管理人管理人

「Apple Watchをいまいち使いきれていません…」というコメントをいただいたのでその悩みに対する回答を当記事では行いたいと思う。使いこなすのは実はそれほど難しいことではなかったりする。[@appleshinja_com]

Apple製品を購入検討中のあなたへ

Amazon公式のApple製品ポイント還元率がヤバい事になっているのをご存知だろうか?

※現在、品切れの製品も多い上に、還元率は頻繁に変わるので早めにチェックしておこう


M1 MacBook AirM1 MacBook ProM1 Mac mini


11インチiPad ProiPad Air無印iPadiPad mini12.9インチiPad Pro


Apple Watch Series 6Apple Watch SE


安く買うコツ

はじめに:いただいた質問内容

以下、Youtube視聴者さんからいただいた質問全文。

上記のコメントをいただいて思ったのだが、「せっかくApple Watchを買ったのに使いこなせない・・・」というのは悲しい。特に私が。せっかく買ったのだから楽しんでいただきたい。そう心の底から思う。

というわけで、私なりに厳選した使いこなし方を当記事ではお伝えしていきたい。

※プライベートでおすすめのApple Watchの使い方についてはこちらの記事も要参照→ 【Q&A】日中にApple Watchをつけられない人は買うべき?

※当記事で一番人気のApple Watchの使い方についてはこちら→【2021】Apple Watchを完全レビュー!365日使いこなす設定・使い方ガイド

Apple Watchを使いこなせない方におすすめしたい使い方5選

ぜひ、導入できるものから試していただければ幸いだ。

1、Suica 決済

勘違いされている方も多いのだが、Suicaは関東でない地域でも使える。使えない地域も、もしかしたらあるかもしれないが「交通系IC」という括りで言えばどの地域でも同じなのでSuicaで決済は可能。(なはず)

私自身、2017年にApple Watch Series 2を購入したときに以下のような記事を書いている。

関東以外に住んでいるあなたへ!Apple Watch2でSuicaを使う方法まとめ

そのため、Suicaで電車に乗ったり、キャッシュレス決済をすることは十分可能だ。

例えば、私は今現在、関東圏ではない田舎に住んでいるのだが、

  • コンビニ
  • チェーン店の飲食店
  • スーパー

の3つでSuicaによる決済を行なっている。時計で決済すると財布を持たなくてもいいし、小銭を触る必要もないし、両手に荷物を持っていても決済しやすいし、いい事づくめ。

ぜひ、Suicaで決済行うことを試してみてほしい。

2、Suica 電車・バス

前述した理由と同じでSuicaで電車やバスに乗ることは可能なため、めちゃくちゃおすすめ。

特に乗り換えが発生するようなことが多い路線では利便性を感じると思う。

副次的なメリットではあるが、身につけているため無くさない、という点も見逃せない。

「落としたら怖いから・・・」

という理由でカード型の交通系ICにこまめにチャージしている人が私の周りにはちらほらいるのだが、Apple Watchであれば落として無くすことはほぼあり得ないので安心感もある。

