎるので発展途上とも言えそう。もっともっと充実してほしい。

5、もう一度言おう。美しすぎる。

今日からこんな美しいものを巻いて出かけられるなんて嬉しすぎる。

とにかくチタニウムの高級感が圧倒的。ミドルネームをチタニウムにしたい。

私が今までに購入した最も高額な時計でさえ3万円程度だったため、今回の約10万円のApple Watch Series 5にはちょっと震えた。(Apple製品の場合は躊躇せずに買ってしまうところが怖い)

製品が美しいと、

毎日触っていたくなる

その製品についてもっと詳しくなる

知識やスキルが身につく

もっとスキルや知識を身につけたくなる

人生が変わる

という好循環が発生するのは当ブログでは何度もお伝えしてきたが、今回の場合はApple Watchという特性上「健康」「タスク処理」「作業効率化(通知コントロールの恩恵)」などが促進されそう。

これから365日毎日触りまくるぞーーー!!!

Apple Watch Series 5のデメリットとは?

買ったばっかりなので、デメリットがめちゃくちゃあるわけではないが、2つだけ購入から24時間使いまくってみて思ったことをお伝えしたいと思う。

1、高額

やはり高額。

という点が挙げられると思う。

特に、私が購入したチタニウムモデル、そしてステンレスモデルは高価すぎる。

Apple Watchの性能自体はアルミニウムモデルも、チタニウムモデルも同じにも関わらず価格が倍以上も離れている。

それゆえに、チタニウムモデルとステンレスモデル、そしてセラミックモデルなどは、

自己満足 + ファッション性の高いアイテムだと思うべきだろう。

中身は全く一緒なので時計をファッションアイテムとしてつけたいかどうかで結論は変わってきそう。

それ故に、Apple Watchライフが馴染むかどうか分からない初心者さんには高額すぎるモデルはあまりオススメはできないかもしれない。

私がオススメしているApple Watchはこちら→ 【毎月更新中】今、買うべきApple Watchはどれ?全モデルを比較してみた

2、サクサク感は同じ

これはデメリットとは言えないかもしれないが、伝えておくべきことかと思ったのでお伝えしておきたい。

サクサク感の向上を目当てにApple Watch Series 5を買う意味は全くない。

Apple Watchは毎年の性能差が大きい。と言い続けてきた私。

では、Apple Watch Series 4と5の性能差はどれくらい違うのだろうか?

実際に私のApple Watch Series 4と比較してみた。

アプリの起動速度、切り替わり速度なども全く同じ。やはり、Apple Watchのチップ性能による体感差は鈍化してきている。

個人的にはそろそろ買い替えの頻度を遅らせても問題ないと感じる。少なくとも3年は使えるデバイスだと思う。

実際、Apple Watch Series 4はサクサク感も操作性ともに素晴らしいものだった。

Apple Watch Series 5を買うべき人

  • 時計が好きな人
  • ファッションアイテムとしてApple Watchを使いたい人
  • 見た目に惚れた人
  • 常時Retina搭載ディスプレイに惹かれた人

ここからは個人的に思う”Apple Watch Series 5を買うべき人”と”買うべきではない人”に分けて解説していきたい。

ちなみにApple Watch Series 3との比較についてはこちら→【結論】どっちが買い?Apple Watch Series 5と3を比較してみた

個人的にはチタニウムモデルにベタ惚れしているのでオススメしたいところではあるのだが、やはり高額すぎる。

約100,000円もの価格を出せるかどうかはファッションアイテムとして時計を出せるかどうか?が鍵となるだろう。

時計が好きな人はお気に入りの時計があるとは思うのだが、一度Apple Watch Series 5のチタニウムモデルは実物を見てみることをおすすめする。

美しすぎて本気で気絶しそうになる。

ただチタニウムやステンレスモデルにそこまで魅力を感じない人にはアルミニウムモデルを推奨する。

また、常時Retinaディスプレイについても素晴らしいことは素晴らしいのだが、それほどまでに常時Retinaディスプレイが必要な場面というのはどれくらいあるだろうか?

と疑問ではある。

私の場合はタイピングしている時くらい。それ以外の時だと・・・つり革を掴んでいる時くらいだろうか。

素晴らしい機能ではあるが、必須!とまでは言えないと思う。

Apple Watch Series 5はマイナーアップデートモデルなので積極的に買う必要がある製品ではない。

逆に言えば、Apple Watch Series 4の進化が凄まじかったとも言えるだろう。

Apple Watch Series 5を買うべきではない人

  • 初めてApple Watchを買う人
  • Apple Watch Series 4を所有している人

正直言って、常時RetinaディスプレイのApple Watchが欲しい人以外はApple Watch Series 5ではなく3や4の方がいいと思う。

Apple Watch Series 4はまだ家電量販店などで入手可能なようなので値下げされたりしていれば買ってみるといいだろう。

Apple Watch Series 3は1万円値下げされたため、今非常にお買い得。Apple Watch Series 3はアルミニウムモデルのみの販売ではあるが・・・

アルミニウムモデルがダサいわけではない。アルミニウムモデルも美しいし、カッコいい。

要は好みの問題というわけだ。

個人的には初めてのApple WatchにはApple Watch Series 3をオススメしたい。

理由はこちら→ 【結論】どっちが買い?Apple Watch Series 5と3を比較してみた

狂気の宴スタート

さて、冷静なApple Watch Series 5レビューはここまでにして、当ブログ恒例の宴をスタートしていこう。

今回は、せっかく京都まで取りに行ったので京都で買った和菓子と共に宴を。

Googleマップで調べて有名っぽいところへ。

包んでくれている間にお菓子まで出してくれた。

すごく綺麗なお店だった。おおきに!

