管理人管理人

当記事はApple Watch Series 6のレビューをブログ読者さんとTwitterのフォロワーさんから集めさせて頂いたもの。正直で誠実なレビューを数多く集めたので、ぜひ参考にしてみてほしい。これが本物のレビュー!![@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


10月28日(水)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年10月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに

現在、レビューを募集中です。

500円のAmazonギフト券もお礼に渡しておりますので、ぜひ気軽に投稿してみてください。

ーフォーマットー

基本的にはどんな書き方でも良いのですが、統一した方が伝わりやすい部分もあると思いますので以下の項目だけは書いて頂ければ幸いです。

  • メリット
  • デメリット
  • オススメしたいかどうか
  • プラスα 画像を1枚
  • 総文字数800文字以上

この5つがあれば、どんな文章でも、他の読者さんに伝わるかなぁと思っています。募集要項の詳細は以下をご確認ください。

重要なお知らせ。レビュー投稿のお願いについて。

投稿は私の方で行いますので、以下の連絡先のいずれかにて送信して頂ければ幸いです。

メール。
appleshinja.com アットマーク gmail.com

Twitter。(DMがベターです)
https://twitter.com/appleshinja_com

当記事の完成例はこちら。iPhone XRバージョン→【辛口】iPhone XRのレビューを11名分集めてわかった85のこと

レビュー1「Apple Watch Series 5からの買い替え」

はじめまして。いつも楽しく拝見しております。

私も一年前までandroidだったのに、この半年で試しにiphoneを買ってみてから、apple watch、ipad、air podsと一気にapple信者になってしまいました。毎年1回新製品の発表にわくわくできるってよく考えたら素晴らしいことですよね。

今回Apple watch series 5 を買い替えて series 6にしましたので参考になればと思いレビューをお送りします。

メリット

・反応速度

series5に比べて反応速度がかなり向上しました。今思えば5はタッチしても反応が少しもっさりしており、そういうものだと思えば特に苦にはならなかったのですが、6は本当に一瞬で画面が切り替わり、操作していてかなり快適です。

6を使うともう他のシリーズには戻れない印象です。

・画面表示

画面表示がくっきりして、文字もより鮮明で読みやすくなりました。特に動かしていない時の表示は見やすくなりました。ただ、これは人によってそれほど印象は変わらないかもしれません。

・血中酸素濃度

この機能目当てで購入しました。自分の体調不良のサインを早めに知ることができてよいと思います。

まだこれからですが、風邪をひいたり体調が悪いときの濃度を予め把握しておけば、数字が悪くなった時に早めに対応できるかも、と期待しています。

体温計よりも手軽に測定できると思います。ただ、意外と測定時はじっとしていないといけないのが外出先だと測定しづらいかも、と思いました。

・5のカバーやバンドがそのまま使える

当たり前かもしれませんが、5で使っていたカバーやバンドがそのまま使えるのはありがたいです。私は別売りのミラネーゼループバンドを使用していたので、

それが6でそのまま流用できるのは良かったです。また、外見はベゼルも含め5と変わらないので、逆に他人からウオッチを短期間で買い替えたミーハー者、などと思われないのもそれはそれでよいかと思いました。

デメリット

・バッテリー
 
5と変わらず18時間しかもたないのは改善してほしかったです。睡眠記録機能も付加されたので、なおさら1日以上は持ってほしいと思います。

ただ、寝る前に風呂に入っているときに100%充電して、朝起きてみたら睡眠アプリを使用していてもまだ99%だったので、睡眠時のバッテリーの消費は抑えられているようです。一日一回の充電で、かつ短時間で済むようですので、習慣になればそれほど気にならなくなるかもしれません。

おすすめしたいかどうか

総じて地味なアップデートですが、反応速度の改善は案外気持ちよく、私自身は買って大変満足しています。他方他の人にはそこまで魅力的になるかはわかりません。

やはり血中酸素濃度測定に魅力を感じるかどうかが分かれ目でしょうか。ただ機能うんぬんより、やはりappleの新製品を買うかどうか迷ったり、買ってみんなとその感動を共有すること自体が楽しいですね。

以上です。これからも楽しい記事を楽しみにしております。

レビュー2「Apple Watch Series 3からの乗り換え」

Apple watch Series 3 42mm GPSモデルからの乗り換えです。今年の6月に急にApple Watch を使いたくなりApple Watch Series 3を購入し3ヶ月程度使用していました。

特にseries3に対して不満は無かったのですが、母親がApple Watchを欲しいといっていたので、自分のseries3を母に譲り、自分はseries6 44mmGPSモデル アルミニウムケースを購入しました.写真のバンドはこの夏暑すぎたので汗対策で購入したものです。まだまだ残暑が厳しいので夏にお勧めのバンドがありましたらみなさん教えてください。

メリット

・画面が大きい
開封した時点では大きな違いを感じることはありませんでしたが、実際に起動し、液晶が点灯すると画面の見やすさに驚きました.

・サクサク動く。遅延がない。
使い始めて3日ですが、特にサクサク感を感じるのは以下の時です。

Apple Watchで音楽やYouTubeの操作をするとき。
自分は大学の研究室で一人で作業する時に音楽を聴いたり、BGMとしてYouTube で動画を流したりしています。基本的にはAirPods proを使って音楽を聞いていますが、急に話しかけられることがあります。

そのような時は、Apple Watch の操作画面から音楽、動画を止めるのですが、series3の時は操作してから実際に音が止まるまでタイムラグがあるなぁと感じてきました。しかし、series6ではそのタイムラグをほとんど感じることがなくなりました。同様に、音量操作でも遅延を感じることは無くなりました。

・常時点灯良い(series6のみの特徴ではありませんが、、、)
これまでにseries3を使用していて最もストレスだったのが画面が常時点灯しないことでした。僕は腕を動かさずに時間を確認したい時がしばしばあります。

特に、何かの作業中や運転中、他人に時間を聞かれた時です。作業中、運転中は特に言及する必要はないと思いますが、他人に時間を聞かれた時というのは独特な気がしますので少し説明します。

常時点灯モデルでない場合は腕を持ち上げることで画面が点灯すると思いますが、たまに画面が点灯しないことがありませんか?そのような時に再度腕を持ち上げたり、動作を大きくするなどしてApple Watchの画面を点灯させようと試みると思います。

個人的には人前でこの動作をすることが嫌でした。一人で時間を確認する時も画面が点灯しないと煩わしく感じると思いますが、人前だと特に恥ずかしい。常時点灯が可能になったことで、より時計としての完成度が高くなったと思います。

デメリット

・全体的にはマイナーアップデート
サクサク感、血中酸素濃度、コンパス等々機能の追加はありますが、革新的な機能の追加はありませんでした。また、デザインは特に変更がない。赤や青といった新色が出ましたが形状自体はこれまでと同じだと思います。Series5を持ってる方は5万程度出して買い替える必要はないかもしれません。

レビュー3「4日使ってみました」

applewatch6 PRODUCT RED GPSモデルを購入しました~!

iPadpro2018とiPhone11持ちなのでwatchも欲しいな~と思っていたのですがせっかくなら新商品が欲しい!と9月を心待ちにして満を持しての購入です!

ただパソコンの前で何十回とスタイルを組み立て「決まらんーーー!!!」と吐きそうになっている内にどんどん在庫がなくなり(◎_◎;)これは実機を見て決意するしかない!と新宿のアップルストアに駆け込みました。勢いに任せて行ったのですぐには入れず1時間30分ほど待ち。いよいよ中へ!

