管理人管理人

好き。。だぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!と叫びたい。もう、ね。ヤバイ。Apple Watchの進化はやはり楽しい。Apple Watch Series 3の時は傍観者だったが、Apple Watch Series 4を購入して本当に良かった。今ではそう思っている。Apple Watchに巻きつけられる自分の手首が羨ましいくらいに。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


10月23日(火)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年10月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに:Apple Watch Series 4レビューシリーズについて

当連続レビューシリーズは7日間連続でApple Watch Series 4をレビューしていくもの。

様々なアプリを使いながらApple Watch Series 4の可能性を探っていく様子を、デメリットも含めて全て正直に書いていきたいと思っている。

ぜひ、7日間全てのレビューに目を通して頂ければ幸いだ。

1日目→Apple Watch Series 4:1日目「設定、サクサク感、Siriすべてが最高」

2日目→Apple Watch Series 4:2日目「Siriの反応速度を徹底検証。使い方5選」

Apple Watchの比較ページはこちら(Apple公式)

ホーム画面のアプリ(8選)を晒してみた

まだまだ、検証中なのだが、私が表示させているアプリは以下の8つ。

これらのアプリを表示させている理由を、中央から時計回りに紹介していこう。

はっきり言ってApple Watch Series 4、最高っ!!!

1、カレンダー

一番大きく、表示領域が広いこの場所にはカレンダーを設置。どのアプリを設置するか3日間くらい悩んだのだが、悩んだ末に予定を常に把握できるようにするためにカレンダーアプリを設置した。

常に、時間に連動して、次の予定が見れるため非常に便利。

これで大事な予定を忘れることはない。

2、ワークアウト

ワークアウトアプリは、ジムでランニングするときに使っている。どれだけ走ったか?どれだけカロリーを消費したのか?というのを計測するのは楽しいし、普段の健康への気遣いにもつながる。

この場所に表示させておくと、「運動しなきゃ。」という自分へのプレッシャーにもなるので非常に気に入っている。

3、アクティビティ

以前までのホーム画面ではアクティビティは表示させることができなかった。なぜなら、モジュラーは表示させることができるアプリが4つほどしかなかったからだ。

これで・・・やっとアクティビティを常時表示させることができる。

私は1日1万歩は歩く。と決めているので、このアクティビティリングでそれを視認できるのは嬉しい。あぁ、Apple Watchのおかげでどんどん健康になる。

4、バッテリー残量

キタァァァァァァァァァ!!!

これ、読者さんとも盛り上がったのだが、本当に素晴らしい。常にバッテリー残量を表示させておくのはかなり便利。

今までだったら、アプリを表示させる枠を犠牲にしてまでバッテリー残量を表示させるか、あるいはコントロールセンターから確認するしかなかった。

大画面になったからこそ必要な情報をすべて詰め込めるようになったのだなぁと改めて思った。

5、ミュージック

私が大好きなApple Musicをここに表示。

もはや音楽を聴くときにiPhoneすら必要ない。

AirPodsとApple Watchさえあればいい。ランニングしたくなったら、AirPodsとApple Watchだけ持っていけば好きな音楽を聴きながら走ることができる。

もちろん、Apple Watchを使ってコンビニでドリンクを買うことだって可能。あぁ、本当に最高。とろけそう。

今もApple Watchで音楽を聴きながら、この文章をカチャカチャと打ち込んでいる。幸せ。Happyすぎる。

6、天気

天気を常に確認したいので、ここに設置。

ただ、個人的には常に表示させておくが、Siriに向かって「今日の天気は?」と聴くほうがお気に入り。

傘を持っていったほうがいいですよ、などと返答があった場合には本当に感動する。

マジで10年後くらいにはアニメ「サイコパス」のような世界が待っているのかもしれない。。

7、心拍数

世界中で多くの人の命を救い続けているApple Watchのこの機能。

私も常に計測するようにしている。特に今の所はそれほど問題はないのだが、歩くスピードが早くなると心拍数が上がる。そう言う時はなんだかイライラしていたり、妙に焦っている時が多いので、気をつけてゆっくり歩くようにしたりしている。

ストレスと心拍数って関係あるんだなぁとか観察し続けていると面白い。

8、タイマー

ジムでタイマー機能を使ってトレーニングする際に非常に便利。

Siriで指示することが多いので、あまり使わないがここに一応設置。ここには後述する、Be Foucsedを表示させたい。

3日目の総評:Apple Watch史上最大のアップデート

ディスプレイサイズの拡大と新しいホーム画面はアップル史上最大のアップデート!!

だと個人的には思っている。今までのモジュラーと小さな画面では表示させるアプリには限界があったが、Apple Watch Series 4からはホーム画面がとんでもなく大きくなったので表示させることができる情報が増えた。

しかも、「2日目のレビュー記事」でお伝えしたように、Siriの精度と速度が向上したので、ほとんどの基本的な操作はSiriで行えるようになった。

本当に最高すぎる。

ただ、この新ホーム画面は「Taskuma」 や、「Be Focused」 などの私の大好きな非純正アプリの設置にはまだ対応できていないようなので、これからのアプリごとのアップデートが待たれる。

いやぁ、それにしてもマジでApple Watch Series 4は最高。ジョブズ氏が力を入れたSiriを受け継ぎ、クック氏が誹謗中傷に耐えながら開発を指揮してきたデバイスがついに形になってきた。

ジョブズ氏が生きていたら

1000 songs on your wrist.

とでも言うのだろうか?

いつの日か間違いなく、

Everything is on your wrist.

と言える日が来るだろうから、それまでずっとずっとApple Watchを追いかけていきたいと思う。ある程度、完成形になっているiPhoneやiPadやMacと違い伸び代のある未完成ガジェットを追いかけるのはやっぱり楽しい!!!(おっさんが毎日ワクワクしてすいません)

あぁ、Apple製品に包まれたい。いつか、iNeckとiGlassが出ればいいのに。

要チェック→→Apple Watchの全モデル比較ページはこちら(Apple公式)

合計18,000文字超の完全版→【2018】Apple Watchを完全レビュー!365日使いこなす設定・使い方ガイド