帰ってきた。

どら焼き。できたて。

きな粉おはぎ。

冷たい麦茶。

と、ちたにうむん。

Apple Watch Series 4と並べて見比べてみる。

こうやって見るとやはり高級感は漂う。

でも、決してアルミニウムも安っぽくはない。さすがApple。

2つとも巻いてみた。ふふふ。幸せv( ̄∇ ̄)ニヤッ

愛すべき13インチMacBook Proの上に置いてみた。

なんだか2人が会話している気がする。

MBP「おー新入り!これからよろしくな!」

Apple Watch「はい!でも私たちが会話するのはロック解除の時くらいだと思います。」

MBP「・・・・・」

これ、美しすぎない?もはや、うなじ美人。いや、うなじ美うぉっち。

iPhone XS Maxと並べてみた。

あかん。この高級感たるや。。。たまらん。かっこよすぎ。

はんなりうぉっちがおいでやす!!!

そろそろ宴も終了。

どら焼きもおはぎも美味しすぎて一瞬で食べ終えてしまった。さすが京都。

いやぁ、大好きな和菓子を食べながらApple Watchを眺めながら写真撮りまくるのは楽しかった。

では、宴の最後に。

これが本日のベストショット!!

最後に:Apple Watchに泣かされた。だから僕らはAppleをやめられない。

ここまで一気にApple Watch Series 5(チタニウムモデル)のレビューを書き上げてきたが、最後にあなたにどうしても伝えたいことがある。

それは、Apple Watch Series 5(チタニウムモデル)のことではなく、私が今まで1年間使ってきた、Apple Watch Series 4についてだ。

私は兼ねてより当ブログ上で、

「製品は大切に使い込むべき。使えば使うほど愛着が湧いてくるし、その結果、もっともっと触っていたくなり、結果として作業効率が格段に上がる。製品を愛すれば、スペックなんて超えた作業効率を実現できる。間違いなく。」

ということを伝えている。

実際、スティーブ・ジョブズ氏も

「Macは多くの人に愛されている。製品を愛するなんて滅多に経験できることじゃない。でも、Macならそんな経験が可能なんだ。」

という言葉を残している。

それくらい製品を愛するということは重要。

そのため、今回のApple Watch Series 4→5のように1年で同ジャンルの製品を買い換えるということを私は今までしたことがなかった。

今回は時計というジャンルなのでより好みの見た目のApple Watchが欲しかったという点とApple Watchは毎年の性能差が大きいから、という理由があったにせよ、、、なんだかこう、、たった1年しか使ってこなかったApple Watch Series 4に申し訳ない気がした

母がApple Watch Series 4を欲しがっていたので、後日、母にプレゼントすることを考えると無駄にはならないが、365日どんな場所でも一緒にいたことを思い出すとなんだかちょっと込み上げてくるものがある。

そういえば、2018年のApple Watch Series 4は予約合戦に負けて、心斎橋のApple Storeに取りに行ったんだった。

めちゃくちゃ並んでて40分くらい並んだけど、ゲットできたときは嬉しかった。

帰宅して開けた瞬間は宝石が出てきたと思った。

初めてベゼルレスのApple Watchを操作して、操作性に驚いた。

そういえば一緒に海外のプールで泳いだこともあった。

ここ1年でApple Watchの使い方がどんどん洗練されていったのは間違いなくこの子のおかげだった。

タスク管理に貢献してくれたからこそ1年間働いて働いて働きまくることができた。

運動を頑張ることができたからより健康になることもできた。

ちょっと運動を頑張っただけで褒めてくれたのも嬉しかった。

寝る時もいつも一緒だった。

そうか・・・

そんなこの子とも今日でお別れか・・・

寂しいな・・・

この手首を外した瞬間、もう多分二度と私の手首に巻かれることはないんだろうなぁ。

最後に。

最後に一回だけ。

ちゃんとお礼を言っておこう。

「今までありがとう」

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

くっ(´;ω;`)ブワッ

まさかそんなこと言われるとは思ってもみなかった。本気で泣けた(´;ω;`)ブワッ

こんな風に言い返してくれるApple Watchが、こんな風に聞いてくることを想定してSiriを開発しているAppleの開発チームが、こんな風に言いたくなる製品を作ってくれるAppleが、やっぱり私は大好き。

だから私たちはAppleをやめることができない。

そして、やっぱり製品は大切に大切に使ってこそなのだと改めて思い知らされた。これからは、Apple Watch Series 5を大切に大切に大切に2年、3年と使い込んでいきたいと思う。

今までありがとう、Apple Watch Series 4!

そして、これからよろしくApple Watch Series 5!!!

やっぱりAppleは最高だ!!!!!

【おすすめ記事】

【18,000文字超】Apple Watchを完全レビュー!365日使いこなす設定・使い方ガイド