管理人管理人

当記事はApple Watch Series 4のレビューをブログ読者さんとTwitterのフォロワーさんから集めさせて頂いたもの。正直なレビューを数多く集めたので、ぜひ参考にしてみてほしい。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


12月11日(火)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年12月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに

現在、レビューを募集中です。

500円のAmazonギフト券もお礼に渡しておりますので、ぜひ気軽に投稿してみてください。

ーフォーマットー

基本的にはどんな書き方でも良いのですが、統一した方が伝わりやすい部分もあると思いますので以下の項目だけは書いて頂ければ幸いです。

  • メリット
  • デメリット
  • オススメしたいかどうか
  • プラスα 画像を1枚
  • 総文字数800文字以上

この5つがあれば、どんな文章でも、他の読者さんに伝わるかなぁと思っています。募集要項の詳細は以下をご確認ください。

重要なお知らせ。レビュー投稿のお願いについて。

投稿は私の方で行いますので、以下の連絡先のいずれかにて送信して頂ければ幸いです。

メール。
appleshinja.com@gmail.com

Twitter。(DMがベターです)
https://twitter.com/appleshinja_com

当記事の完成形はこちら。iPhone XRバージョン→【辛口】iPhone XRのレビューを11名分集めてわかった85のこと

レビュー1「他社製スマートウォッチからの買い替え」

購入動機

 
iPhoneのNike Training ClubアプリなどをミュージックやPodcastをかけながらワークアウトを行なっていたが、「違う音楽やPodcastを聞きたい」時にアプリを操作するためにワークアウトを中断したり、「iPhoneの通知音は何の知らせか」などとiPhoneを手に取って操作することでワークアウトが中断されるのが、地味ながらストレスだった。

比較として、今までは他の活量計であるFitbit Alta HRや歩数計が使用できるスマートウォッチFossilを使用していた。

Fitbitは活量計としては優れているが通知がiMessage、電話着信とカレンダー通知で必要最低限な機能はあるが、LINEや他のメールアプリなどの通知は不可。

時々運動がカウントされない時がある。手首を手前に向けても時計が表示されない時があるのでストレス。

Fossilは、見た目アナログな顔して歩数計やミュージックアプリ操作などの機能は備わっているしLINEなどの通知も可だが、歩数を数える以外のワークアウトの計測は不可。

どちらも帯に短し襷に長しであった。

メリット

ワークアウト使用、健康になることを目的にApple Watchを購入したが、以下のことが大きなメリットであった。

1、Apple Watch単体でミュージックアプリやPodcastが使用できる

ワークアウト時以外でも役に立っているのが家事の時。

炊事・洗濯物干し・掃除など、部屋を行き来しながらでも音楽やニュースが離れず聴けることがありがたい。

これがコンポなど部屋の一部にあるプレーヤーでは、部屋が違うと聴けなかったり、仮にワイヤレスヘッドホンなどを使ってiPhoneから曲を聴いていても、服にポケットがなかったりしてiPhoneが持ち歩けない場合など、音楽やニュースなどが途切れたりするが、時計だと手首に付いているので、音楽、ニュースはもちろん、掃除機などがうるさくても電話着信・メール・メッセージ通知を逃さないでよくなった。

2、リマインダーが手首に付いているおかげでやるべきことがはかどる

主婦は例えて言うなら料理人、保育士、介護士などのマルチタスク的な仕事をしてるのと、家族一人一人の予定も把握していないと行けない面もあるので、リマインダーはとても助かっている。

例えば、料理をしているときに、油が切れていることがわかったら、Siriに頼んで「油を買うのを覚えておいて」と言えば、調理中でもiPhoneを触ることなく買い物リストに入れておくことができ、メモし忘れも買い忘れもなくなる。

また、リマインダーに買い物リストを作成しておけば、iPhoneを手に持たずとも手首を返すだけで買い物リストが見られるので、1~2分でセキュリティロックをかけて画面が消えてしまうiPhoneをロック解除する手間暇なくて済む。

こんな風に、トイレに入っている時でもお風呂に入っている時でも風呂掃除でも水仕事でも子供の相手している時でも、とにかく手が離せなくて、でもやるべきことを思い出してしまって、急いでメモしておかないと忘れてしまいそうで、今までそうやってなんどもメモし忘れたせいでやり忘れたり買い忘れたりしちゃった!!ってことも激減します。