一番にサイトで購入することをためらっていたのはソロループでミーハーな私はより新しい物を持ってみたいのですが、これは危険な匂いがする!これだけは見ずに購入してはいけない!との脳内ピコピコ危険信号は大当たりでした!実際つけさせてもらったらかなりの力で伸ばさなくてはならないし確かにタイピング時にフラットなのは便利そうだけどちょっとだけ心もとない印象。

スポーツバンドも付けさせてもらってやっぱりこっちの方が安心感があるとバンドはスポーツバンドにしました。

SEのゴールドか6のレッドかと目星はつけていたのですがこちらもミーハー心で最新の6に決定。色は実際見たら思ったよりド派手な印象で(持っているiPhone11のredより朱赤な感じ)迷いましたがやっぱりiPhoneと同じredにしました。

さて購入より4日経過した私の感想です。

メリット

美しい!テンションが上がる!仕事がパソコン作業なので目の端にチラ見えするのが堪らない!iPhoneもprojectredなのでお揃い感が嬉しい!まだアプリを少ししか使えてないので感想が少なくて申し訳ないのですが振動で起床できるのとsuica機能はとっても便利♪充電については前評判を見てちょっと心配していましたがお風呂の時に急速充電するくらいで1日使えるので私は不自由してないです。

デメリット

正直ちょっと厚さを感じる。仕方ないけど将来的には半分くらいの厚みになればいいのに…と思う。スポーツバンドもちょっと暑い。

オススメしたいかどうか

初めての方ならオススメしたい!日々楽しい。大人のおもちゃ(笑)しかし私のようにミーハーでなければSEでいい気がします。よっぽど健康に留意されている方でなければ血中酸素濃度測量の必要性はそこまではないかな~と。私も数回で飽きちゃったし(^^ゞこれが検温機能だったら絶対おすすめしますが。

おまけ

血中酸素濃度の機能ですが96~100%位で「まあ健康!」と数回で飽きてしまっていたのですが(^^ゞ旦那と大喧嘩した後に計ったら初めて84%と低く出て、すごいこれはちゃんと機能している!と感動しました(笑)
AirPodsとの組み合わせが最高そうなのは解っているのですがこちらも10月に新商品が出るかも~と様子をうかがっています。

レビュー4「Apple Watch Series 4からの買い替えです」

遂に来ました、Apple Watch 6。

全世界のApple信者が待ちに待ったティムクックの発表。私も午前2時からの発表を見て、見終わった後すぐに買うため、夜中の3時半にプリンターをウィンウィンしていた30半ばのおじさんの1人です。

ウォズさんが工作をしているおじさん達がたくさんいるんだろうな、とツイートしてて、同じことしててワロタ、でした。

さて、レビューさせて戴きます。

ウォズさんと同じApple信者として、今回のApple Watchの総評をしたいと思います。因みに、結論から言うと、私は買いだと思っています。更に因みに、私はApple Watch 4からのユーザーですので、それも踏まえて、買い替えて良かったとは思っています。

メリット

メリットの一番は、動作がキビキビしたところ。これは大きい。今までは画面遷移だけでも若干のもっさりがあったかと思いますが、今回はほぼ現行iPhoneくらいの動きかな、となったと思います。

また、電池持ちですが、これまでと比べてもっているのも感じます。5も常時表示になって良くなったなと思っていましたが、今回もいいです。

常時表示やめれば1日は余裕です。

私はワークアウトでは使用しないので、電池持ちはワークアウトをするかどうか、Apple Watch単体でミュージックを聞くか、辺りがなければ、余裕だと思っています。

そして、血中酸素濃度は、いつも91くらいなので、不健康なのかな…と不安になります。精度は高いです。バンドのつきかたにも寄りますが、しっかりはかれています。

また私の場合の利点としてかもしれませんが、Apple Watch 5の時にもできた、マップ表示がすこぶる快適になった印象です。

自転車で知らないところに行く時によく利用してますが、最高です。因みに徒歩のルートで出すので、たまに階段案内されて、おおっと、となることはありますが…日本も全国の自転車マップ対応が望まれるところですね。徒歩でも十分使えますけどね。

デメリット

Apple Watch本体のデメリットは、はっきり言ってないです。

まあ電池くらいかな…自分の場合はお風呂で外してMAXにした後に、そのまま使い切ります。ただ、ワークアウト等すると減るので、モバイル充電器は持つようにしています。睡眠も今回から取るようにしたので、電池はこのルーティンがベストかなと思っています。でも電池もApple Watch 5よりもちますよ。

それからたまにLINEの通知が来なくなる現象があり、メッセージでだったらバッチリ、なんてのがあるので、嫁からの連絡が分からなくてApple Watch持ってる意味無いやん、と思うこともあります。この原因はよく分かっていません。

一番のデメリットは、なんといってもソロループです。

初めに言っておきますが、ソロループの商品自体はとても素晴らしいです。最高です。私は普通のソロループも、プレイデッドも買いましたので、両方の良さも分かります。

それの何がデメリットなのかと言うと、サイズ選びです。自分の場合は、こんなことがありました、というのをレビューしておきます。

俺のマブダチ、ティムクックが発表をしたあの日、夜中にいそいそと工作をして、サイズを測りました。私は、9のサイズだということがその時分かりました。

しかし、発注をした後、今度はプリントアウトしたものではなく、リアルの巻尺で測ると、17.0が私のサイズだったことが分かりました。それだと8かな、という感じなのです。7もいけそうでした。丁度中間ラインだったようです。

だが、変更をしようにも夜中の4時、こりゃ無理だと言うことで、諦めて次の日にサポートに連絡しました。そこでの案内は、リアルに測った値を信じても良いですが、お客様は9で良い、という案内で、もしサイズ違っても返品交換できます、とのことでした。

しかし、実際には届いた9だとダボダボとは言わないでも、緩い感じ。うーむと思い、返品の相談したら、8にするならそっちの方はご自分で、もしくはサポートの方で発注のご案内をします、ということ。

つまり、買い直すわけで、もう一度並び直すわけです。既にソロループの発注は6〜8週間待ち。その間、返品すればApple Watchがない数週間が始まる…絶望でしかないです。

特に私は仕事でApple Watch必須なので。携帯を持って仕事ができない仕事なので、Apple Watchセルラーには非常に助けられているわけです。

で、仕方なく、お金のない私は発注し直しました。しかしこの後にもまた落とし穴がありました。

それは
8でも緩いかも、という事実でした。

勿論、念の為に言っておきます。私は9でも使えます。時計がダボダボで、ひっくり返って掌側に来る、ということはありませんでした。8でも良かったです。

しかし、Apple Storeに出向き、試着の体験をさせてもらった時。ソロループと、ブレイデッドも、どちらも両方のサイズを試着しました。

するとどうでしょう。

7がベストで、ぴっちりだけど痛くない、6もいける…!!!
ソロループ、なんて恐ろしい子…!!!!!

となったんです。

こればかりは個人の感覚ですから、難しいですが、これまでミラネーゼループをずっと動かない程度にしめていた私からすれば、Apple公式のサイズより、小さい方がいいな、ってのが結論でした。

Apple Storeでもめっちゃ付け替えて確認したので間違いないです。

それに、ソロループは絶対にのびます。サイズがワンサイズくらい分、のびてしまう日が来るでしょう、とストアの店員とも話しました。

それなら、7がいいけど、6にするか、ってなわけで、最近、6で頼み直しました。それまで、Apple Watchは無い状態が続きますが、仕方ありません。もうすぐ返品なので、悲しいです…

また、ブレイデッドですが、普通のより絶位に蒸れません。お金出してブレイデッド買っても良いです。ってか買ってください。
水がつくと色が変わる、というのは、YouTuberの「Appleが大好きなんだよ」さんの動画で見てもらえれば分かりやすいです。
しかし、それくらいで後はデメリットないです。

最高なので買ってください。

個人的には白いバンドしてるお姉さんとか見ると、ウォズさんのように、おおっと、危ない危ない、みたいになります。白いブレイデッド出ないかな…

まとめ。ソロループは最高です。

しかし、サイズはマジで試着しないとダメです。Appleが公式に本体返さなくてもバンドだけ交換するよ、と言っていたので、これからはサイズ選び失敗しても少しは良くなるかな。

ストアが近くにない方々にとっては、かなりの朗報だと思いました。近くにある人は絶対試着して!!自分みたいな人が出ないことを願う!!!!

