管理人管理人

Apple Watchのヘルスケア機能が本日、アップデートされた。「心肺機能」を同年代との平均と自分の数値を比較することができるのでかなり便利。[@appleshinja_com]

Apple製品を購入検討中のあなたへ

Amazon公式のApple製品ポイント還元率がヤバい事になっているのをご存知だろうか?

※現在、品切れの製品も多い上に、還元率は頻繁に変わるので早めにチェックしておこう


M1 MacBook AirM1 MacBook ProM1 Mac mini


11インチiPad ProiPad Air無印iPadiPad mini12.9インチiPad Pro


Apple Watch Series 6Apple Watch SE


安く買うコツ

対応機種について

※注:AppleのApple Watchで心肺機能レベルの通知が利用可能に – Apple (日本)を見ても対象機種は書いていないのだが、血中酸素濃度の測定に対応しているApple Watch Series 6のみ対応していると思われる。

と書いていたのだが、読者さんから

いつも楽しく拝読しております。気になることがあり、コメント致します。
心肺機能測定はVO2maxのことで、おそらく酸素飽和度は関係がありません。VO2max自体の測定はwatchOSのアップデート前からできていましたし、series5でも測定できます。今回はそのVO2maxの「通知の設定」ができるよになっただけだと思います。この記事を見てSEからseries6に買い換えた方もいるようですので、ご確認下さい。

との情報がシェアされた。

ありがとうございます。
ということは、全ての機種で可能ということなのかな・・・?対応機種一覧が書かれていないのでどの機種が対応かがわからない…

心肺機能測定はこんな感じ

早速、試してみた。iPhoneのヘルスケアアプリで確認ができる。

私の心肺機能は同年代より弱いらしい。風邪になる度に咳が出るもんなぁ、、とか思ったり。

平均値はこんな感じで確認ができる。

これってアメリカ人のデータだけじゃないの?と思ってみたら、ソースはFitness Registry and Importance of Exercise National Database (FRIEND)とある。一応、国際的なデータっぽい。

設定方法

※設定する前にiOS 14.3とwatchOS 7.2にアップデート済みかは確認する必要あり

iPhoneのヘルスケアアプリを開こう。すると以下のように「心肺機能レベル」という項目があるはずだ。

設定をタップすると以下のような画面に。

説明が続く。


Apple Watch側の設定。当然通知をオンにする。

これで設定は完了だ。

今日のお告げ「Apple Watchはマストになる」

いやぁ、素晴らしい機能がまた追加された。これでまた健康への意識が高まる。

ちなみに、Apple Watch Series 6から搭載された血中酸素濃度についてもちゃんと計測されている。こんな感じ。

今のところ、かなり健康。だけど、心肺機能がやや弱いと言われたのが気になるので、外でランニングするのを少しずつ取り入れたいと思う。こうやって健康に意識を向けてくれるだけでApple Watchには価値がある。

やっぱりAppleは最高。

【おすすめ関連記事】
血中酸素濃度の測定機能だけをレビュー【Apple Watch Series 6】

Apple Watch Series 6のレビューを16名分集めてわかった100のこと