3、TPOに合わせて時計の画面やベルトを変えられる。

マイ文字盤は、ワークアウト用(インフォグラフ)、お出かけ用(シンプル)、お出かけ用(万華鏡:アクセント仕様)、気分転換用(写真)の4画面を使い分け。

ベルトは付属のNIKEスポーツバンドに加え、サードパーティのベルトを3本(革、ナイロンベルト、金属ベルト)を使用。

(Apple Watchを買って地味によかったこと)

手首を手前に傾けても百発百中画面が点灯して時刻(情報)が見れる(当たり前のことかもしれないが、Fitbitを使用してみて、そうでないことがわかった)

デメリット

やはり充電しないといけないことでしょうか。1日1回は充電しないといけない。できれば4〜5日。せめて3日は持って欲しい。

オススメしたいかどうか

YESですね。

手が塞がりがちなのにiPhoneでなにかと確認すべきことが多い人、健康になりたい人、また、私のように忘れん坊な人に特にオススメです。全部Apple Watchに任せて自分は全部忘れてもいい。楽ちんです。

レビュー2「iPhoneがポケットルーター化します」

メリット

iPhoneをカバンやデスクに入れっぱなしにすることが増えました。その結果、iPhoneにとられていた時間を取り戻すことができました。

・8月までは、iPhone7しか持ってなかったのですが、9月以降、Air Pods、Apple Watch 4、iPad2018無印とApple製品を買い足していきました。iPhone7はルーターのような役目、Apple Watch 4はリモコンのような役目と秘書の役目を果たしてくれてます。

・Air PodsとApple Watch 4のコンビプレーは最高です。音楽を聴くのも、通話をするのも。

・心拍数を意識するようになりました。ランニングをよくしますけど、今まではGPSウォッチのGARMINを使っていました。私の機種は胸ベルトを装着しないと心拍数が測れないので、面倒で心拍数は測ってなかったんです。

Apple Watch 4はバッテリーのもちが唯一の弱点なので、今でもランニングの時は左手のGARMINさんにGPSログをとってもらい、右手のApple Watch 4に心拍数を測ってもらってます。このくらいのペースの時はこのくらいの心拍数だなとか、苦しい時はここまで上がるよなとか、ランニング後何分くらいで落ち着くよなとか、感覚じゃなくて数字で見えるのは重要です。

・アクティビティの三つの輪も好きです。そろそろ立つ時間ですよ~なんてお知らせされると、仕事の手を止めてトイレに行くようにしてます。てくてく歩いて行って手と顔を洗って帰ってくるだけで、いい気分転換になります。そして、輪っかを三つ完成させようと意識するようになった結果、とても調子がいい気がします。

・Suica!!便利です。小銭持たずにランニングに出れるようになりました!

気温、iPhoneとApple Watchのバッテリー残量なんかも、手首を傾けるだけですぐわかるってすごいです。iPhone見たらいいじゃん!って言う人いると思いますけど、この差は使ってみたらわかります。iPhoneをいちいち取り出すのって結構面倒くさいし、落とすリスクもあるので。

・雑談や飲み会のネタになります。男女問わず気になってる人は多いみたいで、どうですか?ってよく聞かれます。特に、若い女子が多いです。ここまで書いてきたような内容を毎回、実演しながら語るわけです。Appleショップの店員さんよりもApple Watchを売る自信あります(笑)

・メリットだらけで書ききれないですよ。

デメリット

・バッテリーがもたないのが唯一の弱点ですね。一日に一回は充電しなきゃいけませんから。。。まあ、慣れてしまって、一日のどこかの時間にルーチンとして充電タイムを決めておけば問題ないですけどね。飲み過ぎてバタンキューとかなると。。。

オススメしたいかどうか

・iPhoneを持ってる方には全力でオススメします。ただ、iPadも素晴らしいので、人によってはiPadが先になるかもですね。

・iPhoneもiPadも持ってる方なら、それはもうApple Watch買うしかないでしょ!!Air Podsよりも先ですよ。

レビュー3「iPhoneからの脱却」

購入端末とその理由

Apple Watch series4 スペースグレイアルミニウムケース40mm

Apple Watchを購入する上で迷うのが、サイズだと思います。私はApple Watchを「ガジェット」ではなく「時計」として考えたときに、44mmは見た目的・ファッション的に大きすぎて違和感を感じたので、40mmを選びました。

