管理人管理人

私はApple Watchをこよなく愛している。スペックが天井に達したと思われる、Mac・iPad・iPhoneとは違い、まだまだ未完成なガジェットだからこそ、試せることも多いし、無限の可能性を秘めているからだ。だからこそ、私はApple Watch Series 4を当日に予約した。その理由と前作との違いについて今回はお伝えしていこう。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


12月11日(火)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2018年12月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

Series 4とSeries 3の8つの違いとは?

個人的にはこの8つの違いさえ抑えておけばOKだと思っている。

Apple Watchが本当に大好きなので、熱を入れて書いてしまった・・・今すぐに欲しくなっちゃうかもなので、その点は注意しながら読み進めてほしい。

私の使い方はこちら(18000文字超のレビュー)→【2018】Apple Watchを完全レビュー!365日使いこなす設定・使い方ガイド

違い1、表示領域

・Apple Watch Series 4
40mmケース→759平方ミリメートルの表示領域
44mmケース→977平方ミリメートルの表示領域

・Apple Watch Series 3
38mmケース→ 563平方ミリメートルの表示領域
44mmケース→759平方ミリメートルの表示領域

従来のApple Watchに比べて30%以上も画面が大きくなったその表示領域は圧倒的。

私はAppleのイベントを見ながら「よっしゃぁぁぁぁぁぁぁ!!!」と思わずにはいられなかった。本当に素晴らしいアップデートだからだ。

どうしても画面が小さいと誤操作も多くなるし、見づらさもあった。慣れればどうってことはないのだが、やはり大きいのは嬉しい。

後述するが、画面が大きくなってもバッテリー持ちは変わっていないし、素晴らしい技術だと思う。あぁ、早くApple Watch Series 4を手首に巻きたい・・・

違い2、プロセッサ

・Apple Watch Series 4
64ビットデュアルコアS4プロセッサ
S3プロセッサと比べて最大2倍高速

・Apple Watch Series 3
デュアルコアS3プロセッサ

もう、ね。これは、はっきり言って最高。最大2倍高速とかワクワクせずにはいられない。

これはiPhoneやiPadやMacの話なら、「うーん、もうそこまでのスペックは必要ないんだよなぁ。。」と冷静に聞いているところだが、Apple Watchともなれば話はまた別だ。

「アプリの起動速度」
「Siriの動作の軽快さ」
「Digital Crownを押した時の反応速度」

など全てにおいて向上していることだろう。

Apple Watchは毎年、大幅に性能アップの向上を感じられるガジェットだからこそ楽しい。

違い3、転倒通知

・Apple Watch Series 4
対応

・Apple Watch Series 3
非対応

Appleがイベントでドヤ顔で発表していたのがこの機能。転倒したりして、怪我をした時に救急車などを迅速に呼ぶことができるらしい。

緊急電話をしますか?

というような表示が出たまま60秒経過しても反応がなかった場合「意識がない」と判断して自動的に発信するという機能も搭載しているようだ。

これらは実際に実機が出てきてからレビューが並ぶと思うのだが、人命を救うサービスなので非常にありがたい。

違い4、心拍センサー

・Apple Watch Series 4
対応

・Apple Watch Series 3
非対応

人命を救うこの心電図の機能だが・・・残念なことに日本ではまだ対応できないようだ。

この件について、engadgetさんがAppleに確認してくれた記事が非常に参考になる。

この件についてAppleに確認したところ、Apple Watchは、FDA(米国食品医薬品局)によるデノボ(De Novo)分類済みのECGアプリケーションを使用。このアプリケーションはソフトウェアアップデートにより、米国内で今年の終わりに提供予定。しかし、日本を含む米国以外では、現時点では伝えられる情報はないとのことです。

ちなみにデノボというのは、過去に比較できる同等機種がない場合にFDAに対して行われる申請方法。FDAはその機器に対する分類を作成し、必要であれば新しい規制を設けます。

医療機器関連の法令は各国により異なっており、そのすべてに対応するのは難しいとの判断なのかもしれません。ただ、目玉機能ではあるので、実際には各国で調整中であり順次提供予定、となるのを期待したいところです。

なお、心電図以外では、不整脈通知機能も米国のみの提供となっています。

Apple Watch Series 4の心電図(ECG)、日本では使えない? Appleに聞いてみた(訂正) – Engadget 日本版

今後、日本でも対応させていってほしい。対応できないなら日本の医療業界は・・・とちょっと失望してしまう。

これがAppleでなくてもいい。人命に関わるのだから迅速に対応していってほしい。

違い5、デザイン

デザイン面で私が思う、主な変更点は2つ。

  • 1つの画面にたくさんの情報が表示できるように
  • Digital Crownの赤がかなり抑えられた色に

→Apple Watchのデザインをチェックする(Apple公式)

特に、1つの画面に多くの情報が一度に確認できるようになったのは嬉しい。

手首を傾ければ、私は知りたい情報が全て表示されている時代がくるなんて・・・あぁ、便利すぎる。

本当に最高。

違い6、容量が16GBへ

・Apple Watch Series 4
全モデル16GB

・Apple Watch Series 3
GPS + Cellular 16GB

私がGPSモデル押しだし、Apple Watch Series 2のGPSモデル(8GB)を利用しているので、これで8GBも容量がアップしたことになる。

曲を入れまくって、AirPodsと組み合わせて運動しまくるぞぉぉぉぉぉ!!!