オススメしたいかどうか

オススメしたいです。Apple Watch 4からの買い替えならしてください。5からなら、そんなに、かもしれません。そして、5をお持ちの方は特に、バンドだけ交換するのでもかなりいいです。

ギズモードの編集の方が言っていましたが、繋ぎ目の無いソロループのお陰で、大切なMacBook Proをいじる時に、傷付ける恐れがありません。これは良いです。

電池が気になる方も是非。血中酸素濃度だけなら買わなくて良いです。

レビュー5「Fitbitも使っていました」

スマートウォッチ略歴
Apple Watch S3→Fitbit数種類(InspireとかFitbit2とか)→Apple Watch Nike Series 6

メリット

・コンパクト
・ベゼル幅が狭い
・一度に得られる情報量が多い!
(インフォグラフ系)
・綺麗!
(あまりの神々しさに、箱を開けた瞬間窒息しそうになりました)
・常時表示
(一つ、「時計」に近づいた気がします。)
・通知が文字化けしない
(Apple Watch以外だと、結構ありますよね?)
・自分の健康をモニタリングできる!

特に常時表示は、仕事柄パソコンと向き合っている時間が長いので、チラ見で時刻を確認できるのはとっっっても便利です。私は、プライベートではiPhoneSE 2とiPad Air3と白マック(2010笑)を仕事でMacBookAir(2020)を利用しているのですが、Apple Watchとの連携は非常に素晴らしいと思います。

また、睡眠障害を患っているので、心拍、睡眠、血中酸素濃度などで、ライフハックできるのは、本当に素晴らしいの一言です。

デメリット

しいてあげるなら2点、

・表面ガラスがサファイアガラスではない
・バッテリーがほぼ24時間しか持たない

となります。

もちろんアルミニウムモデルなので、IonXガラスであることは承知の上なのですが、普通に5万円近い時計を買うと、ほとんどがサファイアガラスを使われている現状があります。

ぶつけたり、こすったりしたことを考えると美しいWatchの外観は崩れますが、ケースをつけて管理するしかないかなと思っております。バッテリーは急速充電のおかげで、夜寝る前に1時間ほど充電する習慣ができてきたので、そこまで困っていません。それを犠牲にしてもやはり、常時表示のメリットがそれを上回りますね

おすすめしたいか

Series 3などで、手をクイっとして時間表示することにイライラしている方は即買いだと思います。確かに値段は張りますが、自分の健康をモニタリングしたい、普通の時計+αを求めている方には是非とも使っていただきたいです。

2~3年間使うことを考えると、月に2000円、これで健康を毎日チェックしたり、時間を有効に活用にできるようになるのであれば、十分納得できる価格だと思います!

レビュー6「初めてのApple Watchです」

Apple watchを初めて購入いたしました。

Apple watchは出た当初から気になってはいたのですが、腕時計として見た際にこれまでの腕時計通り使うことはできなさそうということで購入には至っていませんでした。(主に腕を傾けなければ画面が点灯しないという点で)

しかし去年のSeries5から常時点灯機能が付き、腕時計として使用するには不便がなくなり、そしてWatchOS7では睡眠機能が追加されるということで、かなり魅力的に映り購入いたしました。

どうせ購入するなら新しいものが欲しかったので、Serise6が発表された日にオンライン注文し、21日に到着しています。

初めてのApple watchということで、これから挙げるメリットデメリットにはSeries6特有のものではないものもありますがご容赦ください。

ちなみに、購入時に想定してた大きい用途としては下記です。

・腕時計としての時間確認、洋服と合わせてのファッション
・運動記録管理(ランニング)
・健康記録管理
・天気の確認
・日付の確認
・LINEの確認・返信

メリット

・Siriが手元にある便利さ
購入時は全く想定していませんでしたが、Siriがいつも手首にいるととても便利でした。

自分はAirPodsProを持っているので、つけている時はそちらでSiriを起動しますが、つけていないとき、主に自宅にいるときや運転しているときにSiriを使用してます。

カップラーメンやゆで卵の時間を計る時手首に「〇〇分計って」。車で運転している時、流れている音楽を変えたいとき「〇〇(曲名)を流して」。今まではiPhoneを持って言わなければいけないことが、手首を口に近づけるだけで済むようになりました。

・バンドが変えられる
自分は平日スーツを着て仕事をしているので、選ぶ腕時計もスーツに合う金属製のものでした。

しかし金属製の腕時計だけだと、休日カジュアルな装いをした際に合わせる時計がなく地味に不便でした。(かといって休日のたまにカジュアルな装いをするときだけのために時計を新たに買いたくもない)

しかしApple Watchはバンドを変えることができるので、フォーマルな装いの時はリンクブレスレット、運動時やカジュアルな装いの時はスポーツループバンドと付け替えて使用できるのがうれしいです。

・充電速度が速い
これはSeries6特有のメリットですが、充電速度が速いです。

0%から100%に充電するのに、1.5時間だそうです。(すみません試してはないです・・・ただ60%から100%は30分くらいで満タンになります。)

睡眠中もApple Watchを装着することを考えると、充電できる時間はお風呂の時間くらいになってくるので、Apple Watch1台体制で睡眠時も付けようと考えている人は、このメリットをかなり受けれると思います。

・小柄でも付けられる
Series6の40mmを購入しましたが、特に違和感なく装着できています。

自分は男性ですが身長は153cm、体重は46kgと女性のような体型をしており、男性向けの装飾品はサイズが合わなかったりしますが、Apple Watchではそのようなことありませんでした。

デメリット

Apple Watchとしては特に思いつきませんが、Series6として見た場合、既にApple Watchを持っている人が買い替えるほどのものではなさそうくらいでしょうか。

常時表示に魅力を感じる人はSeries5で買い替えているでしょうし、そうなってくるとデザインも変わっていないことから買い替える人は血中酸素濃度測定機能に魅力を感じた人やちょうど買い替え時期の人くらいでしょうか。今使用しているApple Watchに不満がない方が買い替える程の製品ではないかなと思います。

ただ、自分みたいな初めてApple Watchを買う人でこれからがっつり使っていくぜって人にはとてもおすすめしたい製品です!

レビュー7「SEではなく、Apple Watch Series 6を選びました」

【Series 3からの買い替え】

COVID-19の影響で在宅勤務メインになり、運動不足をどうにかしようとSeries 3のGPSモデルを今年の4月に購入しましたが、watchOS 7へのアップデートが容量不足で出来ないのを言い訳にSeries 6を購入しました。

そのためSeries 3からの買い替えの目線で書いていますので、ご了承ください。

また今回はお手頃なSEではなく、あえて6を選びましたのでその辺りも書いています。なお、これまで使っていたSeries 3はTrade inでお別れすることにしました。

メリット

•急速充電に対応
私がSEではなく6を選んだ最大の理由です。

今までは常に電池残量を気にしつつタイミングを見て充電していましたが、ある程度までは素早く充電してくれるということなので頼もしいですね。充電問題がゼロになった訳ではありませんが、気が楽になりました。

•常時表示
これも6を選んだ理由の1つです。

チラ見で時間が確認できるのはやはり良いですね。腕時計らしくきちんと使えるようになったなぁと感じました。誰かといる時に露骨に時間を確認するとあまり良い印象ではありませんので、営業など人とお会いする機会の多い人にはかなりのメリットになるかと思います。私も営業時代は腕や目線を極力動かさないようにして、テーブルの下でこっそり時間を確認していました…