メリット

 
Apple Watchを身につけることによるメリットは複数ありますが、1番のメリットは「iPhoneからの脱却」です。これは、私だけではないと思いますが、

通知が来る

iPhoneで確認する

そのまま、なんとなくSNSを見るorダラダラYouTubeを見る

ということに時間を浪費していました。このような時間は、短期的に見れば大きくないかもしれませんが、長期的に見ると相当な時間を費やしてしまっています。しかし、Apple Watchを身に付けることによって、すぐに対応する必要がある内容・人物なのかということを手元で確認することができます。

なので、iPhoneとは距離を置きつつ、本来やるべきことに集中することができます。実際私は、週ごとに更新されるiPhoneのスクリーンタイムが目に見えて少なくなりました。

また、純正・サードパーティ含めてアクセサリ類が多いのも特徴です。特にバンドはいろんな種類の素材・デザインが揃っています。なので、ワークアウト中はNIKEスポーツバンド、ONの時にはミラネーゼループ、着ている服と合わせたカラーのバンドをつけるetc…といった具合にTPOによって簡単にバンドを付け替えることができます。

デメリット

これは皆さん言われていることですが、バッテリーですね。仕方ないとは思いながらも、時計を充電するということに未だに慣れない自分がいます。せめて3日くらい充電せずに済むようになったら最高です。

また、私は旅行が趣味なのですが、その際に

  • iPhone→Lightningケーブル
  • Mac→USB-Cケーブル
  • Apple Watch→専用ケーブル

のように3種類のケーブルを持ち歩く必要があるのもネックです。

おすすめしたいか

私は、このseries4が初めてのApple Watchでしたが、バッテリー以外は概ね満足しています。しかし、順番的にはMacやiPadを手に入れた後でも構わないと思います。

総評

Apple Watchを一言で言うなら、「地味に便利な機能の集合体」だと思います。

・Apple WatchでSuicaが使える
・Apple Watchで音楽が再生できる
・Apple WatchでSiriが使える

これに対して、「iPhoneでやれば良いじゃん」と言われたら、確かに答えは「YES」です。iPhoneは便利ですし、使っていて楽しいです。しかし、それゆえに依存しすぎていませんか?1日の多くを必要のないウェブブラウジングに費やしていませんか?せっかくの友人との楽しい食事の時間をSNSの通知に邪魔されていないですか?心当たりのある人も少なくないと思います。そのような人はApple Watchの購入を検討してみても良いのではないでしょうか。

レビュー4「iPhone、iPadよりも満足度が高いです」


(普段使っているバンド、青のスポーツバンドがお気に入り。画面保護フィルムは貼らず、ただケースは透明のもの着用)

こんにちは、初めてレビューを書かさせていただきます。

私は、今年の9月に初めてApplewatch4の40スペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンドを購入しました(GPSモデル)。まず結論から言うと、サクサクきびきびと動き、見た目も愛らしく購入して非常に満足しています。寝るときもつけるぐらい大好きです。

使用例

・使っているアプリ

・普段使用している文字盤

・ジム行った時など、運動する時ようの文字盤。だいたいこの二つを切り替えて使用します。

メリット

・Siriを普段使いするようになった
今までiphoneを数年使ってはいたのですが、正直Siriを日常的には使ってはいませんでした。Apple Watchをつけるようになってから、手を上げるだけで、(またもしくはDigital Crown長押しで)Siriを使えるようになったのが便利に感じます。
何に使うのかは、何か思いついた瞬間忘れないようにリマインド機能、目覚まし、ワークアウトの呼び出し、などに使っております

・深呼吸アプリをつかってマインドフルネス
初期状態で入っている深呼吸アプリを使うようになりました。ワークアウトしたあと、ゆっくり歩きながら息を整えるのに使ったり、寝る前のストレッチの際に使用したり、電車を待つ間の1分に使ったりなどしています。

このアプリの良い点は1分から最大15分まで設定後、Apple Watchそのものが震えながら呼吸を誘導してくれるため、起動後は画面を見なくとも、呼吸を整えられるのが気に入っています。またもちろんヘルスケアと同期されるため、週何回、総時間をあとから見返すことも可能です。