3、心電図機能

これは本当に大切。
先日もYoutube視聴者さんから「Apple Watchに命を救われました。」というコメントが届いた。

【必読】Apple Watchに命を救われたYoutube視聴者さんのお話

こういう話を聞くとApple Watchの心電図機能は絶対に導入すべきだと思う。というか今後、この機能を使わないなんてことはあり得ないと思う。

例え、若かったとしても導入は積極的に検討すべきだろう。

4、文字盤変更

あまり言われていないけど、文字盤にこだわるというのはApple Watchならではの使いこなし方だと思う。

  • 複数の文字盤を切り替えながら使う
  • 文字盤内のアプリ配置にこだわる

という事が可能なので、その組み合わせ数はほぼ無限に存在する。私もかなり文字盤にはこだわっている。

以下の動画では数多くの方の文字盤を掲載しているのでぜひ参考にしてみて欲しい。

一番人気はどれ?読者さん30名分のApple Watch文字盤を集めてみた

5、ライフハック

ライフハックの定義は難しいところではあるのだが、私は「人生をより良くするための自己管理術」だと捉えている。

ライフハックをするにおいてApple Watchを活用するのであれば、

  • 睡眠
  • 心拍数

の2つを注視すると良いと思う。

睡眠計測には、人生が変わる!睡眠管理アプリ「Auto Sleep 」を完全レビューという記事でお伝えしているように、Auto Sleepというアプリを私は3年ほど愛用している。純正の睡眠アプリよりも計測できる種類が多くて重宝している。

特に睡眠中の心拍数は重要。心拍数が一定以上だと翌日も眠気があったり、集中力が落ちたりすることが多い。

また、心拍数については常時計測することで自分の体調や集中力と連動していることも多い。(あくまでも個人的に、だが)

自分の生活を数値化することにより、多くのメリットがあるのでそういったライフハック系のことに興味があるので導入してみる価値は十分にある。

補足:通知機能について

質問者様は、通知機能を仕事中に切っているということではあるのだが、プライベートだけでも通知機能を使うことには大きなメリットがあると個人的には思っている。

まず、家族・恋人・友人からの通知にほぼ気付ける。
もちろん仕事のメッセージにもいち早く気付くことができる。

私は通知を絞っていることもあり、通知がくる=返信が必要ということになっているため、知り合いたちから「返信はやっ!」」と言われることが多々ある。

また、Youtubeの視聴者さんからのコメントで「知り合いの体調不良の知らせにいち早く気付くことができました。」という話もいただいた。通知にいち早く気付けることには多くのメリットがあるのでプライベートの部分でも使わないと損だと思う。

独断と偏見のアドバイス

これはApple WatchだけではなくiPad・iPhone・Macにも言えることなのだが、全ての機能を使いこなす必要はない。極論を言えば、1〜5個くらいのアプリに精通して使いこなせるようになるだけでそのデバイスをマスターしていると言ってもいいと思う。

実際、私がよく使うApple Watchの機能なんて、

  • 通知
  • Suica
  • 心電図
  • 心拍数
  • ショートカット

くらいだ。あとは自動計測されるアクティビティアプリなどはあるが計測は自動的に行われるため、使っているというよりは、使わせてもらっていると言った方が良いと思う。

たった1つの機能でも使いこなしていれば、それは使いこなしていることになると思うし、むしろその1つを極める感じでも良い。

「iPhoneを使いこなしてます!」と自信を持って言える人は少ないと思うのだが、それでもみんなiPhoneを使っている。それはiPhoneがないと不便だから。つまりiPhoneを使いこなしている、という事だと私は思っている。だから、ぜひあなたも1つの機能でいいのでApple Watchについて精通してみてほしい。

もし、それでも「いやぁ、、、使いこなせていないなぁ。」と思うのであればApple Watchを外して数日過ごしてみればいいと思う。これは私がApple Pencilで検証したことがある実体験から言えるのだが、”数日使わずに過ごしてみて、そのデバイスがないと不便だと感じたらそれはそのデバイスを使いこなしている証拠”。

もしくは「外して使うのは不便だから・・・」

と思う気持ちが少しでもあるのであればそれは「自分なりに使いこなしている」という事の何よりの証拠になるだろう。

(ちなみに私はApple Watchがないと生活が本当に不便になることが分かっているので、外して検証するのはちょっと辛い。)

今日のお告げ「Apple Watchの使い方って・・・」

ブログ・Youtubeともにそうなのだが、Apple Watchの使い方についてコンテンツにするとすごく見られるし、質問も多い。

Mac・iPad・iPhoneについては使い方はおぼろげながら知っている人は多いのだが、Apple Watchについてはいまだに”正体不明のデバイス”と思っている方が多いのかもしれない。

これからもApple Watchの使い方に関しては継続的に記事にしていきたい。