•使える文字盤が増えた
Series 3では使える文字盤に制限があったので、インフォグラフなどネットでおすすめされている文字盤が使えるようになりとても嬉しいです。

•画面が大きい
元々Apple Watchの小さな画面で何かをするつもりはありませんが、それでもアプリの一覧や設定画面の見易さ、ミスタップの低減に繋がります。手首サイズの都合で大きなモデルは使えないので、同じボディサイズで画面が大きくなったのはありがたいです。

•ストレージ容量が増えた
Series 3のGPSモデルゆえの悩みでしたが、ストレージ容量がとにかく少なく音楽が少ししか入らないことやOSアップデートの空き容量確保に苦労させられました。

•動作がサクサク
新型なので当然と言えば当然ですが、アプリの起動や音楽の再生など、全てにおいて動作がスムーズになりました。心なしか、音楽のダウンロードも早くなったような気がします。

•Siriの反応が良くなった…?
気のせいかもしれませんが、手首を上げて話す時の成功率が高くなったように感じます。チップ性能やOSアップデートによるものかもしれませんが、精度や反応速度も速くなりました。

•本体が少し薄くなった
3以前の厚みのまま40mmにサイズアップされたらかなり大きく邪魔に感じたと思いますが、ほんの少しだけ薄くなったおかげか、並べて比べない限りあまり大きくなったなーという感じがありません。
(それでも通常の腕時計よりはまだまだ分厚いのですが…)

デメリット

•全体的にマイナーアップデート
私は3からの買い替えなので画面サイズや文字盤の種類など色々と感動がありましたが、正直4以降をお持ちの方にはあまり大きなアップデートではないように感じます。もちろん常時表示を魅力的に感じる方は買い換えるのもいいと思います。

ですが5をお持ちの方にとっては、ケースの色や素材でこれは!というものに出会ってしまい夜も眠れない…という状況でもない限り、買い換えるメリットは少ないと思います。

今回私が買い換えたのもOSアップデート問題が原因で、SEより高い6にしたのは常時表示と急速充電が欲しかったからです。仮に今5を持っていたら、血中酸素濃度と急速充電のためだけに買い換えることはなかったと思います。(4なら常時表示が欲しくなっていた可能性はありますが)

おすすめしたいかどうか

いい製品なのでおすすめしたいです!とはいえ状況によって少しずつ違うので、分けて記載します。

まず初Apple Watchであれば、基本的には6ではなくSEでデビューされることをおすすめします。その方がバンドを買って変える楽しみが増えます。

Series 3以前のモデルをお持ちの方には、SEか6への買い替えを強くおすすめします。音楽が思うように入らないとか、アップデートの度に苦労して空き容量を確保するといったことから開放されます。

それ以外の4、5ユーザーの方にとってはマイナーアップデートに過ぎないので、SE含め今慌てて買い換える必要は無いと思います。新しいバンドが気になるなら、バンドだけでも購入できますので。そのお金で美味しい物を食べるなり、AirPodsをAirPods Proにすることなどをお勧めします。

そしてどのモデルでも、アルミのシルバーかスペースグレイが欲しい方にはNIKEモデルがおすすめです!
バンドはエルメスでもナイキでも後から好きなだけ買い足せますが、文字盤は買い足せません。同じ金額であれば、使える文字盤が多い方がお得だと思います。

レビュー8「Apple Watch2台持ちのために買い増し」

Apple Watch Series 6(Nike40mm)を買い増しました。今まで使用していたモデルは、Apple Watch Series 4(Nike40mm)です。

睡眠計測、ワークアウト、仕事中と、Apple Watchを使いたいシーンが増えてきました。長めのワークアウトすると、夕方にはバッテリー残量がほとんどありません。

もう1台買って、切り替えて使えないかなと考えるようになりました。

調べてみると、iPhoneのWatchアプリでは、複数のApple Watchの登録が可能で、手首にはめたApple Watchを自動で認識できます。2台を切り替えて使えるのが判ったので、Apple Watch Series 6の発売を待っていました。

Apple Watch Series 4睡眠計測
Apple Watch Series 6ワークアウト、仕事中

切り替えて使用中です。

Apple Watch24時間使用の環境が整いました。

そうそう、2台の切り替えでワークアウトのデータは引き継がれます。

但し、切り替え直後は、切り替え前のデータのままなので、リング全てをコンプリートしていても、通知で「まだ、時間ありますよ」と諭されますけどしばらくすると反映されます。

メリット

・血中酸素濃度
この機能目当てで購入しました。
肺に既往歴があるので、血中酸素濃度機能が日本で使えるか、Appleに問い合わせたくらいです。

医療品ではないと、念押しされましたけど

・常時表示
4であまり不満なかったのですが、常時表示を使い始めると考えが変わりました。
チラ見で時間が判る幸せ
ようやく理解できたかも

・ワークアウトで使い始めていますが、4よりバッテリーが減りません。
6kmのウオーキングで、消費電力は、4だと12~14%、6だと8~10%です。常時表示の6のほうが消費電力が少ないことに驚きました。

余談ですが、Apple Watchのアクティビティの3つのリングで「スタンド」が閉じずに苦戦していたのですが、Apple Watch Series 6だと、スタンドの動きが良くなったかも
早い時間にコンプリートしてます。(あくまでも本人の感想ですが)

デメリット

特にないかな

4と6の併用なので、電池持ちを気にしていないので

ちょっと補足:血中酸素濃度測定

職場にあるパルスオキシメーターと比較しましたが、Apple Watch Series 6は、バラツキがでます。

<1時間ごとに3回計測>
パルスオキシメーター99%変わらず
Apple Watch Series 695%、99%、97%

医療品ではないので、目安と考えたほうがよさそうです。

おすすめしたいかどうか

4を使っていて、常時表示に魅力を感じるなら買いです。
チラ見の魅力感じて下さい。

但し、4ですが、Watchos7になって、処理速度が上がっていて、反応が良くなっています。まだまだ、現役として使えるので、手持ちのApple Watchを有効活用するというのも、ひとつの考えです。

どちらか故障してもスペアがあるという安心感がありますから
2台持ちで、24時間使える環境になります。

レビュー9「腕時計からの移行」

今回初のスマートウォッチです。
Series6のレビューですが、腕時計からの移行という視点もございますのでご了承ください。
購入モデル:40mm アルミケース シルバー
購入バンド:ミラネーゼループ・モダンバックル・ソロループ

メリット

・Series6は充電が早くなった&意外とバッテリーが長持ち
私は入浴前から寝る前までに充電をしますが、充電開始時は30%程度でも、寝る前にはフル充電されています。現在充電後19時間程経っていますが、残量は49%であり帰宅まで心配いらないです。

なお、ワークアウト利用時は少し減りが早いように感じます。他のスマートウォッチと比べるとバッテリー持続時間は短く、確かに2日以上持つかは怪しいですが、充電習慣が出来れば問題ないかなと思います。

たまの充電に油断して出先でバッテリー切れなんてこともありそうですし、自分はこのくらいで良いかなと思いました。

・画面が明るく常時表示状態でも十分視認可能
常時表示状態は暗くなるのかと思いきや、明るさは十分で今のところ見づらいということはありません。時刻確認については腕時計からの以降でも違和感は少ないのではないでしょうか。
蓄光のないアナログ腕時計だったもので、夜道でも見やすいメリットは大きいです。

・ソロループのつけ心地がもはや空気
Series6に限った話ではないですが、あまりにも良いので追加します。肌触りがさらっとしていて、重量もさほど感じず、付けていない気すらします。

睡眠計測ひいては自宅での装着をするには腕時計含め最高だと思います。常に装着することが望ましいデバイスだからこそソロループは絶対必要だと思います。切実に全ユーザーに配布してほしい!