・ヘルスケアを日に一度は見るようになった
Apple watchをつけるようになると、携帯だけの時よりも常に身につけているため万歩計の精度が上がります。私は8000歩から一万歩を日に歩くようにしているため、例えば夜になって合計6000歩の時などは、あ今日はあと2000歩だからあそこのコンビニまで散歩して帰ってこよう、など行ったりします。

・睡眠時間の確認が容易にできる
これもヘルスケアと関係ある話ですが、別途AutoSleepアプリを購入して使用しています。睡眠時間を正確に、またその睡眠の質まで勝手に記録し、ヘルスケアに同期までしてくれるため睡眠時間を見返すのに役立っています。自分は夜勤がある仕事をするため、本寝と仮眠の合計が7時間になるように計算するのに役立てています。

・ランニングをしたくなります
iphoneがなくても音楽を持ち運べるため、ランニングをする際、今までポケットで邪魔だったのが無くなります。もちろん音楽を手元でかけつつ、ワークアウトのアプリを同時に立ち上げてもなんら支障はありません。ジムやランニングの時、軽装でいけるのが非常に楽です。

・カメラの小型モニターとしての使えるためiphoneのインカメラに頼らなくなった。
手元でカメラアプリを起動すると、iphoneの外カメラと連動するため、画角の確認、開始と終了の動作、を手元で行うことができるのが重宝します。
自撮りで写真なり動画をとることがあるのですが、より画質のいいアウトカメラでの撮影が楽になります。

・マップアプリが歩く時便利
今まで、行ったことがないお店や場所に行く際、iPhoneで現在地と目的地をマップに表示させて歩いていました。もちろんこれで目的は達成できます。

ただ同じことをApple Watchでもできます、これにより今までiPhoneの場合は片手で持ち続けなければならなかったことから解放されます。そのため荷物がある際、傘を差さなければならない場合など非常に助かっています。

・店員の速度をついに凌駕することに成功します
Apple Payが便利です、というメリットの話です。駅、コンビニで主に使用し大変便利です、チャージも手元でいつでも行えるため無駄な時間が減りました。それで、コンビニでに一連の流れで、

通常なら財布を取り出す→金額を払う→お釣りとレシートをもらう→財布に入れる→財布のジッパーを閉める→財布をポケットにしまう

という流れをすると、財布をポケットにしまい終わったときには店員はもうすることなく帰ってくれるの待っている状態ですよね?通常なら。

ですが、Apple Watchがあると、支払方法が電子決済希望を伝える→金額をApple Watchでピッと払う→終了 なため、ピッとしたあと、店員はレシートの発行、ならびに商品詰め作業を行います。そして私たちはそれを待つ、という普段と形勢が逆転します。つまりこれで私たちはついに店員を凌駕することができるのです!

…ちょっと何言っているかわからないとは思いますが苦笑、実際に行う機会があればすぐにこの快適さを実感できると思います。

・他の時計のことを考えなくてすむようになった
アクセサリーや時計をする際にはTPOに応じて装着をするわけですが、Apple Watchならカジュアルな場からフォーマルな場まで対応可能です。世の中には高い時計は山ほどありますが、Apple Watchを着けていれば、あっこの人は時計に機能性を求めている人なんだ、と伝わり、やたら高いブランド物の時計を身に着ける”自己顕示欲闘争”に参加せずに済みます。

・数取計として個人的につかう
これはなかなか伝わりにくいとはおもうのですが、プレゼンテーションの練習などで3分ほど行ったら数をカウントして一定数練習する、ということをしています。今までは物理的な数を数えるカウンターをテーブルに置いて数をカウントしていたのですが、サードパーティ製のアプリを使えばApple Watchで数をカウントすることができます、そしてそのカウント情報はiphoneで自動で同期され、名前ごとにわけて管理できるため便利です。

カウンターを使用する可能性がある人、、、例えば練習回数を数えるマネージャーや来客数をカウントしなければならない人、、、あまり多くはいないとは思いますがピンポイントで刺さる人には刺さる便利さです。ただ交通量など圧倒的に多い数を数えるときには、ディスプレイのタッチは適してはいません。

