管理人管理人

先日、1、2年ぶりにApple Watchの充電が外出中に切れてしまって「ぬぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」と叫びそうになったのでその時に不便だと思ったことをシェアさせていただきたい。[@appleshinja_com]

Apple製品を購入検討中のあなたへ

Amazon公式のApple製品ポイント還元率がヤバい事になっているのをご存知だろうか?

※現在、品切れの製品も多い上に、還元率は頻繁に変わるので早めにチェックしておこう


M1 MacBook AirM1 MacBook ProM1 Mac mini


11インチiPad ProiPad Air無印iPadiPad mini12.9インチiPad Pro


Apple Watch Series 6Apple Watch SE


安く買うコツ

Apple Watchがないと”絶望的に”不便を感じる10のこと

いやぁ、、、Apple Watchがない生活って考えられないですね。

1、iPhoneを見るのめんどくせーーー!

Apple Watchがない時にまず思うのが「うわぁ、iPhoneを適度にチェックしないといけない。めんどくさ・・・」ということ。

Apple WatchをつけているとiPhoneを取り出す機会がほぼなく、写真を撮ったり、調べ物をしたりする時くらい。

一方で、Apple Watchがないと、「メッセージ」「電話」のチェックを時折行わないといけない。また、家の中であったとしても常にiPhoneを持っておかないと電話に出れなかったりする。

Apple Watchがあればほぼ100%通知には気付けるし、電話に出ることもできる。当たり前のようだけど手元で確認できるって本当に便利。

2、Suicaが使えない。電車に乗る気が失せる。

Apple WatchのSuicaが使えないと当然ではあるのだが切符を買って電車に乗り降りする必要がある。これが非常にめんどくさい。

手元でピッとして改札を通ることに慣れてしまうと切符を買うなんて・・・する気が全く起きない。そもそも切符を持っていることすら忘れてしまう。

3、コンビニの決済に使えない。水を買う気が失せる。

前述のSuicaを私は決済に使うことが多い。
例えば、先日、Apple Watchの充電が切れた際に駅の売店で水を買おうとした際に、

(あっ、Apple Watch使えないんだった・・・100円の水のために財布を出して支払うのめんどくさい・・・)

と思ってしまった。

あと、個人的にはお金を触るのがあまり好きではない。特に小銭は独特の匂いが指についちゃうし苦手。というわけでApple Watchの決済が最強であることを改めて再確認することになった。

4、アクティビティのデータが抜け落ちるのが嫌

  • 歩数
  • 運動量
  • 心拍数
  • 血中酸素濃度

などなど。

Apple Watchが自動的に測定してくれているのに、そのデータが欠けてしまうのが非常に悲しい。

あぁ・・・こんなに歩いてもApple Watchが計測してくれないんだ・・・

と思ってしまうともう歩く気が失せる。気が付くとタクシーに乗っている自分がいる。

5、音楽をパッと聴けない

以前に、【完全解説】Apple Music+ Apple Watch + AirPodsの設定・使い方の記事を書いた際にもお伝えしたのだが、AirPodsとApple Watchがあればショートカットを使って爆速で音楽を聴くことができる。

AirPods装着

Apple Watchでショートカット起動

の流れだけで音楽を聴くことができる。一方でApple Watchがないと、

iPhoneを取り出す

iPhoneのロック解除をする

iPhoneのショートカットを起動

という流れになる。

手順としては1つ増えるだけなのだがiPhoneを取り出すのが絶望的にめんどう。というわけでApple Watchは気軽に音楽を聴くためのデバイスとしても優秀なのだなぁと改めて思った。

6、月の状況がチェックできない

私はこんな感じでホーム画面で常にお月様の状況をチェックしている。

「あぁ、今日は満月なんだなぁ・・・」

と思うとちょっと癒やされる。日々の癒やしがなくなるのは寂しい。

7、心拍数チェックができない

私は常に心拍数をチェックできる状態にしている。

健康のためというよりは集中力維持ツールとしてApple Watch Series 2の頃から心拍数は気にしてきた。

当たり前の話ではあるのだが、運動時の心拍数などの高心拍数の時には興奮状態であまり集中ができない。周りの音が聴こえなくなるくらいの自分の集中ゾーンに入る時には心拍数は60台くらいであることが多い。

というわけで私は心拍数を見ながらある程度集中力のコントロールをしているのでないとめちゃくちゃ困る。

8、咄嗟のボイスメモが取れない

悲しいかな。
みんな嘘ばっかりつくのでとりあえず大切な話の際にはボイスメモを取ることが多い。

どういう状況で、というのはあまり公には言えないが私の知り合いの中にはボイスメモが決め手になって人生が変わった人がいる。

大切なことはボイスメモに取っておく方が良い。

9、Face ID解除ができない

ぬぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!
パスコード入力するのめんどくせぇぇぇぇぇ!!!

と思ってしまった。

Face IDのロック解除がスタートして2ヶ月くらいしか経過していないのだが、もはや手放せないものになっている。

Apple WatchをしているだけでiPhoneのロック解除できるなんて魔法。

10、喪失感

あぁ、、、
手元に。。。
いつもの、、、
あの子はいないんだ。。

と(。´・ω・`。)ショボンとなってしまう。

もちろん、バッテリー切れの状態であれば時計としての存在はあるのだが、電源がついてないとこう、、、落ち着かない。

前述してきたようにいろんなことができるというのもあるのだけれども、常時表示Retinaディスプレイのおかげで、

  • 時間
  • 日付
  • 心拍数
  • 天気

などを常にチェックできるのはありがたい。

やっぱりApple Watchは最高。手元にあるだけで安心感が全く違う。

今日のお告げ「買って後悔したというの話を聞かない」

いやぁ・・・
勢いで書き始めた記事だったけど、思ったよりも盛り上がってしまった。自分の中でかなりApple Watchに依存していることもわかった。

そういえば4年間ブログを運営していて「Apple Watchを買って後悔しました。使わなくなりました。」という声は1件も届いていない。中には後悔する人もいるだろうけど、一度使い始めればやめられない止まらない状態になる魅力がApple Watchにはある。

ぜひ、あなたもApple Watchのある生活を。