自分は血中酸素濃度測定に重きをおかず装着時の楽さをとって少し緩めにしました。測定ツールの番号そのままだと少し緩めになる印象でした。右と左でもサイズが変わるほど細かいサイズ設定なので可能な限り試着がおすすめです。

配送だと何週間も待つ状態ですが、“私がAirPodsを6週間待たずに当日購入した裏技とは?”の記事を参考に朝公式HPに張り付き購入できました。

デメリット

・血中酸素濃度の測定可否はシビア。かつ値は参考程度。
AppleStoreでサイズを測定してもらい、ソロループ3サイズ(きつめ・ぴったり・ゆるめ)で血中酸素濃度の測定を行いましたが、何度やっても測定ができませんでした。店員もなぜかわからないようでした。

ゆるめのソロループを購入し、自宅でAppleWatchをぴったりつけたり、ふつうに測定したりしましたが、たまにしか測定されません。また、パルスオキシメーターとの値比較をされた情報では値が低く出る傾向にあり、やはり目安としての値であり、増減を参考にするのが現実的な活用方法かと思いいます。

・意外と分厚い
今まで腕時計だったせいか、少し厚さを感じます。

Series6のモデル選びの際、4年使用した腕時計はあまりぶつけず傷もなかったことからアルミケースにしましたが、この分厚さのせいか何かにぶつけることが増えたように思います。

そのため、ステンレスケースもしくはAppleCareへの加入はアリだったかなあと思いました。

オススメしたいかどうか

間違いなく買いだと思います。

毎日充電しなければならない以上、充電が早いというのはかなり大きな違いです。もし充電を忘れ、外出前にしないとという時には、フル充電0.5H短縮の差はかなり響いてきます。数年間使うとすれば、そこにはSeries5(整備済)との価格差以上の価値はあると思います。

ラインナップも増えましたが、最新チップはこれだけです。長く使う前提であれば、現時点ではこの機種だけが耐用年数は1年長いとも言えます。そうするとこの多機能さでこの価格。むしろコスパはかなり良いと思います。

また、健康系機能・腕時計機能・充電性能いずれにおいても現時点でのAppleの最高峰モデル(いわばPro)を、廉価モデルのSEに1.3万円プラスすることで手に入れられるというのは、他のAppleデバイスではありえないことです。

iPhoneSE→iPhone11ProやiPad→iPadProなどは少なくとも2,3倍は価格差があります。であれば最高峰モデルを体験するハードルは低いといえます。

もちろんSEにして浮いた費用をほかのデバイスに回すのも良いですが。AirPodsProの購入費用補填にもちょうど良い額ですしね。

SEにする場合は、画面の復帰までのラグを確認してからをオススメします。自分はSeries6発売直前、家電量販店のSeries3で確かめましたが、時刻を確認したいと思った瞬間に確認できないことに時計として難を感じ、Series6を待ちました。

あとAppleWatchはバンド交換で色々な服装・シーンに合わせられるので何本も買わずに済むのがいいですね。そうすると少し高くつきますが、ひとつの本体を長く使い愛着も湧くのだろうと思います。

レビュー10「Apple Watch Series 2からの買い替えです」


(apple の trade in では、リストバンドやケーブルなどが手元に残せるので良いですね)


(USBバッテリー内蔵の可搬型チャージャーです。かさばるのが難点です)

今回、apple watch を series2 から series6 へと買い替えましたのでご報告させていただきます。

始めに、買い替えの動機。

1    watch OSのサポートがメインストリームから外れていること
2    大型ディスプレイの、特にインフォグラフが使いたいと思ったこと
3    常時点灯が欲しかったこと

(及び、今なら、有利な条件で下取りができると思われたこと)

メリット

日々の活動量がチェックでき、数値で比較出来、健康管理に役立てられると以前から実感しています
suicaでの交通機関利用や 、apple pay での買い物の支払いが確実にできること
(これも、自然に便利かつ、安全です。ついでにマイナポイントもsuica設定にしています)

もちろん、動作はキビキビとしていて、小気味良い程です
通知機能はこれなくては始まらないと思えるほど
メモリー容量は初期の iPod 並って時代の進歩を感じますが、殆ど、音源や写真くらいでのメモリー利用なので、現状、充分です

デメリット

電池の持ちです
一回の充電で72時間位が理想と思います
但し、常時点灯を実現した上で、このバッテリー持ちはさすがです。やがて、さらに改善は図られるでしょう。ここではデメリットに挙げましたが、そこを理解して使っているので、大して不満とは思っていません。充電に要する時間も短縮化されましたね
かつて、同様に大切にしていた腕時計達は、今や、飾り物で、出番は全くなくなりました

オススメしたいかどうか

個人的満足度は Airpods シリーズや、 iPad 各機に匹敵するくらい高いです。支出に見合った価値を、日々の生活の中で感じさせてくれています

電子モノのガジェット故、買い替えの時期は遠からずやって来ますが、今回、買い替えをしないとの選択肢はありませんでした。いつ、何を選ぶか、だけでした。

iPhoneを気に入って使っていて、apple の各製品間の連携に、冷静に考えてメリットを感じられるのであれば、購入検討を強くおすすめしたいと思います

近づいただけで、mac book pro がロック解除されるって、凄いことです

購入を検討できる状況なのでしたら、優先順位をやりくりするなどして、ぜひ早くお求めになられる事をおすすめしたいと思います

その際の選択肢はステンレス以上のグレードのモデルも加えてみては如何でしょうか。エルメスのものも良い候補になり得ると思います。美しい!強く物欲を刺激されます。

ですが目に毒!です、買う前は。買えば、毎日が幸福!、なんでしょう、きっと。

今回はステンレスも、エルメスも見送り決定ですが、どちらもいつかは欲しいと思える仕上がりです。

追記

付記です。今回の買い替え、こう楽しみました。

• 買い替えは series2 からseries6
• space gray から 同じアルミの space gray
• 付属のベルトは黒系のスポーツベルト

以前のモデルもナイキの黒混じりのスポーツベルト。他のベルトも黒系を多く使っています・・・

と言うことから、買い替え後1週間経過も、変わり映えに乏しく、ワクワク感も少なめです。
しかし、ディスプレイやチップの性能向上などから来る恩恵は、series2 を遥かに超え、快適さを実感できます。
この点からも、この時期に当製品を入手出来た事にはとても満足しています。これから、また、ながく大切に使います

【Apple Trade In 利用】

旧の series2モデル は、事前の見積もり通りの7000円の実査定で、apple ギフトに変わりました。これまで、ていねいに扱い、私にとって初めてのapple watch は期待を上回る働きで、約4年間、実に様々な場面に同行して、活動量や移動経路などを記録してくれました。それだけに、手放す際には、感謝の念を持って送り出しました

【どこで買うか、買ったのか】

今回は、店頭で在庫に巡り合い、即決で購入
銀座の apple store で

(9月中の整備済み品に series5 が大量に出ていましたが、series6 発表前で、この時は踏ん切れませんでした。また、このseries5 は、35100円・44ミリ・アルミ・GPS・税抜きくらいでの入手が可能なら、良い選択肢の一つに入ってくるのでは、そう思っています)

【今回、apple store の前に訪問の量販店2店ほかについて】

仕事に先駆けて、ヨドバシakibaは開店時間に合せての訪問。その後、BIC有楽町店と、朝一番でこの2店を訪ねて店頭在庫の状況をおよそ確認
その後、更に開店時間前の apple store の「事前予約なしの入店列」に並びました。入店前にスタッフからこの日の少量の在庫のうち、示されたのものの一つが手もとの本機、 series6 アルミ、44ミリ、GPS、silver gray モデルでした