デメリット

・寝るときに着用するとおきること、、、、
私は睡眠時間の把握、目覚ましとしても使っているため寝ている際も着用します。

ただ、アクティビティのスタンドの警告が、浅い眠りで睡眠判定になっていないときは「立ち上がって少し歩きましょう」の表示がごく稀になされるときに、いや私寝ているのだけど厳しくない?とか思います。もちろんこれはナイトモードに設定すれば対応できます。ちなみに充電はお風呂や食事の間など、1日合計2時間くらいは時計を外しています。

・サードパーティ製のアプリが文字盤に対応していない時がある。
シリーズ4からの最大8個情報を表示できる文字盤に、サードパーティ製のアプリが対応していないときがあり、その場合は画面を開いて都度探さなければならない場合があります。

・Siriの口元に近づけて話す、による反応がいまいちな時がある。
OSが新しくなって、口元に近づけて言葉を発するだけでSiriが起動している便利な機能があるのですが、タイミングがシビアな時があり反応しないときがあります。タイミングと声の大きさなどある程度慣れればできるのですが100%ではなく、同じ言葉を二回言い直すときなどにデメリット?を感じます。何かこう、Airpodsのダブルタップのように、Apple Watchでも「手首を二回ひねる動作を行う」そうするとSiri起動する、のようなものがあると便利なのになぁと思います。

・手首の内側につけて使うようには設計されていない
私は普段時計を手の甲側に巻くので気にはしないのですが、一度試しに手首の内側に巻きつけて過ごしてみました。Apple Watchの液晶が人や壁などにぶつからないようにできると思ったから内側にしてみたのですが、手を上にあげても画面が反応せず、時計をみるために毎度両手を使って画面をタッチしないといけません。これは設定から改善できるようになれば、より多くの人を取り込めるのになぁと思いました。

・「Apple Payで」と言うこと
コンビニの支払いなどでは店員に支払い方法を自分から言わないといけません、これが恥ずかしい、とまでは言わないですが、なんだかなぁと思います。あとスイカやI.Dはすぐに店員は理解してくれますが、「Apple Payで」というと慣れていないからでしょうが、理解されるまでに少し時間かかる感じがします。(いろんな場所で実験して感じます苦笑)

オススメしたいかどうか

iPadもiPhoneも今年買いましたが、Apple Watchが今年買ったものすべての中で満足度が高かったです。ひとえにそれは私が今回初めてApple Watchを着けるようになったのあるかもしれませんが、毎日つけていたくなります。オススメはします。いくつか条件があった上でのオススメにはなるかと思います。

1、iPhoneをもっていること。MacもiPadもなくても大丈夫です、Apple WatchはiPhoneが母艦となって機能します。
2、初めてApple Watchを買う人or興味がある人。(シリーズ3もまだまだ現役で動くそうなので、今までのお持ちの方は買い換えなくても大丈夫なのだろうなぁとはおもいます。)

この二点を満たしている方なら非常にオススメします。着けているだけでウキウキ楽しい毎日を過ごせますよっ!

管理人うぉずのレビューはこちら

私も以下の記事で渾身のレビューを書いているのでよかったら目を通してみていただければ幸いだ。

【レビュー】Apple Watch Series 4を690時間使い続けて分かった13の真実

【2ヶ月目レビュー】Apple Watch Series 4を買うべき7つの理由「Appleは時計を再定義した」

1番人気記事→【2018】Apple Watchを完全レビュー!365日使いこなす設定・使い方ガイド

最後に:ただ楽しみたいだけ by管理人

私はたくさんのレビューを集めたい。

それは、読者さんのためになる。というのも理由の1つではあるが・・・

何よりも私が皆さんのレビューを見たい。いろんな人の意見が聞きたい。ただ、それだけ。

もし、あなたがApple Watch Series 4を持っているのであれば、ぜひ、レビューを投稿してみてほしい。いや、お願いします。本当に楽しみにしています。どうかよろしくお願い申し上げますm( )m

みんなのレビューを見ながらみんなでワイワイするの楽しそうだなぁ〜!とワクワクしている。

一緒にAppleを楽しもう!!!

レビューの投稿はこちら。

メール。
appleshinja.com@gmail.com

Twitter。(DMがベターです)
https://twitter.com/appleshinja_com