AirPodsを1年間使い続けて分かった23のこと【辛口レビュー】

違い7、電池持ち

・Apple Watch Series 4
リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵
最大18時間

・Apple Watch Series 3
リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵
最大18時間4

バッテリー持ちについては全く同じ。ディスプレイサイズが大きくなったのでこの点については心配だったのだが一安心。

ただ、Touch Bar付きのMacBook Proのバッテリー持ちが公式発表よりも圧倒的に悪かったという事実もあるので、実際の使用者のレビューを見てから判断したほうがいいかもしれない。

違い8、【最重要】価格

・Apple Watch Series 4
GPS + Cellularモデル
56,800円(税別)〜
GPSモデル
45,800円(税別)〜

・Apple Watch Series 3
GPS + Cellularモデル
42,800円(税別)〜
GPSモデル
31,800円(税別)〜

価格差は、

  • GPS + Cellularモデル(14,000円)
  • GPSモデル(14,000円)

となっている。

→Apple Watchの価格をチェックする(Apple公式)

この価格差をどう考えるか?がポイントになる。Apple Watch Series 3でも十分な性能は備えていたし、1万4000円も安いのであれば、Apple Watch Series 3とAirPodsの組み合わせを購入するのも良い判断になるだろう。

だから、Apple Watch Series 3をコスパの面でオススメしたい。

と、言いたいところなのだが、私がオススメするのは、断然Apple Watch Series 4だ。理由は次項で解説。

【結論】どっちがオススメ?

圧倒的に、Apple Watch Series 4を私はオススメしたい。

はっきり言ってしまうと、Apple Watch Series 2でも、Apple Watch Series 3でもやれることは変わらなかった。

でも、私はApple Watchの買い替えに関しては当ブログでも非常に強く推奨してきた。なぜ、私がそこまでApple Watchの買い替えをオススメするのか?

それは・・・

サクサク感がぜんっっっっっっっぜん違うからだ。

初代→2→3と触ったことがある人なら分かると思うが、動作のサクサク感が全く違う。

  • アプリの起動速度
  • Siriの起動速度
  • Siriの反応速度
  • Digital Crownの反応速度

もう、別次元のスピードアップを実現してきたApple Watchだからこそ私は買い替えたい。

watchOS 5では、口元へ持っていくだけでSiriが起動するようになるらしい。手首を傾けて時間を見る動作と、口元へ持っていく動作を判別してSiriを起動させるようなので驚きの技術だ。

さらに!!!

Siri ショートカットという驚異の機能がwatchOS 5では搭載される。

例えば、

「帰宅。」

とApple Watchに呟くだけで、

  1. 家族にメールを送る
  2. メモに帰宅時間を記録
  3. ナビを開始
  4. 好きな音楽を聴く

などの動作を設定しておけば、全てをたった一言で起動させることができる。作業効率化が大好きな私としてはこれを試さないわけにはいかない。(上記の動作はあくまでも例。正式アップデート後に何ができるか確定ので当ブログでもしっかりお伝えしていきたい)

これらの機能をテンポよく行いたいからこそ、私はApple Watch Series 4を予約日に予約したわけだ。

あなたもこの可能性に賭けてみたいなら、Apple Watch Series 4を手に入れてみる価値はあるだろう。

Apple Watch Series 3ユーザーは買い換えるべき?

結論としては、

実機を触ってみてサクサク感を感じるのであれば買い替えはあり。

だと思う。ただし、Apple Watch Series 3は十分にサクサク感はあったのでそこまで買い換えを重要視する必要はないと思う。

実際、当ブログの読者さんたちの声を聞いていると、Apple Watch Series 3ユーザーの方は見送りの人が多いようだ。

総評:時代とApple Watchがリンクし始めた

私は嬉しい。

Appleのイベントを聞いた時に本当に嬉しくなった。

やっとAppleがApple Watchで目指してきたものが今回の発表で見えてきたからだ。AppleはApple Watchで本気で人類の健康を支えようと考えている。

しかも、iPhoneとの親和性は抜群。Apple Watchがさらに進化した時、人々はiPhone以外の選択肢はなくなってくるだろう。

これからどんどんと手元の端末でできることが増えてくる。そう考えると「今」自分は未来にいるんだなぁと感じて嬉しくなる。ただし、まだまだApple Watchは未完成品。初期のiPhoneの進化に似たスピードで成長している。

今はiPhone 3GSくらいの性能だろう。これから、ガジェット好きの人からのフィードバックを得ながらAppleがさらに素晴らしいガジェットに仕上げていくのが楽しみだ。

ガジェット好きで、Appleが好きなら試してみたいとは思わないだろうか?

Apple Watchの情報をチェックする(Apple公式)

【2018】Apple Watchを完全レビュー!365日使いこなす設定・使い方ガイド

【Apple Watch Series 4】どっちがオススメ?40mm?44mm?