【自らの備忘録として】

早く手に入れたいのなら、次の順序でのアプローチかなと

1apple store アプリからの購入や

2web からの online store への早めのオーダー

3量販店のサイトからのオーダー(3%ものポイント還元は大きなメリット)もアリ。これも、早めに

◎もちろん、時間や距離的に許すのであれば、 apple store に行ってしまう!のは、実に楽しいし、充分に見合う行為です、今回、改めて立証です

とにかく先手を打つこと。そうで無ければ、周囲も自らも落ち着くまで待つ。あわてて飛び付かず、様子を見る。そして、その時の最善の方法をとれば良いですし、あせってまで、悔いのある選択をする必要はないと思います

購入や買い替えのタイミングを見ているのなら、下取りの時期も考慮します。その時々の新商品の発表やプロモーションの条件等により、下取り価格は大きく変化します。

うぉずさんの当ブログで再三に亘って述べられているように、apple store での購入体験は格別なものです
時間さえあれば、ダメもとで行くだけでも満足

購入後の、あの apple ロゴの入った白い紙袋さえ、持っているだけで、テンションを上げさせてくれる。早く帰宅して、セッティングしなければ、と。今時、こんなウキウキ感を感じさせてくれるブランドって、他にもあるかもしれないが、私には SONY くらいしか思い浮かびません

【どこで買うか、買ったのか、その2】

ヨドバシカメラさん、やはりさすがです。apple watch の在庫もヨドバシ.comや店頭にリアルに反映されていて、部外者からでも、とても理解しやすく、明確になっている事が、webの使いやすさと共に、今回よく分かった

BICカメラさん、こちらも安心の対応。在庫や、予約商品の引き渡し状況などもとても丁寧に教えてくれました

(両店ともに、スタッフの方々の対応がとても良い。とても詳しく熱意がある。尚且つ紳士的で、しつこい接客はあまりない

縁があって、この両店は特にだが、ケーズデンキさん、EDIONさんなどなど、地理的なこともあるが、いつもお世話になっている

apple store で在庫が無ければ、引き返して、前述の二つの量販店さんのどちらかで、予約をしようと思っていた

apple store や、apple online store 以外での apple 製品の購入では、特にこれらのお店は、私にとって強い味方になってくれる事をこの日も実感しました

(因みにこの時、series6で、44ミリ、GPS、アルミの silver か space gray の以外の条件でなら、両店ともに在庫もありました)

【 apple care に入るかどうか】

前回も入り、今回も入りました。理由は、ガラスを割った過去が有り、care 適用の本体交換(有料ではありますが)で大いに出費を減らすことが出来たから

ガラスが割れたのは、路線バス乗車時に勢いよく suica 支払いのタッチをしたため。相手バスのセンサー部分も硬い平面、こちらもガラス、硬いもの同士で強く当てればどうなるか、配慮が足りませんでした

【ここから得た私の教訓】

見た目を犠牲にしても、apple watch には、プロテクターを付ける事。そして、念のため、また保険として apple care にも入っておく事

他の apple 製品では、care は殆ど入っていませんので、ここは例外。Apple限定の使用延長保険と言う言い方があるのだと知人に聞きました。airpods pro も「バッテリー」の問題から入っています。

【そして、ステンレスモデルのこと】

ステンレス以上のモデルの、硬いサファイアガラス仕様の apple watch は素敵です。全体の光沢も惚れ惚れするほど

しかし、アルミニウムとステンレスモデルの価格差は、後者がセルラーモデルである事を理解しても、4万円くらい
これを、series2 同様に4年間保たせたとして、1万円/年に相当

4万円あれば、ベルト代にかけたり(実際、エルメスのベルトにも手が届く!)、次の購入機会にも役立てられる。今年はairpods pro も買ったりしているからと、今回は断念を自らに強く納得させた

  • apple 製品同士の連携はやはり快適
  • apple store での買い物も楽しい(依然、入店制限あり)
  • apple から apple への買い物は、買い替えのタイミングを上手に図れば、支出と、それによって得られる効用のバランスから、高い満足感も得られます

andoroid も素晴らしいし、windows も欠かせない、SONY大好き
でも、この機器間の連携こそ、apple の妙

やめられません、この世界。まさに jobs の箱庭、かもしれません

ブログ以外の他のメディアのものも楽しませていただいています。とりわけ多くの方々のための羅針盤とも言える当ブログ。お身体ご自愛の上、今後もどうか今のスタイルを守りながら続けて下さいませ。

もしも、アフィリエイトで儲けられたら、ぜひ、 mac pro の記事、希望します。
儲けとは、信ずる者と書きます、本当に。

いつもありがとうございます。信者、皆で応援しています。

レビュー11「初Apple Watch。ローズゴールドを買いました」

興味を持ってから約半年、待ちに待ったapple watchです。

初めての使用なので6特有のメリットはお伝え出来ませんが、初めての購入を考えている人に少しでもイメージ出来るといいなと思います。

以前うぉずさんが、新たにデバイスを購入して開封時に「正装して正座」みたいな記事を見て、iPhoneやiPadの時にはそんな事考えなかったのですがついにその気持ちが少し分かりました。

apple watchは身に着けるもので、私にとってはファッションの一つでもある事から開封前(正確には商品が届くのを待つ間に)ネイルをして、装着前にはハンドクリームを塗りましたね。装着後に腕にはめたapple watchに見惚れる為です(笑)

去年1級建築士に合格した時の自分へのご褒美にあこがれブランドの指輪を買ったのですが、それがベージュゴールドで、それとペアで付けると絶対かわいい!と思ってローズゴールドに決定しました。

そしてバンドは白のソロループ。これはランニング時に付けたいのと、就寝時に隣で寝ている子供にも金具が無い方が良いかなと思って。(そもそもapple watchを付けている時点で無駄かもしれませんが)

メリット

・音無しで通知が分かる
女性の服はポケットが無い物が多いので、鞄に入れて通知を逃す事が多いんですよね。着信もLineも後で気付く事がほとんどでした。

そして目覚ましのアラームは子供を起こさない為にバイブだけにしています。振動だけで起きられるのですが起きてもiPhoneがどこに行ったか分からず、焦って探す時があるので、手首でブルブルしてくれるのはありがたいです。すぐにポチっと終了できるし。
今までは携帯のバイブがブーンブーンとうるさくて、起きた瞬間から「ヤバ!早く消さなきゃ!」と焦ってたのが、今では優しく起こしてもらえて気分の良い目覚めです。

・動画視聴時に遠隔操作出来る
「音楽再生時にiPhoneを取り出さずに手元で操作できるよ」という事はうぉずさんの記事で知っていたのですが、普段手元にiPhoneがあるのであまり気にしていませんでした。

・・・が、動画視聴時は本体を置いて見るのでその時に手元で15秒先送りとか一時停止とかできるのが凄く快適でした。
良くamazon primeで映画やドラマを見るのですが、タイトルコールの時なんかはコマ送りするんですよね。今まではよっこらしょと起き上がっていたのに、体勢変えなくてもできるなんて!

・血中酸素濃度とアクティビティ
第2子妊娠中に喘息の発作を起こして子供を危険にさらした過去がありますので、血中酸素濃度が測れると聞いて「おっ!」と思いました。入院中ずっと計測して丁寧に呼吸するように心がけていました。普段の生活で必須ではないけれど、よく考えれば頭がさえないのは酸素不足かも知れないし、姿勢が悪くて呼吸が浅くなっているかも知れない。普段呼吸を意識する事が無かったので、小さな習慣が付けられるのは大きいと思いました。深呼吸を促してくれる通知もあります。

アクティビティアプリもすごいですね。ランニングする気はもともとあったのですが、アクティビティアプリのおかげで座りすぎだなとか、あと少しだけ歩こうかなとか意識が変わっているのを実感します。

ついでに心拍数をカウント出来るのも良いです。運動時に心拍数を測って効果的にトレーニングする事ができます。安静時、運動時の心拍がどれ位なのかなんてwatchが無ければ気にしなかったと思います。

・バンド
時計はファッションの一つですよね。男性でもTPOに合わせて時計変えるし。だから色々と付け替える事が出来るのはポイント高いです。そして恐らく今後watch本体を買い替えてもサイズは同じになりそうなのでいいですよね。安い物から高い物までありますが、色々楽しめそうです。

あと、ソロループ最高です。毎朝ランニングをしてから出社するのですが、ランニング時はソロループ、出社時にはチェーンタイプのバンドにしています。ソロループは装着が楽過ぎますね。グイっと腕にはめるだけ。逆にチェーンタイプのバンドの時に煩わしさを覚えます。

ブレイデッドソロループも注文していて、届くのはまだ先ですが待っている所です。

・画面が大きい
Watchが欲しいなと思っている時に、うぉずさんは待つ事による時間的損失は大きいよと繰り返し伝えていてくれました。じゃ、apple watch5買おうかなと迷っているときに、apple watch6の動画が紹介されていて画面の大きさに驚きました。

小さいデバイスだからこそ、この小さな差は大きいと思って半年待つことを決めました。今では待って良かったなと思います。

デメリット

(デメリットと言うより、こうなって欲しいなと言う要望かな)

・操作方法がまだ分からない
イヤホンをwatchに接続している時に電話がかかると、(iphoneを持っていない時)通話しようとするとイヤホンからではなくwatchから通話音が出て、イヤホンで通話できないのです。子供の「ママ~、どこ~?」という声が少し恥ずかしかったです。
正しい操作方法があるのでしょうが、良く分からないなと思う事があります

他にもアプリのアイコンを覚えておらず、名称が表示されないのでどれか分からない事です。
今は当てずっぽうで起動させています。これは慣れるしかないですね。

・ランニング中、常時表示に出来ない(常にアクティブ画面という意味。設定があるのかも?)
iPhoneを持たずにランニングがしたいという理由もapple watchを購入した理由の一つです。とても快適に使っていますが、走りながら画面で距離やタイムを確認したい時、スリープ状態になっているので(時間は確認できます)腕を上げて画面を上げなければ細かい内容が標示されません。

その時にすぐ表示されるのですが、一瞬待たなくてはいけません。普段は気にならないけれど、一生懸命走っている時に腕を上げた状態をキープするのが意外と負荷がかかります。常時表示にする事が出来たら楽なんですけど。

・ポイントが貯められない
ローソンのポンタカードはwalletに登録し「Apple Payで!」とお願いすればポイントが付くのですが、セブンイレブンアプリはapple watchに対応してないですよね。5本買うと1本無料みたいなキャンペーンの時、いつも買う物だと損した気分になります。そしてスタバアプリも対応していないので、結局iPhoneを使ってのお支払です。特にセブンイレブンは、ランニング後に寄る事がありiPhoneを所持していないので残念です。

今後、ショップポイントカードがiPhoneとwatchで使える様になるとありがたいなあ。

オススメしたいかどうか

もちろんオススメ!まだ若い人も、今食べている物、毎日の運動量で10年後が決まってきます。日々ちょっとの変化で10年後20年後は大きく変化すると思います。その小さな変化をもたらせてくれるのがapple watchだと思います。ただ、SEがいいのか、6がいいのか等は予算に合わせてってのが一番ですね。apple watchの寿命が4年ほどなので。

あこがれブランドの40万以上するような時計を買って長―く使うのとは少し違いますよね。買い替え前提で予算を組んで、他のipadやMac、iPhoneを何年で買い替えるのかサイクルを想定して予算取りすれば何が買えるのか見えてくるかな。とにかく私は買って良かったですよ。

【おまけ】
資格の合格祝いにMacを買ってもらう約束で、遂に家に届く頃なんです
なので、Apple Watchで近づいてロック解除するのが今から楽しみです。
写真、色々探して見つけたお気に入りのバンドです

レビュー12「Apple Watch Series 2からの買い替えです」

コツコツ貯金を増やし、妻の許可もおりたので4年ぶりに買い替えました。

今回Apple watch series 2 を買い替えて series 6にしましたので参考になればと思いレビューをお送りします。

メリット

・反応速度
2からの買い替えなので、レスポンスが早い!
AppleWatchでできることは限られていますが、レスポンスが早いことは良いことですね。

・画面の大きさ
AppleWatch2からの買い替えなので、見やすくなりました。歳のせいか、小さな文字盤を見るのが辛くなってきましたので、大きな文字で見れるのは目が疲れません。

・文字盤
使える文字盤が増えたのが嬉しいです。特に、写真のインフォグラフは最高です。色々配置できるし、ひと目で情報見れるのは最高です。

デメリット

・バッテリーの時間
series2は、24時間もっていましたが、やはり常時点灯になったおかげでバッテリーが短くなったのは、残念です。そんなにワークアウトや通知が来る方ではありませんが、仕事柄18時間以上職場にいることもありますので、24時はもってほしいかなと思います。

・血中酸素濃度測定がシビア
仕事柄、血中酸素濃度の測定器はよく使います。10回ほど同時に図ってみましたが、AppleWatchの方はばらつきがあります。そのため、この機能は参考程度にするのが良いのかなと思います。

オススメしたいかどうか

series2以前の方は買い替えて良いと思います。その違いに、惚れ直します。

僕のようにApple製品でバリバリ仕事や生活を固めている人は、series6を買っても新しい体験ができると思います。初めてスマートウォッチを買う人や、血中酸素濃度が必要ない人はSEで十分かと思います。

レビュー13「Apple Watch Series 3ナイキモデルからの買い替えです」

Apple watch Series3からの機種変更です。

こんにちは。

この度、Apple Watch6 Nikeモデル44mm スペースグレイを購入して2週間ほど使用しましたので、使用感etcのレビューをいたします。

なお、当方のApple Watch歴は、series3Nikeモデル 40mmを約1年使用し、今回のseries6への移行となります。

また、当方のApple watch3の使い方ですが1:睡眠ログ (健康管理) 2:無音目覚まし 3:時刻の確認 (腕時計の役割) 4:出先での徒歩数分程度のmapアプリ起動 (ナビ) 5:家族への帰宅連絡 (line定型文返信) 6:電話の通知 7:料理中のキッチンタイマー代わり 8:外出先でのID、Suica支払い

が主な使い方で、音楽再生機としては使用しておりません。

管理人さまに倣い、先に結論を申し上げますと
「文字盤の常時点灯が欲しい人は買い!特に要らない人・既に持っている人はスルー」だと思います。

メリット

メリット①常時点灯が最高に良いです。

本機能は5から実装されたものですが、やはり良いなというのが使ってみての実感です。Apple Watchを使う以前は普通の腕時計をしており、時計は「チラ見」して時刻を確認するものだと思っていました。

それが、Apple Watch3は画面をこちらに向けなければならず、ストレスまで行きませんが「不自然」という感覚がありました。
6のレビューになりませんが、常時点灯は非常に良いです。腕時計は、こうあるべきです。

メリット②容量upに伴う自由度のup。

Series3は「お試し」で購入し、文字盤の常時点灯を除けばApple watchそのものの使用感には概ね満足していました。
ところが、先日OS7へアップデートする際、音楽・アプリを殆ど入れていないにも関わらず、容量不足でアップデートができませんでした。

iphoneと一旦切り離して初期化することでアップデート自体はできたのですが、

「これはちょっと」と思い、今回6に移行しました。

まだ、6の容量を活かす使い方が出来ていないので、今後音楽再生機としても使ってみたいと思っています。

デメリット

血中酸素濃度測定機能を活かす場面が(いまのところ)無い。

Series6の目玉機能であり、これに背中を押され6を購入しました。

しかし、本レビューを書く2020.10.07時点では対応するソフト・アプリが充実しているとは言えず、本機能を使う場面が非常に限られているように感じます。

加えて、心拍数は定期的に計測されデータが蓄積されていますが、

血中酸素濃度については、ヘルスケアアプリを確認しても一日を通して数回計測されている程度です。これは推測にはなりますが、計測条件※が非常にシビアである為、計測できる条件が日常生活の中では殆ど整わない事によると思います。

※(計測条件は、15秒間手首を上にして安静させる。側面を向いていたり、途中動いてはダメ。)、アプリ・ソフト開発やOSのアップデートで本機能が活きてくる事を願っていますが、現状では必要のない機能と言わざるを得ない(個人的には)と思います。
もっと言ってしまうと、個人的には運動中のデータを取りたかったので、この点については期待外れです。

おススメしたいかどうか

冒頭の記載と重複しますが、4以前の端末を使っていて文字盤の常時点灯が欲しい人にはお勧めします。逆に、5を所有していれば6は今のところ見送りで構わないかと思います。

「6を買った人の理屈」だというのも十分承知していますが笑、 血中酸素濃度測定周りにアップデートがあってからの検討で十分かと思います。

追記
純正の睡眠計測アプリですが、個人的にはまだAutoSleepの方が優れているように感じます。AutoSleepは、特に睡眠中の心拍数の推移データを切り取って確認できる点に於いて、非常に重宝しています。

といいますのも、私は趣味で自転車ロードバイクのレースに出ていて、平日は終業後(毎日ではないですよ!)と週末に、練習をしています。実は、その時の調子の良しあしが、前日の睡眠中の平均心拍数でおよそわかってしまいます。

私は、通常であれば睡眠中の心拍数は42程度で推移していますが、前日に飲酒や過食、その他で良質な睡眠がとれないと、平均値で10~15程度上昇します。このデータの蓄積により、睡眠前のどのような行動によって睡眠の質が上下するのかが分かるようになりました。

自分の睡眠を管理して、明日を調子よく迎え有意義な1日にすること。そして、その積み重ねで将来的にも健康的な生活を送ること。

これは、運動をして記録を目指している人には勿論のこと、一般の方にとっても非常に意味がある記録・データではないかと思っています。

「睡眠・健康を管理する」意味で、Apple Watchは非常に優れたガジェットだと思っています。

レビュー14「中華製スマートウォッチからの買い替え」

少し遅くなりましたが、Apple Watch 6がとうとう手元に届きましたので、ぜひレビューしたいと思いましたのでお送りさせていただきます。

購入したもの:
Apple Watch series 6
40mm GPSモデル
ブルーアルミニウム

Apple Watch歴:
今回初購入

その他の保有Apple製品:
iPhone7 Plus
iPad mini 5
Apple Pencil
iMac 21.5インチ

購入経緯:
以前、営業の仕事をしていたときに、打ち合わせや商談中に着信があった際、誰からかかってきているのか?商談を中断して出る必要があるのか?を知るために手元で通知を確認できるスマートウォッチに興味が出て、その時はお金があまりなかったこともあって安価な他社のスマートウォッチを使い始めました。

その後、さらに安価な中華製スマートウォッチを使っていましたが、iPhone使いだったこともあって、頑張ってお金を貯めてやっとApple Watchを手に入れることができました!

メリット

・常時表示
Apple Watch SEではなく、6を選んだ一番の理由が常時表示です。他社スマートウォッチを使っていたときは傾けて点灯するタイプだったので、斜めからでも時間等確認できたらな、と思っていたのでこの機能があることでわざわざディスプレイを正面に持ってこなくても確認できることはやはり素晴らしいです。

しかも、それでいて1日は充分保つバッテリーなのでとても重宝しています。

・iMacのロック解除
今まではiMacをスリープから復帰させる度にパスワードをわざわざ打ち込んでいたので非常に面倒でしたが、Apple Watchのおかげでマウスを動かすだけですぐにロック解除できるのは本当に感動しました。

本当にちょっとしたことですが、そのちょっとが大きく効率を上げてくれています。

・ミュージック操作
普段はiPhoneはポケットやボディバッグに入れていることが多いので、Apple Watchからプレイリストを選びすぐに再生。そして曲送りや音量操作も簡単にできるのですごく便利です。

いちおう、Bluetoothイヤホン自体にも曲送りや音量操作の機能はありますが、タッチ操作なのでうまく反応しなかったり、最適な音量にするのに何度もタッチしたりと面倒でした。

Apple Watchではこれが簡単にでき、しかも曲名も表示されるのでわざわざiPhoneを取り出すことがなくなりました。

・カスタマイズ性
文字盤に表示できる情報をカスタマイズできる点が素晴らしいです。

他社スマートウォッチは文字盤の種類は多いですが、表示される情報が固定されていて自分にベストマッチしたものがなかなかありません。

Apple Watchは自分の好きな情報にカスタマイズでき、しかも複数の文字盤をスワイプで切り替えられるところが非常に優れています。

僕は、メインの文字盤を見やすいアナログ時計にし、バッテリー残量表示とミュージック操作できるようにしました。

そしてさらに2つの文字盤を追加し、1つは健康とフィットネスの機能を集めた表示。もう1つの文字盤は高度やコンパス、月齢などの表示にして3つの文字盤を使い分けています。

・豊富なアクセサリー
これはiPhoneなど他のApple製品にも言えることですが、専用のアクセサリーが豊富なことです。

画像にもあるように、僕はspigenのラギッドアーマープロというバンド一体型のカバーを付けています。

これは僕の今の仕事が建築系のため、汚れや破損の可能性が高いためです。

仕事ではガード力のあるspigenのカバー、プライベートではカバー無しで、スタイリッシュな本体の美しさを堪能しています。

他のスマートウォッチではこのようにニッチなニーズに答えてくれるアクセサリーは無かったりします。

メリットの総評として、小さな面倒から解放されたことと、iPhoneを取り出すことが減ったこと、この2点に尽きます。これこそがApple Watchの価値ですね!

デメリット

・高価
まずはなんといっても高価であることです。
新品で買えば廉価版のSEでさえ30000円はするので気軽には買えません。

また、スマホのように絶対に必要なものではないので買い替えの頻度も低いので、故障や破損が怖いことがデメリットだと感じました。

・体の不調
これは健康を重視したApple Watchに反することですが、Apple Watchが使いやすいがために、画面を見たり操作したりすることが増え、手首や首肩が疲れやすくなりました 笑

Apple Watchが素晴らしいが故の弊害ですね 笑

オススメしたいかどうか

間違いなくおすすめです!

Apple Watchは、iPhoneを使っていて感じるちょっとした不便を解消してくれるものですが、そのちょっとがチリツモで大きな効率化を実現してくれます。

ただし、Apple WatchはあくまでiPhoneとのコンビが前提なので、iPhoneに強いこだわりがあるわけではなく、今後iPhoneからAndroidに買い換える可能性もあるのなら、

(単体では)Apple Watchよりも高機能なガーミンを買った方がいいかもしれません。

「ずっとAppleと付き合っていくよ!」っていう方は間違いなく “買い” です!!

最後に:ただ楽しみたいだけ by管理人

私はたくさんのレビューを集めたい。

それは、読者さんのためになる。というのも理由の1つではあるが・・・

何よりも私が皆さんのレビューを見たい。いろんな人の意見が聞きたい。ただ、それだけ。

もし、あなたがApple Watch Series 6を持っているのであれば、ぜひ、レビューを投稿してみてほしい。いや、お願いします。本当に楽しみにしています。どうかよろしくお願い申し上げますm( )m

みんなのレビューを見ながらみんなでワイワイするの楽しそうだなぁ〜!とワクワクしている。

一緒にAppleを楽しもう!!!

レビューの投稿はこちら。

メール。
[email protected]

Twitter。(DMがベターです)
https://twitter.com/appleshinja_com